井上順孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 順孝(いのうえ のぶたか、1948年[1] - )は日本歴史学者宗教学者國學院大學神道文化学部教授。専門は宗教社会学[1]新宗教教派神道を研究。日本宗教学会元会長。

経歴[編集]

鹿児島県出身[1]東京大学文学部卒業。同大学大学院人文科学研究科博士課程中退。1974年、東京大学文学部助手となる。1982年、國學院大學日本文化研究所講師となる。そのかたわら、近代の宗教運動の比較研究などにたずさわる[1]。1986年助教授、1992年教授、同年『教派神道の形成』により博士号取得[1]。2002年國學院大學神道文化学部教授。2006年、國學院大學日本文化研究所所長[1]。宗教情報リサーチセンター長。

受賞歴[編集]

  • 1987年、神道宗教学会奨励賞

著書[編集]

単著[編集]

  • 『海を渡った日本宗教 移民社会の内と外』(弘文堂、1985年)
  • 『教派神道の形成』(弘文堂、1991年)
  • 『新宗教の解読』(筑摩書房〈ちくまライブラリー〉、1992年。ちくま学芸文庫、1996年) 
  • 『若者と現代宗教―失われた座標軸』(ちくま新書、1999年)
  • 図解雑学 宗教』(ナツメ社、2001年・2011年)
  • 『宗教の歴史地図―現代世界を読み解く新たな視点』(青春出版社、2001年)
  • 『宗教社会学のすすめ』(丸善ライブラリー、2002年)
  • 『神道入門―日本人にとって神とは何か』(平凡社新書、2006年)
  • 『宗教社会学がよ~くわかる本 現代を知るためのビジュアル入門書 ポケット図解』(秀和システム、2007年)
  • 『人はなぜ「新宗教」に魅かれるのか?』 (三笠書房、2009年)
  • 『本当にわかる宗教学 フシギなくらい見えてくる!』(日本実業出版社、2011年)

編著[編集]

  • 『新宗教事典〈本文篇〉』(弘文堂、1990年)孝本貢らとの共編著
  • 『ファンダメンタリズムとは何か―世俗主義への挑戦』(新曜社、1994年)、大塚和夫との共編
  • 『神道事典』(弘文堂、1994年)共編著
  • 『現代日本の宗教社会学』(世界思想社、1994年)
  • 『オウム真理教とは何か―現代社会に問いかけるもの』(朝日新聞社、1995年)、武田道生・北畠清泰との共編
  • 『新宗教教団・人物事典』(弘文堂、1996年)孝本貢らとの共編著
  • 『宗教学を学ぶ』(有斐閣、1996年)、月本昭男・星野英紀らとの共編著
  • 『グローバル化と民族文化』(新書館、1997年)
  • 『世界の宗教101物語』(新書館、1997年)
  • 『教育のなかの宗教』(新書館、1998年)
  • 『神道―日本生まれの宗教システム』(新曜社、1998年)
  • 『IT時代の宗教を考える』(法藏館、2003年)
  • 『現代宗教事典』(弘文堂、2005年)
  • 『図解雑学 神道』(ナツメ社、2006年)
  • 『近代日本の宗教家101』(新書館、2007年)。編著で執筆者に鈴木範久、對馬路人、村田充八など18名
  • 『映画で学ぶ現代宗教』 弘文堂 2009年
  • 解説『45分でわかる!神道――日本人の原点を知る』(マガジンハウス、2011年)

共著[編集]

  • 『日本型政教関係の誕生』(第一書房、1987年)、阪本是丸と共著
  • 『新宗教研究調査ハンドブック』(雄山閣、1981年)、孝本貢らと共著
  • 『情報時代のオウム真理教』 責任編集:宗教情報リサーチセンター編 (春秋社 2011年)

訳書[編集]

  • R・ロバートソン 『宗教の社会学』(吉原和男らと共訳、川島書店、1983年)
  • ポール・ラビノー 『異文化の理解』(岩波書店、1980年)
  • ナンシー・K・ストーカー 『出口王仁三郎 帝国の時代のカリスマ』(監訳、原書房、2009年)
  • クリストファー・パートリッジ『現代世界宗教事典 新宗教、セクト、代替スピリチュアリティ』(監訳、悠書館、2009年)

論文一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『図解雑学 神道』 232頁。

外部リンク[編集]