シンクタンク2005・日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シンクタンク2005・日本(シンクタンクにせんごにほん)はかつて存在した日本のシンクタンク。正式名称は一般社団法人シンクタンク2005・日本(Think Tank 2005 Japan)。

概要[編集]

自民党主導で2006年3月15日に設立。閣僚や自民党の役員経験者によるセミナーを開催する「日本政策アカデミー」事業を行っていた。2011年2月28日に解散[1]

組織・人事[編集]

  • 代表理事
    • 樫谷隆夫(公認会計士)
  • 理事
    • 川村亨夫(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)
    • 鈴木崇弘(シンクタンク2005・日本事務局長)
    • 吉原欽一((社)アジアフォーラムジャパン専務理事)
  • 事務局長
    • 鈴木崇弘
  • 監事
    • 橋爪雄彦(弁護士)
  • 研究員
    • 黒澤武邦

出版[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木崇弘 (2011年2月28日). “万感の思いで迎える自民党シンクタンク解散”. WEBRONZA. 2011年10月21日閲覧。
  2. ^ 「日本政策アカデミー」セミナー第1回から第10回講演の記録、講演者(小泉純一郎中川秀直武部勤舛添要一石破茂谷垣禎一中曽根康弘森喜朗竹中平蔵津島雄二丹羽雄哉
  3. ^ 「日本政策アカデミー」セミナー第11回から第20回講演の記録、講演者(伊吹文明山崎拓麻生太郎加藤紘一塩崎恭久塩川正十郎中山太郎中川昭一町村信孝杉浦正健

外部リンク[編集]