改革の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

改革の会(かいかくのかい)は、かつて存在した日本衆議院における院内会派

改革の会は1993年6月に自由民主党を離党した鳩山邦夫と、政治改革四法の対応をめぐって自由民主党執行部に不満を持ち1993年12月に自由民主党を離党した西岡武夫石破茂笹川尭大石正光ら総勢5名が集まって1994年1月に結成された。代表には西岡武夫が就いた。

1994年4月25日に成立した羽田内閣には与党として参加し、鳩山邦夫を労働大臣として送り出している。同日、改革の会は新生党日本新党民社党自由党(柿沢自由党)らの党とともに院内会派である改新に合流した。

なお、改革の会の主要メンバーは旧改革の会として同年7月に自由民主党離党組の高志会新党みらい、自由党(柿沢自由党)とともに政党連合である自由改革連合に参画している。

参考文献[編集]

  • 伊吹健 『政界ビッグバン-こんなにおもしろい政界を知る本』 p.69、文芸社、1999年3月、ISBN 4887372787

関連項目[編集]