阪本是丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阪本 是丸(さかもと これまる、1950年 - 2021年4月18日[1])は、日本歴史学者神道学者。國學院大學名誉教授。専門は近代日本宗教史・政教関係史。

経歴[編集]

熊本県植木町鎮座(現在、熊本県熊本市北区)の元郷社・正院厳島神社の社家に生まれる[2]。1977年國學院大學文学部神道学科卒業。1979年同大学院修士課程修了。1995年「国家神道形成過程の研究」で博士(神道学)。

神社新報社記者、國學院大學日本文化研究所助手講師助教授、文学部教授を経て、神道文化学部教授、同大研究開発推進機構長、同大副学長を歴任した。2020年定年退職、名誉教授[3]神社本庁教学委員、神社新報社論説委員長。

父・阪本健一も、神道学者(幕末維新期の神道・国学史)で研究の一面を継いでいる。静岡県祭務官などとして戦前の神社行政に直接携わった。

著書[編集]

単著[編集]

共著・編著[編集]

  • 宇野正人共編著『お伊勢さま百話』(財団法人神道文化会、1984年)
  • 井上順孝共編著『日本型政教関係の誕生』(第一書房、1987年)
  • 阪本健一『天皇明治維新』 (暁書房、1983年/皇學館大学出版部、2000年)。父の遺著を編んだ
  • 大原康男百地章 『国家と宗教の間―政教分離の思想と現実』 (日本教文社〈教文選書〉、1989年)
  • 葦津珍彦 『国家神道とは何だったのか』 (註解、神社新報社、旧版は1987年、新版は2006年)
  • 『全国神職会会報』(復刻版、ゆまに書房、1991‐1993年)。全52巻、監修
  • 国家神道再考 祭政一致国家の形成と展開』(弘文堂〈久伊豆神社小教院叢書〉、2006年)
  • 『プレステップ 神道学』(石井研士との共編、弘文堂、2011年)
  • 『昭和前期の神道と社会』(弘文堂、2016年)。責任編集
  • 『近代の神道と社会』(弘文堂、2020年)。責任編集

脚注[編集]

  1. ^ 阪本是丸氏(神社本庁教学委員、國學院大名誉教授)中外日報 2021年4月26日
  2. ^ 神社新報ブックス 神道と学問
  3. ^ 6氏に名誉教授の称号を授与 國學院大學学報691号 2020年6月20日

参考[編集]

  • 阪本是丸著、『近世・近代神道論考』、弘文堂、2007年8月17日。ISBN 978-4-335-16049-3 (著者略歴:引用)