2020年自由民主党総裁選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年自由民主党総裁選挙

2018年 ←
2020年9月14日

公示日 2020年9月8日
選挙制度 両院議員総会による総裁選挙
有権者数 衆議院議員 283票
参議院議員 111票
都道府県連 141票
合計 535票

  Yoshihide Suga cropped 3 Joint Press Announcement of the Okinawa Consolidation Plan.jpg Fumio Kishida October 2017 Portrait2.jpg Shigeru Ishiba in Takarazuka (01) IMG 2100 20130407.JPG
候補者 菅義偉 岸田文雄 石破茂
議員票 288 79 26
都道府県票 89 10 42
合計 377 89 68



選挙前総裁

安倍晋三

選出総裁

菅義偉

2020年自由民主党総裁選挙(2020ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、2020年9月14日に実施された自由民主党総裁選挙

概要[編集]

2020年8月28日に現職の内閣総理大臣自由民主党総裁である安倍晋三が自身の持病である潰瘍性大腸炎の再発を理由として辞任の意向を表明した[1]ことに伴う総裁選挙である。

なお、今回の総裁選挙は任期途中の辞任に伴うものであるため、新総裁の任期は安倍の残任期間である2021年9月までとなる。

2020年9月1日、自民党の総務会が開催され、今回の選挙は党員投票は行わず、国会議員票(衆参両院議長を含めない)394票と都道府県代表票141票の計535票で行うことを決定した[2]。任期途中での総裁の辞任によりこの簡易型の形式で総裁選が行われるのは、2008年の総裁選以来12年ぶり[注釈 1]

党執行部は、各都道府県連に対して代表の投票先を決める際には予備選挙などを行うなど党員の意見集約に努めるよう要請し、必要な財政支援も行う[3][4]。その結果、44の都道府県連が党員らが投票する予備選挙を実施する方針としている[5]。北海道連は全党員の投票が時間的に困難として、意向調査の実施を模索している[5]。新潟県連は党員アンケートの実施を予定している[5]菅義偉の出身地である秋田県連[注釈 2]は、秋田県初の総理・総裁誕生を期待して予備選を行わず、3票すべてを菅氏に投じる方針である[5][3]

また、新型コロナウイルス感染防止のため、街頭演説は今回行われず、両院議員総会も自民党本部のホールではなく党大会の行われるグランドプリンスホテル新高輪で実施された。投開票の結果、菅義偉が岸田文雄石破茂の2候補を破り、自民党総裁に就任した。

党総裁選データ[編集]

両院議員総会が行われたグランドプリンスホテル新高輪

日程[編集]

選挙人[編集]

選挙人
種別 人数
衆議院議員 283人
参議院議員 111人
都道府県連代表 141人
合計 535人

選挙管理委員会[編集]

立候補者[編集]

※届出順

候補者名 派閥 現職 キャッチフレーズ
Shigeru Ishiba in Takarazuka (01) IMG 2100 20130407.JPG 石破茂 水月会(石破派)会長 衆議院議員(11期・鳥取1区 納得と共感
Yoshihide Suga-1.jpg 菅義偉 無派閥 衆議院議員(8期・神奈川2区
内閣官房長官第79代第80代第81代
自助・共助・公助、そして絆
Fumio Kishida October 2017 Portrait2.jpg 岸田文雄 宏池会(岸田派)会長  衆議院議員(9期・広島1区
自由民主党政務調査会長(第58代)
分断から協調へ 「公正でやさしい」、「芯の通った」政治
推薦人一覧
候補者 石破茂 菅義偉 岸田文雄
推薦人代表 鴨下一郎 小此木八郎 遠藤利明
選挙責任者 山本有二 浜田靖一 遠藤利明
推薦人 門山宏哲
八木哲也
山下貴司
後藤田正純
舞立昇治
中西哲
村上誠一郎
中谷元
渡海紀三朗
橘慶一郎
伊藤達也
齋藤健
赤澤亮正
平将明
福山守
三原朝彦
神山佐市
冨樫博之
塩谷立
藤原崇
山田美樹
山本順三
坂本哲志
牧原秀樹
吉川有美
河野太郎
牧島かれん
有村治子
山口泰明
西銘恒三郎
鈴木貴子
柘植芳文
石井浩郎
平沢勝栄
吉川貴盛
鶴保庸介
木村弥生
根本匠
畦元将吾
大西宏幸
金子俊平
上川陽子
国光文乃
辻清人
西田昭二
深澤陽一
堀内詔子
村井英樹
吉川赳
足立敏之
小鑓隆史
林芳正
藤木眞也
小里泰弘
加藤鮎子
本田太郎

