自由民主党総務会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自由民主党 > 自由民主党総務会

自由民主党総務会(じゆうみんしゅとうそうむかい)は、自由民主党において党大会・両院議員総会に次ぐ党の意思決定機関であり、常設機関としては党内最高意思決定機関である。議長は総務会長が務める。

概説[編集]

総務会は25名の総務をもって構成され、党の運営及び国会活動に関する重要事項を審議決定する[1]。とはいえ、総務会が党の役員会に決定を一任する事例もある。幹事長をはじめとする党内人事の指名に関する承認権限も持っているが、事前に総裁に一任するか、追認する事例が殆どである。

与党時代に、内閣が国会に提出する議案は、閣議決定前に総務会で事前承認されることが原則となっている。これは赤城宗徳総務会長が池田内閣の大平正芳官房長官への1962年2月23日付けの申し入れがきっかけとなった[2]。総務会で可決された法案には「党議拘束がかからない」とする旨の文言がある場合を除いて、党議拘束がかかる慣例となっている。また、党則では総務会は多数決が明示されているものの、党内に亀裂を残さないために事前にオブザーバーにあたる総裁や幹事長など党幹部の同意を得て全会一致を原則とすることが慣例化されている。ただし小泉純一郎が総裁に就任してからは、総務会による事前審査なしでの政府案提出や多数決による採決が行われることもないわけではない。総務会決議による党議拘束を解除するには、党則によると党大会もしくは両院議員総会における議決が必要であるが、過去に例はない。

党運営について重要な点は、総務は党内各グループから均等に選出される傾向があるため各グループの代理人といえること、また決議が全会一致が慣例となっていること、議題に反対する総務がいる場合は反対意見を述べた上で退席し形式的に全会一致としていることである。これにより次のような効果がある。まず、総務を通じて党内各グループの了承を得なければ、予算案や法案を提出できない点がある。次に総務を通じてグループが反対意見を表明できることから、グループ間の決定的な亀裂を防ぐ効果がある。また総裁が党内の信任を失った場合、総務会を通じて党議拘束等で影響力を行使できなくなるため、両院議員総会によらず早期の退陣を促す効果がある。

総務[編集]

総務は次のように選出される。

  1. 党所属の衆議院議員の公選による者 11名
  2. 党所属の参議院議員の公選による者 8名
  3. 総裁の指名による者 6名

総務会幹部[編集]

2016年10月9日現在[3]

総務会長[編集]

総務会長は総務会の議長を担当する。幹事長政務調査会長(政調会長)、選挙対策委員長(選対委員長)と合わせて党四役と呼ばれる。党の総合戦略調整機関である役員会に参加できる。

総務会長は、党則上は総務の中から互選される。とは言え、実際は総裁が指名した人物が選任される。任期は1年であり、任期途中で辞職した場合は新任者の任期は前任者の残任期間までである。総裁が新たに選任した場合は在任期間に関わらず、総務会長の任期は終了となる。

全会一致が原則である総務会を円滑に取りまとめるため、総務会長には調整型や長老級の政治家が多く起用される。党をまとめる裏方の業務のため党のスポークスマンと見られやすい幹事長や政調会長よりメディア露出は少ない。そのためもあり党三役の中では、のち総裁となった例が最も少ない。

自由民主党総務会長
総務会長名 在任期間 所属派閥
1 石井光次郎 1955年-1956年 石井派
2 砂田重政 1956年-1957年 河野派
3 佐藤栄作 1957年-1958年 佐藤派
4 河野一郎 1958年-1959年 河野派
5 益谷秀次 1959年 池田派
6 石井光次郎 1959年-1960年 石井派
7 保利茂 1960年-1961年 佐藤派
8 赤城宗徳 1961年-1963年 岸派
9 藤山愛一郎 1963年-1964年 藤山派
10 中村梅吉 1964年-1965年 河野派
11 前尾繁三郎 1965年-1966年 前尾派
12 福永健司 1966年 前尾派
13 椎名悦三郎 1966年-1967年 川島派
14 橋本登美三郎 1967年-1968年 佐藤派
15 鈴木善幸 1968年-1971年 前尾派
16 中曽根康弘 1971年-1972年 中曽根派
17 鈴木善幸 1972年-1974年 大平派
18 灘尾弘吉 1974年-1976年 旧石井派
19 松野頼三 1976年 福田派
20 江崎真澄 1976年-1977年 田中派
21 中曽根康弘 1977年-1978年 中曽根派
22 倉石忠雄 1978年-1979年 福田派
23 鈴木善幸 1979年-1980年 大平派
24 二階堂進 1980年-1981年 田中派
25 田中龍夫 1981年-1982年 福田派
26 細田吉蔵 1982年-1983年 福田派
27 金丸信 1983年-1984年 田中派
28 宮澤喜一 1984年-1986年 鈴木派
29 安倍晋太郎 1986年-1987年 安倍派
30 伊東正義 1987年-1989年 宮澤派
31 水野清 1989年 宮澤派
32 唐沢俊二郎 1989年-1990年 中曽根派
33 西岡武夫 1990年-1991年 宮澤派
34 佐藤孝行 1991年-1993年 渡辺派
35 木部佳昭 1993年-1995年 旧渡辺派
36 武藤嘉文 1995年 旧渡辺派
37 塩川正十郎 1995年-1996年 旧三塚派
38 森喜朗 1996年-1998年 旧三塚派
39 深谷隆司 1998年-1999年 旧渡辺派-山崎派
40 池田行彦 1999年-2000年 加藤派
41 小里貞利 2000年 加藤派
42 村岡兼造 2000年-2001年 橋本派
43 堀内光雄 2001年-2004年 堀内派
44 久間章生 2004年-2006年 旧橋本派-津島派
45 丹羽雄哉 2006年-2007年 丹羽・古賀派
46 二階俊博 2007年-2008年 二階派
47 笹川堯 2008年-2009年 津島派
48 田野瀬良太郎 2009年-2010年 山崎派
49 小池百合子 2010年-2011年 無派閥
50 塩谷立 2011年-2012年 町村派
51 細田博之 2012年 町村派
52 野田聖子 2012年-2014年 無派閥
53 二階俊博 2014年-2016年 二階派
54 細田博之 2016年- 細田派
  • ※…形式上な派閥解消または派閥離脱は実質的な所属派閥を記載
  • 斜字体は総裁派閥出身の総務会長
  • 太字は後に総裁に就任した人物

他党の総務会[編集]

自由民主党以外の政党では、改革クラブ(2008年結党、のちの新党改革)が総務会を設置していたが、2010年の党名変更に伴い総務会長の役職は「事務総長」に名称が変更されている。

民主党1999年次の内閣の設置に伴い総務会を廃止した。ただし、都議会民主党は総務会を設置している。他には、自民党の前身政党やかつて存在していた新進党新党さきがけ保守党自由連合が総務会を設置していたことがある。

公明党2014年に「中央幹事会」を常設の最高議決機関として明確に位置付け、中央幹事会会長の職を新設した。公明中央幹事会会長は自民党総務会長に当たる役職である[4]

他の政党では党幹部による会議の決議によって党議拘束をかける政党が多い。

脚注[編集]

関連項目[編集]