立教大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
立教大学
池袋キャンパス本館(正門側)
地図
立教大学・池袋キャンパスの位置
立教大学の位置(東京都内)
立教大学
立教大学 (東京都)
立教大学の位置(日本内)
立教大学
立教大学 (日本)
大学設置 1883年
創立 1874年
創立者 チャニング・ウィリアムズ
学校種別 私立
設置者 学校法人立教学院
本部所在地 東京都豊島区西池袋三丁目34番1号
北緯35度43分49.8秒 東経139度42分14.2秒 / 北緯35.730500度 東経139.703944度 / 35.730500; 139.703944座標: 北緯35度43分49.8秒 東経139度42分14.2秒 / 北緯35.730500度 東経139.703944度 / 35.730500; 139.703944
学生数 20,720
キャンパス 池袋(東京都豊島区)
新座(埼玉県新座市)
陸前高田グローバルキャンパス(岩手県陸前高田市)
学部 文学部
異文化コミュニケーション学部
経済学部
経営学部
理学部
社会学部
法学部
観光学部
コミュニティ福祉学部
現代心理学部
スポーツウエルネス学部
Global Liberal Arts Program (GLAP)
研究科 文学研究科
経済学研究科
経営学研究科
理学研究科
社会学研究科
法学研究科
観光学研究科
コミュニティ福祉学研究科
現代心理学研究科
キリスト教学研究科
ビジネスデザイン研究科
社会デザイン研究科
異文化コミュニケーション研究科
法務研究科
人工知能科学研究科
スポーツウエルネス学研究科
ウェブサイト www.rikkyo.ac.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

立教大学(りっきょうだいがく、英語: Rikkyo University/Saint Paul's(スクール・ニックネーム))は、東京都豊島区西池袋三丁目34番1号に本部を置く日本私立大学1874年創立、1883年大学設置。大学の略称立大(りつだい)。

概観[編集]

大学全体[編集]

池袋キャンパス本館/1号館/モリス館(裏側、東京都選定歴史的建造物)

英国国教会を始祖とする会派、米国聖公会(歴代米国大統領の1/4が信者)の宣教師チャニング・ウィリアムズ主教が、1874年明治7年)に東京・築地に設立した聖書英学を教育する私塾、立教学校[注釈 1][注釈 2]を前身の一つとする日本屈指の伝統校である。ローマから英国に派遣されたオーガスティンの初代カンタベリー大主教着座(西暦597年)からの流れを汲む[8][注釈 3]。大学設立起源は、米国聖公会信徒のマシュー・ペリー黒船来航と初代米国総領事タウンゼント・ハリスの活動により日本への宣教勧告と学校開設の勧奨を得た米国聖公会が、1859年(安政6年)に伝道と学校開設、医療活動を成すプロテスタント初となる日本ミッション長崎に開設し、ハリスの支援のもと江戸幕府の要請で私塾を設け英学教育を創始したことに始まり、高杉晋作大隈重信(第8・17代内閣総理大臣)、副島種臣(第3代外務卿)、前島密(近代郵便制度創設者)、何礼之大阪洋学校、現・京都大学創設者)など多くの志士を輩出した[注釈 4][注釈 5][11][12]。この塾は日本におけるミッションスクールの起りである[13]。幕末から明治にかけ、日本と米国の外交の芽吹に生誕し、日米両国の友好の証として歴史を繋いできた[14][注釈 6][注釈 7][注釈 8][注釈 9]日本聖公会系のキリスト教主義学校(ミッションスクール)である。

聖公会系の大学である名門オックスフォード大学クライスト・チャーチを始め、世界の聖公会系大学が120校以上加盟するCUAC(世界聖公会大学連合)に属する。1883年(明治16年)に、米国式カレッジとして東京大学とともに日本最高峰の教育機関である「立教大学校」を設立[注釈 10]。ミッションスクール第一号として認可を受けた[26]。これは後の帝国大学令大学令より前に、教育令によって認可された日本の先駆けとなる大学であった(詳細は旧制大学参照)[27]1922年(大正11年)に大学令による大学となり、文学部商学部予科を設置[注釈 11]第二次世界大戦前に英称をSt.Paul's Collegeと変更。現在は正式英称をRikkyo Universityとするが、今もスクール・ニックネームとして「St.Paul's」が使われる[33]。「SPU」の略称もある[注釈 12]

戦間期以降、慶應義塾大学東京大学法政大学明治大学、立教大学、早稲田大学で構成する東京六大学の一校である[注釈 13]。 2001年から、同じ聖公会に属する聖路加国際大学と単位互換制度を開始。近隣の大学で構成するF-Campus(5大学単位互換制度)も開始した。

創立以来、国際性やリーダーシップを育むリベラルアーツ教育を実践し、2023年時点で、11学部・27学科・10専修・1コース Global Liberal Arts Program (GLAP)を設置。大学院は16研究科を設置する。経営学部異文化コミュニケーション学部は、入試難易度が高く、現在における看板学部である。世界における評価では質の高い先端的な研究を行う理学部が牽引しており、JAXAと協同での宇宙関連の研究開発や、燃料電池人工光合成等のクリーンエネルギー分野、バイオ医薬の分野などで高い成果を上げている[37][38]。(#理工学分野を参照)

の絡まる煉瓦造りの歴史的建造物群とガラス張りの近代的な校舎が調和する池袋キャンパスは、都会にありながら緑豊かで、異国情緒ある洗練された美しいキャンパスとして知られる[39][40][41]1918年(大正7年)竣工の第一食堂は、ハリーポッターの世界観があると言われる[42][43]。2012年に開館した池袋図書館は、収蔵可能冊数200万冊、閲覧席数1530席以上を有する、国内の大学でも屈指の規模を誇る図書館である[44][45][46]。多様なグループワークに対応する学習スペースと充実したICT環境に加え[47]、リフレッシュルーム、テラス席、ソファ席などが備わり、カフェ併設の滞在型図書館である[46]。ラーニングアドバイザーも常駐し、文献の調べ方はもとより、レポートの書き方や研究構想の纏め方を細かく指導できる体制を整え、「本気で勉強したくなる図書館」を目指して、学生を強力に支援する施設となっている[注釈 14][49]。芝生広場や中庭も広がる、穏やかで開放的な雰囲気の新座キャンパスは、近代的な校舎のほか、スタジオ棟、体育施設などが点在している。新座図書館は専門書が多く蔵書され、映像資料も充実する。

校友数は2023年時点で23万人を数え、全国および世界に「立教会」と呼ばれる校友組織が広がっている[50][51]。経済界を始め、出版、文学、メディアなど多くの分野で卒業生が活躍している。2016年に卒業生ネットワーク組織「GLCネットワーク[注釈 15]」が発足し、多様な業界で活躍する卒業生たちが立教生のキャリア形成支援を行っている[52]。「就職偏差値が上がった大学」ランキングでは全国1位[53]、イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション (Times Higher Education)」による世界大学ランキング2023年版では、国際性において国内私大1位(3年連続)に認定されている[54]

2007年に日本初のESD研究機関である「立教大学ESD研究センター」(現・ESD研究所)を設立し、SDGsの取り組みを推進する。2020年には、大学院に日本初となる、AIに特化した「人工知能科学研究科」を創設した[55]。同年、先端的な英語教育・研究を担う「立教大学外国語教育研究センター(FLER)」を開設。2022年には、学内の温室効果ガスの排出を2030年までに全体としてゼロにすることを目指し、「カーボンニュートラル宣言」を表明した[56][57]

米国聖公会の総裁主教がいるワシントンD.C.教区の主教座聖堂である「ワシントン大聖堂」。大統領の就任時、元大統領の葬儀など国家的行事にも使用されている。

国際性、リベラルアーツ教育[編集]

米国聖公会が設立した大学であり、歴史的に外国人教員が多く、国際的な学風である[注釈 16]。大学の源流である1859年(安政6年)に幕末長崎で設立した私塾において、江戸幕府長崎奉行の要請から公式通事通訳)への英学教育を開始し、明治維新で活躍する外交官を多く輩出するなど、創設以来長きに渡る国際性の伝統を持つ[注釈 5][58][59][11]。その後も、朝日新聞社初代外報部長の米田實を始め、永井万助岡本鶴松など同社外報部長を務めた20世紀前半の日本を代表するジャーナリストを輩出した[注釈 17]。1907年(明治40年)には清国留学生のための「志成学校」を築地に設立し、古くから留学生を受け入れた国際交流を行う。ミッション系大学の特質もあり、語学教育に定評があるが、近年、国際化戦略である「Rikkyo Global 24」を推進し、教育プログラムも進化する。英語によるディスカッションやプレゼンテーションなど社会に資する実践的なスキルが身につくプログラムがあり、中でも経営学部・国際経営学科、異文化コミュニケーション学部GLAPでは全員が海外留学研修を行う。2013年にはグローバル教育センターを設置し、立教GLP(グローバル・リーダーシップ・プログラム)を始め、国際協力人材育成プログラムや海外インターンシップ等の科目を設けている。