立候補を断念した人物[編集]

主な候補者と派閥の動き[編集]

安倍政権下での「ポスト安倍」への期待を問う世論調査では、安倍晋三首相への批判を繰り返す石破茂幹事長がトップを走っており、これを警戒する安倍や安倍の盟友の麻生太郎副総理財務大臣麻生派会長)は早くから岸田文雄政務調査会長岸田派会長)への禅譲を模索していた[12][13]ことから、安倍が辞意を表明した8月28日時点ではこの2氏を軸に総裁選が争われる見通しであると報じられた[14]

しかし、岸田は4月には新型コロナウイルス対応の経済対策として、安倍とともに「減収世帯への30万円給付」を主導したが、二階俊博幹事長(二階派)や公明党幹部(及び公明党の支持母体である創価学会)らの反発を招いて「国民一律10万円給付」へと方針転換を余儀なくされる[15]などしたため、指導力を疑問視する声が党内で徐々に強まっており、麻生も「岸田は危機の時の総理じゃない」と周囲に漏らすようになっていた[13][16]。一方、過去に岸田と幹事長ポストを争ったこともある二階は6月以降、菅義偉内閣官房長官に対し、「安倍さんの次はあんたしかない。総裁選に出たら応援する」と立候補を促していた[17]

8月29日、菅が森山裕国会対策委員長石原派)に二階との会談を依頼し、菅、二階、森山と二階側近の林幹雄幹事長代理の4人で極秘に会談を行った。この中で二階は菅に立候補の意欲を確認し、激励した。30日午前には二階派が菅支援の方針を固め、菅が立候補するとの情報が瞬く間に広がり、無派閥や竹下派でも菅支援の動きが加速した[17]。岸田は同日、安倍の出身派閥である細田派会長の細田博之元幹事長や麻生と相次いで会談して支援を要請[12]。31日には首相官邸で安倍と会い、支援を求めた。しかし、安倍は不本意な退陣で当初描いていた岸田への禅譲がかなわなくなると、この時点で複数の関係者に「菅が望ましい」と本音を漏らしており[12]、岸田に対しては「個別の名前を挙げるのは控えている」と述べ、岸田への後継指名を事実上行わなかった[13][16]。麻生は消費税軽減税率導入などを巡り菅と反目していた[12]ことや、岸田派と同じ宏池会系であることから岸田の支援を模索していたが、岸田が麻生と因縁のある古賀誠元幹事長を会合に招いたことや、安倍が後継指名しなかったことを踏まえ、31日に菅支持に切り替えた[16]。細田派も同日、菅を支持し、9月1日には石原派も菅支持を正式決定。この時点で菅がリードする「1強2弱」の構図が確定した[16]

細田派[編集]

党内最大派閥の細田派では下村博文選挙対策委員長や稲田朋美幹事長代行らが出馬を模索したものの派閥全体の支持を得るには至らず[18]、派閥の対応は会長の細田博之に一任された。

その結果8月31日に菅義偉を支持する方針が決定され、9月2日には麻生派、竹下派との共同会見を行い菅義偉支持の方針を明確に示した。

一方で派閥の第4代・6代会長を務めた森喜朗は9月7日に岸田陣営の選挙対策本部長を務める遠藤利明が開いた会合に出席し、「安倍さんの本心は岸田さんだ。」などと発言し岸田を持ち上げた[19]

麻生派[編集]

党内第二派閥の麻生派では河野太郎防衛大臣が立候補を模索していたが、8月31日に派閥として菅義偉を支持する方針が決定され断念した。

その後麻生が中心となって9月2日に細田派、竹下派と合同会見を行い菅義偉への支持を明確に打ち出した[20]

竹下派[編集]

竹下派では若手を中心に茂木敏充外務大臣を候補に立てようとする動きがあったが、菅支持に動いていた参議院側の反対で茂木は出馬を断念した[21]

