鴨下一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かもした 一郎
かもした いちろう
生年月日 (1949-01-16) 1949年1月16日(68歳)
出生地 東京都足立区
出身校 日本大学医学部医学科卒業
日本大学大学院医学研究科博士課程修了
前職 医療法人青十字会理事長
現職 衆議院議員
所属政党 日本新党→)
新進党→)
無所属→)
自由民主党石破派[1]
称号 医学博士
医師
公式サイト かもした一郎

選挙区 旧東京10区→)
東京13区→)
比例東京ブロック→)
(東京13区→)
(比例東京ブロック→)
東京13区
当選回数 9回
在任期間 1993年 - 現職

日本の旗 第9・10代 環境大臣
内閣 第1次安倍改造内閣
福田康夫内閣
在任期間 2007年8月27日 - 2008年8月2日
テンプレートを表示

かもした 一郎(鴨下 いちろう 1949年1月16日東京足立区生まれ。)は、日本政治家医師医学博士自由民主党所属の衆議院議員(9期)、自民党東京都連会長。

環境大臣(第910代)、厚生労働副大臣第1次小泉第1次改造内閣福田康夫改造内閣)、衆議院厚生労働委員長自民党国会対策委員長(第54代)、自民党幹事長特別補佐等を歴任。

略歴[編集]

東京都足立区青井生まれ。足立区立第四中学校東京都立足立高等学校卒業。中学・高校の2年先輩にビートたけしがいる。都立足立高校卒業後、日本大学医学部医学科へ進学。日本大学大学院医学研究科博士課程を修了し、医学博士の学位を取得[要出典]

1993年第40回衆議院議員総選挙日本新党公認で旧東京10区(定数5)から出馬し、公明党山口那津男に次ぐ2位で初当選。1994年羽田内閣環境政務次官に就任するも、羽田内閣は64日で退陣に追い込まれた。同年末、日本新党が解党し、新進党結党に参加。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年第41回衆議院議員総選挙では東京13区から新進党公認で出馬し、再選。

1997年7月、新進党を離党し、同年12月に自由民主党に入党。2000年第42回衆議院議員総選挙では自民党公認で東京13区から出馬し、民主党城島光力らを破り3選(城島も比例復活)。2002年厚生労働副大臣に就任。2003年第43回衆議院議員総選挙では前回下した城島に敗れるも、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、4選。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、前回敗れた城島に比例復活を許さず、東京13区で5選。2007年8月、安倍改造内閣環境大臣に就任し、初入閣。入閣後間もなく資産等報告書の記載の不備が発覚した。安倍晋三首相内閣改造からわずか1ヶ月余で辞意を表明した。当時は事務所費架空計上問題が騒がれ、安倍内閣農林水産大臣だった松岡利勝が自殺する事態にまで発展しており、新内閣で鴨下が再任されるかが一部で注目されたが[要出典]福田康夫内閣で環境大臣に再任された。

2008年福田康夫改造内閣では、大臣経験者ながら再び厚生労働副大臣年金担当)に就任。しかし福田康夫首相も内閣改造から1ヶ月余で辞任し、福田の辞任を受けて行われた2008年自由民主党総裁選挙では、石破茂の推薦人代表を務めた[2]

2009年第45回衆議院議員総選挙では民主党新人の平山泰朗に東京13区で敗れたが、比例東京ブロックで復活し、6選。翌2010年山本有二が立ち上げた政策グループのぞみに参加。2011年、「日本の復興と再生を実現する議員連盟」の設立を呼びかけ、同議連の世話人に就任[3]。同議連には民主、自民、公明の各党から計162名の国会議員が参加した[4]

2012年自由民主党総裁選挙では、石破茂の推薦人代表を務める。2012年9月、安倍晋三執行部において幹事長代理に就任。同年12月、自民党国会対策委員長に就任。2013年10月11日、体調不良のため自民党国会対策委員長を辞任した[5]2014年2月17日、新設された幹事長特別補佐に就任[6]

2017年9月27日東京都議選惨敗の責任を取り辞任した下村博文会長の後任として自民党東京都連の会長に就任[7]

