旧統一教会問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世界平和統一家庭連合 > 旧統一教会問題

旧統一教会問題(きゅうとういつきょうかいもんだい)は、旧統一教会(世界平和統一家庭連合、旧称・世界基督教統一神霊協会)を巡る、日本社会問題である。

2022年7月8日に発生した安倍晋三元首相への銃撃事件以降に表面化し、マスコミの注目を集めるようになった。

政界との関係[編集]

旧統一教会は、長年にわたって日本の政界への浸透工作を行っていたことが知られている[1]

長らく統一教会問題に取り組んできた弁護士によれば、統一教会は自由民主党の議員を中心に、多くの国会議員と関係を持っており、1990年代の時点で日本の国会議員のうち、百数十名(多くは自民党)の秘書は統一教会の信者であり、議員達の活動は統一教会へ報告され、指示を受けていたとされる[2][3]

2022年8月に共同通信社が実施した関連団体のイベントに出席したり、選挙協力を受けたりした接点があるかを問うたアンケートでは、全国会議員712人中583人が回答し、うち106人が接点があったと回答した。党派別では自民党が82人、日本維新の会が11人、立憲民主党は7人、公明党国民民主党参政党がそれぞれ1人、無所属が3人であった[4]

法学者南野森は、新興宗教を含めて、一般論として政治家が宗教団体と関係を持つことは問題がないとしつつも、「不法行為を繰り返しているし、自分たちが宗教団体であることを隠してアプローチしてくるところが決定的に他の宗教団体と違う」として、旧統一教会は一般的な宗教団体とは区別して、交流を持つべきではないとしている[5]

国政[編集]

自民党[編集]

教団は自民党の「韓国ロビー」といわれる政治家と親密で[6]、古くは岸信介福田赳夫安倍晋太郎といった領袖が、文鮮明主催のパーティーに参席したり、同僚議員を教義セミナーへ勧誘するなどして尽力した[7]

1989年(平成元年)に東京で開かれた「勝共推進議員の集い」には、自民党・民社党を中心とする国会議員232名が一堂に会しており、近年でも旧統一教会のシンパの議員は250人にのぼると漏れ伝わった[8]。自民党内には教団が支援する教育関係の議員連盟が設立されたこともあった[9]

弁護士の紀藤正樹によると、統一教会の信者は自民党の応援団として選挙活動などにも駆り出されているが[10][11][12]、2012年(平成24年)に発足した第二次安倍政権以降、国会議員が統一教会の行事に公然と参加するようになった[10][11]。統一教会との関係を深めると大臣などへの出世が早まることが認知され、自民党議員らは自ら統一教会のイベントに参加するなど関わりを深めていった[2][10][12]。統一教会との関係を問題視している自民党議員も一部存在はしたが、彼らは党内での発言権は弱く、出世コースからは事実上外されているとされる[2][10][12]。信者は自由民主党への投票を求められることを、統一教会2世の被害者が語っている[2][10][12]。2018年には、自民党代議士が統一教会青年イベントに連続出席[13]。来賓祝辞で教祖への感銘を鮮明に語った[13]。元信者のジャーナリストである多田文明も、組織的な教団による政治家への投票指示があったとしている[14]

2022年7月8日に発生した安倍晋三銃撃事件後の7月19日、統一教会元会長郭錠煥は記者会見にて、「(創設者の故)文鮮明総裁は(安倍氏の祖父の)岸信介元首相と近かった。(父の)安倍晋太郎元外相とも近かったと承知している」と指摘した[15]神田外語大学民族主義運動の専門家であるジェフリー・J・ホールは、統一教会は冷戦時代に後に安倍派となる岸派と協力していたことを指摘しており、無償のボランティアの提供は、選挙において価値を発揮したと述べている[16]

参議院議員の二之湯智は、「旧統一教会がどういう教義を持って布教活動をしているのかさっぱり分かりません」などと記者に述べた。発言当時の二之湯は国家公安委員長であり、ジャーナリストの田﨑史郎は、「国家公安委員長はやっぱり知ってなきゃいけない立場ですよね。警察のトップですから」と批判している[17]。また、自民党総務会長の福田達夫は、統一教会と政界のながりについて「何が問題か僕よくわからないです」と発言した[18]

週刊誌のFRIDAYは、萩生田光一が7月の参院選の際、教団の施設を訪れていたことについて、「戦争中に日本は韓国にひどいことをしたので、罪滅ぼしのために献金し続けなければならない」という統一教会の思想に触れたうえで、「献金の実態を知って付き合っていたのであれば、”売国奴”と言われても仕方ないだろう」と報じている[19]

2022年9月8日、自民党の内部調査によって、自民党所属の国会議員379人のうち179人(47%)が統一教会と何らかの接点があったと明らかになった[20]。その中でも、選挙で支援を受けるなどの一定以上の関係を認めた議員は121人に上り、自民党は121人の氏名を公表した。

その他の政党・政治団体[編集]

2022年7月30日、日本維新の会は関連団体のイベントに出席するなどの接点があった所属国会議員が13人であったと公表した[21]。8月8日には他にも接点があった議員がいたと発表し、関係を認めた維新の国会議員は15人となった[22]。8月2日には大阪維新の会も所属議員や首長16人が、関連団体の会合に参加したり、祝電を送ったりしていたと発表[23]。9月9日には新たに3人の接点が確認されたと発表した[24]。8月19日には公明党が、所属国会議員のうち2名が、過去に関連のある雑誌のインタビューを受け、記事に掲載されていたと発表した[25]。8月23日、立憲民主党は、所属議員のうち14名が、過去に関連団体の会合に出席するなどの接点があったと公表した[26]

