マルハニチロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルハニチロ株式会社
Maruha Nichiro Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1333 2014年4月1日上場
略称 マルハニチロ、マルニチ、マルハ
本社所在地 日本の旗 日本
135-8608
東京都江東区豊洲三丁目2番20号
設立 1943年3月31日
西大洋漁業統制株式会社)
業種 水産・農林業
事業内容 水産事業、食品事業、倉庫物流事業
代表者 伊藤滋代表取締役社長
資本金 15,000(百万円)
決算期 3月31日
主要株主 大東通商(株) 10.34%
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 4.28%
農林中央金庫 3.72%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 3.64%
(株)みずほ銀行 3.19%
東京海上日動火災保険(株) 2.31%
日本生命保険相互会社 1.84%
東洋製罐(株) 1.76%
(株)山口銀行 1.27%
明治安田生命保険相互会社 0.80%
(2014年3月31日現在)
主要子会社 (株)マルハニチロ物流 100%
関係する人物 中部幾次郎
堤清六
平塚常次郎
田中龍彦
五十嵐勇二
坂井道郎(取締役会長)
外部リンク http://www.maruha-nichiro.co.jp/corporate.html
テンプレートを表示

マルハニチロ株式会社(英:Maruha Nichiro Corporation)は、東京都江東区に本社を有する日本の大手食品会社。

概要[編集]

1880年創業の遠洋漁業捕鯨・水産加工大手のマルハ(旧・大洋漁業)と1906年創業の北洋漁業・水産加工大手のニチロ(旧・日魯漁業)を起源とする企業で、2007年に両社が経営統合し2008年の事業再編を経て2014年4月1日の合併により誕生した企業である。2014年の合併の理由については、2007年の経営統合・事業再編に伴い事業別に子会社を再編したものの、一部に重複事業が残るほか、投資資金の配分などで統合効果を出しにくいと判断したものと報じられている[1]

現在の法人格としてはグループの水産部門であったマルハニチロ水産(旧・マルハ)のものを引き継いでおり、これに純粋持株会社であったマルハニチロホールディングス(マルハニチロHD、旧マルハグループ本社)と、マルハニチロHD傘下の事業子会社であるマルハニチロ食品(旧・ニチロ)など4社の合計6社が合併する形となっている。このときの経営統合にあたっては、マルハニチロ水産を存続会社とする6社合併と、マルハニチロHDとの間でのテクニカル上場という手法をとっているが、これは元々事業子会社のみの合併を行う予定だったものが、合併方式の検討の過程において事業持株会社体制への転換を行うことになったためと、マルハニチロ水産の各種許認可(主に船舶関係の許認可)を継続させることで事業活動に関する影響を最小限にするためとされている[2]。マルハニチロ水産は旧・マルハ時代の2004年3月まで上場企業であった(マルハグループ本社設立時に株式移転により上場廃止)ことから、実質的に再上場ということになる。

2014年の合併までは、「マルハ」(旧マルハ→マルハニチロ食品)、「あけぼの」(旧ニチロ→マルハニチロ食品)、「アクリ」(旧アクリフーズ)の複数のブランドが存在していたが、これらがすべてマルハニチロのブランドとして扱われることとなった。「アクリ」ブランドの製品に関しては、パッケージ左上のシンボルマークの上に表示していた旧アクリフーズのスローガン「だいじな人に食べさせたい」が合併により廃止されてシンボルマークのみとなり、2015年3月発売の新製品・リニューアル品から、「あけぼの」ブランドの製品と同じように、パッケージ右上に「マルハニチロ」ロゴも表示された。

沿革[編集]