現在、衆院選では3期連続での小選挙区当選を含めて9選まで連続当選を続けている。

政策[編集]

成熟社会の民意[編集]

心理学者アブラハム・マズローは人間の基本的欲求について生理的欲求、安全の欲求、集団帰属への欲求、自己承認の欲求、最後に自己実現の欲求があるとしています。日本では蛇口をひねればきれいな水がでてきて、誰もが家庭を持ち生活し、等しく学校で教育を受けることができるようになりました。政治の役割は社会の成熟化に伴う国民の欲求を察しそれに対応するような環境を用意することにあります。[8]

働き方の変革[編集]

厚生労働省の行った労働者の就労意識に関する調査では、会社のために生活を犠牲にしてよいと考える人の割合は減少し、家族や友人との時間を大切にしたいと考える人の割合が増加してきています。通勤ストレスの低減や育児関係施設の充実などだけではなく、雇用の形そのものを変えていくような雇用者側の理解と意識変革が重要です。働き方を変えることによって家族と過ごす時間を増やすことは少子化抑制にもつながってきます。[8]

「暮らし方」に対応した新しい発想に基づく社会保障[編集]

健康状態や住環境、家族や働き方は人それぞれです。どんな働き方をしていても納得の得られる社会保障制度が求められています。増大傾向にある社会保障費全体の持続可能なものにするには年金医療介護の各制度を一体的に運用し、医療にあまりかからない人は年金を多く受け取れるなど、受け手のニーズと個人の努力が報われるしくみを引き出す「カフェテリアプラン」が必要だと考えています。[8]

安全の基本は人と人との絆の再構築[編集]

都市化が進み生活単位が核家族中心に変遷し煩わしさや世代間の争いから開放された反面、家族力の低下と独居世帯の増加など、都市生活が生む孤独や経済的な基盤の脆弱性が顕著になってきています。冠婚葬祭やお年寄りの世話などは隣近所の協力がありましたが最近は付き合いが希薄です。一方で特定の目的に対応したNPOSNSを活用したコミュニティが新たなつながりとして増加傾向にあります。このような存在をうまく活用し地域の特徴ある人的な社会資本再構築します。[8]

自己実現可能な街[編集]

住人がその都市のどの部分に帰属していて、どういう役割を担っているかという自己承認欲求が満たされ、個人の自己実現を果たすことできる街は誰もが頑張れば「町一番の○○」になれるようなコンパクトシティです。開発を進めるよりも自然を残し、店主がいきいきしている商店がならび、皆がその街に住む意義や愛着を持つようになります。活力ある都市同士が互いに切磋琢磨して特徴を伸ばしてゆけば多くの生きがいを感じる街が出てきます。[8]

活力ある個人と地域から経済が生まれる[編集]

個性あふれる地域と働き甲斐を得た個人からは様々なアイデアが湧き出てきます。日本は壊れないクルマや精密な電子機器を売って経済を成長させてきました。いまでは成長著しい他のアジアの国々が安い人件費を武器にモノをつくり世界市場に売っています。日本のアイデアは今、世界で求められています。断水停電に悩む地域は日本の上下水道や送電システムに倣おうとしていますし、新幹線を自国にもひきたいという国は次々と出てきています。iPS細胞をはじめとする再生医療や高度な外科手術、世界に先駆けて健康長寿を達成した日本を真似て日本食マクロビオティックとして脚光を浴びたり、クオリティの高い日本のリンゴスイカ中東では高値で取引されています。世界の著名な映画賞では日本人のクリエイターが表彰され、世界中で日本のアニメマンガが受け入れられています。このような「日本式」や「日本ブランド」が世界を席巻することができるよう外交や経済運営を行い新しい日本の成長を支え、そのことで国民の所得を増やし安心できる社会保障制度を取り戻します。

議連[編集]

人柄[編集]