政党だけではなく、多くの言論人や政治的意見を発信する者達も、統一教会に関わっていたことが明らかになっている。代表的な例として、近年の皇位継承問題において、女性天皇女系天皇に否定的な意見を持った言論人などが、統一教会関連の政治団体などで講演を行うなど、直接的な関わりを持っていたことが挙げられる[27]。また、Hanadaなどの雑誌も、同問題に対して統一教会を擁護する方向性を固めており、統一教会を脱会させようとする信者の家族の行動を「犯罪」と呼んで非難しているほか[28]、上記のような言論人の中には、世界日報は統一協会の機関誌ではないと主張して擁護するなど、現在でも多くの言論人や政治家と関わっているものと見られている[29]

地方政治[編集]

地方議員との関係も確認されている。ある元議員は、選挙活動やビラ配りを支援してもらったことを明らかにしている[30]

警察捜査と政治の関係[編集]

上越教育大学教授の塚田穂高は、「旧統一教会の場合は、教団を追及や捜査から守ってもらうために政治に近づき続けた面も強い」とし、「政治家が『よくあるつきあい』で済ませてよい相手ではなかった」として、教団による政治家へのアプローチの背景には、捜査を回避する目的があるとの趣旨の発言をしている[31]

ジャーナリストで元参議院議員の有田芳生によると、有田は1995年警察庁関係者に警察庁幹部から依頼を受けて教団についての講義を行った。当時はオウム真理教の次に摘発をしようとしていると聞かされていたが、結局摘発はなかった。その10年後に、警視庁幹部二人から政治的圧力により摘発を阻まれたと聞かされたとしている[32][33]

2012年には、元警察官僚の平沢勝栄が、この種のアプローチを受けたのではないかとの話があった。週刊新潮の報道によれば、平沢の発言を収録したテープが流出し、そのテープには平沢の声で「各地で今、5、6ヶ所警察とトラブってんだよ。それで結局、警察けしからんって言ってんだよなあ、統一教会は。それで私にそれをやってくれって…」などの発言が収録されていたという。この発言について、平沢が統一教会から警察の捜査について相談され、警察との窓口役を務めざるを得なくなり、困惑したのではないかとの関係者の証言があった。なお、平沢は教団との関与を否定している[34]

全国霊感商法対策弁護士連絡会」のメンバーで弁護士の川井康雄は、第1次安倍政権終了後の2007年頃から、教団に関連した違法行為の刑事事件化が相次いでいた一方で、2012年第2次安倍政権発足後に再び刑事事件化することは少なくなったことを指摘した上で、教団と政治家の関係性は明らかであるとした。同じく弁護士の山口広は、教団は政治だけでなく、言論・学術界などにも食い込んでおり、違法な霊感商法の被害について警察や行政が積極的に取り組まないように、圧力をかけてもらうように働きかけていることを証言している[35]

また、2005年2006年公安調査庁が国内外の治安情勢をまとめた報告書「内外情勢の回顧と展望」で「特異集団」として位置づけられていた教団が、第1次安倍政権下の2007年で項目から外れていたことがわかっている。同報告書では教団について、「危機感や不安感をあおって勢力拡大を図り、不法事案を引き起こすことも懸念される」としていた。対象から外れた理由について、日本国政府は「時々の公安情勢に応じて取り上げる必要性が高いと判断したものを掲載している」としている[36]

韓国での反応[編集]

長年韓国に居住する日本人ジャーナリスト黒田勝弘は、安倍首相の銃撃殺害事件は韓国でも大きな話題となったものの、旧統一教会の悪徳商法や高額献金といった、その後の統一教会問題はあまり報じられず、自民党批判といった政治問題となっていることも含めて、一般にはほとんど知られてないという。日本での批判活動に対抗して起こった日本人妻のデモについても報道はほとんどなかったとする。日本での統一教会問題は彼らにとって不愉快なことだから触れたくないのだろうというのが、黒田の見解である。また、日本より先に「世界平和統一家庭連合」に改名していたようだが、一般には2022年当時でも「統一教」と呼ばれているという。[37]

高額献金[編集]

教会に対する献金にはノルマがあるとされる[38]。高額献金の要求で、信者の家庭が崩壊するケースが多々あった[38]。安倍晋三銃撃事件の被疑者の母親も多額の献金で破産していたことが分かっている[39]

日本統一教会は「先祖の罪業を辿って償わないと不幸になる」という論理を教義の一つとしており、人値の先祖辺り70万円以上の定額寄付を促される。最終的に信者の財産を絞りつくす為にも、定額寄付は信者の資産ごとにコミットメントされ、場合によって縄文時代にまで家系図を遡るように作成され恐怖を植え付けさせ続ける[10]。統一協会の教義の確信は「堕落論」にあり、この教義を利用して霊感商法を行っている[40]。この教義の中の「万物復帰」という教えは、「全ての万物は神に捧げなければならない」という統一教会の集金システムであり、最終的に信者の全財産を捧げさせる為の物である[10][12]。また、日本の信者から徹底的に集めた金銭をアメリカでの事業立ち上げに使用したと報道され[41]、多額の献金によって崩壊した家庭が多いとされている[42][43][44][45][46]

1988年5月、献金名目で土地や建物を安く売却させたとして、都内の無職女性(67)と千葉県の会社員(37)が教団に対し、約7500万円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こしている。訴状によると、無職女性の土地やアパートを9400万円で売却させ、うち5400万円を献金させた。会社員は、高額な多宝塔や羽毛布団などを買わされたとしている[47]

1992年4月、男性(58)ら一家4人が、「詐欺的な説得で多額の資金を提供させられた」として、約19億3000万円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こした。訴状によると、教団関係者が男性の農地を担保に借金をさせ、16億4000万円を教団に貸金名目で提供させたとしている[48]

1996年6月、関東地方在住の女性(67)ら3人が、教団に13億2800万円の損害賠償請求訴訟を起こした。訴状によれば、1989年5月から12月にかけて、土地を担保にノンバンクに借金をさせ、約13億を献金させた[49]

