自由民主党国会対策委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

自由民主党国会対策委員会(じゆうみんしゅとうこっかいたいさくいいんかい)は、自由民主党国会対策委員会

概説[編集]

党則では、党の国会活動を円滑処理する為に国会対策委員会を設置する。委員長を一人、副委員長、委員を若干名を置く。国会対策委員長は、総務会で承認を受けて幹事長が決定し、副委員長、委員は総務会の了承を受けて国会対策委員長が決定する。

総裁は党則上、国対委員長人事には関与しないが、総務6名指名権限を背景に国会対策委員長の人事権に影響を及ぼしており、国対委員長指名権限を持つ幹事長も総裁の意向を尊重するのが慣例となっている。通常、新内閣の発足や内閣改造と同時に自民党の役員人事も行われ、その際に「党七役」(幹事長、総務会長、政調会長、国会対策委員長、広報本部長、参院議員会長、参院幹事長)の1ポストとして、派閥のバランスや要求を斟酌した上で、総裁や党内主流派のイニシアティブにより人選がなされる。

また党内の参議院内における機関として参議院国会対策委員長を置く。

国会の修羅場に対応する国対委員長は、自民党の裏方の最重要ポストであり、退任してまもなく論功行賞的意味合いを込めて、党三役や閣僚などで処遇される例が非常に多い。また歴任したものは、国会対策を通じて与野党に太いパイプを築き上げることになり、その後の政界における影響力も大きくなる。

ちなみに竹下総裁の時代までその経験者は総裁にはなっていない。現在までに、国対委員長経験者で総裁の座に上り詰めたのは、宇野海部の2人である。

55年体制下では、自民、社会両党の国会対策委員長同士が指しで話し合う会談が多い事から『国対政治』と揶揄されてきた。国対委員長によって社会党寄りと両党寄りで分かれる事もあった。

歴代の自由民主党国会対策委員長[編集]

自由民主党国会対策委員長
委員長名 在任期間 所属派閥
1 中村梅吉 1955年-1956年 鳩山派
2 倉石忠雄 1956年-1957年 岸派
3 村上勇 1957年-1959年 大野派
4 福永健司 1959年-1960年 池田派
5 小沢佐重喜 1960年 藤山派
6 山村新治郎 1960年-1961年 岸派
7 江崎真澄 1961年-1962年 藤山派
8 竹山祐太郎 1962年-1963年 三木・松村派
9 園田直 1963年-1964年 河野派
10 佐々木秀世 1964年-1965年 池田派
11 中野四郎 1965年-1966年 佐藤派
12 佐々木秀世 1966年-1967年 前尾派
13 長谷川四郎 1967年-1968年 川島派
14 園田直 1968年-1970年 森派
15 塚原俊郎 1970年-1971年 佐藤派
16 金丸信 1971年-1972年 佐藤派
17 原田憲 1972年-1973年 水田派
18 福田一 1973年-1974年 船田派
19 江崎真澄 1974年 水田派
20 宇野宗佑 1974年-1976年 中曽根派
21 海部俊樹 1976年 三木派
22 安倍晋太郎 1976年-1977年 福田派
23 三原朝雄 1977年-1978年 旧水田派
24 金丸信 1978年-1980年 田中派
25 田沢吉郎 1980年-1981年 鈴木派
26 田村元 1981年-1982年 田中派
27 小此木彦三郎 1982年-1983年 中曽根派
28 江藤隆美 1983年-1984年 中曽根派
29 森下元晴 1984年 中曽根派
30 江藤隆美 1984年-1985年 中曽根派
31 藤波孝生 1985年-1987年 中曽根派
32 渡部恒三 1987年-1989年 竹下派
33 奥田敬和 1989年-1990年 竹下派
34 村岡兼造 1990年 竹下派
35 梶山静六 1990年-1991年 竹下派
36 増岡博之 1991年-1992年 宮澤派
37 梶山静六 1992年 竹下派
38 瓦力 1992年-1993年 宮澤派
39 小里貞利 1993年-1994年 宮澤派
40 島村宜伸 1994年-1995年 旧渡辺派
41 山崎拓 1995年 旧渡辺派
42 村岡兼造 1995年-1997年 旧小渕派
43 保利耕輔 1997年-1998年 旧小渕派
44 古賀誠 1998年-2000年 旧宮澤派
45 大島理森 2000年-2002年 旧河本派
46 中川秀直 2002年-2005年 森派
47 細田博之 2005年-2006年 森派
48 二階俊博 2006年-2007年 二階派
49 大島理森 2007年-2009年 高村派
50 川崎二郎 2009年-2010年 古賀派
51 逢沢一郎 2010年-2011年 古賀派
52 岸田文雄 2011年-2012年 古賀派
53 浜田靖一 2012年 無派閥
54 鴨下一郎 2012年-2013年 無派閥
55 佐藤勉 2013年-2016年 谷垣グループ
56 竹下亘 2016年- 額賀派

記録[編集]

  • 最年少就任記録 45歳 - 海部俊樹
  • 連続在任期間最長記録 1127日 - 中川秀直
  • 通算在任期間最長記録 1430日 - 大島理森[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]