救援派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

救援派朝鮮語: 구원파クウォンパ)は、キリスト教系を自称している教団である。大韓民国(韓国)の主要教団から異端カルトと認定されている[1][2][3]。日本語では救い派クオンパ等ともよばれる。未曾有の大惨事となった韓国の沈没事故を起こした旅客船セウォル号の実質的オーナーが救援派の一派キリスト教福音浸礼会の代表であったことから、同教団の名が日本でも広く知られるようになった[4]

概要[編集]

1962年兪炳彦(ユ・ビョンオン)の妻の父権信燦[5][6](권신찬、コン・シンチャン、1923年-1996年)によって創始された。現在次の3つのグループに分かれている[7][8]

教義[編集]

「救い」や「罪」の意味内容が正統的な教会と異なっているとされる。

  1. 本当の救いは「救いを悟る」ことによってのみ得られる
  2. 救いを悟っていない多くのクリスチャンは救われていない
  3. 悔い改めを繰り返すのは救われていない証拠であり、悔い改める必要はない
  4. 救われた者が犯す罪は成り立たないので悔い改める必要がない、悔い改める人は地獄の子だ、自分を罪人と思っている多くのクリスチャンは死後地獄に行く
  5. 天国は義人が行くところであって罪人が行くところではないから、「私は義人だ」と告白するべきである

などと主張する。律法は完全に撤廃されたので、盗み・殺人・姦淫などを犯しても罪にあたらないという[1][2][3]

異端宣告[編集]

キリスト教大韓聖潔教会(1985年)、大韓イエス教長老会 (高神)(1991年)、大韓イエス教長老会 (統合)(1992年)、大韓イエス教長老会 (合同)(2008年)、大韓イエス教長老会 (合神)により異端決議があげられている[7]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]