茨木一派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

茨木一派(いばらきいっぱ)とは、天理教本部員の茨木基敬と天理教北大教会長の茨木基忠の親子が天理教を免職され、起こした分派である。

茨木事件[編集]

娘の病気がきっかけで天理教に入信した茨木基敬は、1891年に北分教会初代会長となる。以前から予言を的中させるなど噂されていた基敬は、1911年に突然神がかりし病に伏せる。やがて天啓を伝えるとして信者の間で評判となり、教会本部から問題とされる。1918年に基敬は免職となるが、自らを飯降伊蔵に続く天理の天啓者と捉え続ける。

現在[編集]

免職となった親子は奈良市富雄に移り、天理教茨木本部と一時期称していた。 現在、真道会と称して信者が各地に点在するが、教団としての活動は行なっていない。

参考文献[編集]

  • 弓山達也『天啓のゆくえ―宗教が分派するとき』

関連項目[編集]