崇教真光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

崇教真光(すうきょうまひかり)は、岐阜県高山市に本部を置く新宗教。指導者(教え主)は、岡田光央

「真光の業」と呼ばれる手かざしで魂を浄めることで人生の目的「健」「和」「富」の三つを揃えることが可能であるとする[1]。また、今まで秘められていた神の計画を明らかにする使命があり、今後地球規模の大変動が起こるとしている。[1]

環境問題に対する取り組みも盛んで、高山市清見町森茂に小水力発電所を建設。アフリカの植林活動にも長期に渡り取り組んでいる[2]

教団名称にもある『崇教』(すうきょう)とは、五大宗教の大元を説く教えとのことで[1]、各宗教界からの入信も多数ある模様[2]

基本理念[編集]

初代教え主・岡田光玉の説いた「地球は元一つ、世界は元一つ、人類は元一つ、万教の元又一つ」を理念に掲げ、世界の対立と混乱を解消することを目標に、主義主張、宗教、人種、国境などの垣根を超えた新たなる原理の確立が必要と説く。[3]

その為、「絶対相反するもの」が調和し十字に結ぶことが重要とし、国家・民族・宗教・労働等あらゆる場面において対立しない無対立・無争の実践を求めている。[3]

この基本理念の実現のため、下記組織が存在するとされている。[3]

・ 奉仕隊「真光青年隊」・・・家庭・職場・社会の光的人材の育成 

・「陽光文明国際会議」・・・相反する性質のものを愛和していこうとする場を設定し、世界有識者に人類未来を創造するための討議してもらうための会議

・「陽光農園」・・・・・・・「真光の業」で大地を浄めつつ無農薬・有機農法を世界各地で実践

沿革[編集]

明治34年2月27日に生まれた岡田光玉は、父の跡を継いで軍人となる。昭和天皇供奉将校時代に脊椎を損傷し胸椎カリエスを発症。余命三年の宣告を受けた。残りの人生を神と人に捧げることを決意。その後莫大な借金を負うが奇跡的短期間で返済。[4]

昭和34年2月27日、「起て、光玉と名のれ、手をかざせ、厳しき世となるべし」という立教に関する神からの啓示を享け58歳で立教。[4]

立教10年で岡田の教えはヨーロッパ各国、アフリカに拡大。

立教13年で岡田は欧州を巡行、ローマ教皇に謁見。教えは更に北米、南米、豪州、アジアに拡大。

翌年、昭和49年6月13日熱海・陽霊元み霊座にて岡田光玉より岡田恵珠に二代教え主を継承。

10日後の6月23日岡田光玉が昇天。

継承時に岡田光玉より示されたとされる重大神示に基づき岡田恵珠は歩武を進めた。[5]

・昭和59年10月 世界総本山奥宮建立(位山)

・昭和59年11月 世界総本山建立(高山)、9日間にわたり約10万人が参集

・平成11年4月     光記念館開館(現光ミュージアム)

・平成14年10月 真光青年会館開館、二代教え主代理・岡田晃弥就任

この間にも、陽光文明国際会議を日本・海外で開催し様々なテーマの下各界有識者を意見を交えた。


立教50周年大祭(平成21年11月)で岡田晃弥改め光央が光統奉告式を経て三代教え主に就任。

L・H陽光子乃友100万人達成を宣言。翌年真光青年隊全国統一結成40周年記念光閲式を開催。

平成25年、ブラジル・サンパウロ州およびサンパウロ市において2月27日を「崇教真光の日」と制定され4年後にはブラジル各州・市に制定が広がった。

また、平成26年にはアフリカ大陸での植林活動が認められ、コートジボワールで「最優秀植林賞」を受賞。 


平成28年、二代教え主岡田恵珠が昇天。

平成30年、新日本宗教団体連合会(新宗連)の第8代理事長に就任。[6]

また、令和元年度日本宗教連盟理事長にも同時就任。[7] ローマ教皇訪日にあたり日本宗教連盟および新宗教団体連合会理事長として三代教え主・岡田光央が日本宗教界を代表し立正佼成会、妙智会代表らとローマ教皇に謁見。[8] そして同年立教60周年大祭を迎える。



教団は、国内に約1000ヵ所 海外に約300ヵ所の拠点があるとしている[4]

飛騨高山に高さ50メートルの主座黄金神殿を作った。屋根は丹銅板で黄金に輝き、映画「丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる」のロケに使われた[9]