2014年に、文部科学省スーパーグローバル大学創成支援事業」の指定校となる。グローバル化が進展し国際交流の隆盛に伴い、留学生も増え、学内における国際交流と留学情報発信の拠点として、「グローバルラウンジ」を池袋、新座の各キャンパスに開設。日本にいながら留学生と交流し、多様な文化に触れ、語学力を高められる施設で、国際交流イベントやワークショップも多く開かれる。専属の国際交流コーディネーターによる留学相談窓口もあり、留学プログラムの情報提供も行う。より幅広い国の学生に対応するためにイスラム圏の学生が主に利用できる、祈りの部屋を設置するなど、施設面でも充実を図っている。国際交流ボランティア制度もあり、来日した留学生の生活サポートを行い、積極的に国際交流を行うことができる環境が整う。

2015年からは、スタンフォード大学の学生と「陸前高田プロジェクト」に取り組んでいる。2016年に、全学部生が受講できる「グローバル教養副専攻」を開設。所属する学部学科で修得する専門性に加えて、もう一つの専門性を修得し、多面的に物事を捉え持続的に考える力を養成するプログラムで、大学が認定する海外学習も行う。3コース21テーマの中で興味・関心あるものを選択し、テーマに沿って体系的に学んでいく。中でも2018年には、データサイエンス副専攻が開設され、データ分析、IT技術、統計学、調査理論などを学び、グローバル人材に必要なデータ活用力を身に着けられる。こうした主専攻+副専攻(メジャー、マイナー)の学部履修形態は欧米の大学では一般的だが[注釈 18]、日本では、同じミッション系大学の国際基督教大学が採用している。グローバル教養副専攻の履修科目は所属学科の卒業単位にも算入でき、修了すると卒業時に修了証が授与され、300以上ある全学共通科目と合わせ、リベラルアーツ教育が充実化した。また、他学部が開講する専門科目も一部を除き履修可能で、大学全体を通して履修できるプログラムの自由度が高いのが特徴である。2017年には、国や地域を超えて、世界で活躍するグローバルリーダーを育成する国際教養学部相当のGlobal Liberal Arts Program (GLAP) を設置した。

2021年11月、文部科学省「大学の世界展開力強化事業」において、新規採択分として私立大学で唯一の採択校となった[63]。2014年に採択された「スーパーグローバル大学創成支援事業」を引き継ぐ大学の中核事業として位置づけ、ソウル大学校(韓国)、北京大学(中国)、シンガポール国立大学(シンガポール)のアジアトップクラスの大学との連携事業である「ACEプログラム(The Asian Consortium for Excellence in Liberal Arts and Interdisciplinary Education)」を開設し、4大学による国際共同副専攻 (ALIS) を設置した[注釈 19][64]

海外協定校は、2023年10月現在、世界45か国・地域に及んでおり、米国のコロンビア大学コーネル大学シカゴ大学バージニア大学ワシントン大学、英国のケンブリッジ大学マンチェスター大学リヴァプール大学シェフィールド大学、フランスのパリ大学、オーストラリアのシドニー大学モナシュ大学ニューサウスウェールズ大学、シンガポールのシンガポール国立大学、中国の北京大学清華大学南京大学、韓国のソウル大学校高麗大学延世大学など、世界246の大学と271の協定を結んでいる[65]

リーダーシップ教育[編集]

立教学院諸聖徒礼拝堂/チャペル
(東京都選定歴史的建造物、池袋キャンパス)

リーダーシップ教育においては、経営学部では少人数の体験・実践的なコアカリキュラムであるBLP(ビジネス・リーダーシップ・プログラム)[66]があり、実際に企業と連携し、企業から提示される課題にチームで挑む中で、プロジェクトの進め方を学び、リーダーシップ力が養える環境となっている。インターンシップと同じく、社会体験型のアクティブ・ラーニングである。 BLPは、日本初の学部必修のプログラムとして2006年に開設された[注釈 20][68]。2011年には、先進的な教育方法を常に取り入れていることが評価され、文科省・日本学術振興会の「教育GP」(2008─10年度)の成果審査の結果「他(大学)に波及が見込まれるイノベーティブな取組」であるとして最高ランクの評価を受けている[69]
BLPで培うリーダーシップ力は、これまでの組織内で権限を持つ一部の人が発揮するべきものとされた能力とは異なり、役職に関係なく全ての人が状況に応じて発揮することができるスキルである。質の高い授業と充実した施設環境の中で、能動的で主体性を持った学生が育ち、勉学に本気で取り組む風土となっている。上級生になるとSA(ステューデント・アシスタント)[注釈 21]としてプログラムの運営側に回り、下級生へのコーチングや議事進行、教授のサポートなどファシリテーターとして運営側の視点も身に付き、相乗効果が生まれている。卒業後に、いかなる企業や組織でも活躍していくことができる力を育成する環境となっている。企業側から見ても、学生(Z世代)の意見を取り込みながら、外部の会社に委託、発注することなく、市場調査を行うことができ、新規事業開発や戦略立案などで企業と社員を活性化させるインキュベーターとなり、産学連携や企業の社会貢献の有効なモデルとなっている。また、参加する社員のリーダーシップ研修の場にもなっている。

立教GLP(グローバル・リーダーシップ・プログラム)[70]は、内外で評価が高い経営学部のBLPのメソッドを全学で展開するために、2013年度に設置された。BLPと同じく、企業や団体の提示するプロジェクト課題に少人数のチームで取り組み、実践的、体系的にリーダーシップを修得できる全学部を対象としたプログラムで、日本語科目のほか英語科目も設けられており、国際性や語学力も高めることができる。英語科目には、グローバル教育センターが指定する海外学習プログラムに参加するリーダーシップ海外体験科目も用意されている。GLPは、今までの受け身の授業とは異なるプログラムで、本気で取り組んでいる人を応援する文化があり、仲間との真剣な取り組みの中で、主体的に考え行動していく力が身に付き、卒業後に様々な業界で活躍する人材を輩出している[71]

2016年度からは立教サービスラーニング (RSL) が全学共通科目で始まり、NPO、行政、企業等の受け入れ先での体験学習を通じて、リーダーシップ力を磨くプログラムを用意している。延世大学復旦大学慶應義塾大学とは「リーダーシップフォーラム」を毎年開催している。

奨学金制度、経済的支援[編集]

学生の経済的基盤を整え、学費負担を軽減し、学業継続の機会を保障するために、様々な奨学金制度が用意されている[72]。立教大学独自の奨学金はすべて返還不要の給与奨学金で、人物、学業ともに優秀な学生の修学を援助するものとなっている。入学前に申し込むタイプ(入学前予約型奨学金)と入学後に申し込むタイプとの2種類がある。入学前予約型奨学金には、親元を離れ、住居費・生活費で経済的負担が増す、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を除く全国の高等学校出身者対象の「自由の学府奨学金[73]」と、Global Liberal Arts Program (GLAP) への入学希望者を対象とした「GLAP奨学金[74]」がある。「自由の学府奨学金」の支給額は年額50万円(理学部入学者は年額70万円)で、採用候補者数は約500名(2023年度現在)と、大きな枠となっており、4年間受給した場合、国公立大学の授業料とほぼ差がない制度となっている。入学後に申し込むタイプの奨学金の中には、経済的理由により修学が困難な学生を支援するための経済支援奨学金や国際化戦略の一環として、学生が積極的に留学プログラムに参加するよう設置された「グローバル奨学金」などがある。


イングランド国教会ロンドン教区の主教座聖堂「セント・ポール大聖堂」。

名称の由来[編集]

「立教」の出典については諸説あるが、近年の研究により、最も有力なのは、かつて聖公会の祈祷書(礼拝時に用いる規則書)にあった「立教師」ということばに由来するのではないか、といわれている[75]。この「立教師」という言葉は、ウィリアムズ主教によって訳出された可能性が高い。その他の説として、朱子の『小学』立教篇から採ったとの説[76]、儒学者高愈が註をした「立教法以治人」から採ったとの説[77]ヘンリー・セントジョージ・タッカーが「立教はセント=ポールズの日本名で、それは『教えの建設』を意味する」と記したとの説[76]がある。

応援歌や学園祭の名称などで使用されているスクール・ニックネームの、"St. Paul" についても確かな文献は見当たらないが、ウィリアムズ主教が1882年頃に英名として "St. Paul’s School" と命名したと考えられている[78]。米国聖公会系の学校には全て「守護聖人」が存在しており、St.Paul (SAINT PAUL) =聖パウロは、新約聖書の著者の一人。英国国教会(イングランド国教会)ロンドン教区の主教座聖堂は「セント・ポール大聖堂」と聖パウロを記念して名付けられている[注釈 22]。ウィリアムズ主教は自ら遠く東洋へ赴いた伝道者として、偉大な聖パウロを守護聖徒と仰ぎ、その名を本学の名に冠したものと思われる。

建学の精神[編集]

校歌に謳われるように、立教学院は自らを「自由の学府」と呼び[81]、基本理念を端的に示すものとして各所で使用している[注釈 23]

建学の精神を表す言葉が「PRO DEO ET PATRIA(神と国とのために)」で、立教大学では、これを「普遍的なる真理を探究し、私たちの世界、社会、隣人のために」と捉えている。「PRO DEO ET PATRIA」は、立教学校設立から約半世紀を経た1918年(大正7年)、築地から池袋への移転を機に、当時総理であったチャールズ・ライフスナイダーが、建学の精神を具体的に表現するものとして定めた立教の「楯のマーク」(現在のオフィシャル・シンボル)の中に書かれている[82][83]。校友会館である「セントポールズ会館」の礎石には、校友会会長であった大川又三郎の自筆で「神と国との為に」と刻まれている[84]

教育および研究[編集]

概要[編集]