  • ストレス社会の到来に備えて、31歳の時に心療内科医として日比谷国際クリニックを開設。「ストレス」という言葉が流布する以前から治療に携わっている、日本におけるストレス治療の先駆者的存在。
  • 対処療法だけでなく、生活改善の指導や仕事への取り組み方、物の考え方をアドバイスすることによって、ストレスに負けない体質づくりまでを徹底指導し、多くの業績を残している。
  • 心療内科医として、医療現場でサラリーマンやOLの心の病気の診療にあたる。過酷な労働環境によるストレス...「現代の心の病を治すには、まず社会病理を直す必要がある」と政治の世界を志した。[9]
  • 年金・医療をはじめ、自民党における社会保障政策の論客の1人。年金記録問題が国会で盛んに議論されるようになった2007年頃、年金問題に関してテレビ番組に出演した大村秀章片山さつきが視聴者、国民から不興を買ったため、党執行部は年金問題に関してテレビに出演する議員を鴨下一人に限り、鴨下以外の議員は年金問題関連で出演しないよう、所属議員に命じた[10]

報道[編集]

  • 環境大臣就任後の2007年9月5日、鴨下の資金管理団体が提出した1996年以降の政治資金収支報告書に記載されている金額に食い違いがあり、個人の資産等報告書(衆議院議長宛てに提出するもの)に記載された金額とも食い違いがあることや、東京都足立区に200平方メートル超の土地を所有していることが、1993年の初当選時から2007年まで、資産等報告書に記載されていなかったことなどが判明した[11]。この件が鴨下の進退問題にかかわる可能性について安倍晋三首相(当時)は、「記載ミスだったと聞いている。誤記であれば、それに当たらないのではないか」として、鴨下に辞任を求めない考えを示した[12]。一方で、野党からは資産等報告書の不備を理由に、鴨下に対して参議院問責決議案を提出すべきとの声も上がった[13]。鴨下の事務所では「借入金額を裏付ける書類が残っておらず、分からない」 とし、鴨下自身は「ずさんと言われれば、甘んじて受けなければならない。 反省している」と述べた[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自民党:石破派「水月会」20人で正式結成 総裁選に意欲 毎日新聞 2015年9月28日 2015年9月29日閲覧。
  2. ^ “総裁候補の推薦人名簿 自民党”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年9月10日). http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091001000300.html 2015年4月15日閲覧。 
  3. ^ 日本の復興と再生を実現する議員連盟 設立総会
  4. ^ [1]
  5. ^ “鴨下国対委員長交代へ 自民、後任は佐藤勉氏”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年10月11日). http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013101001002385.html 2013年12月19日閲覧。 
  6. ^ 石破幹事長の補佐職新設 自民、鴨下氏起用
  7. ^ “自民党 新都連会長に鴨下一郎元環境相 下村氏の後任に”. 毎日新聞. (2017年9月27日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00m/010/038000c 2017年9月27日閲覧。 
  8. ^ a b c d e https://www.kamoshita.gr.jp/seisaku/
  9. ^ かもした一郎|公式サイト|プロフィールページhttps://www.kamoshita.gr.jp/profile/
  10. ^ 河野太郎発行メルマガ「ごまめの歯ぎしり」ブログ版 2007年6月25日[リンク切れ]
  11. ^ a b “鴨下環境相、資金団体「借入金800万円」説明できず”. 読売新聞. (2007年9月5日) 
  12. ^ “記載ミスなら辞任求めず 首相、環境相の借入金で”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年9月5日). http://www.47news.jp/CN/200709/CN2007090501000370.html 2012年9月18日閲覧。 
  13. ^ “鴨下環境相の政治資金問題 民主「問責」検討”. 北海道新聞. (2007年9月6日) 

外部リンク[編集]

議会
先代:
山本幸三
日本の旗 衆議院消費者問題に関する特別委員長
2014年 - 2016年
次代:
江崎鉄磨
先代:
衛藤晟一
日本の旗 衆議院厚生労働委員長
2004年 - 2005年
次代:
岸田文雄
公職
先代:
若林正俊
日本の旗 環境大臣
第9・10代:2007年 - 2008年
次代:
斉藤鉄夫
先代:
西川京子岸宏一
宮路和明狩野安
日本の旗 厚生労働副大臣
2008年
2002年 - 2003年
次代:
大村秀章渡辺孝男
谷畑孝森英介
党職
先代:
浜田靖一
自由民主党国会対策委員長
第54代:2012年 - 2013年
次代:
佐藤勉