黒住教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒住教 教会所(北海道紋別郡滝上町

黒住教(くろずみきょう)は、岡山県岡山市にある今村宮神官黒住宗忠江戸時代文化11年11月11日・西暦1814年)に開いた教派神道で、神道十三派の一つである。同じ江戸時代末期に開かれた天理教金光教と共に幕末三大新宗教の一つに数えられる。 現在の教主は七代目の黒住宗道が務める。

沿革[編集]

黒住宗忠は、安永9年(1780年)、備前国御野郡上中野村(現在の岡山市上中野)で、今村宮に仕える禰宜の家に生まれた。流行り病で父母を相次いで亡くした悲しみから、病に伏した宗忠は、文化11年(1814年11月11日、冬至の日の出を拝む(日拝)中で天照太神と自分が一体となるという体験をした[1]。黒住教ではこれを「天命直授」と呼び、この日を立教の日としている。 この宗教的体験により宗忠は、病気治しや日常の心がけを説くなどの宗教活動を始めた。以後、嘉永3年(1850年)に死ぬまで、布教活動を行った。

宗忠の死後、安政3年に吉田家より、「宗忠大明神」の神号を与えられ、文久2年に京都の神楽岡に宗忠神社が創建された。宗忠神社は慶応元年(西暦1865年)、孝明天皇によって勅願所となり、従四位下の神階を宣下された。

明治9年(西暦1876年)、神道事務局から神道黒住派として独立した[2]昭和27年(1952年)、宗教法人として認証された[1]

平成28年(西暦2016年)、当代教主黒住宗晴が自身が満80歳を迎える平成29年(西暦2017年)9月18日に教主を退く意向を表明、黒住教協議会に於いて認められ、その旨が信徒に発表された。七代教主には副教主であった長男・宗道が就任[3]。教主の生前継承は1814年の立教以来初めてのことで、宗晴は名誉教主に就いた[4]

教団本部は岡山県岡山市北区尾上、神道山(しんとうざん)。(かつては同市同区大元の宗忠神社の隣接地に本部を構えていたが、市街地整備に伴い、昭和49年(西暦1974年10月27日に神道山へ遷座)。

思想・教え[編集]

江戸時代後期の神道では旧来の汎神論的神道とは異なる、林羅山の唱えた理当心地神道などに見られるような「全ての人の心に神が内在する」という近代的とも言える神の観念が広まっていた[5]。黒住宗忠は、自らが合一した天照大御神を記紀神話で語られる太陽神、農耕神としての存在よりも、全ての人の心に存在し、合一を果たすことで病気の治癒や魂の救済を可能にする究極存在として説いた[5]

黒住教は天照大御神以外の神の神徳を説いていない。宗忠の説いた天照大御神は八百万の神の本体であり、他の神は天照大御神が枝葉のように分化した存在と説いている。そのため、黒住教は多神教でありながらも一神教的な特徴があるとされる[5]。また、天照大御神は外在的な物神ではないため、信者は太陽を拝む日拝を行うが太陽信仰とは異なる[5]。経典の中に存在する過去の神ではなく、各々の心のなかに生きて居る神であることから、宗忠は独自の経典も作らなかった。

黒住教の教えとして特に重要なものに「御七カ条」と呼ばれる日々の生活の上での7つの心得がある。また、日の出を拝む「ご日拝と御陽気修行」と呼ばれる実践修行がある[1]

祭神[編集]

祭神は「天照大御神」「八百萬神」「教祖宗忠神」の3柱。

歴代教主[編集]

  • 初代 黒住宗忠
  • 二代 黒住宗信
  • 三代 黒住宗篤
  • 四代 黒住宗子(むねやす)
  • 五代 黒住宗和
  • 六代 黒住宗晴(1973年就任)
  • 七代 黒住宗道(2017年9月18日就任) - 1963年生まれ、成蹊大学文学部卒、ロンドン大学所属東洋アフリカ研究学院留学後、1988年、青年連盟長として教団に入り、2000年から副教主を務めた[4]

社会活動・その他[編集]

五代教主・宗和と六代教主・宗晴は川崎祐宣医師と親交が深く、川崎と共に学校法人川崎学園社会福祉法人旭川荘の創立に関わっている[要出典]

現当主の黒住宗晴は日本会議の代表会員である[6]

塚田穂高によると、戦後一時は、黒住家から国政に候補者を立てていたことがあるという[7]

伊勢神宮奉賛活動を通し伊勢神宮とは親しく神道山の本殿建築には遷宮時の旧内宮の古材を受け利用もしている[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 新宗教研究会『図解 新宗教ガイド』 九天社 2006年、ISBN 4-86167-081-0 pp.212-213.
  2. ^ 島田裕巳『現代にっぽん新宗教百科』柏書房(2015)p261
  3. ^ 黒住教機関誌『日新』「道ごころ -現在只今の私の想い」(2016年9月号)
  4. ^ a b 黒住教7代教主に宗道氏 18日継承式、宗晴氏は名誉教主山陽新聞、2017年09月08日
  5. ^ a b c d 、佐々木聖使、阪本是丸(編)『近代の神道と社会』 弘文堂 2020年、ISBN 978-4-335-16097-4 pp.223-233.
  6. ^ 役員名簿、日本会議
  7. ^ 塚田穂高、『宗教と政治の転轍点』花伝社、(2015年)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]