1998年頃、統一教会の元信者の男性が教団に対し、19億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に提起した。男性は栃木県の資産家の家に生まれたが、大学在学中に入信、以後、多額の献金を求められ、1986年から1991年までに総額32億を寄付し、先祖代々の土地の大半を失ってしまった。教団は当初争う構えを見せたが、最終的に19億の支払いを認める形で和解した。弁護団は判決回避のためとみている[50]

朝日放送の取材に答えた大阪府在住の元信者は、三男の自殺による精神的ショックから入信に至り、1993年から2006年の13年のあいだに、三男の生命保険金など3000万円近い金額を教団に献金したと語った[51]

2005年から2010年にかけて、警察による霊感商法の摘発が相次いだことから、不特定多数を狙った霊感商法は下火になり、集金方法は「狭く、深く」少数の信者から大金を搾取するようになっているという[52]

2006年10月3日、「家計が途絶える」と脅すなどの教団信者による違法な勧誘の結果、多額の献金をさせられたとして足立区の資産家女性(68)が教団と信者4人を訴えていた裁判で、東京地裁は教団の使用者責任を認めた上で、約2億8900万円の支払いを命じた[53]

2008年4月10日、「先祖が地獄で苦しんでる」などと信者に脅され、約2億2000万円を献金させられたとして教団に損害賠償請求訴訟を起こしていた千葉県の女性(70)に対し、教団側は2億3000万円を支払う示談に応じた。教団は「教団は関与せず信者間の和解である」とした[54]

2012年7月3日、元信者の女性(37)が、教団と国に対し、約4300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に提起した。教団に対しては、不安を煽られ、献金や「献身」と呼ばれる労働行為を強いられたこと、国に対しては是正措置を講じる義務があったのに放置した責任があったとした[55]

2014年3月24日、元信者ら40人が、違法な布教活動で献金や宝石購入を強いられたとして、教団に合計1億990万円の損害賠償を求めていた裁判で、札幌地裁は、元信者3人の請求を一部認める形で、合計3850万円の支払いを命じた。判決では布教活動を「経済的利益を獲得する目的」とし「信教の自由を侵害する行為」と認定した[56]

2016年6月28日、東京高裁は、教団の指示で元妻が多額の献金をしていたとして、60代男性に対して3428万円の損害賠償の支払いを教団に命じた裁判の控訴審で、組織的な関与を認めた上で賠償金を3789万円に増額した。教団は献金は信者の自由意志によるものと主張したが、裁判では、献金をしないと不幸になるとして、夫の預金を献金するように指示したと認定された[57]

2020年2月28日、東京地裁は、教団に対し、違法な勧誘で多額の献金をさせられたとして520万円の損害賠償請求訴訟を提起していた60代の元信者女性に対しての、470万円の損害賠償支払いを命じた[58]

2022年7月、教団による被害の救済に取り組む「全国霊感商法対策弁護士連絡会」は、毎日新聞の取材に対し、献金の違法性を認定し、返金を命じる民事裁判の判決が近年も相次いでおり、教団は現在でも信者に献金や奉仕を強要している、と強調した[59]

統一教会による霊感商法[編集]

1980年頃より、霊感商法を用いた悪徳商法が社会問題化していた[60]。大理石の壷や印鑑[61]などが例として挙げられ、中には3000万円の教本を買わされたケースも存在する[62]

一方、教会側(会長田中富広の会見)は「過去も現在も行ったことはない」と述べているが、全国霊感商法対策弁護士連絡会の弁護士山口広は、これを強く否定している[63]

原理研究会問題[編集]

統一教会系の学生組織『原理研究会』は、1960年代以降社会問題になり、複数の事件・訴訟が発生。原理研に加入した学生は学業を放棄して活動に熱中し、帰宅せず教団関連施設に泊まり続けるようになった。さらには親に「金を出さなければ親子の縁を切る」「遺産の前渡しだ」などと寄付金を要求し、要求が受け入れられないと断食をしたり、「サタン」と親を罵ったり、「殉教する」と自殺をほのめかしたりと、異常な言動をするようになり、「家庭破壊」の被害が続出した。原理研の活動は、路上での布教や募金活動を不眠不休で行うなどの重労働で、過労で入院する学生も多かったという。原理研の運動が盛んだった早稲田大学では、大学側は学生に対し学業に復帰するように要請するも、布教に専念するために退学に至る学生も現れた[64][65][66]。原理研による家庭崩壊の被害に遭った親らは、「原理運動対策全国父母の会」を結成、渋谷にある統一教会本部前で「わが子を家庭、学校に返せ」などのプラカードを掲げてデモ行進を行った[67]

1967年12月には、教団信者2人が大分県内の滝壺で溺死、原理運動の修練活動中だったと見られる[68]

1968年9月、「原理運動対策全国父母の会」は教団会長の久保木修己刑事告訴した。告訴状によると、神奈川県厚木市に総工費7億円で「修練所」を建設すると称し、学生の親から寄付金を募ったが、募金終了後1年以上たっても着工せず、経理報告もしなかったため、寄付金詐欺であるとした[69]

1970年8月、原理研の修練会に参加していた学生が、全身打撲による衰弱で死亡した。原理研の幹部らが不法に監禁し医師にも診察させなかったことが原因として、関係者7人が書類送検されている[70]

1976年には、フランスの「原理運動」パリ本部で手製の爆弾が爆発、教団関係者2人が重傷を負った。原理運動はフランス国内でも社会問題化しており、「子供を取り戻す会」が全国で3つもつくられていた[71]

1976年9月ごろ、米国の移民局は、「原理運動」に関与する統一教会の信者約700人を不法滞在者として国外追放する手続きを指示した。これらの信者の多くは、日本人と韓国人で、連邦判事が「宣教師見習」としての資格を認めないと裁定していた[72]

1977年2月、原理運動に反対する「原理被害者更生会」の顧問が男女2人に鉄パイプで襲撃される事件が発生。顧問は統一教会に一時入信した経験から、原理運動の被害者を社会復帰させる活動をしており、これまで約100人を更生させたと話していた。教団側は関与を否定[73]