宗教学者の島田裕巳は、手かざしには組織的な活動が必要ないため共同体が形成される契機がなく、信者に組織活動への参加をあまり求めないこともあり、気軽に参加でき若者も多かったが、同時に抜けるのも簡単であるため、組織の勢力を保ち続けるのが難しいと評している[10]。島田は、真光系諸教団はスピリチュアル・ブームの先駆けとなったと評価することもできる、と述べている[11]

主宰神[編集]

御親元主真光大御神みおやもとすまひかりおほみかみ[12]

教義[編集]

教団名称にもある『崇教』(すうきょう)とは、五大宗教の大元を説く教えとのこと。「真光の業」と呼ばれる手かざしで魂を浄めることで人生の目的「健」「和」「富」の三つを揃えることが可能であるとする。また、今まで秘められていた神の計画を明らかにする使命があり、今後地球規模の大変動が起こるとしている。[1]

火の洗礼の大峠

その地球規模の大変動を各宗教は終末論として教えてきたとする。地震、噴火、災害、感染症などが火の洗礼で、その規模を小さくできるかまたは戦争を招くかは人類の浄まり次第とされる。岡田光玉および崇教真光の使命はこの火の洗礼を乗り越えられる種人を造り、政治、宗教、教育、医学、科学、芸術などを正しく地上天国文明作りに導くこととされる。[13]「火の洗礼」の予言は、オイルショック以降の世界の終末を恐れる若者たちを教団に惹きつけた。真光系諸教団はめずらしく若者の参加の多い新宗教として一時期注目されていた[14]

歴史観[編集]

金沢大学の中村伸浩は真光の述べる歴史は、スの大神が世界を創造し、神々を作り、ムー大陸に黄人、赤人、白人、青人、黒人の「五色人」という世界人類を作り、神自ら天祖、皇祖、人祖をまつった。ムー大陸は陥没し、五色人は世界中に散った。日本はムー大陸の残った山頂で、日本人は五色人の直系の子孫である。万世一系の天皇は世界創造以来の全人類の王統が続いたものである。五色人のうち、南米に上陸しインカ帝国などを作ったのがアメリカ・インディアン、西に向かったのが朝鮮半島、アジア大陸中央、インド、西アジア(ユダヤ)の人々であり、釈迦の教えもイエスの教えも「五色人の血肉の兄弟の教え」である。「全人類が日の本の国に集って、霊的新文明を築く仕組みになっている」と述べている。[15]

真光は大本の神話を継承・発展させている。真光では、人類誕生から天皇制まで、すべて日本が世界の中心に位置づけられている。中村伸浩は、このイメージは、高度経済成長期の日本経済を反映した日本人のアイデンティティの世界的拡大に関係していると想像できると述べている。真光の天皇制は、ムー大陸の実在を主張したジェームズ・チャーチワードや超古代史を記した「竹内文書」の影響を受けており、神武天皇の前に数十代の天皇がいたとされ、現実の天皇制とも記紀神話の天皇制とも異なっている。極端な日本中心主義と、日本のもとで世界民族が共存するというコスモポリタニズムがあるが、世界の把握は象徴的で具体性に欠ける面がある。世界性は儀礼にも反映されており、「立春大祭」は、人種・国境・宗教を超えた「人類の祭り」として、ヨーロッパ、アメリカ、オーストアリア、アジアの信者がプラカードや旗をもって入場することから始まる。[16]

中村伸浩は、岡田光玉の国粋主義的言説には、「特有の諧謔とディタッチメント」があり、超古代論のオーディオ・ヴィジュアル文化的な現代的発展(古代ピラミッド、UFOノストラダムスの大予言等)の始祖的な存在となっていると述べている[17]

実践[編集]

真光の業(手かざし)[編集]

釈迦やキリストが行った奇跡の業と同様の行為であるが、3日間の初級の研修でだれでも可能であるとされている。これが真光の救済のシステムで、非常にシンプルなものである[18]

宗教学者の島田裕巳は、真光の業と霊動の関係は、野口晴哉野口整体における「愉気」と「活元」を宗教的・霊的に解釈したものであると述べている[19]

年表[編集]