池袋キャンパス

リベラルアーツ教育に基づき、グローバルな課題と社会的要請に対応し、広い視野に立って課題を発見・解決できる能力を持った「新しい」グローバルリーダーの育成を教育の中心に据えている。「新しい」グローバルリーダーに不可欠な要素として「柔らかなリーダーシップ」と「グローバルな力」を掲げ、教育プログラムを構成している。「柔らかなリーダーシップ」とは、権限やカリスマ性がなくても、チームをまとめ、活性化させ、仲間の力を引き出すことができる誰もがトレーニングによって持つことができ活躍できる能力と捉えている。「グローバルな力」とは単に英語が話せるということではなく、あらゆる国や人種の多様な文化や価値観を受け入れ、認め、社会全体のために行動できる力としている[85]。これらの力は、遠い異国の地から日本に渡来し、幾多の壁を乗り越え道を開き活動した創立者や宣教師たちの行動力(#沿革を参照)そのものを表しており、建学以来流れる教育指針といえる。

米国ニューヨークにある名門コロンビア大学は、ジョージ2世勅許によって英国国教会(イングランド国教会)により設立された立教大学と同じ聖公会系の大学である。構内にはセントポールズ・チャペルも持つ。創立当初「キングス・カレッジ」としての大学の方針を確立する際に、全ての構成員は、宗教の自由の原則にコミットすることに同意している。立教大学の教育方針は、キリスト教精神に基づくリベラルアーツ教育であり、多様性を認め、受け入れる「真の国際人」を育てるグローバル教育を特長とし[86]、 「自由の学府」として、コロンビア大学と同じく、宗教の自由の原則にコミットされている[注釈 24][注釈 25][注釈 26]ウィリアムズ主教(立教大学創設者)の名前の由来である米国聖公会バージニア教区第2代主教のリチャード・チャニング・ムーアもコロンビア大学の出身であり、嚆矢濫觴から繋がっている[注釈 27]。ウィリアムズ主教は、1867年(慶応3年)に、コロンビア大学より神学博士号を授与されている。

聖公会が設立し、元校長のテオドシウス・ティングや初代学長の元田作之進、文学部長の小島茂雄、学科長の落合吉之助、総長を務めた松下正寿が学んだ「コロンビア大学」。

立教大学におけるキリスト教学は他のキリスト教系大学にあるような聖職者養成を目的とした神学ではなく、純粋に学問としてキリスト教を研究する宗教学である。したがって信仰の有無は問われない。文学部キリスト教学科はハーバード大学で神学を修めた菅円吉(文学部長)によって創設された。同学科では聖書学からキリスト教芸術や倫理学までキリスト教の広範な領域をカバーしており、キリスト教が世界の歴史や文化にどのような影響を与え、受けてきたのかを学び、世界の文化・思想・芸術など、多様な視点から探求することを目的としている。世界人口の約3分の1が信徒とも言われるキリスト教を広く学ぶことができる国際的な学科である。また、全学部生が履修できる全学共通科目では、仏教の世界やイスラームの世界についても学ぶことができる。歴史的にも1894年(明治27年)には、仏教学者で後に京都大学文学部を創設し、インド哲学の泰斗である松本文三郎(京都大学元学長、京都大学名誉教授)が立教学校の教授に就任し、教鞭を執っている[29]。大学創設者のウィリアムズも仏教研究を行っていたが、アーサー・ロイド(立教学院総理)も仏教研究者としても活躍し、第2次大戦後もロイドが著した仏教研究書は必読書とされた[92]
文学部は大学設立当初に設置された文科をルーツとし、商科から続く経済学部経営学部[注釈 28]とともに立教大学で最も古い。文学部文学科には、英米文学フランス文学ドイツ文学といった伝統と歴史ある国際系学問の専修もあり、外国の文学に加え、映画、音楽、芸術、思想など様々な観点から文化を幅広く学べ、国際的な知性と語学力を高めることができる。英米文学においては、1883年(明治16年)に立教学校卒業生で大阪・英和学舎(立教大学の前身の一つ)教授の河島敬蔵が日本初となるシェイクスピア劇の翻訳(『ジュリアス・シーザー』の逐語訳)を発表し、1886年(明治19年)には、日本で初めて『ロミオとジュリエット』の翻訳書を出版し、日本の英米文学史に名を残す功績を上げている[93][94]。また、1889年(明治22年)にシェイクスピア劇の翻訳を在学中に掲載した水田南陽は、1899年(明治32年)に日本へ『シャーロック・ホームズ』を紹介した先駆者である[95]。立教学校出身でスタンフォード大学に留学した長沢別天は、1893年(明治26年)にエドガー・アラン・ポーを日本に初めて紹介し、翌年にはジョン・ミルトンの評論を著すなど、明治期に英文学の普及に務めた。
1903年(明治36年)には、ハリー・ポッターシリーズに影響を与えたトマス・ヒューズの『トム・ブラウンの学校生活』の訳書を立教生の岡本鶴松が『英国学校生活』として出版した。発行は鶴松の号から名付けた九皐社で、印刷は築地明石町にあった立教学院活版部で行われ、本訳書の序文を立教学院総理であったヘンリー・タッカーが寄稿した[96]。この作品はヒューズが在学した聖公会ラグビースクールを舞台としており、イギリスアメリカで大人気の作品であったが、日本でも明治時代の高校生に最も人気のある英語圏生まれの教科書となった[97]
上述に加えて、ホームズの著者、コナン・ドイルに影響を受けた江戸川乱歩だが[98]、長男の平井隆太郎社会学部教授を務め、立教ミステリクラブ顧問も務めた[注釈 29]。大学に隣接する乱歩邸は、2002年に立教大学に寄贈され、江戸川乱歩記念大衆文化研究センターでは、日本内外の大衆文化研究の拠点として研究成果の公開と社会還元を行っている[101]
1926年(大正15年)からアメリカ文学研究の先駆者である富田彬(立教大学名誉教授)が教授に就き、同研究の基盤を築いた。日本における『ピーターラビット』とビアトリクス・ポター研究の第一人者である吉田新一(立教大学名誉教授)は、出身である英米文学科(現・英米文学専修)で講じ、多くの海外児童文学作品の翻訳を手掛け、桂宥子岡山県立大学名誉教授)や北野佐久子(児童文学研究家)らを育てた。

文学部史学科は、立教大学教授を務めた小林秀雄(史学科長、文学部長を歴任)が1925年(大正14年)に立ち上げた学科で[102][103]、1959年には大久保利通の孫である大久保利謙が教授に就任し、日本近代史研究を学問分野として確立した[注釈 30]。当時の大久保の教え子に、佐々木克京都大学名誉教授)がいる[105]。大久保の1万2千冊を超える蔵書は「大久保利謙文庫」として大学図書館に所蔵されているが[106][107]、貴重な資料が多く、学内外からの利用が絶えない第一級の文庫である[104]。大久保は大学史の編纂でも先駆者として知られるが、近年では寺崎昌男(立教大学名誉教授)も日本の大学史研究の進展に大きく貢献した。キリスト教史学では海老沢有道が活躍し、多くの関連書籍を著すとともに、キリスト教史学会の創設にも尽力して理事長も務めた。大学図書館には日本キリスト教史関連資料からなる6千冊を超える蔵書が「海老澤有道文庫」として所蔵されている[108]
また、立教大学の史学研究の歴史は古く、明治期の立教学校(第2次)では、岩倉使節団の一人として『米欧回覧実記』を著し、歴史学の先駆者として知られる久米邦武が1894年(明治27年)から教授として教鞭を執っている[109]。1926年(大正15年)から昭和初期には、東洋史学の開拓者である市村瓚次郎國學院大學学長、東京帝国大学名誉教授)が講じた[110][111]考古学においては、1957年から博物館学の第一人者である中川成夫が講じ、長く研究に従事し、学芸員の養成にも尽力した。中川は、近世考古学の開拓者としても知られ、立教大学博物館学研究室の加藤晋平(後の筑波大学教授、モンゴル国考古研究所名誉教授)とともに、近世における考古学的研究に道を開いた。中川の教えを受けた森川昌和は、後に鳥浜貝塚において「縄文のタイムカプセル」と呼ばれる遺物を発掘するなど、考古学界に新見地を開く功績を上げた。