株式会社マルハニチロホールディングス
Maruha Nichiro Holdings, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1334 2004年4月1日 - 2014年3月27日
略称 マルハニチロ、マルハニチロHD
本社所在地 日本の旗 日本
135-8603
東京都江東区豊洲三丁目2番20号
豊洲フロント
設立 2004年平成16年)4月1日
(株式会社マルハグループ本社)
業種 水産・農林業
事業内容 水産事業、食品事業、倉庫物流事業、事務管理請負事業等を子会社、関連会社を通じておこなう。
代表者 久代敏男代表取締役社長
資本金 310億円
(2013年3月31日現在)
売上高 連結:8,097億89百万円
単独:133億42百万円
(2013年3月期)
純利益 連結:54億48百万円
単独:3億17百万円
(2013年3月31日現在)
純資産 連結:826億79百万円
単独:763億71百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 連結:4,629億25百万円
単独:2,925億96百万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 連結:12,335人
単独:115人
(2013年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 大東通商(株) 10.34%
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 4.28%
農林中央金庫 3.72%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 3.64%
(株)みずほコーポレート銀行 3.19%
東京海上日動火災保険(株) 2.31%
日本生命保険相互会社 1.84%
東洋製罐(株) 1.76%
(株)山口銀行 1.27%
明治安田生命保険相互会社 0.80%
(2013年3月31日現在)
主要子会社 (株)マルハニチロ水産 100%
(株)マルハニチロ食品 100%
(株)マルハニチロ畜産 100%
(株)マルハニチロ物流 100%
(株)マルハニチロマネジメント 100%
関係する人物 中部幾次郎
堤清六
平塚常次郎
田中龍彦(初代会長)
五十嵐勇二(初代社長)
特記事項:2014年の合併前の状況
テンプレートを表示
株式会社マルハニチロ水産
Maruha Nichiro Seafoods, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
135-8608
東京都江東区豊洲三丁目2番20号
豊洲フロント
設立 1943年昭和18年)3月31日
(西大洋漁業統制株式会社)
業種 食料品
事業内容 漁業、養殖、水産品の輸出入・加工・販売
代表者 代表取締役社長 伊藤滋
資本金 150億円
2013年3月31日現在)
売上高 1,837億06百万円
(2013年3月期)
純資産 261億60百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 1,112億76百万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 410人
2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)マルハニチロホールディングス 100%
特記事項:2008年平成20年)4月1日マルハニチロの水産部門を統合してマルハ(株)から改称。
テンプレートを表示
株式会社マルハニチロ食品
Maruha Nichiro Foods, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
135-8605
東京都江東区豊洲三丁目2番20号
豊洲フロント
設立 1914年大正3年)3月12日
(日魯漁業株式会社)
業種 食料品
事業内容 冷凍食品レトルト食品缶詰・練り製品・化成品・飲料の製造・加工・販売
代表者 代表取締役社長 坂井道郎
資本金 122億24百万円
売上高 1439億63百万円(2013年3月期)
純資産 234億85百万円(2013年3月)
総資産 810億34百万円(2013年3月)
決算期 3月31日
主要株主 マルハニチロホールディングス 100%
主要子会社 ヤヨイ食品 100%
アクリフーズ 100%
特記事項:2008年平成20年)4月1日付で株式会社ニチロから改組・改称。
テンプレートを表示
株式会社マルハニチロ畜産
Maruha Nichiro Meat and Products, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
135-0061
東京都江東区豊洲三丁目2番20号
豊洲フロント
設立 2007年平成19年)12月27日
業種 食料品
事業内容 食肉、飼料原料の輸入、食肉製造加工販売
代表者 代表取締役社長 宮部秀雄
資本金 1,000百万円
売上高 40,216百万円(2013年3月期)
純資産 2,034百万円(2013年3月)
総資産 10,550百万円(2013年3月)
従業員数 88人(2013年3月現在)
決算期 3月31日
主要株主 マルハニチロホールディングス 100%
テンプレートを表示
  • 2007年(平成19年)10月1日 - マルハの持株会社であるマルハグループ本社がニチロを完全子会社にして両者が経営統合、マルハグループ本社が株式会社マルハニチロホールディングスに社名変更[3]
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 以下の事業再編を実施。
    • マルハにマルハ・ニチロの水産事業を集約し、株式会社マルハニチロ水産に社名変更
    • ニチロにマルハ・ニチロの食品加工事業を集約し、株式会社マルハニチロ食品に社名変更
    • マルハニチロHDの子会社として、畜産事業を担当する株式会社マルハニチロ畜産と、管理部門を担当する株式会社マルハニチロマネジメントを設立
    • マルハの低温物流事業を行っていたマルハ物流ネットにニチロの物流部門を集約し、株式会社マルハニチロ物流に社名変更。
  • 2010年(平成22年)12月20日 - この日からマルハニチログループ各社の本社を順次りそな・マルハビルより豊洲フロントへ移転[4]
  • 2013年(平成25年)12月30日 - マルハニチロ食品の子会社であるアクリフーズ群馬工場で生産された冷凍食品から農薬が検出され(アクリフーズ農薬混入事件)、大規模自主回収へと発展[5]
  • 2014年(平成26年)4月1日 - マルハニチロ水産がマルハニチロホールディングス・マルハニチロ食品・マルハニチロ畜産・マルハニチロマネジメント・アクリフーズを吸収合併し、マルハニチロ株式会社に社名変更。