  • 1959年(昭和34年)立教に関する御神示が岡田光玉に天降る、L・H陽光子友乃会発足
  • 1964年(昭和39年)真光青年隊結成
  • 1972年(昭和47年)熱海・陽霊元み魂座竣工
  • 1973年(昭和48年)岡田光玉が欧州を巡光する
  • 1974年(昭和49年)岡田恵珠が岡田光玉より二代教え主を継承
  • 1978年(昭和53年)後継者問題を経て崇教真光を設立。
  • 1984年(昭和59年)「世界総本山奥宮」建立、「世界総本山建立特別大祭」
  • 1986年(昭和61年) 岡田恵珠が中南米を巡光する。10月30日 - 11月1日
  • 1992年(平成4年) 「光神殿」が完成する。
  • 1993年(平成5年) 岡田恵珠がヨーロッパ・アフリカ方面を巡光する。
  • 1999年(平成11年)光ミュージアム(記念館)を開館する。
  • 2000年(平成12年)岡田恵珠がオーストラリアオセアニア方面を巡光する。
  • 2002年(平成14年)「真光青年会館」を開館。
  • 2004年(平成16年)岡田恵珠と後継者の光央がアジア方面を巡光、光央がヨーロッパ方面を巡光する。
  • 2005年(平成17年)光央がアフリカ方面を巡光。
  • 2006年(平成18年)光央が北米方面を巡光。
  • 2008年(平成20年)光央が中南米方面を巡光。
  • 2009年(平成21年)「立教50周年秋季大祭」、岡田光央が岡田恵珠より三代教え主を継承。
  • 2014年(平成26年)第2小水力発電所竣工
  • 2019年(令和元年)第1小水力発電所竣工、「立教60周年秋季大祭」、ローマ教皇訪日にあたり日本宗教連盟および新宗教団体連合会理事長として三代教え主・岡田光央が日本宗教界を代表し立正佼成会、妙智会代表らとローマ教皇に謁見。[8]

入信[編集]

3日間にわたる初級真光研修会で基礎教義説明があり、内容は宗教、科学、経済等、多岐にわたる[1]。3日目に「御み霊」を拝受することで組み手となる。(=入信)

崇教という理念のもと、従来の宗教信仰を辞める必要はなく10歳以上であれば基本的に申し込みが可能。

信仰を辞める場合、最寄りの拠点・道場幹部に申しでて所定の手続きを経て退会となる。

教団書物[編集]

『火の洗礼の大峠』

『眞の天の岩戸開き』

『神の大経綸』

『霊主文明の暁』

『天意の大転換』

『神主文明が世界を救う』

主な行事[編集]

  • 月始祭(3月~10月上旬)[20]
  • 立春大祭(2月上旬)[20]
  • 秋季大祭(11月上旬)[20]
  • 大炎開陽霊祭(オオハラヒ)(12月)[20]

教団施設[編集]

  • 世界総本山奥宮
  • 世界総本山
  • 光神殿(ひかるしんでん)
  • 熱海・陽霊元み魂座(もとみたまざ)
  • 崇教真光 本部・本部分室
  • 光ミュージアム
  • 真光青年会館

関連・関係企業[編集]

御神紋[編集]

御神紋(ごしんもん)とは、崇教真光のシンボルマークである。

崇教真光青年隊[編集]

政治・地域貢献[編集]

創価学会立正佼成会霊友会などと同様、選挙の組織票や、特定の政治家(例:自民党民主党の有名幹部)との係わりの深さが指摘されている[21][22]

これまで参議院比例区選挙において八代英太小野清子橋本聖子釜本邦茂森元恒雄衛藤晟一有村治子といった候補を支援してきた[23][24][25]

高山市と協力し、高山市内に水力発電所を建設する計画が進行している。2014年に第2発電所が竣工し、稼働を行っている[26][27]

第2発電所に続き2019年6月3日に第1発電所が竣工した。

「崇教真光の日」[編集]

ブラジルには1974年に進出。2013年8月末時点で、公称約2万人の信徒を持つ[28]

2017年の情報によると全伯の会員数は約30万人、非会員・準会員を含めると50万人におよぶ。[29]