経営学の分野では、経営学部に前述のBLP(ビジネス・リーダーシップ・プログラム)[66]があり、企業連携プロジェクトを通じてリーダーシップとコミュニケーション力を磨き、それぞれが自分の強みを発揮し、チームの成果を最大化させることを学ぶ。大学院には、「経営学研究科」にリーダーシップ開発に特化した日本初となる「経営学専攻リーダーシップ開発コース(LDC)」(2020年開設)があり[112][113]、人材開発と組織開発を推進する人材を育成する。金曜夜と土曜日開講で、社会人も受講しやすい。また、リーダーシップ理論と教育技法を研究する「リーダーシップ研究所」(2006年開設)も設置されている。経営学部は社会学部長であった白石典義が創設に尽力して2006年に設置された学部である[注釈 28][114]。経営学部のコアカリキュラムであるBLPの立ち上げは、日向野幹也が担当し、経営学部教授兼BLP主査としてプログラムの指揮を執り、学生の資質を向上させ、社会的にも高く評価されるリーダーシップ教育プログラムへと育て上げた[115][116]
2022年には経営学部特任教授に、コロンビア大学ビジネススクールで教え、一橋大学でグローバルリーダーを育成する渋沢スカラープログラムを立ち上げたクリスティーナ・アメ―ジャンが就任した[117]。大学院の国際経営学専攻国際経営学コース(MIB)は、国際経営分野の高度な専門性、グローバルな視野と能力、リーダーシップ力を備える人材育成を目的としている[118]。企業経営の幅広い知識を提供し多角的な視野を養うMBAビジネススクール型の大学院としては、「ビジネスデザイン研究科[119]があり、ビジネスシミュレーションを通じて戦略的意思決定をチームで探究し、論理的な分析力と事業構想を実現する創造的能力を育成する。社会人が受講できる昼夜開講制である。
現在のBLPで育成する新しいリーダシップとは異なり、従来型の経営トップや組織管理者などを主な対象としたリーダーシップ論においては、松井賚夫が社会学部産業関係学科(現・経営学部)で教授を務めた。松井が1958年に出版した『リーダーシップ』は、初版以来長くロングセラーとなり、日本における組織論の名著として知られる[120][121]。松井や労働経済学を教えた武澤信一が所属した立教大学産業関係研究所をベースとして改組し、現在のリーダーシップ研究所が設置されており、組織研究の歴史を今日まで長く繋いでいる[69][122]

非営利・公共分野を研究の主対象とするビジネススクールである「社会デザイン研究科」[123]は、社会の課題をNPO/NGOなどの公益法人や非営利団体で解決する人材を育成する2002年に創設された日本初の大学院専攻である。晩年、非営利組織研究に注力したピーター・ドラッカーが伝える「非営利組織とは、一人ひとりの人と社会を変える存在である。」を体現する人材を育成するためのプログラムといえる。ドラッカーを日本に紹介したのは、立教大学教授を務め、多くの経営者が師と仰ぐ野田一夫である[124][125]。2006年には、継続的な研究の場として21世紀社会デザイン研究学会(現・社会デザイン学会)が設立され、2008年には「社会デザイン研究所」が設置された[126]
2007年から2011年まで、ジャーナリストで「知の巨人」として知られる立花隆が特任教授を務めた[注釈 31][注釈 32]。 また、本研究科は、日経ビジネススクールと共同で社会人であれば誰でも受講できる「ソーシャルデザイン集中講座」も開講しており、幅広い学習環境を提供している。

聖公会が設立に携わり、ハインリッヒ・シュミット(近世日本布教史における最初の宣教医)や元学長の元田作之進杉浦貞二郎須藤吉之祐、元教授の伊藤重治郎小川徳治が学んだ「ペンシルベニア大学」。

異文化コミュニケーション学部は文化や言語の多様性を理解し、グローバル社会の新しい姿を追究する学部である。外国語で会話する (conversation) だけでなく、他者の行動や心情、文化的背景まで理解し、意思疎通 (communication) する力を身に着け、価値観や意見が異なる中で生じる問題や課題を論理的に把握し、解決していくことができる人材を育成する[129]。ここで培われたコミュニケーション力、論理的思考力、問題解決能力は、国家間、民族間、宗教間などの国際舞台や多文化コミュニティで生じる問題に対処し解決していくだけでなく、実社会のあらゆる場面でも役立つ力となる。企業でもダイバーシティが広がり、多様性を理解し合いながら業務を進めていく重要性が高まる中、異国の宣教師たちが異文化を乗り越えて作り上げてきた立教大学であるからこそ、生まれた学部プログラムといえる。同学部では、同じ聖公会の米国コロンビア大学大学院ティーチャーズ・カレッジ修士課程で英語教授法を修めた鳥飼玖美子(立教大学名誉教授)が教授を務め、日本の英語教育の最前線を担う第一人者として英語教育の進展と拡充に尽力した[130]
立教大学の英語教育は、淵源である幕末の長崎の私塾から続く長きに渡る伝統と歴史を持ち、明治維新で活躍した外交官や通訳を始め多くの人材を輩出してきたが、1883年(明治16年)に設立された立教大学校では、米国式カレッジ制を採用し、日本人が教えた訳読と数学を除いて教員は外国人で、授業のほとんどが英語で開講された[注釈 10][131]。数学を教えた工藤精一も英語に通じ、1885年(明治18年)に英語学習書の『英語訓蒙』を出版するなど、明治期の英語教育の発展に寄与した。1925年(大正14年)には、英語発音練習カードを考案した岡倉由三郎岡倉天心の実弟)が教授・英文学科長に着任し、翌年には日本初のラジオ英語講座(現・NHKラジオ英語講座)を担当するなど、英語教育の開拓者による先進的な英語教育が実施された[132]。近年では2006年に開設された経営学部においてNHK・EテレやNHKラジオでも活躍する松本茂(立教大学名誉教授)が教授を務め、グローバル教育センター長も歴任した。

アメリカ研究の機関として1939年に日本で最初に設立された「アメリカ研究所」[22]は、立教大学の最初の研究所でもある。設立以来、定期刊行物の発行、研究会や講演会の開催に加え、図書の収集・公開を通して日本におけるアメリカ研究を支援している。近年ではアメリカ先住民研究の第一人者である阿部珠理(立教大学名誉教授)が所長を務めた。また、1963年設立の「ラテンアメリカ研究所」[133]は、ラテンアメリカに関する総合的な研究と、研究者、関連分野で活躍する人材の育成を行う。特に「ラテンアメリカ講座」[134]は日本の大学教育に欠けていた社会教育の場を提供し始めた日本における市民講座および公開講座の草分け的な存在で、1964年4月から半世紀以上に渡り開講されている。これは「開かれた大学」として大学教育を広く社会に提供することを早くから目指してきた立教大学の姿勢を示すもので、通年で12科目を開講している。中でも多岐の分野を扱う「ラテンアメリカ論」や語学科目の「ラテンアメリカスペイン語」は毎年多くの受講生を集めている。

上記に加え、社会に開かれた大学として、「科目等履修生制度」を設けており、多くの学部で開講されている科目を履修することができる[135]。1978年には受験生向けのオープンキャンパスを日本の大学で初めて開始した[注釈 33]生涯学習としては、50歳以上のシニアのための「立教セカンドステージ大学 (RSSC)」[137]が設置されている。

宮澤俊義(初代法学部長、憲法学の第一人者)

法学部は、日本国憲法の制定に深く関わり、憲法学の権威である宮澤俊義が、末延三次らと創設に尽力し、初代学部長を務めた学部である。『平和と秩序への叡智』の探究を教育と研究の基本姿勢とし、法学部創設時の宮澤の思いを受け継いでいる[138]。法学科、政治学科、国際ビジネス法学科の3つの学科で構成され、1978年には昼間部総合大学で日本初となる社会人入試を開始した。学科間の垣根が低いことが特徴で、法学と政治学を一つの学部で学ぶことができる。法学科には、法曹を目指す学生をサポートする法曹コースがある。また、公務員を目指す学生をサポートするために、公務員の職務内容や職業としての魅力を知ることができる講義や、行政が抱える課題に学生自らが解決案を企画、提案するなどの正課科目プログラムが用意されている。OB・OGをはじめとする現職の公務員との交流の場を設けるなどキャリア支援も行っている。2022年4月には、国際ビジネス法学科内にグローバルコースを開設した。
宮澤俊義の蔵書は「宮澤俊義文庫」として立教大学に寄贈され、約9,000冊の旧蔵書は複本として学生たちにも利用されている。図書と共に保管されてきた日本国憲法起草に関する原稿・草案・メモ・ノートなどは、学外も含めた研究者に利用されており、憲法制定にいたる経緯が分かる貴重な資料となっている[138]
法学部が創設される前の昭和初期にも、既に法学の教授陣が経済学部を主として多数在籍するなど法学部に伍する充実した陣容を擁しており、中村進午一橋大学名誉教授)が憲法、国際法、法学通論、中野登美雄早稲田大学第5代総長)が行政法、竹田音治郎と内山良男が民法、三橋久美が商法、江利喜四郎が刑法、中根不覊雄が信託法、手形法、破産法、法学通論、渋沢栄一の子である星野辰雄が労働法制を講じている[139]

経済学においては、経済学部経済学科では基礎理論を学び、経済の本質を見極める力と、事象を定量的に把握する統計分析力を身に着け、時代の動きを読み、問題解決していくことができる人材を育成する。経済政策学科は、理論に加え、金融政策や都市政策、産業政策、環境政策など、社会を動かす政策を専門的に学び、社会問題を解決する政策立案力を培う。卒業後、公務員に加え、民間企業やNPOなどの立場でも活かせる公的視点も得ることができる。会計ファイナンス学科には、公認会計士税理士証券アナリストファイナンシャル・プランナーなどを目指す学生のために、資格取得を支援するカリキュラムが用意されている。多くの顕学が教鞭を執ってきたが、経済史では開拓者の滝本誠一財政学では地方財政学の権威である藤田武夫が講じ[140][141]、能率の父として知られる上野陽一(日本初の経営コンサルタント)も学部長を務めた。社会学部産業関係学科(現・経営学部の前身の一つ)では、日本を代表する自由主義経済学者である西山千明が1962年から教授を務め、日本におけるマネタリズムの樹立や自由主義経済の拡充につくした[142][143]。(#新自由主義、マネタリズムを参照)