これらの動きにより他派閥にやや遅れた9月2日に菅義偉支持の方針が決定され、会長の竹下亘は同日の細田派、麻生派との会見に出席した。

一方で広島県が地盤の新谷正義平口洋は岸田陣営の選挙対策本部に加わった他[22]船田元は総裁選翌日に岸田に投票したことを明らかにした[23]

二階派[編集]

総裁選以前から菅義偉との関係が良好だった二階派は8月30日には菅義偉を支持する方針を打ち出した[24]

一方で9月2日の細田派、麻生派、竹下派の合同会見には参加できず、二階派の会長代行を務める河村建夫元官房長官は、「すでに主導権争いをしているのではないかと、よけいな臆測を呼ぶのは望ましくない」と不快感を示した[25]

岸田派[編集]

岸田派の会長・岸田文雄は8月30日に出演したテレビ番組で出馬の意向を示し、9月1日に派閥の臨時総会で正式に立候補を表明した。

一方で8月31日には派閥副会長を務める竹本直一IT政策担当大臣が初当選同期議員らとともに菅義偉に対し出馬要請を行っていた[26]

石破派[編集]

石破派の会長・石破茂は9月1日に派閥の臨時総会で正式に立候補を表明した。

6日には同派に所属する平将明が中心となり任天堂の人気ゲーム「あつまれどうぶつの森」を党員との交流に活用する計画を発表したものの、任天堂の規約に反する可能性があるとの指摘を受け、8日に方針の断念を表明した[27]

石原派[編集]

石原派は8月31日に菅義偉支持の方針を決定し、9月2日に派閥事務総長の坂本哲志が菅義偉の事務所を訪れ立候補の要請を行った[28]

この中で派閥最高顧問の山崎拓は石破支持の動きを見せたていたが、菅義偉や二階俊博と太いパイプを持つ森山裕国会対策委員長が派閥を菅支持で取りまとめたとされる[29]

谷垣グループ[編集]

谷垣グループは9月1日に自主投票の方針を決定し、所属議員の支持は分裂した。

代表世話人の一人・中谷元元防衛大臣は石破陣営に加わり推薦人に名を連ねた一方、もう一人の代表世話人・遠藤利明元五輪大臣は岸田陣営の選挙対策本部長に就任した。岸田陣営には谷垣の後継者である本多太郎はじめ加藤鮎子小里泰弘らが参加した。また若手や他派閥との掛け持ちをする議員を中心に菅支持の動きもあった[30]

入院治療中の山本公一元環境大臣は今回の総裁選で唯一の棄権者となった[31]

選挙結果[編集]

候補者 得票数 国会議員票 都道府県代表票
1石破茂 68 26 42
2菅義偉 377 288 89
3岸田文雄 89 79 10

※棄権1:山本公一[32]

