客員教授

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

客員教授(かくいんきょうじゅ・きゃくいんきょうじゅ)とは、大学研究所などの学術機関に一定期間、非常勤教員として籍を有する者のうち、当該機関で教授に相当する教員に付与される職位呼称またはその職にある人のことを言う。大学の授業を担当せず、年に数回講演会をするだけである場合もある。タレントや文化人などが客員教授に就任する場合も見られる[1]

概要[編集]

研究講義などにおいては教授と同等であるが、大学運営業務には携わらない。

客員教授の採用基準や任期、処遇や給与に関しては、各大学機関、研究機関、教授会によって異なり、給与を支払う義務も特にないなど個別の法令は存在しない名称上のものである。他の大学教員と同様に、学位がなくても任じることが出来る。

政治行政経済文化など社会の一線において一定の地位にある者や有名人を客員教授として迎えることもある。

文部科学省は、専門職大学院設置基準などにおいて、「みなし専任教員」の基準を定めているが、同制度により、特任教授、客員教授、招聘教授などの職名が乱立することを懸念しており、職名に対して何らかの例示、基準が必要と考えている[2]

関連するもの[編集]

客員教授に関連するものとして、次のものなどがある。

大学教育に係わる一般的な職[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 客員教授とは何か?”. Exciteニュース. 2021年6月10日閲覧。
  2. ^ 実務家教員の登用促進について”. 文部科学省 (2018年5月28日). 2021年6月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]