社会学部は、社会学科、現代文化学科、メディア社会学科の3学科からなる。1947年に文学部社会科が設置され、1949年には文学部社会学科となる。1958年に淡路円治郎(立教大学名誉教授、労務管理学の権威)によって社会学部が設置され、初代学部長を務めた。日本で世論調査を初めて行った第一人者で、日本の新聞学マスコミュニケーション研究の基礎を築いた小山栄三も教鞭を執り、1960年には学部長を務めた[144]。2016年には、国際社会コースが設置され、本コースは学部英語科目を中心に3学科横断で専門科目を履修するカリキュラムとなっている[145]

心理学の分野も歴史が古く、1894年(明治27年)には日本の心理学の基礎を築いた松本亦太郎日本心理学会創設者・初代会長)が教授として講じた[29]。1930年(昭和5年)から、教育心理学の分野で活躍し、幼少教育の先駆者である岡部弥太郎が教授となり、教育学教育史を講じ、心理学演習を担当した[146]。1933年(昭和8年)には、米山梅吉が次男の母校であった立教大学に寄贈して、心理学実験室が建設されている[147]。1949年に新制大学が発足した際に、文学部心理教育学科が設置され、1962年には文学部心理学科となり、2006年に現代心理学部心理学科となった。

芸術分野では、現代心理学部に映像身体学科があり、映像制作(映画・写真・広告など)やダンス、演劇などが学べる。シアター型教室や撮影スタジオなどの設備も充実している。映画監督を多く輩出しているのも特色である。(#立教と映画を参照)

観光分野では、日本の大学でさきがけとなる1946年の「ホテル講座」開設から始まる70年以上の観光教育の歴史を有するが[148][注釈 34]、ルーツは立教大学の前身の一つである立教学校に遡り、明治期の学校創生期から続く教育の伝統を受け継いでいる[注釈 35]。1967年に、社会学部観光学科を設置。この観光学科は、立教大学教授であった野田一夫が設立に尽力し、初代学科長を務めた。1998年には観光学科を改組し、日本初の観光学部と大学院に観光学研究科を開設した。2000年代には、JTB会長の舩山龍二ホテルニューオータニ総支配人であった甲田浩らが教授陣を務めるなど、観光業界の第一人者たちが教鞭を執っている[153][注釈 36]。2022年と2023年には、星野リゾート代表の星野佳路が「宿泊産業演習」のゲスト講師として講義を行った[156][157]観光学部は観光ビジネスや地域振興を創出する人材の育成を目的とするが、全米で名門として知られるコーネル大学のホテル経営学部と同様に、卒業生には老舗ホテルや旅館の経営者も多い。特に、日本を代表するクラシックホテルの多くで立教卒業生が経営に携わっている。(#立教とクラシックホテルを参照)
観光学部では学部独自のインターンシッププログラムも充実しており、国内プログラムのほか、台湾の高級ホテルでの6か月間の長期インターンシッププログラムや、アメリカフロリダ州ディズニーワールドでインターンシップ(半年間)を経験しながら、週1日セントラルフロリダ大学ホスピタリティ経営学部で学ぶ海外プログラムもある[注釈 37][159]。 2021年には金沢大学と観光産業分野の中核人材育成のため、連携・協力に関する協定を締結した。また、地域活性化の一環で、まち歩きマップの制作なども行っている。(#まち歩きマッププロジェクトを参照)

理工学分野[編集]

小惑星探査機 はやぶさ2 CGモデル

理工学分野では、理学部の研究グループがJAXAのプロジェクトに参画し、小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載した光学航法カメラの開発・運用や、2023年9月に打ち上げられたX線分光撮像衛星(XRISM)の観測装置を開発するなど宇宙関連の研究開発を進めている[160][161]。理学部物理学科には宇宙物理学を専門にしている教員が多く在籍し、「素粒子・原子核」分野と「宇宙物理」の分野では、世界トップレベルの研究を行っている。論文の被引用数も多く、質の高い研究力によって世界における立教大学のプレゼンス向上に大きく貢献している[37]。理学部の別の研究グループでは、2020年に日本曹達株式会社との共同研究で、温室効果ガスとして知られる二酸化炭素を選択的に吸着する新規の多孔性物質(MOF:Metal-organic Frameworks)の開発に成功した。燃料電池車などに搭載する水素貯蔵ボンベにも応用が可能で、世界的に高い評価を受ける研究を行っている[162]。同年には、理化学研究所物質・材料研究機構などとの共同研究により「偽造不可能なマイクロ光認証デバイス」を開発した[163]ほか、生命理学科教授の末次正幸が2017年に開発した、細胞を使わずに長いDNAを効率的に合成する世界初の技術「セルフリー長鎖DNA合成技術」が、バイオ医薬の分野で革新的変化をもたらす研究として、「バイオインダストリー奨励賞」を受賞した[164][165]。本技術を実用化する目的で大学発バイオベンチャー企業が設立された。(#大学発ベンチャーを参照)
2021年には「金属クラスターを用いた近赤外-可視光変換」に世界で初めて成功し[166]太陽電池光触媒の効率を向上させる実用的な光アップコンバージョン材料としての利用が想定されるなど、産業界への貢献が大きく期待される成果を上げている。2023年には、神戸大学との共同研究で、人工光合成技術において希少金属を使用しないCO2変換法を開発し、カーボンニュートラル実現に向けてブレイクスルーとなる技術革新の成果を上げた[167]
また、新型コロナウイルスの変異株の感染メカニズムを解明するため、理化学研究所スーパーコンピュータ富岳」を用いたシミュレーションに、理学部の研究グループが取り組んでいる。2020年度には「富岳」の優先的な試行的利用として「新型コロナウイルス関連タンパク質に対するフラグメント分子軌道 (FMO) 計算」を行い、研究成果を公開するなど活躍している[168]

松村松年(日本昆虫学の祖、大阪・英和学舎出身)

理学部全体としても、理化学研究所産業技術総合研究所といった国内トップクラスの研究機関と密に連携を図る「連携大学院制度」を導入している。産官学連携により研究を高度化・多様化させながら、次代の研究者である学生を育成している[37]。理学部生命理学科では、日本の鳥類研究の権威で日本野鳥の会会長を務める上田恵介が教えた。2016年に山階芳麿賞を受賞し、2020年には日本動物行動学会「日高賞」を受賞した[169][170]。大学院理学研究科生命理学専攻博士後期課程では、世界で初めて動物が言葉を話すことを解き明かした、動物言語学の第一人者である鈴木俊貴を輩出している[171]

大学院理学研究科では、順天堂大学大学院医学研究科と協定を締結し、医学物理士養成プログラムである医学物理学副専攻を設置している。

立教大学の理系教育の淵源は、1859年(安政6年)に来日したジョン・リギンズウィリアムズが、初代米国総領事タウンゼント・ハリスの支援のもと長崎奉行の要請から開設した聖公会の長崎私塾に遡り、数学を含む英学を教えた[4][3][注釈 38]。1883年(明治16年)に築地で開いた立教大学校では、代数幾何学、動物学、理科学、地質学、植物学、化学、天文学など多彩な理系・自然科学科目を教え、文系・人文科学社会科学科目とともにヨーロッパ中世以来のリベラル・アーツの伝統を色濃く引き継ぐ、アーツ・サイエンス教育を実施した[30]。こうした学校創設以来の長い伝統を有し、現在の理学部へと続いている。1891年(明治24年)には、日露戦争バルチック艦隊の発見を通報し勝利に貢献した三六式無線電信機を開発した木村駿吉木村芥舟の三男)が教頭として教えた[174]。立教大学の前身の一つである大阪・英和学舎では、1884年(明治17年)に、日本の近代昆虫学の基礎を築いた先覚者で「日本昆虫学の祖」と称される松村松年北海道帝国大学名誉教授)が学んだ[175][176]。松村は昭和に入り立教学院校友会及び立教学院後援会で顧問を務めた[177]

大学には現在、工学部は設置されていないが、戦時期に文部省の方針もあり、1944年に理工系教育強化のため「立教理科専門学校」を開設。この理科専門学校は、曾禰武(立教大学教授、後の開成中学校・高等学校校長)が主幹となって創設され、数学科に藤原松三郎、化学科に久保田勉之助、地質学科に矢部長克と、各学界の泰斗を招聘し、曾禰は物理学科を担当し同校の教頭を務め、理学部の礎を築く[178]。翌年には「立教工業理科専門学校」と改組し、工科も合わせた教育機関となった。戦後の1948年には、医学部創設のための前段として設置された理学部へと改組し受け継がれた。理学部の創設には、理化学研究所仁科芳雄と並び「日本の現代物理学の父」といわれる杉浦義勝が中心メンバーとして尽力し、初代学部長となり、同年には理論物理学研究室も発足した。ほどなくして湯川秀樹坂田昌一の共同研究者であった武谷三男も着任し、日本の素粒子物理学界をリードしていく[179]。武谷は1957年には、総長であった松下正寿が誘致した原子力研究所(2001年原子炉運転停止、廃止措置中)の設立にも尽力し[180]、研究所長には中川重雄が就いた。武谷、中川とともに、原子力に関する日本最初の教科書である『原子力―教養の科学』を執筆し、長きに渡って原子力と平和利用の研究に従事した田島英三(立教大学名誉教授)は、1956年に教授職と兼務で原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)初代科学担当官に就き、日本人として初の国連職員を務めている[181]
また、大学には農学部も設置されていないが、明治期の第2次立教学校(1890年10月-、現・立教大学)では、創立から聖公会と関わりが深い札幌農学校(現・北海道大学)出身の農学者である河村九淵が教えた。その後、河村は立教学校の姉妹校である聖公会系の奈良英和学校で校長を務めたのち、熊本農業学校(現・熊本県立熊本農業高等学校)初代校長に就任するが、後に農聖と称される松田喜一を育てている[182][183]。奈良英和学校では札幌農学校(現・北海道大学)第1期生でクラーク博士の「Boys, be ambitious (青年よ、大志を抱け)」の言葉を後世に残す上で大きな役割を担った大島正健も校長を務めた。また、前述の立教理科専門学校(1944年開設)の設立構想を提出した際には、農学部の設立構想も提出されている[184]