1977年4月、渋谷署は統一教会保安係の男(31)を傷害、暴行の疑いで逮捕した。男は、教団に入信した長男、長女と面会に来た「原理運動対策全国父母の会」のメンバーに対し、「不法侵入で110番するぞ。帰れ、帰れ」と恫喝し、二人を手をつかんで押し出し、壁に体を押し付けるなどの暴行を加えた。また、別の日に教団責任者に面会を求めてきた「父母の会」のメンバーにも暴行、全治5日のけがをさせた[74]

1978年6月、青山学院大学で、原理研究会と対立する「反原理共闘」のメンバーら合わせて約20人で乱闘騒ぎが発生。1人が全治5日のけが[75]

1982年11月、東京大学駒場北寮で、反原理運動サークル「文理研」の寮生3人がいる部屋に、約10人の男が乱入し殴る蹴るの暴行を加えた。駆けつけた警察官に対して、一部学生らがスクラムを組んで立ち入りを拒んだために、機動隊が出動し4人が公務執行妨害で逮捕された[76]

1983年には、徳島県で原理研に加入した娘を家に連れ帰った親を相手取って、原理研側が人身保護請求訴訟を提起した。徳島地裁は「娘の幸福を願った親の愛情に基づく正当な親権の行使」として請求を棄却している[77]

1988年12月、「原理研究会」の指示に従って就職した元信者が、理由もなく給料を天引きされ、1日あたり1100円の賃金しか支給されず、毎日15時間から21時間にわたる長時間労働も強いられ「タコ部屋同様の生活を強いられた」として、元勤務先の「セイロジャパン」に対して未払いの賃金や慰謝料を求める訴訟を東京地裁に提起した[78]

勧誘手法[編集]

統一教会が拡大を続けた理由として、統一教会の関係者が教義の内容や「自分は統一教会の人間である」ことを隠した状態で教団への「入り口」をカモフラージュしていることがあげられる。何も知らない一般人はそこに集まるように勧誘されて、実はそこは統一教会だった、ということが最後に明かされて、その後、入信にまで誘導する[10][2]

相手を入信させる事に成功すると、次は、自分が統一教会である事や統一教会の教義を段階的に刷り込み、特定の恐怖の対象を与え、その恐怖の対象からの開放手段を与えていく。これは、統一教会がマインド・コントロールの手法をうまく活用している典型である[10][2]

統一教会2世被害者弁護団は、「興味本位などで統一教会関係者や、関連の人物などに接近を試みるのは非常に危険である」と警告している[10][12]

2世信者問題[編集]

親世代が統一教会の信者であり、幼少期からドメスティック・バイオレンス(DV)の状態にあった当時の子供達、統一教会2世の被害者は信者や教会からの特定を恐れ、息をひそめ生活せざるを得ない等の理由により散在状態になっており、統一教会2世被害弁護団が救済の為に活動している状態である[10][2]。統一教会2世被害弁護団は今も統一教会による被害は発生し続けているとしており、2022年(令和4年)7月8日に発生した安倍晋三銃殺事件の犯人の動機に関する弁明を行った統一教会による、「2009年以降は全く問題はおきていない」「犯人の母親の寄付額は把握できていない」等とした会見内容は虚偽だとしており、「統一教会と安倍晋三元総理は大して関係が無く、犯人は思い込んだだけである。」とするメディアの報道姿勢や内容も糾弾している[10][2]。一方で、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス名誉教授であるアイリーン・バーカーの論文によると、1970年代に統一教会に入信した信者たちは教団に残っているが、その後に入信者を増やすことには成功していないため、教団の高齢化が進んでいるという[38]

2世信者からは、幼少期から信仰を強要される、教義に従う生き方を強制される心理的虐待を受けてきた、献金のために貧困に苦しんだ、との証言が多数報告されている。自分も「元2世信者」であると語る20代の女性は、日本テレビの取材に答え、「2世信者」の苦しみを語った。女性は幼い頃から親に従い信仰をしてきたが、徐々に違和感を感じたという。小学生の時に、教祖文鮮明の血が入っているとされる赤ワインを飲まされると「まずくて、気持ち悪かった」と感じたといい。中学生くらいから、信仰を拒否するようになった。親は給料の大半を教団への献金に費やしてきたといい。狭いアパートで高価な統一教会の「聖本」や「」に囲まれて生活をしていたという[79][80][81]

別の「2世信者」女性は『週刊文春』の取材に答え、「絶対に異性を好きになってはいけない」と恋愛を厳しく制限されていたことを明かした。恋愛に興味を持たないように、本や漫画、テレビ番組も厳しく制限された。20代になって恋人ができ、そのことを親に打ち明けると「お前はサタンだろう!」と相手を脅迫しにいき、破局に至った。女性の弟は「合同結婚式」に頼らず、自分で相手を見つけて結婚したが、弟がそのことを打ち明けると、親が「殺しに行く」と言ったため、警察沙汰になった。弟は親と絶縁したという[82]

合同結婚式」で出会った両親の元に生まれた別の30代女性は、毎日新聞の取材に対し、両親は布教活動などに熱心で家を留守にすることが多く、夕食は一人で食べることがほとんどだったと語る。両親は給料の大半を教団への献金に費やしてきたため、生活は貧しく、小石や虫が混じる「くず米」を食べていたという。やはり家には壺や印鑑、多宝塔が置かれ、文鮮明の写真が飾られていた[83]

小学館週刊ポスト』の取材に答えた別の20代後半の「2世信者」女性も、幼少期から貧困に悩まされてきたという。小遣いは1円ももらえず、親戚からもらったお年玉も献金のため没収された。服もボロボロで、集団登校では『くさいから来るな』といじめにも遭った。高校生ではじめたコンビニアルバイトで稼いだお金も、全額両親に渡していたという[84]

