中央大学法学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中央大学法学部(ちゅうおうだいがくほうがくぶ)は、英吉利法律学校を源流とする中央大学の看板学部である[1]

概要[編集]

  • 中央大学法学部は、英吉利法律学校を源流とし、134年の歴史を持つ。3学科(法律学科、政治学科、国際企業関係法学科)を有し、在籍学生数は、6172名(2016年4月現在)。
  • 法曹教育に定評があり、弁護士検察官など法曹を多く輩出している。旧司法試験においては、1949年から2010年までの間で5,484人の合格者を輩出した。大学別では、この合格者数は東京大学の6,537人に次いで2位に位置する。また、1951年から1970年にかけて20年の間、大学別合格者数で1位を保っていた[2][3]。その他政界、官界、財界、ジャーナリズム界などにも幅広い人脈を擁する。

沿革[編集]

学科[編集]

  • 法律学科[5]
  • 政治学科[5]
  • 国際企業関係法学科[5]

著名な出身者[編集]

法曹[6][編集]

司法

検察

弁護士

法学者

政界[編集]

官界[編集]

財界[編集]

学術界(法学者を除く)[編集]

スポーツ[6][編集]

文化(作家、タレント、マスメディア)・その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 酒井正三郎総長 「中央大学の「看板」 法学部が移転する3つの理由」 2017.11.24 07:00AERA#教育
  2. ^ 法務省広報
  3. ^ 法務省:旧司法試験の結果について
  4. ^ a b c d e f g h i 「中央大学のあゆみ」 中央大学
  5. ^ a b c 学科紹介 中央大学
  6. ^ a b 大学概要2018-2019<第1版>”. 2018年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]