AI研究(人工知能科学研究科)[編集]

2020年4月に開設された人工知能科学研究科では、人工知能データサイエンスを、人文・社会科学を含む全ての学術分野と掛け合わせることで、社会課題の解決やビジネスチャンスを生み出す力を育成する。これまでの技術ではなしえなかった新しい方法で未来を切り拓き、誰もが快適で活力に満ちた社会の実現に貢献することを使命としている。昼夜開講制で社会人が学びやすい。文系、理系、学部4年生、社会人を問わず、学生が集まり、1期生では社会人が約7割を占め、会計士や弁護士、医師、シンクタンク、マスコミ業、金融業、中学校の教員など多様な人材が集まった[185]
2022年2月から4月にかけて、NTTPCコミュニケーションズ東京電機大学の協力のもと、未来のAI業界を担う大学生・大学院生に向けて、AIの社会・ビジネス実装に関する実践的な「学びの場」を提供するための産学共創イベントである「AIイノベーションアワード2022」を開催した。業界をリードするAI企業による「学生向けAI企業セッション」プログラムに加え、AI企業各社および大学から出題されるテーマに学生が取り組む「ビジネスアイデア&プログラミングコンテスト」が行われ、最優秀賞受賞チームに賞金100万円、優秀賞受賞チームに賞金30万円が贈られた[186]

大学院特別進学制度、5年一貫プログラム[編集]

5年で修士号が取得できる制度として、経済学部、法学部、観光学部には「大学院特別進学制度」があり、経営学部と異文化コミュニケーション学部には「5年一貫プログラム」が設置されている。それぞれ、大学院の講義を4年次から1年間受講してから、学部卒業後に大学院の前期課程(修士)を1年で修了する制度となっている。多くの場合、学部入学後に実施される選抜試験を通過することでプログラムを履修することが可能だが、異文化コミュニケーション学部の「5年一貫プログラム」の場合は、学部入学前の入試によって選抜する方式も実施している[187]

Global Liberal Arts Program (GLAP)[編集]

2017年に開設されたGLAPは、人文科学、社会科学、自然科学など、リベラルアーツを英語で学習し、世界で活躍するグローバルリーダーを育成する国際教養学部相当のプログラム[188]。原則英語のみの授業で学位取得が可能となっている。これらは明治期に開設した立教大学校[注釈 10]のカレッジ構想とカリキュラムの復活と見て取れる。GLAPの1学年の人数は、30名の少人数制であり、希望入寮制により、国際交流寮で留学生と生活を共にすることもできる。2年次秋学期から1年間は、世界的に評価の高いリベラルアーツ大学などへ留学する。現在のところ学部という名称は採用しておらず、他大学が称しているように英名に対する和名(学部名)が付けられていないが、学習内容から実質的に国際教養学部といってよい。

立教大学外国語教育研究センター(FLER)[編集]

2020年4月に先進的な外国語教育・研究活動を担う機関として、立教大学外国語教育研究センター(Center for Foreign Language Education and Research:FLER)を開設し、全学部の学生を対象とする外国語教育を行っている。グローバル化が進展し、変化する時代の中で、心理学社会学生物学脳科学など「多様な分野間の交流」、英語と英語圏文化に加えて複数言語と各言語が内包する文化、価値観、歴史も対象とした「多様な言語間の交流」、研究者と教育者を繋ぐ「理論と実践の交流」の3つを軸として、既存の方法論を超えた新たな言語教育を創出する取り組みを推進している。2024年度には新カリキュラムを導入し、新たな時代を牽引するグローバル・リーダーを育成する外国語教育プログラムを開始する[189]

ピーター・ドラッカー

アントレプレナーシップ教育[編集]

経営学部[注釈 28]の前身の一つである社会学部産業関係学科が属した社会学部では、日本の経営学の開祖の一人で[190]、多くの起業型経営者が師と仰ぐ野田一夫が経営概論を教え、ゼミでは現代産業企業論としてベンチャー企業の育成を教えた。ゼミの授業では、毎週当時のベンチャー企業経営者を呼んで、ケーススタディを行っていたが、その経営者の中には、ソフトバンク孫正義パソナ南部靖之ぴあ矢内廣などがいた[191][192]。 野田は、当時の大学教授としては珍しく、コンサルタント業を営み、ニュービジネス協議会の初代会長も務めるなど、学生だけでなく当時のベンチャー企業経営者の多くが野田の指導を受けていたのである。授業で行っていたケーススタディもMBAビジネススクールでは一般的な教育プログラムであるが、当時の日本の大学の学部教育においては画期的なものであった。こうしたアントレプレナーシップ(起業家精神)教育は、1980年代初頭当時の日本ではどこも行っておらず、野田の授業は、日本のアントレプレナーシップ教育のさきがけであった[注釈 39]
また、野田は、ピーター・ドラッカーを日本へ紹介した人物としても知られ、立教大学に赴任した翌年の1956年にドラッカーの『The Practice of Management 』を翻訳し、『現代の経営』を出版し、日本の経営者たちに大きな影響を与えることとなった。その後も野田はドラッカーと深い親交を持ち続けた[124][194][125]。 1980年には、ドラッカーを日本に招き、ダイヤモンド社主催で特別シンポジウムを開催し、京セラ社長の稲盛和夫セゾングループ総帥で西武百貨店会長の堤清二など日本を代表する経営者らとともに日本企業のあるべき経営について討議し、司会進行を務めた[195]。 野田はドラッカー学会の顧問を務めたが、同会で学術顧問を務める一橋大学名誉教授の野中郁次郎は、ドラッカーの功績の一つとして「マネジメントとはリベラル・アーツなのだ」と提唱したことを挙げ、マネジメントを教養と捉えている[注釈 40]。立教大学の教育の根本はリベラルアーツ教育であるが[197]、ドラッカーのいうマネジメントを学ぶことはリベラルアーツを学ぶことに他ならないといえる[198][注釈 41]。経営学部国際経営学科では、野中郁次郎の下で学んだ西原文乃が2016年から教鞭を執り、野中が提唱した組織的知識創造理論を継承・発展させ、新たな価値を創造するプロセスや仕組みと価値創造を駆動するリーダーシップやアントレプレナーシップに関する研究を行っている[200][201]

野田が創った立教大学のアントレプレナーシップ教育は、現在の経営学部を中心とする経営学教育にも受け継がれ、若手の起業家やベンチャーキャピタリストを生んでいる[202][203]。野田は教授を務めた社会学部産業関係学科の後身となる経営学部において、リーダーシップ論などの授業で度々ゲストスピーカーとして講じた[204][205]
また、2000年には米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツに名誉博士号を授与し、大学のタッカーホールでゲイツによる立教学院創立125周年記念特別講演が開催されている[注釈 42]

ドラッカー研究[編集]

ピーター・ドラッカー研究では、立教大学経済学部教授であった三戸公が1971年に『ドラッカー 自由・社会・管理』を出版し、ドラッカー理論体系を包括的な理論として再構成する画期をなす研究を行った。三戸は、藻利重隆一橋大学教授)による企業管理論としての最初の体系的なドラッカー研究と、岡本康雄東大教授)が行った初期のドラッカーにまで遡って探究する産業社会論アプローチに、規範論としての自由論を加えることで、ドラッカー理論は規範・理論・政策という統合的・包括的理論体系の「グローバルな理論」へと展開されていくこととなった。また、三戸は1970年代には、院生たちとドラッカー著作の外書輪読を行い、その成果を1979年に『ドラッカー 新しい時代の予言者』として出版し、近年2011年には『ドラッカー、その思想』を出版するなど、永きに渡り真摯に研究を進めた[206][207][208]

新自由主義、マネタリズム[編集]