40代の「2世信者」女性は「親孝行になるんだ」と親に従い高校生のころに入信した。21歳の時に「合同結婚式」に参加、結婚前に一度も会ったこともない当時19歳の韓国人と結婚した。夫は無職で気に入らないことがあると度々暴力を振るった。しかし、教団に相談すると「あなたの信仰が足りない」と言われただけだった。男性とは離婚に至り、教団が紹介した別の男性と再婚したが、男性は女性のクレジットカードを使い込み、女性は自己破産に至った[85]

2022年8月23日、立憲民主党は国会内で元信者からヒアリングを行った。夫と子供と共に出席した「元2世信者」女性は、両親が高額な献金をしたために家庭環境は貧しくそれが原因でいじめを受けたこともあり、高校生の頃からアルバイトをしていたが200万円あまりの給与はすべて献金のために両親に没収されたと証言した。両親は現在も熱心な信者で、父は教会長を務めていたことがあり、母は婦人部長などを請け負い政治の面でも選挙活動の手伝いやウグイス嬢をしたりしていたという。また女性は結婚前に参加が義務付けられている修練会において公職者からセクハラを受け、韓国にある教団施設では精神が崩壊した信者を数多く目の当たりにするなどし、2016年頃に脱会した[86]

反応[編集]

統一教会への批判[編集]

上越教育大学准教授の塚田穂高は、政治家にとっては「教団の信者らが選挙の運動員として派遣されてきたこと」、統一教会にとっては「政治家とつながっていることで、自分たちの活動が認められているという“お墨付き”を得たと感じられる」ことなどを双方の利点として挙げている[87]。その上で「社会問題性や反社会性がある団体だ。この旧統一教会の特殊性を見逃してはいけない」と評した。

弁護士紀藤正樹は「旧統一教会は、本人の財産状況を確認して、ギリギリまでお金を出させる手法で、過去30年余りで1230億円以上の被害が確認されている。行政側は、宗教団体による霊感商法には、信教の自由などからタッチできないという認識があり、問題の根深さにつながっている」とした上で、オウム真理教事件を契機に欧米でカルト対策が進んだ一方、日本では手付かずである現状を指摘した[88]

社会心理学者の西田公昭は、「海外では特定の団体をカルトと認定し、その思想を子どもに教えること自体を違法とする国もある」として、教団に対する規制を国が実行する必要性を説いているほか、「宗教」と「カルト団体」と一緒にしてはいけないとして、旧統一教会と他宗教団体を同等に扱うことに否定的な見解を示した[89][90]

宗教学者島薗進は、旧統一教会が多くの被害者を生んできたとして、反社会的な問題を繰り返し起こす団体の宗教法人認証取り消しを可能とする宗教法人法の改正を検討すべきとの見解を示した[91]

法学者中島宏は、フランスの反セクト法に触れ、制定をめぐって信教の自由を侵害するとの懸念が示されたことから、違法行為に着目して規制するようになったことを指摘した。その上で、「日本が学ぶべきは、法規制とあわせたセクトを巡る情報提供や注意喚起、未成年者保護、宗教が絡む問題に対処するための公務員研修などだ」との見解を示した[91]

旧統一教会側の反発[編集]

7月11日に旧統一教会の日本法人会長・田中富広が安倍への銃撃事件を受けて会見を行った。しかし会見場に入れたのは「五大紙、通信社、テレビ局、統一教会系のメディアのみ[92]」であり、地元紙やロイター、週刊誌やフリー記者らは入場が認められなかった。田中は「私どもの法人の数か所の教会に、心無い電話がありました。あるいはメディアからの心無い言葉も、取材攻勢も受けております。信徒たちを守っていくのも、法人の責任者としての責任の責務であると感じておりますので、今回はそれなりに信頼できるメディアの皆様に来ていただきました」と述べている[92]

韓国では18日、同国の信者や同国に「嫁いだ」日本出身の女性信者、その子供らによって、教会批判の報道に抗議するデモが行われた[93][94]。4000人が参加したとみられ[93]、日本の報道は「歪曲・偏向」「宗教弾圧」であると訴えた[95][96]。その後、韓国の文化放送(MBC)でも同局制作の調査報道番組『PD手帳』において、教会批判の特集が放映されたことを受けて、教会の信者約4000人が8月31日にMBC本社前にて抗議デモを行った[97][98][99]

9月29日、世界平和統一家庭連合は教会批判の急先鋒であるワイドショー2番組(『ひるおび』・『情報ライブ ミヤネ屋』)の制作局(TBSテレビ読売テレビ)と弁護士3人(紀藤正樹八代英輝本村健太郎)に対して、損害賠償などを求める裁判を起こしたことを発表した[100]。同連合は10月27日にもワイドショー・情報番組2番組(『スッキリ』・『生島ヒロシのおはよう一直線』)の制作局(日本テレビTBSラジオ)とジャーナリスト・弁護士2人(有田芳生・紀藤正樹)に対して、損害賠償などを求める裁判を起こしたことを発表している[101]

10月7日、世界平和統一家庭連合は同日に日本外国特派員協会にて予定されていた元2世信者の記者会見を精神疾患を理由に元信者の説明が虚偽の可能性があるとして、会見の中止を求めるFAXを同協会に送付していたことが判明した。なお、記者会見自体は予定通り行われた[102]

過熱する報道・反応への批判[編集]

青沼陽一郎は、第2次岸田改造内閣の人事について、岸田による「国民の皆さんの疑念を払拭するため」に「私から閣僚に対しては、政治家としての責任において、それぞれ当該団体との関係を点検し、その結果を踏まえて厳正に見直すことを言明し、それを了解した者のみを任命いたしました」という発言を、「政権による『宗教弾圧』であり、『政教分離』の原則にも反する」「憲法違反」「現職の閣僚が、ある宗教の信者であることを理由に、無視したり、日本人でありながら公益の受益者から外したりすることは、許されるはずもない。お前はクリスチャンだから相手にしない、創価学会の会員とは口をきかない、などと言えるはずもない」「戦前の『思想統制』に等しい」などと猛烈に批判している[103]