都道府県連票の内訳
候補者 1石破 2 3岸田 決定方法[33] 予備選挙
合計 42 89 10 党員党友・選挙人数
(人)
得票数(票) 投票総数
(票)
投票率
(%)
投票数(票)
都道府県 票数 石破 岸田 有効 無効
北海道 3 0 3 0 党員意向調査実施
青森県 3 1 2 0 ドント方式 11,509 2,255 4,207 430 6,922 60.14 6,892 30
岩手県 3 1 2 0 ドント方式 1,594 3,039 222
宮城県 3 1 2 0 ドント方式 13,337 2,104 6,255 1,162 9,562 71.70 9,521 41
秋田県 3 0 3 0 総務会で決定
山形県 3 1 1 1 ドント方式 10,863 2,188 2,619 2,326 7,152 65.84 7,133 19
福島県 3 1 1 1 ドント方式 15,179 63.39
茨城県 3 1 2 0 ドント方式 9,842 18,790 3,070
栃木県 3 1 2 0 ドント方式 19,185 4,363 7,359 685 12,454 64.92
群馬県 3 1 2 0 ドント方式 28,986 17,132 59.1
埼玉県 3 0 3 0 勝者総取り方式 約34,000 31% 61% 7% 約20,000
千葉県 3 0 3 0 勝者総取り方式 33,200 7,059 10,998 834 18,937 57.04 46
東京都 3 0 3 0 勝者総取り方式[34][35] 105,391 18,808 44,579 6,161 69,709 66.14
神奈川県 3 0 3 0 勝者総取り方式[36] 6,996 30,447 1,272 38,905 64.22
新潟県 3 0 3 0 党員アンケート実施[37]
富山県 3 2 1 0 ドント方式
石川県 3 1 2 0 ドント方式
福井県 3 1 2 0 ドント方式
山梨県 3 0 1 2 ドント方式
長野県 3 1 2 0 ドント方式[38]
岐阜県 3 1 2 0 ドント方式
静岡県 3 1 2 0 ドント方式[39]
愛知県 3 1 2 0 ドント方式[40]
三重県 3 2 1 0 ドント方式 4,239 2,630 1,630 71.04
滋賀県 3 1 2 0 ドント方式[41]
京都府 3 1 2 0 ドント方式
大阪府 3 1 2 0 ドント方式
兵庫県 3 1 2 0 ドント方式
奈良県 3 1 2 0 1位に2票、2位に1票を配分
和歌山県 3 0 3 0 勝者総取り方式
鳥取県 3 3 0 0 ドント方式[42]
島根県 3 2 1 0 ドント方式[43] 8,731 4,906 3,391 422 69.63
岡山県 3 1 2 0 ドント方式
広島県 3 0 0 3 ドント方式[44]
山口県 3 0 3 0 勝者総取り方式
徳島県 3 1 2 0 ドント方式
香川県 3 1 1 1 ドント方式 12,000余 3,418 5,063 3,460
愛媛県 3 1 2 0 ドント方式[45] 4,883 6,522 870
高知県 3 2 1 0 ドント方式 8,780 3,092 2,132 167 61.72
福岡県 3 1 2 0 ドント方式
佐賀県 3 1 2 0 ドント方式
長崎県 3 1 1 1 ドント方式
熊本県 3 1 1 1 ドント方式[46]
大分県 3 1 2 0 ドント方式
宮崎県 3 2 1 0 ドント方式
鹿児島県 3 1 2 0 ドント方式 18,898 3,811 6,292 691 57.21
沖縄県 3 0 3 0 勝者総取り方式[47]

7派閥のうち5派閥の支持を受けた菅が535票中、7割に当たる377票を獲得し、圧勝した。各都道府県連に3票を割り振る現行制度を導入した2001年以降、当選者が議員票と地方票の合計で7割を獲得するのは初めて[48]。都道府県連票でも菅がトップの89票で、過去に挑戦した総裁選では地方票で強さを見せた石破は42票と伸び悩んだ[49]。岸田は国会議員票で善戦し、石破との2位争いを制した。岸田の善戦には安倍政権批判の急先鋒だった石破の「次」への芽を摘むため、細田派や麻生派から20票程度が流れてきたと推測されている[50]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2009年、麻生太郎総裁(当時)が第45回衆議院議員総選挙における大敗・野党転落を受けて任期途中で辞任したが、その際は任期満了間際の辞任であったため、任期満了により実施されることとなっていた2009年の総裁選まで総裁は空席となり、同総裁選は通常の党員参加の形式で行われた。
  2. ^ 菅義偉の選挙区は神奈川2区

出典[編集]