主な商品[編集]

マルハ
  • 缶詰
    • いわし味付・いわしみそ煮・いわし小梅煮・いわしレモンスープ
    • さんま蒲焼・秘伝さんま蒲焼・さんま味付
    • 月花(さば味付・さば水煮・さばみそ煮)・さば水煮
    • さけ水煮・さけ中骨水煮・サーモン中骨水煮
    • まぐろフレーク味付・ツナやわらかほぐし
    • まるずわいかに・ずわいかに(ブレンド)・かにみそ かに肉入り
    • ほたて貝柱
    • 赤貝有明煮味付 大粒・あさり水煮・いか味付
    • ピュアカップ
  • 練り製品
    • ちくわ・太ちくわ
  • フィッシュソーセージ
    • DHA入りリサーラ
      1本あたりDHA850mgを含み、業界初となる特定保健用食品のソーセージ。2013年秋には「コンソメ風味」と従来品より塩分を30%カットした通販限定商品の「やさしい塩味」を発売。ソーセージと同量のDHAを含む「ハムタイプ」、「ハンバーグタイプ」もある。
    • マジックカット フィッシュソーセージCa
      2009年3月発売。道具を使わずに楽にスカッと開けられる「マジックカット」を採用し、これまでの魚肉ソーセージの不満第一位だった開けにくさを解消。内装フィルムには、透明ナイロン素材を採用することで中身が付かず利便性が大幅に向上したほか、環境にも配慮している。美味しさにもこだわり、今までの魚肉ソーセージにはないもっちりとした食感が特徴。魚本来の美味しさだけでなく、隠し味の効いたコクのある美味しさをもっちりとした食感が引き立てる。またカルシウムが1本あたり400mg含まれており、骨粗しょう症リスク低減が期待できるとして、厚生労働省より特定保健用食品として認定されている。
    • フィッシュソーセージ - 発売から半世紀以上に渡るマルハブランドのロングセラー商品。
    • アジなソーセージ
    • いわしのチカラ・まぐろのチカラ
    • ベビーハム
    • ライトバーガー・ランチバーガー
    • チーズ入りかまぼこ
  • レトルト・フリーズドライ
    • 金のどんぶり
  • ゼリー
    • 今日のくだもの
    • ゼリーdeゼロ
  • ゼライス・ゼラチンリーフ
  • かんてん
  • のり
    • 味付むすびのり
    • 味付おかずのり
あけぼの
  • 缶詰
    • いわし味付 しょうが煮・いわしみそ煮
    • からだに思いやり(さんま味付・さんま蒲焼)
    • さば水煮
    • あけぼの さけ - 90年以上の歴史があるロングセラー缶詰。
    • ホワイトミートファンシー
    • 金線べにずわいかに・金線たらばかに
    • ほたて貝柱水煮
    • スイートコーン・チェリー枝付・大豆ドライパック
  • びん詰
    • さけフレーク・とりそぼろ・かつおこんぶ白ごま入り
  • チルド
    • 鮭フレーク・ピリしゃけ鮭フレーク
    • いか塩辛 若造り
    • 味付天然岩もずく(黒酢仕立て)
  • 冷凍食品(一部抜粋)
  • レトルト
    • 北海道十勝 かぼちゃスープ
    • 北海道十勝 コーンスープ
  • デザート
    • ぷるるんデザート
    • ぷるるんぷりん
  • 飲料

その他

主な関連企業[編集]

マルハニチロでは、事業部門に『ユニット』の呼称を用いており、ユニット単位で記す。

漁業・養殖ユニット[編集]