平戸市長の黒田成彦は、「長崎新聞から統一教会との関係を尋ねるアンケートが届いた」ことを明らかにしたうえで「(関係は)ないと答えるがまるで江戸期のキリシタン弾圧の踏み絵のようだ。隠れキリシタンの末裔である私は遺伝子的にこのような踏み絵行為は気持ち悪い」とTwitterに投稿している。この投稿に対し平井文夫は、「極めてまっとうな指摘」と評した[104]

脚注[編集]

  1. ^ 旧統一教会と日本会議、「野合」の運動史…歴史認識が対立しても「とりあえず共闘」の打算”. 東京新聞. (2022年8月18日) 
  2. ^ a b c d e f g h (日本語) 「旧統一教会の会見について」全国霊感商法対策弁護士連絡会が記者会見, https://www.youtube.com/watch?v=6TAEw136rrQ 2022年7月15日閲覧。 
  3. ^ 旧統一教会と国会議員の“ただならぬ関係”…霊感商法対策連絡会はずっと危惧していた|安倍元首相銃撃で見えた 統一教会の実態”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2022年7月16日閲覧。
  4. ^ “旧統一教会、国会議員106人に接点 8割は自民”. 日本経済新聞. (2022年8月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE132A50T10C22A8000000/ 2022年11月4日閲覧。 
  5. ^ 不法行為多く 他宗教と相違 九州大・南野森教授(憲法学)” (日本語). 毎日新聞. 2022年8月20日閲覧。
  6. ^ 村上重良『世界宗教事典』(講談社、2000年7月10日)ISBN 978-4061594364
  7. ^ 『週刊現代』1999年2月27日号、講談社、 200-205頁。
  8. ^ 統一教会の政界工作発覚 秘密内部文書入手」『週刊ポスト』1998年08月07日号、小学館。
  9. ^ 『週刊ポスト』2005年4月22日号、小学館。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l 【旧統一教会の会見について】紀藤正樹弁護士ら全国霊感商法対策弁護士連絡...”. ニコニコ生放送. 2022年7月12日閲覧。
  11. ^ a b (日本語) 「旧統一教会の会見について」全国霊感商法対策弁護士連絡会が記者会見, https://www.youtube.com/watch?v=6TAEw136rrQ 2022年7月15日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f (日本語) 【"統一教会"の献金などの活動を非難】紀藤正樹弁護士ら全国霊感商法対策弁護士連絡会が記者会見, https://www.youtube.com/watch?v=QQPc644aNMs 2022年7月13日閲覧。 
  13. ^ a b 鈴木エイト (2018年10月23日). “やや日刊カルト新聞: 自民党代議士が統一教会青年イベントに連続出席、来賓祝辞で教祖への感銘を“鮮明”に語る”. やや日刊カルト新聞. 2022年7月12日閲覧。
  14. ^ “「票の割り振り」 “統一教会”は否定 元信者のジャーナリスト「日本の政治を動かしていくのが最終目的」”. 日テレニュース. (2022年7月21日). https://news.ntv.co.jp/category/society/3809e2fd23374c31b0f5fd417da139d4 
  15. ^ “旧統一教会元会長が指摘「文鮮明総裁は岸信介元首相と近かった。安倍晋太郎元外相とも近かった」”. 日刊スポーツ. 共同通信. (2022年7月19日). オリジナルの2022年7月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220722031807/https://www.nikkansports.com/general/news/202207190001329.html 2022年7月20日閲覧。 
  16. ^ “Killing of Shinzo Abe shines spotlight on politicians’ links with Moonies”. FINANCIAL TIMES. (2022年7月11日). https://www.ft.com/content/a31f0f6d-39c9-4990-9081-057f773d56d4. "“This group has been one of the bases of the LDP’s campaigns since that time in the cold war when the church was a reliable ally against communism,” “They worked with the Kishi faction of the LDP, which later became the Abe faction.”“Having religious groups that can provide a very reliable group of voters who will definitely turn out on election day, will definitely vote for your party, can provide volunteers for your campaign, is important,”" 
  17. ^ 田崎史郎氏 二之湯国家公安委員長の旧統一教会巡る発言に「国家公安委員長は知ってなきゃいけない立場」”. スポニチ. (2022年8月8日) 
  18. ^ 「創価学会は許すの?」公明党市議が旧統一教会系イベント出席…岸防衛相は「霊感商法」知りつつ選挙支援 政界とのつながり続々”. 文春オンライン. (2022年8月2日) 
  19. ^ 生稲晃子を統一教会に手引きした萩生田氏に”売国奴”のレッテル”. FRIDAY DIGITAL. 講談社 (2022年8月18日). 2022年8月19日閲覧。
  20. ^ 自民“旧統一教会と接点の国会議員は179人”うち121人氏名公表”. NHK (2022年9月8日). 2022年9月13日閲覧。
  21. ^ “維新13人が旧統一教会接点 藤田氏、組織的関係は否定”. 日本経済新聞. (2022年7月30日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA303KC0Q2A730C2000000/ 2022年11月4日閲覧。 