  1. ^ “安倍首相 総理大臣辞任を正式表明 記者会見で”. NHKNEWSWEB. (2020年8月28日). オリジナルの2020年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/9Sjw1 2020年8月28日閲覧。 
  2. ^ “自民党総裁選の方法決定 党員投票実施せず 両院議員総会で選出”. NHKNEWSWEB. オリジナルの2020年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/4MaDf 2020年9月1日閲覧。 
  3. ^ a b 自民の46都道府県連、予備選実施へ 秋田は全票菅氏に”. 朝日新聞 (2020年9月4日). 2020年9月5日閲覧。
  4. ^ 【独自】自民総裁選、全都道府県連で予備選…党員の意向すくい上げる狙い”. 読売新聞 (2020年9月4日). 2020年9月5日閲覧。
  5. ^ a b c d 菅義偉官房長官 秋田県出身初の総理へ 地元が予備選なしで後押し”. スポーツ報知 (2020年9月5日). 2020年9月5日閲覧。
  6. ^ 「1日たりとも変わっていない」…野田聖子衆院議員が早くも総裁選出馬へ意欲 安倍総理の辞意表明受け - 東海テレビ 2020年8月28日
  7. ^ a b 野田聖子氏、総裁選に不出馬表明 西村経済再生相も断念 - 朝日新聞デジタル 2020年9月1日
  8. ^ 河野太郎氏が総裁選不出馬表明 麻生派は菅氏支持へ - 朝日新聞デジタル 2020年9月1日
  9. ^ 稲田朋美氏、総裁選立候補見送り 推薦人確保めど立たず - 朝日新聞デジタル 2020年8月31日
  10. ^ 下村博文氏、総裁選立候補を見送る方針 「今ではない」 - 朝日新聞デジタル 2020年8月31日
  11. ^ “総裁選、竹下派が菅氏を支持 茂木外相の立候補は見送り”. 朝日新聞. (2020年9月2日). https://www.asahi.com/articles/ASN923T3HN92UTFK007.html 2020年9月10日閲覧。 
  12. ^ a b c d “主流派、菅氏に白羽の矢 派閥主導で石破氏封じ―自民総裁選”. 時事ドットコム. (2020年8月31日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020083000298 2020年9月15日閲覧。 
  13. ^ a b c “「選挙の顔にならない」切られた岸田氏、「勝てる」菅氏”. 朝日新聞. (2020年9月3日). https://www.asahi.com/articles/ASN936WNLN93UTFK00V.html 2020年9月15日閲覧。 
  14. ^ “岸田、石破両氏の争い軸 菅氏を推す声も 次期総裁選”. 東京新聞. (2020年8月29日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/51832/ 2020年9月15日閲覧。 
  15. ^ “10万円給付に透ける「安倍一強」終わりの始まり”. 日本経済新聞. (2020年4月27日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO58468250U0A420C2000000?s=0 2020年10月17日閲覧。 
  16. ^ a b c d “総裁選は菅氏1強の構図に “雪崩”起こした二階氏の力学”. 毎日新聞. (2020年9月1日). https://mainichi.jp/articles/20200901/k00/00m/010/254000c 2020年9月15日閲覧。 
  17. ^ a b “「ここから水面下で」 菅氏支持へ自民党内「雪崩」を引き起こした密会の賭け”. 毎日新聞. (2020年9月12日). https://mainichi.jp/articles/20200912/k00/00m/010/207000c 2020年9月15日閲覧。 
  18. ^ 日本放送協会 (2020年8月31日). “自民党総裁選 細田派 対応を細田氏に一任”. NHKNEWSWEB. 2020年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月9日閲覧。
  19. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年9月7日). “【総裁選ドキュメント】森元首相、岸田氏「日本政治の中心になる人」 “森節”も炸裂” (日本語). 産経ニュース. 2020年10月9日閲覧。
  20. ^ 河野太郎氏が総裁選不出馬表明 麻生派は菅氏支持へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年10月9日閲覧。
  21. ^ 2日前まで分裂懸念…竹下派、菅氏一本化に安堵 自民党総裁選” (日本語). 西日本新聞ニュース. 2020年10月9日閲覧。
  22. ^ “菅氏、総得票7割の勢い 2位争いの岸田、石破両氏は伯仲 総裁選” (jp). Mainichi Daily News. (2020年9月11日). https://mainichi.jp/articles/20200911/k00/00m/010/284000c 2020年10月9日閲覧。 