2013年8月、サンパウロ州およびサンパウロ市は、初代教祖・岡田光玉の誕生日である2月27日を「崇教真光の日」に定めた[28]。2019年10月21日には、ジャイール・ボルソナーロ大統領が、毎年2月27日を祝日として「崇教真光の日」を制定する事を認可した[30]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e はじめに”. 崇教真光. 2020年8月5日閲覧。
  2. ^ a b セネガルにおける日本の宗教運動の環境主義 : 崇教真光による治癒から環境管理へ”. 国立情報学研究所. 2020年8月6日閲覧。
  3. ^ a b c 陽光文明構想”. 崇教真光. 2020年8月5日閲覧。
  4. ^ a b c [崇教真光について http://www.sukyomahikari.or.jp/information/] 崇教真光
  5. ^ 共産主義に狙われる宗教界 崇教真光と真光裁判の意義. 宗教時事研究所. (昭和60年8月1日) 
  6. ^ 公益財団法人 新日本宗教団体連合会 | プレスリリース”. www.shinshuren.or.jp. 2020年8月11日閲覧。
  7. ^ 平成17年度 年頭所感 – 公益財団法人 日本宗教連盟” (日本語). 2020年8月11日閲覧。
  8. ^ a b Pope receives Scholas Occurrentes on its launch in Japan”. VATICAN NEWS. 2020年8月5日閲覧。
  9. ^ 島田(2007),p.157.
  10. ^ 島田(2007),pp.157-158.
  11. ^ 島田(2007),pp.157-158.
  12. ^ 崇教真光について”. 崇教真光. 2020年8月9日閲覧。
  13. ^ 火の洗礼の大峠. L・H陽光出版 
  14. ^ 島田(2007),p.158.
  15. ^ 中村(1999),pp.183-185.
  16. ^ 中村(1999),pp.183-185.
  17. ^ 中村(1999),p.194.
  18. ^ 島田(2007),pp.156-157.
  19. ^ 島田(2007),pp.156-157.
  20. ^ a b c d 教団データベース(新)”. www.rirc.or.jp. (公財)国際宗教研究所 (2014年). 2020年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月19日閲覧。
  21. ^ 週刊ダイヤモンド、2009年09月12日、特集“新宗教”[要ページ番号]
  22. ^ 朝倉秀雄、「国会議員リアル白書」、2011年9月11日初版発行、笠倉出版社、168ページ
  23. ^ 戦後日本国家と民衆宗教の政治参加 : 宗教学的一考察 中野毅
  24. ^ 2001年7月12日付読売新聞
  25. ^ 2013年8月16日付朝日新聞
  26. ^ http://www.city.takayama.lg.jp/kouhou/h24/p/117719.pdf
  27. ^ http://kunishima.hida-ch.com/e654158.html
  28. ^ a b “サンパウロ州、市が「崇教真光の日」=初代教祖の誕生日に制定”. ニッケイ新聞. (2013年8月31日). https://www.nikkeyshimbun.jp/2013/130831-72colonia.html 2020年8月5日閲覧。 
  29. ^ Shimbun, Nikkey (2017年6月27日). “崇教真光=教えは本当の幸せへのヒント=ラ米方面指導部長が語る魅力” (日本語). ブラジル知るならニッケイ新聞WEB. 2020年8月26日閲覧。
  30. ^ Sancionada Lei que cria o Dia Nacional da Sukyo Mahikari”. senadonoticias. 2020年8月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 井上順孝 『現代宗教事典』ISBN 4335160372
  • 井上順孝 『新宗教・教団人物事典』ISBN 4335160283
  • 井上順孝 『新宗教事典』ISBN 4335160259
  • 國學院大學日本文化研究所 『神道事典』ISBN 4335160232
  • 松野純孝『新宗教辞典』(東京堂出版)
  • 沼田健哉「現代日本における新宗教の諸相 : カリスマを中心として」桃山学院大学社会学論集 19(1), 1-30, 1985-10-30, 桃山学院大学
  • Birgit Staemmler 「真光」クリストファー・パートリッジ『現在世界宗教事典』 井上順孝 監訳、 井上順孝・井上まどか・冨澤かな・宮坂清 訳、悠書館、2009年
  • 中村伸浩青木保(編)、1999、「新宗教と日本イメージ」、梶原景昭(編)『情報社会の文化1 情報化とアジア・イメージ』、東京大学出版社〈情報社会の文化〉 pp. 73-196
  • 島田裕巳『日本の10大新宗教』幻冬舎、2007年。ISBN 4344980603

関連文献[編集]

  • 監修・救い主様伝記編纂委員会 『大聖主 岡田光玉師』 ISBN なし
  • 編集責任・崇教真光 『すうきょう 崇教』 ISBN なし
  • 崇教真光青年隊統監部 『隊員必携』改定初版 ISBN なし
  • 編集・崇教真光『岡田光玉師御対談集』 ISBN なし
  • 上之郷利昭 「陸軍中佐岡田良一を襲った『真光』の啓示」『教祖誕生』 ISBN 4103670010 ISBN 4061857398
  • A. K. Tebecis Mahikari: Thank God for the Answers at Last ISBN 0959367705 ISBN 0959367713 (日本語版: アンドリス・テベーツィス『(崇教 真光)探し求めた答えはここに』サンライズ プレス)
  • 小山高男 『霊もピチピチ生きている―実証・真光の業』 ISBN 4576850911
  • 山口文憲 『日本ばちかん巡り』ISBN 4104516015

関連項目[編集]

真光関連[編集]

外部リンク[編集]