ミルトン・フリードマン

社会学部産業関係学科(現・経営学部の前身の一つ)では、シカゴ大学大学院でフリードリヒ・ハイエクノーベル経済学賞受賞:1974年)に学んだ西山千明経済学者)が、1962年から母校である立教大学の教授を務めた。西山はハイエクの著作群を監修・監訳し、日本へ紹介した人物として知られ、友人であるミルトン・フリードマン(ノーベル経済学賞受賞:1976年)[注釈 43] の『選択の自由』の翻訳を手掛けるなど「シカゴ学派」や「マネタリズム」を日本に紹介し、日本における「新自由主義」の思想の普及と自由主義経済の拡大に大きな貢献を行った[142][143]。西山は、立教大学教授と兼務で、モンペルラン・ソサイエティーの会長(1980年‐1983年)も務めている[210]
西山は1962年に米国から帰国してまもなく、自身が中心となって運営する立教大学近代経済学研究会の主催で、1962年11月から1963年6月まで立教大学の学生を主な対象として初心者のために近代経済学全般を解説する「第一期理論経済学セミナー」を開催したが、フリードマンも講師として特別講演を行った。フリードマンが講演した「貨幣理論の現状」は彼自身の講演による「マネタリズム」の日本初上陸であり[注釈 44]、このセミナーの成果は講義の速記録が加筆、編集され、1964年に『近代経済学講義』として出版され、近代経済学を体系的に解説する日本語による教科書のさきがけとなった[211]。 また、西山が所長を務める立教大学近代経済学研究機構には、「明治以降本邦貨幣基礎統計資料整備委員会」があり、フリードマンが顧問を務めた。貨幣委員会の作業報告会にはフリードマンも参加しゼミ生の指導を行った[211]。フリードマンは研究のため夫妻で日本へ多く訪れたが、休暇を兼ねて日本各地への案内役を務めたのは西山だった[212]
1963年には、ノーベル経済学賞受賞(1976年)でフリードマンの業績が世界的に評価されるのに先駆け、フリードマンに立教大学から名誉博士号が授与され、翌1964年にはハイエクに名誉博士号を授与されている[213][214]
西山が日本で普及した新自由主義の思想は、中曽根政権の「民活プロジェクト」や、三公社専売公社国鉄電電公社)民営化、橋本政権の「金融ビッグバン」、小泉政権の「聖域なき構造改革」による規制緩和、郵政道路四公団民営化が進められた経済政策の背骨となり、長らく日本政府の経済政策を支える理論として、大きな影響を与えた。また、「ケインズが20世紀前半の最も影響のある経済学者だったとすれば、フリードマンは20世紀後半の最も影響のある経済学者である」と言われるなど、今日も世界の経済学者から高い評価を得る[212]。しかし、新自由主義的政策は評価が分かれ、他の経済政策と同様、景気の変動や国内外の経済状況によっても施策の結果が変わるため、現在も多くの論争的議論が存在する[215][216]

データサイエンス教育・研究推進[編集]

  • 社会情報教育研究センター (CSI)
大学内でデータサイエンス教育・研究の中枢を担う社会情報教育研究センター (CSI)[注釈 45]では、調査 (Research)・情報 (Information)・統計 (Statistics) という3つのスキルを活用した教育研究活動を行い、「データサイエンス力の高い人材育成」と「データリテラシー高度化支援」を全学的に展開している[217]。統計・社会調査系科目の提供や社会調査士資格取得支援に加えて、統計学習コンテンツ・ソフトウェア開発や調査・研究コンサルティング[注釈 46]を行い、さらには統計関連セミナーを開催している。後述のデータサイエンス副専攻への科目提供も行っている。また、既存データの利活用支援として、全国の大学・研究機関で実施された学術的かつ統計分析可能な社会調査データを収集・整理・保存し、「立教大学 社会調査データアーカイブ RUDA(ルーダ)」 として公開するとともに、公的統計情報の二次的利用支援も行っている。
  • データサイエンス副専攻
グローバル人材に求められるデータ活用力やIT技術を身につけることを目的として、社会情報教育研究センター (CSI) が提供母体となり、2018年に開設された全学部生対象のプログラムで、グローバル教養副専攻のテーマの一つになっている。具体的には、日本における調査の仕組みや公的統計の利活用を学ぶ科目群、統計学や調査理論、多変量解析、データ分析実習系科目からなる科目群、さらに英語で展開される科目群で構成され、それぞれの科目群は基礎系科目と先端系科目に分類され修了に必要な単位数が設けられている。

ESD研究、SDGs、地域創生[編集]

  • ESD研究所

日本初のESD(Education for Sustainable Development)研究機関として、2007年に「立教大学ESD研究センター」として設立され、国内およびアジア太平洋地域におけるESD、即ち「持続可能な開発のための教育」の普及に努め、国内外におけるハブとしての役割を担ってきた。2012年には「立教大学ESD研究所」と名称を変え、日本におけるESDの第一人者である所長の阿部治のもとで実践的な調査・研究を展開し、多くの成果を上げてきた。2015年には文部科学省私立大学戦略的研究拠点形成事業にESDによる地域創生研究拠点として採択され、持続可能な地域創生を果たす人材育成の研究に取り組んでいる[218]。2021年度からは、上田信が所長に就任し、SDGs(Sustainable Development Goals)への取り組みに研究所としても一翼を担うべく、地域連携を強化し、新たな事業展開を推進する[219]。2022年8月には、対馬市羅臼町飯田市檜枝岐村に加え、新たに松崎町と覚書を交わし、地域創生を学ぶ学生たちとともにフィールドワークを行い、研究活動を進めている[220]

  • まち歩きマッププロジェクト

地域活性化では、観光学部で地域のまち歩きマップ「ぶらってシリーズ」を制作し、学生が地元民への調査で発掘した穴場スポットを学生ならではの目線で紹介し、街の魅力を発信している。"まち歩きマップ"プロジェクトは、武蔵野銀行との産学連携で進められ、これまでに幸手市羽生市行田市加須市氷川参道新座市小鹿野町秩父市川越市草加市の10つの地域版(2023年5月現在)が作られている[221][222][223]

大学発ベンチャー[編集]

オリシロジェノミクス株式会社

理学部生命理学科の末次正幸教授が2017年に発明した、細胞を使わずに長いDNAを効率的に合成する技術(セルフリー長鎖DNA合成技術)を実用化する目的で2018年12月に設立。大学での研究段階で既に技術開発のフェーズまで進んでおり、事業開始から1年半足らずで最初の製品がリリースされた。科学技術振興機構(JST)と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による「大学発ベンチャー表彰2021」では科学技術振興機構理事長賞を受賞した[224][225]。2023年1月、同社をCOVID-19ワクチンを扱うバイオ医薬企業世界トップの米Moderna社が評価し、買収すると発表。買収金額は8500万ドル(約110億円)となった[226][227]

立教とスポーツ[編集]

概要[編集]

ニューヨークのタウンホールで行われた立教大学野球部の歓迎会(1932年5月11日、中央テーブル奥にベーブ・ルースルー・ゲーリッグの姿が見える)。

東京六大学野球連盟に所属する野球部をはじめ、オリンピックや日本選手権など数々の大会で活躍したことから「水泳立教」と呼ばれ、日本水泳界をリードした水泳部。日本サッカーの父、デットマール・クラマーに学び、多くの日本代表と日本代表監督を輩出してきたサッカー部[228]。全日本選手権優勝7回、全日本大学選手権優勝6回のバスケットボール部、日本の先駆けとして創部され、全日本学生バドミントン選手権で7連覇したバドミントン部など、立教のスポーツは輝かしい歴史と伝統を持つ[229]山岳部は日本で初めてヒマラヤに遠征し初登頂を果たした[230]ボクシング部も歴史が古く、1923年に日本ボクシングの母、荻野貞行帝拳ジム創設者)らにより創部された[231][232]アメリカンフットボール部も日本のアメフトの歴史そのものといえる由緒あるクラブであり、アメリカンフットボールの普及と1934年の東京学生アメリカンフットボール連盟設立に尽力し、「フットボールの父」と呼ばれるポール・ラッシュ博士によって創部された[注釈 47][229]
ラッシュはアメリカンフットボール以外にも、多くのスポーツ振興を行うとともに、戦後の日本の復興に大きく貢献した。立教大学野球部が1931年に六大学野球リーグで初優勝した際には、野球部の米国遠征を大学体育主事であったジョージ・マーシャル教授と企画し、現地アメリカの大学との試合に加えてベーブ・ルースルー・ゲーリックらによる歓迎会も催し、スポーツを通じた日本とアメリカの友好の架橋となった[234]。1933年には、サッカー部の2代目部長として、チームを関東リーグ1部へ昇格に導いた[228]。戦後まもなく、再来日したラッシュは、日本の復興には若者たちに夢や希望と生きる活力を与えるスポーツを復活させることが喫緊課題であるとし、終戦翌年の1946年に高校野球夏の甲子園大会を復活開催させている[234]。ラッシュに学んだ小川徳治(立教大学経済学部元教授)も、学生部長、就職部長、総務部長など大学運営の要職を歴任する傍ら、アメリカンフットボール部、野球部、空手部、スキー部の各部長を歴任し、学生スポーツの振興に尽力した。小川は日本アメリカンフットボール協会理事長も務めた。2013年には、ラッシュを記念して池袋キャンパスにポール・ラッシュ・アスレティックセンターが完成した。

1907年(明治40年)に立教大学(旧制専門学校)が設立され、翌年、岡野正司(校友会元会長)らが野球部を再興すると、教授であったアーサー・ロイド(立教学院元総理)がコーチを務めた。ロイドはバッティングケージを考案して自費で設け、築地にあった狭い校庭でも打撃練習できる環境を整備した。また、かつて野球選手でもあったロイドの指導により、野球部は他校よりもインサイド・ワークが進化したベースボールを展開した[235]

古くは上述の野球以外でも、海外の大学との交流戦が行われ、バスケットボール部は1924年に、上海にあった姉妹校の聖ヨハネ大学(セント・ジョンズ大学)と遠征試合を行い[注釈 48]、帰国後の翌年2月1日には、上野精養軒で各新聞記者も招待し遠征報告会も開催された[237][注釈 49]。1926年には同大学を日本に迎えて試合を行った。戦後も韓国延世大学と定期戦を設けるなど国際交流を進めた[238]。延世大学(当時・延禧専門学校)を経て、立教大学を卒業したバスケットボール選手の張利鎮は、1936年ベルリンオリンピックでは日本代表選手として出場し、1948年ロンドンオリンピックでは韓国代表として出場するなど国際舞台で活躍した。こうした戦前の時期も全国の名門中学(旧制)から強い選手が集まり、野球、バスケットボール、ラグビー、サッカーなど全日本クラスが大勢在籍した[239]

