古川俊治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
古川 俊治
生年月日 (1963-01-14) 1963年1月14日(54歳)
出生地 埼玉県岩槻市(現:さいたま市岩槻区)
出身校 慶應義塾大学医学部
慶應義塾大学文学部
慶應義塾大学法学部
オックスフォード大学ビジネス・スクール修士課程修了
前職 医師(外科医)
弁護士
慶應義塾大学教授
現職 埼玉県参議院選挙区第五支部長
所属政党 自由民主党細田派
称号 医学博士慶應義塾大学
学士(人間関係学)[1]
学士(法学)[1]
M.B.A.
弁護士
公式サイト 古川俊治 OFFICIAL WEB SITE

選挙区 埼玉県選挙区
当選回数 2回
テンプレートを表示

古川 俊治(ふるかわ としはる、1963年1月14日 - )は、日本政治家医師弁護士TMI総合法律事務所アソシエイトで、自由民主党所属の参議院議員(2期)。

慶應義塾大学医学部学内ベンチャーの株式会社GBS研究所代表取締役慶應義塾大学法科大学院教授医事法)及び同医学部教授(外科学)を務めている。

来歴・人物[編集]

埼玉県岩槻市(現:さいたま市岩槻区)出身。開成中学校・高等学校を経て、慶應義塾大学医学部医学科、慶應義塾大学文学部(第1類)、慶應義塾大学法学部(甲類)を卒業する。丸山記念総合病院医師一族の出身で、2007年第21回参議院議員通常選挙に自民党公認を得て埼玉県選挙区で初当選した。2009年自由民主党総裁選挙では西村康稔の推薦人となった。TRFメンバーで安室奈美恵の元夫のダンサーSAM(サム)は「いとこ」にあたる。

2001年、遺伝子技術を用いたがん治療や脳神経損傷の再生治療実用化を目指す大学発ベンチャーである(株)GBS研究所を設立する。慶應義塾大学病院で、内視鏡下手術支援装置を用いる先端医療手術や遠隔手術などを先導し指導している。テレビ番組でコメンテーターも務める。

2013年第23回参議院議員通常選挙で再選(埼玉県選挙区史上初の100万票越え)。

2015年10月23日、自民党厚生労働部会長に就任[2]

2016年8月、自民党法務部会長に就任[3]

活動[編集]

公明党批判[編集]

2013年第23回参議院議員通常選挙で、同選挙区で争う公明党新人の矢倉克夫に自民党が推薦を出したことに関して、会見で「最初から最後まで不服だ」「(公明党を支持する)創価学会は嫌いだ」と反発した。さらに推薦決定の際、自民党幹事長石破茂に「『過半数を取りたいのは分かるが、小手先だけで政党の本質を忘れていいのか』と話した」と明らかにし、公明党に対しても「人の党の票を分けてくださいという前に、無党派層に訴え掛けろよ、と言いたい」と非難した[4][5]。これに対して、石破は記者会見で「自公協力与党の態勢が成り立っていることをよく認識しないといけない。置かれた立場で最善を尽くすことを心しなければいけない」と苦言を呈した上で、公明党幹事長の井上義久と会談し「ご迷惑をお掛けして申し訳ない。個人として注意する」と陳謝した[6]

非嫡出子の戸籍への記載に関して[編集]

2013年12月5日の参議院本会議では婚外子相続分規定改正案が可決されると同時に、民主党などが提出した婚外子の戸籍への記載を無くす戸籍法改正案の採決が行われた。同法案は自民党と日本維新の会の反対により117対118で否決されたが、古川は反対票を投じず、棄権した[7]

主な所属団体・議員連盟[編集]

経歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

議会
先代:
塚田一郎
日本の旗 参議院財政金融委員長
2014年 - 2016年
次代:
大家敏志