  22. ^ “維新・松沢成文氏、旧統一教会関連のイベント出席”. 日本経済新聞. (2022年8月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA08A7F0Y2A800C2000000/ 2022年11月4日閲覧。 
  23. ^ “大阪維新の議員・市長16人、旧統一教会関連団体の会合に参加や祝電”. 毎日新聞. (2022年8月2日). https://mainichi.jp/articles/20220802/k00/00m/010/140000c 2022年11月4日閲覧。 
  24. ^ “大阪維新で3人 新たに接点確認 /大阪”. 毎日新聞. (2022年9月11日). https://mainichi.jp/articles/20220911/ddl/k27/040/211000c 2022年11月4日閲覧。 
  25. ^ “旧統一教会系雑誌に記事 公明党幹部が取材にこたえる”. 日本経済新聞. (2022年8月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE1993E0Z10C22A8000000/ 2022年11月4日閲覧。 
  26. ^ “立民・枝野氏も旧統一教会側と接点 党調査公表、計14人を確認”. 産経新聞. (2022年8月23日). https://www.sankei.com/article/20220823-54NTJV4RBRN2RKPKA5JF5NQZXQ/ 2022年11月4日閲覧。 
  27. ^ よーしゃなき【論破祭り】VS.男系固執カルト”. 小林よしのり (2022年8月23日). 2022年11月17日閲覧。
  28. ^ “拉致監禁して脱会強要”これ、統一協会のキャンペーン用語です”. 泉美木蘭 (2022年11月1日). 2022年11月16日閲覧。
  29. ^ なぜ統一協会の教義に嵌るのか?”. 小林よしのり (2022年9月6日). 2022年11月16日閲覧。
  30. ^ 旧統一教会との関係 地方政治にも信者の議員「理念広めようと」議員「票を入れてもらわないと」”. NHK. (2022年8月31日) 
  31. ^ 『AERA』2022年8月2日号 p20~21
  32. ^ 肌感覚で知る永田町の統一教会 有田芳生さん 【The Burning Issues vol.23】. デモクラシータイムス. (2022年7月17日). https://www.youtube.com/watch?v=XSkjNmGpaSI&t=4854s 
  33. ^ 羽鳥&玉川氏が絶句フリーズ 有田議員が旧統一教会捜査に「圧力」と発言「政治の力」トレンド入り”. デイリースポーツ. 2022年7月18日閲覧。
  34. ^ 『週刊新潮』2012年12月20日号 p39~40
  35. ^ 「旧統一教会と政治家のつながりは明らか」紀藤弁護士らが海外メディア向けに会見”. Business Insider. 2022年8月9日閲覧。
  36. ^ 「特異集団」は旧統一教会 公安庁報告書、安倍政権下で項目消える”. 朝日新聞. 2022年8月19日閲覧。
  37. ^ 韓国での統一教会はどんな存在? 問題になったことはないの? 韓国在住40年の黒田さんに聞いてみた”. Book Bang. Book Bang. 2022年12月17日閲覧。
  38. ^ a b c 春増翔太 (2022年9月9日). “旧統一教会元幹部が実名証言 韓国への送金「推計年100億円」”. 毎日新聞 
  39. ^ 家庭崩壊も母は脱会せず、深めた「疑似家族」との関係”. 産経新聞. (2022年7月23日) 
  40. ^ How Abe and Japan became vital to Moon’s Unification Church”. Washington Post (2022年7月12日). 2022年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月13日閲覧。
  41. ^ 4700億円以上をアメリカに送金済み…統一教会が日本人信者から徹底的に巻き上げた本当の理由 全米に9000店ある寿司レストランの大半は取引先 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)”. web.archive.org (2022年8月1日). 2022年8月1日閲覧。
  42. ^ 家庭崩壊も母は脱会せず、深めた「疑似家族」との関係 - イザ!”. web.archive.org (2022年7月25日). 2022年8月1日閲覧。
  43. ^ 【統一教会】旧統一教会・元2世信者が壮絶人生を激白…家庭崩壊への道、2度目の離婚と自己破産、一家離散|日刊ゲンダイDIGITAL”. web.archive.org (2022年7月26日). 2022年8月1日閲覧。
  44. ^ 【統一教会】旧統一教会にとって日本は“金ヅル”…韓国本部に「年間200億円」送金の仰天と衝撃の献金実態|日刊ゲンダイDIGITAL”. web.archive.org (2022年8月1日). 2022年8月1日閲覧。
  45. ^ 旧統一教会の正体 植民地支配の怨みを解くため日本はただの献金組織【報道1930】 | TBS NEWS DIG”. web.archive.org (2022年7月26日). 2022年8月1日閲覧。
  46. ^ なぜ信じるのか。脱会信者が赤裸々に明かす「統一教会」の手口(週刊現代) | マネー現代 | 講談社”. web.archive.org (2022年8月1日). 2022年8月1日閲覧。
  47. ^ 『毎日新聞』1988年5月7日号 朝刊 23面
  48. ^ 『毎日新聞』1992年4月8日号 朝刊 26面
  49. ^ 『毎日新聞』1996年6月15日号 朝刊 27面
  50. ^ 『週刊新潮』2002年10月31日号 p46
  51. ^ 元信者語る“旧統一教会への献金” 「金があると災いが…」息子の保険金など3000万円献金”. 朝日放送. 2022年7月31日閲覧。
  52. ^ 「統一教会vs「週刊文春」」『週刊文春』2022年7月28日号 p33~36
  53. ^ 『毎日新聞』 2006年10月4日号 朝刊 26面
  54. ^ 『毎日新聞』 2008年4月11日号 朝刊 29面
  55. ^ 『産経新聞』2012年7月4日号 朝刊
  56. ^ 『産経新聞』2014年3月25日号 朝刊
  57. ^ 『産経新聞』2016年6月29日号 朝刊 22面
  58. ^ 『産経新聞』2020年2月29日号 朝刊 22面
  59. ^ 旧統一教会、献金強要相談今も 違法性、司法も判断 弁護士ら指摘”. 毎日新聞. 2022年7月31日閲覧。
  60. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「統一教会」の解説”. コトバンク. 2022年8月19日閲覧。
