鈴木範久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 範久(すずき のりひさ、1935年(昭和10年)1月7日 - )は、日本の宗教史学者、立教大学名誉教授。主として内村鑑三など、近代日本キリスト教を研究する。

愛知県生まれ。東京大学大学院宗教学専攻博士課程満期退学。1967年立教大学一般教育部助教授教授、コミュニティ福祉学部教授、2002年定年退任、名誉教授。

著書[編集]

  • 倉田百三 近代日本人と宗教』大明堂、1970
  • 『内村鑑三とその時代 志賀重昂との比較』日本基督教団出版局、1975
  • 『明治宗教思潮の研究 宗教学事始』東京大学出版会、1979
  • 『内村鑑三をめぐる作家たち』玉川大学出版部 (玉川選書)、1980 
  • 『内村鑑三』岩波新書、1984
  • 『現代人の心と仏教』(日本仏教のこころ) 大蔵出版、1986
  • 『「代表的日本人」を読む』大明堂、1988
  • 『日本キリスト教史物語』教文館、2001
  • 『日本宗教史物語』聖公会出版、2001
  • 『テキストで読む日本福祉の夜明け』聖公会出版、2001
  • 『聖書の日本語 翻訳の歴史』岩波書店、2006
  • 中勘助せんせ』岩波書店、2009
  • 『信教自由の事件史 日本のキリスト教をめぐって』オリエンス宗教研究所、2010
  • 『内村鑑三の人と思想』岩波書店、2012 

編著[編集]

共編著[編集]

  • 日本人のみたキリスト教 ヨゼフ・J.スパー共編 オリエンス宗教研究所 1968
  • 内村鑑三全集 岩波書店 1981-83
  • 内村鑑三談話 岩波書店 1984.12
  • 内村鑑三選集 岩波書店 1990-91
  • 内村鑑三日録 全12 教文館 1993-99 
  • 我々は後世に何を遺してゆけるのか 内村鑑三『後世への最大遺物』の話 学術出版会、2005.5
  • 知の礎 原典で読むキリスト教 月本昭男佐藤研、菊地伸二、西原廉太共著 聖公会出版、2006.3
  • 新渡戸稲造論集 2007.5、(岩波文庫)

翻訳[編集]

  • 余はいかにしてキリスト信徒となりしか 内村鑑三 白凰社 1972 (白凰社名著選)
  • 代表的日本人 内村鑑三 1995.7 (岩波文庫)

参考[編集]

  • 現代日本人名録2002