サタニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サタニズムのペンタグラム

サタニズム(Satanism)、あるいは、ディアボリズム(diabolism)とは、宗教主義の一つである。イデオロギー的、哲学的信条や社会的現象との関係を含み、悪魔主義サタン主義悪魔崇拝悪魔信仰とも呼ばれる。

サタン教会の主張[編集]

一般的にサタニズムといえば、サタン悪魔)を崇拝し、の力をもってなる力に打ち勝つことにより世界滅亡を目的とすると想像されがちである。しかし、最大のサタニズム組織である「サタン教会 (Church of Satan)」は、この考え方を否定している[要出典]。サタン教会は「サタン」が実際に存在するともしておらず、単にある概念を物質的に代表する名称として「サタン」の名を捉えている[要出典]

サタニズム信仰者の一人でサタン教会の創設者であるアントン・ラヴェイによれば、たとえそれがサタンという名のであっても、あらゆる神を信仰しない[1]とされている。

サタニズムにも様々な形が存在するが、多くのサタニズムでは、サタンとはイデア・人間性のある一面、もしくはあらゆる存在の源や宇宙を超越した何らかの力の人間界におけるインターフェースを意味する[要出典]。また、「サタン」は一般的には悪や理不尽な力を連想させる言葉ではあるが、サタニズムの支持者にとっては「ある少数派的な精神性と思想」を示す言葉でもある[要出典]

このことから有神論のサタニズム信仰者も存在することから、サタニズムが自己矛盾した存在であるとされることもあるが、一般的なサタニズム信仰者には欧米で一般的な、神に仕え天命に従うような考え方は存在せず、自身の物質的・身体的な発展と解決が殊更に重視される[要出典]

このような主張から、サタニズム信仰者はキリスト教ユダヤ教といった伝統的宗教の信仰を疎んじ、自己中心的な世界観を構築し、そして利己主義であることを好むと捉えられている[要出典]

世俗主義国家におけるサタニズムとカルト[編集]

世俗主義国家ではサタニズム信仰とは一神教、特にレコンキスタを引き起こしたカトリック教会やイエズス会勢力の異教徒殺戮のためのネガティブキャンペーンだと思われてきた。しかし現在起こっていることを観察すると、ある覇権的な宗教が衰退した時に組織内部に組織破壊スパイを混入されており、それが「サタニズム的な」行動を行って組織の責任にして粛清するための軍事攻撃の可能性がある。世俗主義者や共産主義者がよくこの勢力に誘拐・犯罪誘導される理由として、その侵略組織の手口を知らないために安易に仕事や結婚等で関係を結んでしまうためだと思われる。アレクサンドリア型のヘレニズム特区にてオカルトスパイ(ここにヘルメス主義数秘術疑似科学宇宙人関係のスパイを多く含む)が合同結婚式などで本人が気づかないうちに家族に浸透されたり、彼らの所有化にある企業への労働に誘導される。そしてエジプトの死者の書のように、優生学思想的な洗脳を植え付けられて独自文化を形成し、そこから政教一致のクーデターに誘導されることが多い。一神教勢力は歴史的な経験からこれら帝国主義勢力の手口に精通しており、避けることが比較的容易ではあったが、昨今は一神教も宗派によっては組織的な乗っ取りを受けている。このような組織破壊的な軍事攻撃に狙われると、偽科学や偽知識への洗脳、賄賂や犯罪への誘導、薬物への誘導、暗殺、精神の不安定化を引き起こされることが多いが、これはまさに文化的兵器による侵略の一形態かもしれない。

これらの「サタニズム的な」カルトが引き起こした犯罪に関してはフランスやベルギーで2000年代に制定された反セクト法による犯罪記述がある。しかしその法律ではギリシャ神話メソポタミア神話数秘術などのマインドコントロールのより根本に近い要素に関しては記述がない。世界各地にある神話はクーデターや戦時に書き換えられていることが多く、これが「歴史は勝者が作る」の実態なのではないか。また、米ソ冷戦時代にカルト宗教をマインドコントロール兵器として使い、数々の集団自殺やテロを引き起こした。(参考:人民寺院オウム真理教など多数)

脚注[編集]

  1. ^ Aubrey Sitterson (2015年10月19日). “The 11 best Satanists”. GEEK.COM. GEEK.COM. 2018年5月24日閲覧。

関連項目[編集]