  61. ^ 知恵蔵「世界基督教統一神霊協会」の解説”. コトバンク. 2022年8月19日閲覧。
  62. ^ 旧統一教会に再び批判の目 「霊感商法」今も続く被害”. 産経新聞. (2022年7月14日) 
  63. ^ “旧統一教会”会長霊感商法「行ったことはない」”. ANNニュース. (2022年8月10日) 
  64. ^ 『朝日新聞』1967年7月7日号 夕刊 10面
  65. ^ 『朝日新聞』1967年7月15日号 夕刊 10面
  66. ^ 『朝日新聞』1967年8月8日号 朝刊 14面
  67. ^ 『朝日新聞』1967年9月17日号 朝刊 14面
  68. ^ 『朝日新聞』1967年12月6日号 朝刊 15面
  69. ^ 『読売新聞』1968年9月29日号 朝刊 14面
  70. ^ 『朝日新聞』1970年8月15日号 夕刊 9面
  71. ^ 『朝日新聞』1976年1月24日号 朝刊 23面
  72. ^ 『読売新聞』1976年9月6日号 朝刊 3面
  73. ^ 『朝日新聞』1977年2月6日号 夕刊 19面
  74. ^ 『読売新聞』1977年4月12日号 夕刊 7面
  75. ^ 『読売新聞』1978年7月1日号 朝刊 22面
  76. ^ 『読売新聞』1982年11月29日号 朝刊 22面
  77. ^ 『朝日新聞』1983年12月12日号 夕刊 15面
  78. ^ 『朝日新聞』1988年12月14日号 朝刊 26面
  79. ^ ““統一教会”「2世信者」の苦悩  子供のころ“文鮮明氏の血が入っているとされるワイン”飲まされ…”. 日本テレビ. (2022年7月19日). https://news.ntv.co.jp/category/society/031a8c1ef6394cdd9b61c3131cca25ee 2022年9月7日閲覧。 
  80. ^ 米紙が「統一教会信者2世」を取材 文鮮明が日本人に植えつけた「罪の意識」とは”. クーリエジャポン. 2022年7月30日閲覧。
  81. ^ 容疑者の供述から見える宗教依存の親による「カルト2世」への虐待の実態”. JBPress. 2022年7月30日閲覧。
  82. ^ 「絶対に人を好きになるな」「弟は両親と絶縁」「ずっと貧乏」統一教会 “合同結婚式二世”の苦悩”. 文春オンライン. 2022年7月30日閲覧。
  83. ^ 「信仰するふり」でつないだ家族 旧統一教会2世を救った言葉とは”. 毎日新聞. 2022年7月30日閲覧。
  84. ^ 「お年玉まで『メシア様に返すんだよ』と没収され」20代女性が語る“統一教会2世”の苦しみ”. ニュースポストセブン. 2022年7月30日閲覧。
  85. ^ 【解説】弁護士たちが“統一教会”猛批判 「二世」女性が苦しみ告白…創始者の「マッチング」で結婚も…”. 日本テレビ. 2022年7月30日閲覧。
  86. ^ 旧統一教会修練会でセクハラ「宗教名乗るカルト」元信者告発 教団施設に精神崩壊した信者多数 - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年8月23日閲覧。
  87. ^ 旧統一教会と政治家との関係続々と 選挙に協力した宗教2世”. NHK. (2022年8月5日) 
  88. ^ 旧統一教会への規制 事件の背景 検証を”被害者支援の弁護士” (日本語). NHK. 2022年8月11日閲覧。
  89. ^ 「国がカルト対策を」 旧統一教会めぐり専門家―安倍氏銃撃1カ月” (日本語). 時事通信. 2022年8月11日閲覧。
  90. ^ “母親の脱会を機に弁護士になった男性が語る旧統一教会…脱カルト協会理事「宗教とカルト団体を一緒にしてはいけない」”. ABEMA TIMES. (2022年7月21日). https://times.abema.tv/articles/-/10032248/ 2022年9月7日閲覧。 
  91. ^ a b 日本に「カルト規制法」は必要か 旧統一教会問題で野党に動き フランスでは先進事例” (日本語). 東京新聞. 2022年8月20日閲覧。
  92. ^ a b 旧統一教会、会見場で「メディア選別」 取材拒否の記者ら抗議「入れてください!」...現場に怒号”. J-CAST. (2022年7月11日) 
  93. ^ a b 旧統一教会、ソウルでデモ 安倍氏死去めぐる報道に抗議”. 産経新聞. (2022年8月18日) 
  94. ^ 「サタンの試練に負けないぞ」韓国で旧統一教会“日本人信者”4000人がデモ”. FNN. (2022年8月19日) 
  95. ^ 旧統一教会信者がソウル中心部で抗議集会 「歪曲・偏向報道」を主張”. 朝日新聞. (2022年8月18日) 
  96. ^ 旧統一教会信者、ソウルでデモ 「宗教弾圧反対」”. 日経新聞. (2022年8月18日) 
  97. ^ 日本テレビ (2022年8月31日). ““統一教会”信者ら「事実を歪曲」韓国テレビ局前で大規模抗議集会”. 日テレNEWS. 2022年10月21日閲覧。
  98. ^ TBSテレビ (2022年8月31日). “「歪曲放送だ」旧統一教会の信者ら2000人が韓国テレビ局前でデモ”. TBS NEWS DIG. 2022年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月21日閲覧。
  99. ^ フジテレビ (2022年8月31日). ““統一教会”ソウルで抗議デモ TV局前で「弾圧、謝罪しろ」”. FNNプライムオンライン. 2022年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月21日閲覧。
  100. ^ 旧統一教会、「ミヤネ屋」「ひるおび」で名誉棄損と民放2社・3弁護士を提訴”. 読売新聞 (2022年9月29日). 2022年10月21日閲覧。
  101. ^ 旧統一教会が日テレとTBSラジオ提訴 番組出演者発言「名誉毀損」”. 毎日新聞 (2022年10月27日). 2022年10月27日閲覧。
  102. ^ 教団が元信者の会見中止要求 ファクスで、予定通り実施”. 共同通信 (2022年10月7日). 2022年10月21日閲覧。
  103. ^ 青沼陽一郎 (2022年8月15日). “法的根拠なき「国葬」「統一教会の排除」、空気で押し切る岸田首相の恐ろしさ”. JBpress 
  104. ^ 「あなたまさか旧統一教会と関係ありませんよね」 社会が踏み絵を迫る気持ち悪さ”. FNN. (2022年8月17日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]