自民党ネットサポーターズクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
事務所を置く自民党本部

自民党ネットサポーターズクラブ(じみんとうネットサポーターズクラブ)は、主にインターネットを介して活動する日本自由民主党(自民党)の支援組織である。略称J-NSC

概要[編集]

2009年第45回衆議院議員総選挙で自民党は敗れ、下野した。この選挙で自民党を支援してパンフレット137万部を配布した約1800人のうち、有志17人が企画委員として参加し、その人達が核となったボランティア団体として、2010年5月に発足が公表された[1]

18歳以上で日本国籍を有し、規約や活動ガイドラインに同意すれば、自民党の党員でなくても参加できる。自民党への積極的支持者でなくても、他党に国政を託すのは不安という消極的支持者や、議員個人の支援者でも受け付けるとしている[2]

『毎日新聞』の報道によると、2017年時点の会員数は約1万9000人。後述のように活動は自己責任であるが、自民党やJ-NSC事務局は総会などの場で会員に対して、公職選挙法上の選挙違反名誉毀損侮辱罪などに問われかねない行為について注意喚起を行っている[3]

本クラブに沿う形で自民党の「J-NSC支部」が組織されている。中川昭一の言葉「飛翔する日本へ」をスローガンとし、麻生太郎が毛筆で書したものが公式サイトに掲げられている。

団体データ[編集]

  • 会員数:約1万9000人
  • 事務所:自由民主党本部内(東京都千代田区永田町1-11-23)
  • 主な機関
    • 総会 - 最高機関。代表が招集する。定時総会は年1回[4]
    • 企画会議 - 活動方針と活動内容を決定する。いわば役員会。代表と企画委員が参加する。

役員[編集]

歴代代表[編集]

  • 初代 - 新藤義孝
  • 2代 - 平井卓也

目的[編集]

自民党が2度目の野党転落で政権奪還に向けて党勢拡大、若者を中心とした新たな支持層の開拓や将来のネット選挙に備え設立された。規約には「夢と希望と誇りを持てる日本を目指す。この目的のため、自由民主党の一日も早い政権奪還及び日本再建を実現する」[4]と抽象的に謳われている。この内「政権」については、2012年衆議院総選挙の結果により実現(第2次安倍内閣)している。

会員[編集]

公式サイトによると会員資格は次の通りである[5]

  1. 日本国籍を有する18歳以上の方(自民党籍の有無は問いません)」
  2. 「本会の目的に同意し、規約、プライバシーポリシーに同意できる方」

このように自民党員でも非党員でも会員になれることを謳っており、本クラブの会員登録しただけでは党員・党友自由国民会議政治資金団体国民政治協会)と違って、本クラブ会員資格には党総裁選選挙権はない。会費は無料で、ウェブサイトから会員登録すると会員証が送付される。その性格上、日本全国に会員を抱える。団体の入会は受け付けていない[4]。また、規約には「会員は本会の活動を自己の責任と負担において行う」[4]とした免責条項があり、組織体でありながら入会しても無権利・無保証であることが予め決められている。

本クラブの設立総会参加者に対しては、麻生太郎が推薦人となって党員登録を受け付けた。入党すると従来の都道府県連や地域支部や職域支部ではなく「本部直轄党員」や「J-NSC支部所属党員」となる。自民党には党員のほかに党友(自由国民会議会員)という制度があり、自身の友人の多くに加入してもらっている事を麻生がYouTubeで設立総会前日に配信された動画で紹介していた。

活動[編集]

公式サイト上に会員専用の動画配信、電子掲示板が存在し、会員間の交流ができる。選挙時などにはビラ配布などの活動を行う。設立総会をはじめ、主要なオフ会はニコニコチャンネルの「自民党チャンネル」で生中継されている。

規約には次のように謳われている[4]

  1. 「党のパンフレット・ビラの配布およびポスティング活動」
  2. 「インターネット等を活用した各種広報活動・情報収集活動・会員相互の交流活動」
  3. 「党への提言」

これらは政治後援会としては基本的かつ普通の行為であり、本クラブだけの特徴ではない[6]

ネットサポーターズクラブの略称から、ネット掲示板における自民党を支持する投稿者を「ネトサポ」と揶揄するインターネットスラングが発生した[7]

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)が発足しました。」新藤義孝(自民党衆議院議員)ホームページ
  2. ^ J-NSCホームページ
  3. ^ 【ネットウオッチ】会員1万9000人で「宣伝戦」自民公認サポーター組織 安倍首相に熱狂/投稿内容は「自己責任」『毎日新聞』朝刊2017年10月18日
  4. ^ a b c d e 規約
  5. ^ J-NSC会員登録
  6. ^ 「ビラ折りやビラ配布、ハンドマイク宣伝やポスターはりなど」 - 日本共産党
  7. ^ 「選挙前に暗躍する“ネット工作員”たちの主張を聞いてみた」『日刊SPA!』2017年10月19日

外部リンク[編集]