  • 大洋エーアンドエフ株式会社(東京都中央区)
  • 株式会社日本丸(東京都港区)
  • Vela Taiyo Fishery Co., Ltd. (ベラ大洋漁業 / ニュージーランドの旗 ニュージーランド
  • Bengal Fisheries Ltd.(ベンガル漁業 / バングラデシュの旗 バングラデシュ
  • Taiyo Namibia (Pty) Ltd.(大洋ナミビア / ナミビアの旗 ナミビア
  • Sakana del Peru S.A.(サカナ・デル・ペルー / ペルーの旗 ペルー
  • Taiyo Micronesia Corporation(大洋ミクロネシアコーポレーション / ミクロネシア連邦の旗 ミクロネシア連邦
  • Philippine Taiyo Aqua Farming Corp.(フィリピン大洋アクアファーミング/ フィリピンの旗 フィリピン
  • 青島多福康食品有限公司(中華人民共和国の旗 中国

水産商事ユニット[編集]

荷受ユニット[編集]

畜産商事ユニット[編集]

  • マルハミートアンドデリカ株式会社(神奈川県川崎市

戦略販売ユニット[編集]

  • 株式会社MNリテールサービス (東京都中央区)

海外ユニット[編集]

  • Kingfisher Holdings Ltd.(キングフィッシャーホールディング / タイ王国の旗 タイ
  • KF Foods Ltd.(KFフーズ / タイ王国の旗 タイ
  • Southeast Asian Packaging & Canning Ltd.(シーパック / タイ王国の旗 タイ
  • Maruha Holdings (Thailand) Co., Ltd.(マルハホールディング(タイランド) / タイ王国の旗 タイ
  • N&N Foods Co., Ltd.(N&Nフーズ / タイ王国の旗 タイ
  • 浙江興業集団有限公司(中華人民共和国の旗 中国
  • JPKコールドストレージ(タイ王国の旗 タイ
  • Maruha (N.Z.) Corporation Ltd.(マルハ・ニュージーランド / ニュージーランドの旗 ニュージーランド

北米ユニット[編集]

冷凍食品ユニット[編集]

海外
  • 黒龍江日魯北大食品有限公司(中華人民共和国の旗 中国
  • 煙台日魯大食品有限公司(中華人民共和国の旗 中国
  • 煙台阿克力食品有限公司(中華人民共和国の旗 中国

加工食品ユニット[編集]

  • 株式会社マルハニチロ北日本(北海道帯広市) - 2010年4月にデイジー食品工業株式会社、株式会社オホーツクニチロ、青森罐詰株式会社、株式会社ニチロ十勝食品の4社が合併。合わせて、マルハニチロ食品から釧路工場・森工場を継承して発足。
  • 土谷食品株式会社(山形県村山市
  • アイシア株式会社(東京都港区)
  • 慈渓永興食品有限公司(中華人民共和国の旗 中国

化成品ユニット[編集]

  • AK&MNバイオファーム(韓国の旗 韓国

物流ユニット[編集]

その他[編集]

  • 株式会社マルハニチロアセット(東京都港区)
  • 株式会社中央すりみ研究所(東京都中央区)
  • 日本サイロ株式会社(千葉県千葉市)
  • ニチロ毛皮株式会社(東京都中央区)
  • 株式会社CACマルハニチロシステムズ(東京都中央区) - CAC Holdingsのグループ会社でもある。

売却・解散した会社(日本国内のみ)[編集]

マルハとニチロの経営統合前の売却・解散案件も含む。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “マルハニチロHD、主要5子会社を合併”. 日本経済新聞. (2013年3月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD150S0_V10C13A3TJ2000/ 2014年4月4日閲覧。 
  2. ^ “マルハニチロ/合併方式変更、マルハニチロ水産のもと6社が合併”. メーカーニュース. (2013年7月29日). http://makernews.biz/20130729696-3/ 2014年4月4日閲覧。 
  3. ^ 経営統合のお知らせ (PDF) - 株式会社マルハニチロホールディングス 2007年10月1日
  4. ^ 本社移転のご案内 (PDF) - 株式会社マルハニチロホールディングス 2010年11月吉日
  5. ^ “マルハニチロ系、商品630万袋自主回収 農薬検出”. 日本経済新聞. (2013年12月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG29019_Z21C13A2CR8000/ 2014年1月4日閲覧。 
  6. ^ 当時は特殊法人の扱い。

外部リンク[編集]