日本医師連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本医師連盟(にほんいしれんめい)は、日本医師会の掲げる理念と政策を実現するために活動する政治連盟

概要[編集]

1974年から参院選全国区で組織内候補を擁立してきた。

1977年には福島茂夫が日医史上最高の127万票を獲得。その後も80万票程度を集めて2議席を維持し、非拘束名簿式が導入された2001年以降も一定の集票力を示した。

しかし、2007年参院選で支援した候補者が落選。2010年参院選では日本医師会が自由民主党から民主党支持に動いた際に下部組織の分裂を招いたことで、組織内候補が自民、民主、みんなの党の3政党に分かれて3人とも落選し、参議院全国区において1974年以来初めて組織内議員を失った。2012年11月、義家弘介の辞職により武見敬三が繰り上げ当選となり、再び組織内議員を持った。2012年、親自民の横倉義武が医師会会長に当選した事により、2013年参院選では組織内候補を再び自民党に一本化した[1]

関連議員[編集]

事務局所在地[編集]

  • 東京都文京区本駒込2-28-16 日本医師会館

その他[編集]

架空の“日本医師連盟”
手塚治虫マンガブラック・ジャック」では、主人公と事あるごとに対立し、総理大臣をもしのぐ絶大な権力を持つ組織として描かれている。おそらく日本医師会を念頭に置いていると推測されるが、作中ではブラック・ジャックへの医師資格を認めることを審査するなど、実在の日本医師会や日本医師連盟の権限・活動内容とは遠くかけ離れており、(医師免許は厚生労働大臣によって与えられる国家資格であり、個人に対する資格の授与に際して日本医師会もしくは日本医師連盟の意向が反映されることはない)、本作中の「日本医師連盟」は実在の組織とは関係のない架空の組織(フィクション)である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]