  23. ^ 7人中6人 菅氏に投票 船田氏は岸田氏を支持 栃木県の自民国会議員|県内主要,社会,政治行政|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)” (日本語). 下野新聞 SOON. 2020年10月9日閲覧。
  24. ^ 自民総裁選、二階派は菅官房長官を支持へ 党員投票は省略か” (日本語). Newsweek日本版 (2020年8月30日). 2020年10月9日閲覧。
  25. ^ 日本放送協会. “自民党総裁選 河村元官房長官 3派そろっての会見に不快感”. NHKニュース. 2020年10月9日閲覧。
  26. ^ 菅氏に総裁選出馬要請 初当選同期の有志議員” (日本語). 日本経済新聞 (2020年8月31日). 2020年10月9日閲覧。
  27. ^ “石破陣営、「あつ森」活用断念 利用規約に制限、任天堂と協議” (jp). Mainichi Daily News. (2020年9月8日). https://mainichi.jp/articles/20200908/k00/00m/010/140000c 2020年10月25日閲覧。 
  28. ^ 日本放送協会. “自民総裁選 石原派 菅氏に立候補を要請”. NHKニュース. 2020年10月9日閲覧。
  29. ^ 総裁選“たたき上げコンビ”存在感 「ずばぬけた政局観」” (日本語). 西日本新聞ニュース. 2020年10月9日閲覧。
  30. ^ 谷垣G、3候補に支持分割 各陣営の「草刈り場」に―自民総裁選:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年10月9日閲覧。
  31. ^ 山本元環境相が棄権 自民総裁選:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年10月9日閲覧。
  32. ^ 山本公一氏棄権 コロナ影響など考慮 - 愛媛新聞オンライン、2020年9月12日配信。
  33. ^ 総取り全勝、ドントも手堅く 菅氏、地方票の6割超制す 時事通信、2020年9月14日、9月15日閲覧。
  34. ^ 【総裁選】TOKYO自民党 予備選挙(党員投票) 開始(2020.9.8)”. 自由民主党東京都支部連合会. 2020年9月13日閲覧。
  35. ^ 【総裁選】TOKYO自民党 予備選挙(党員投票)開票結果について”. 自由民主党東京都支部連合会 (2020年9月14日). 2020年9月26日閲覧。
  36. ^ 自民党総裁選挙に伴う県連独自の予備選挙実施を決定” (日本語). かながわ自民党. 2020年9月13日閲覧。
  37. ^ 【記者会見】全党員に総裁選アンケートを実施します!” (日本語). 自由民主党 新潟県支部連合会 (2020年9月2日). 2020年9月13日閲覧。
  38. ^ 令和2年総裁選挙の日程、実施要領の決定について | ニュース” (日本語). ながの自民党. 2020年9月13日閲覧。
  39. ^ 私たちは静岡をもっと元気で住みよい街に変える!!”. www.jimin-shizuoka.or.jp. 2020年9月13日閲覧。
  40. ^ 9月4日 緊急執行部会 - 自民党愛知県支部連合会” (日本語). 2020年9月13日閲覧。
  41. ^ お知らせ | 自由民主党滋賀県支部連合会” (日本語). 2020年9月13日閲覧。
  42. ^ 総裁選挙の予備投票について | とっとり自民党 - 自由民主党鳥取県支部連合会”. www.jimin-tottori.jp. 2020年9月13日閲覧。
  43. ^ 総裁選挙・島根予備選実施 - 自民党島根県支部連合会”. www.jimin-shimane.jp. 2020年9月13日閲覧。
  44. ^ 自由民主党広島県支部連合会(自民党広島県連)|ホーム”. www.hiroshima-jimin.jp. 2020年9月13日閲覧。
  45. ^ 自由民主党愛媛県連”. www.jimin-ehime.jp. 2020年9月13日閲覧。
  46. ^ 【開票開始】熊本県連総裁予備選挙 | 自由民主党 熊本県支部連合会 熊本県議会議員団” (日本語). jimin-kumamoto.com (2020年9月13日). 2020年9月13日閲覧。
  47. ^ 自民党総裁選挙に伴う県連独自の予備選挙実施のお知らせ 自民党沖縄県支部連合会
  48. ^ “菅氏はどうやって圧勝?自民総裁選”. 日本経済新聞. (2020年9月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63832480U0A910C2I10000/ 2020年9月15日閲覧。 
  49. ^ “菅氏、地方票でも圧勝 「石破氏が強い定説崩れた」”. 朝日新聞. (2020年9月14日). https://www.asahi.com/articles/ASN9G73M0N9GUTFK01S.html 2020年9月15日閲覧。 
  50. ^ “岸田氏、議員票伸ばす 「石破氏潰し」で他派閥から票”. 産経新聞. (2020年9月14日). https://www.sankei.com/politics/news/200914/plt2009140079-n1.html 2020年9月15日閲覧。 

外部リンク[編集]