パーフェクト リバティー教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パーフェクト リバティー教団
大平和祈念塔
地図
大本庁(大阪府富田林市
略称 PL教団
設立 1916年
設立者 御木徳一
種類 宗教法人
法人番号 3120105004781 ウィキデータを編集
目的 「人生は芸術である」という真理に基づいて人間表現の本質を解明し、日常生活での実践を通して幸せをもたらす確かな道を示すとともに世界平和の実現に貢献することを目的とする
本部 大阪府富田林市新堂2172-1
座標 北緯34度30分47.9秒 東経135度35分37.7秒 / 北緯34.513306度 東経135.593806度 / 34.513306; 135.593806座標: 北緯34度30分47.9秒 東経135度35分37.7秒 / 北緯34.513306度 東経135.593806度 / 34.513306; 135.593806
公用語 日本語
関連組織 PL学園中学校・高等学校
ウェブサイト https://www.perfect-liberty.or.jp/
テンプレートを表示

パーフェクト リバティー教団(パーフェクトリバティーきょうだん)は、日本大正時代に立教された宗教団体文化庁の統計上における分類では、諸教。通称でPL教(ピーエルきょう)、PL教団(ピーエルきょうだん)と表記されることが多い。

概要[編集]

御木徳一

現在の教主(おしえおや)は御木貴日止(みきたかひと)[注 1]。信仰対象は「宇宙全体=である、大元霊(みおやおおかみ。だいげんれい、とも)」。

教団本部は大阪府富田林市にあり、大本庁と称する。大本庁には、大本庁神霊を祀る正殿、教団の初代教祖御木徳一の霊を祀る初代教祖奥津城等の施設があり、万国の戦没者を超宗派で慰霊する超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔(通称「大平和塔」PLの塔、PLタワーとも呼ばれる)が立つ。PL学園高等学校のほか、中学校小学校幼稚園専門学校も敷地内にあり、かつては短大(PL学園女子短期大学)や遊園地PLランド(桜ケ丘遊園))、ゴルフの練習場などもあった。

かつてPL学園高校は、布教活動の一環として高校野球に力を入れており、甲子園大会の強豪校でも有名だった。しかし、2016年7月の第98回全国高校野球選手権大阪予選大会を最後に休部となり、2023年現在に至っても同校の野球部は未だ活動休止中である。

教え[編集]

人生は芸術である」の真理のもと、各人の真の個性を世の為人の為に最大限発揮し、ひいては世界人類永遠の平和と福祉の為に貢献する事を目標とする。教えの最も特徴的なものとして、「みしらせ」「みおしえ」の真理がある。

身の回りに起こる災難や病気などすべての苦痛や苦難は、自分自身の心得違い、心の傾き(=心癖)を知らせるために、神が発してくれる警告と考える。これを「みしらせ」と呼んでいる。この「みしらせ」を引き起こしている心の癖は何なのか、教団から個人個人に下付されるものが「みおしえ」で、個々の自己表現の上で邪魔となっている心癖を教えてもらうものである。

また、信者の身を襲う突然の苦痛に対応する「お身代わりの神事」というしくみがある。信者の苦痛を一時的に教祖の肉体に引き取ってもらうものである。

教団としての戒律は特に存在せず、日常生活の心得として「PL処世訓」「PL信仰生活心得」などがある。

本教団は教祖が代々出現して時代にあった教えを説くという形をとる。

教祖[編集]

教団では「おしえおや」(教親?)と呼ぶ。

  • 初代教祖(初代おしえおや):御木徳一日知
  • 第2代教祖(第2代おしえおや):御木徳近日知
  • 第3代教祖(第3代おしえおや):御木貴日止日知

沿革[編集]

主な活動[編集]

教団の祭典(四大祭)[編集]

元旦祭(1月1日)
新年を迎え、前年1年間を平穏無事に過ごせたことを感謝し、今年1年間幸せな生活ができるよう神に祈願する祭典。大本庁では正月3が日に多くの会員が聖地参拝する。
教祖祭(8月1日)
おしえおやの神業、初代教祖、2代教祖の残した神業に感謝し、世界平和への祈りを捧げる祭典。国内の各教会所属会員、そして世界中のPL会員が参拝する。そして夜には教祖祭PL花火芸術(PL花火)が行われ、その花火の迫力や規模は地元の風物詩ともなっていた。
PL祭(9月29日)
本教団が立教された日。PLの教義が世に敷かれ現在に至るまでの過程を理解し、立教記念日を祝う祭典。
教主誕生祭(12月2日)
第三代教主である御木貴日止の誕生日を祝う日。PLの教えを解くおしえおやへの感謝の気持ちをささげる祭典。式典後には各教会で様々な行事を行っている。

個人の祭典[編集]

  • 神霊鎮座祭(しんれいちんざさい)
  • 遷座祭
  • 誕生祭
  • PL結婚式
  • PL葬
  • 愛児生誕感謝祭
  • 地鎮祭

一の日詣[編集]

  • 平和の日(毎月1日)
  • 先祖の日(毎月11日)
  • 感謝の日(毎月21日)

毎月1日、11日、21日に教会に参詣することを「一の日詣り」といい、全国各地の教会で式典などが行われている。中でも感謝の日(感謝祭)は重要な行事となっている。

その他の活動[編集]

  • 座談会
  • バトントワリング (PLMBA)

かつて行われていた活動[編集]

  • 社会人野球チーム
  • PL茶道
  • PL華道
  • 政治活動(芸術政治連合)

施設[編集]

PL病院
第一錬成道場

その他[編集]

必要に応じて、各地の教会などで様々な祈願、つまり世間的に言うところの合格祈願や病気平癒などの祈祷を受けることもできるが、これは単なるお願い事というよりも決意を神に誓ったり神に感謝するという意味合いが強く、祖遂断神事(おやしきり しんじ)と呼ばれている。

教団名「完全なる自由」(※完全の意味はとり間違えやすいが、人間本来の“真の自由”という意味)とは、日々の生活において心癖にとらわれることなく、自由無碍なる表現を心がけ、世のため・人のために役立つよう自分に与えられた天職を全うし、毎日を明るく楽しく過ごすことを標榜する。

当教団式の葬儀は神葬祭に準じた形である。

PLランドの開園当時は大平和記念塔の上部にある展望台まで一般開放していたが、世界平和と戦争犠牲者慰霊のためのモニュメントという位置づけを明確にするため、現在は展望台を閉鎖している。

ABCラジオ宗教の時間」月曜日(4:50から5:00)でPL教団の時間を放送していた。(2015年1月で終了)

教祖祭PL花火芸術[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年12月5日に死去[1]
  2. ^ 当時、外来宗教の仏教キリスト教以外の新しい宗教団体は、日本の民族宗教である神道神道十三派のいずれかに所属しなければならなかったため、御嶽教を冠した。
  3. ^ 徳日止は教団を離脱し、新たに人道教団を設立した[4]

出典[編集]

  1. ^ a b PL教団3代目教主、御木貴日止氏が死去」『読売新聞オンライン』読売新聞、2020年12月9日。
  2. ^ 「本部開設十年記念奉告祭に信徒7万人」『大阪毎日新聞』、1934年10月28日。
  3. ^ 建設委員会. 第55回国会. Vol. 25. 28 June 1967. 2015年3月1日閲覧
  4. ^ 島田裕巳『現代にっぽん新宗教百科』柏書房、2011年9月、170-171頁。 
  5. ^ 決算委員会. 第98回国会. Vol. 8. 7 July 1983. 2015年3月1日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]