1965年には、初代法学部長で、憲法学の権威である宮澤俊義が、教授職と兼務で日本野球機構(プロ野球)コミッショナーを務めた[240]

立教のスポーツは長い期間、低迷する時代が続いたが、近年になってスポーツ施設が生まれ変わり、アスリート選抜入試など受け入れる制度も整い、有望な選手たちが入学し、立教大学を胸に世界と戦うための環境ができつつある。ボート部は、2016年の全日本選手権において男子フォアで初優勝。2019年には女子エイト、2021年には男子フォアが2度目の優勝を果たした。野球部は、2017年全日本大学野球選手権で1958年以来59年ぶりに4回目の優勝を飾った。同年ラグビー部は、1961年以来56年ぶりに定期戦で早稲田大学に40‐20で勝利した。陸上競技では、2018年から「箱根駅伝2024事業」が開始し、立教大学の誇りと伝統校復活のため強化を進め、2022年第99回箱根駅伝予選会で6位となり、55年ぶりに箱根駅伝本選出場を決めた。2019年には、剣道部が、第38回全日本女子学生剣道優勝大会で全国優勝し、女子ラクロス部は、第11回ラクロス全日本大学選手権大会で全国優勝し、それぞれ創部初の快挙となった。第69回全日本学生賞典障害馬術競技大会では、馬術部の杉本瑞生が創部以来初の個人優勝を果たした[241]ラグビー部は、51年ぶりに定期戦で明治大学に38‐24で勝利した[242]。2021年、プロボクシング日本女子ミニマム級で、鈴木なな子が日本チャンピオンに輝いた[243]。日本学生自転車競技連盟主催の「全日本学生ロードレース・カップ・シリーズ2021」では、自転車競技部の中島渉が総合優勝し、同部史上初の快挙となった[244]。2022年、レスリング部が東日本学生リーグ二部リーグで優勝し、1962年大会から61年ぶりに一部リーグ復帰を果たした[245]世界ジュニアカーリング選手権大会2022では、荻原詠理が所属する日本代表チームが日本カーリング界で初の世界一に輝いた[246]。2023年、陸上部女子長距離パートが、富士山女子駅伝(2023全日本大学女子選抜駅伝)に初出場した[247]。(#スポーツを参照。)

2008年には、スポーツ科学を総合的に学べるコミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科(現・スポーツウエルネス学部)を開設。2019年からは、同じ聖公会に属する聖路加国際大学と協定を締結し、プロ選手や日本を代表するトップアスリートの健康維持管理を医学的側面からサポートしてきた聖路加国際病院スポーツ総合医療センターの医療スタッフからスポーツにおける医療的な支援や協力を受けられる体制を整備している。2023年4月には、スポーツウエルネス学科を改組し、スポーツウエルネス学部を設置した。同学部では、FIFAワールドカップカタール2022を始め、SAMURAI BLUE(サッカー日本代表)のチームドクターとしてこれまでチームを支えている加藤晴康が教授を務めている[248][249]

日本の野球のさきがけ[編集]

1883年(明治16年)に築地で創設された米国式カレッジの立教大学校には野球チームがあり、立教は日本の野球の率先者であった。その頃、ベースボールチームがあったのは立教と東京英和学校(現・青山学院)と鉄道局新橋アスレチック倶楽部)だけであり、東京六大学野球連盟に所属するチームの中で最も古い歴史を持つ。当時の試合は新橋停車場内の広場で行われた。対抗戦で優勝し、山縣雄杜三(後の立教大学教授、チャプレン)も優勝チームの選手として活躍した[28]

授業科目としてのスポーツの歴史[編集]

立教の授業科目としてのスポーツの歴史は、中世ヨーロッパ以来のリベラル・アーツの伝統を受け継いで1883年に開設された、前述の野球チームもつくられた立教大学校において、既に体操が教育プログラムとして設けられており、英国国教会聖公会)のパブリックスクールやカレッジで行われてきたスポーツを通じた人間育成が実施されている[30]。2023年開設のスポーツウエルネス学部にも聖公会のスポーツの理念とスポーツマンシップ教育が活かされている[250]

立教大学とオリンピック[編集]

立教大学とオリンピックのつながりは古く、1924年パリ大会で、水泳部の学生が100メートル背泳ぎで6位入賞したことに始まり、1936年ベルリン大会では、水泳部の学生2名が競泳男子800m自由形リレーで世界新での金メダルを獲得した。サッカーでは、1964年東京オリンピックにサッカー部から3名の日本代表選手が出場し、次の1968年メキシコ大会でも3名の選手が活躍し、銅メダルを獲得した。その他競技も含め、立教大学からこれまで60名以上の選手を送り出し、コーチや監督といった選手を支えるスタッフとしても多くの関係者が出場している。競技以外でも、1964年(昭和39年)の東京オリンピックの選手村食堂運営に、立教大学の「ホテル研究会」の学生が携わった[251]

2016年11月には、東京オリンピック・パラリンピックプロジェクトを発足させた。オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、スポーツを通じて多様性を尊重する社会の実現を目指し、スポーツから得られる感動体験とともに活力をもって生きる環境と機会を生み出す教育・研究活動を推進するプロジェクトで、具体的な活動に、立教スポーツの活性化、通訳・ボランティア派遣等大会支援活動、しょうがい者スポーツボランティアの育成、競技への科学的サポートなどがある。ブラジルオリンピックチームとは大学の施設をトレーニングキャンプで利用する覚書を締結した[251]

2020東京オリンピックで、池袋キャンパスに設置されたスピードクライミング壁で練習を行っていた野中生萌が、新競技となるスポーツクライミング女子複合で銀メダルを獲得した。

沿革[編集]

略歴[編集]

米国聖公会の始祖であるイングランド国教会の総本山、カンタベリー大聖堂

西暦597年、ローマから英国(イングランド)に派遣されたオーガスティンが、初代カンタベリー大司教大主教)に着座したことを淵源の一つとする英国国教会(イングランド国教会)の流れを汲む大学である[8][注釈 50][注釈 3]
米国聖公会英国国教会起源の会派)の信徒であるマシュー・ペリーの来航(黒船来航)と、初代米国総領事でニューヨーク市立大学シティカレッジの創設者でもあるタウンゼント・ハリスの活動により日本の開国に幕が開き、ハリスによって本国人の宗教の自由を認め、居留地内に教会を建てて良いとする第8条を加えた日米修好通商条約が調印されたことで、宣教師の来日が可能となった[253]。熱心な聖公会会員であったハリスは、エドワード・サイルら米国聖公会の遣清宣教師に、聖公会による学校開設と医療活動を提言した[254]。こうしてハリスとサイルら遣清宣教師による宣教勧告と学校開設の勧奨を受けた米国聖公会は、1859年(安政6年)2月に日本での伝道、学校開設、医療活動を目的とする日本ミッションの開設を決定する。この決定を受けて中国(当時、)で活動していた米国聖公会宣教師のジョン・リギンズチャニング・ウィリアムズが任命され、プロテスタント最初の宣教師[注釈 51]として、1859年(安政6年)の5月と6月にそれぞれ長崎に来日した。彼らが開港地となった長崎でミッションを開設し、ハリスの支援のもと江戸幕府長崎奉行岡部長常の要請で立教大学の源流となる私塾を設け英学教育を創始したことを起源とする[注釈 4][注釈 5][13]。この塾は日本におけるミッションスクールの起りであった[13]。ウィリアムズは私塾に加え、グイド・フルベッキとともに幕府の長崎洋学所でも教鞭を執る。私塾の教え子として高杉晋作奇兵隊創設者)、後に早稲田大学を創設する大隈重信(第8代・17代内閣総理大臣)、外務大臣を務めた副島種臣(第4代内務大臣、第3代外務卿)、近代郵便制度創設者の前島密(早稲田大学第2代校長)、坂本龍馬肥後藩薩長同盟に入れようと画策した荘村助右衛門[注釈 52]、近代教育の礎となる学制起草者で大阪理学校(現・京都大学)校長を務めた瓜生寅海援隊士・瓜生震の兄)など多くの志士を輩出した[31][255][11][12]。また、私塾の最初の生徒として昌平坂学問所東京大学の源流)教授で吉田松陰も学んだ鄭幹輔を始め、岩倉使節団の一員で大阪洋学校(現・京都大学)創設者の何礼之、幕府の済美館学頭を務めた平井希昌(外交官、太政官大書記官)など、後に日本の外交の嚆矢で活躍する名士たちが学んだ[58][59][256]

ウィリアムズ主教は、1870年(明治3年)に大阪・川口外国人居留地近くの与力町に英学講義所「後の英和学舎(1887年立教大学校に合併)」を設立し、1874年(明治7年)には東京・築地外国人居留地聖書英学の教育を目的とした私塾「立教学校」を設立する。英学を主とする学校ではあったが、創立当初から漢学の教授にも比重を置いた[注釈 2]。これらの学校が立教大学へと繋がっている。

1883年(明治16年)には米国式カレッジとして日本最高峰の教育機関である立教大学校を設立[注釈 10]。明治政府によりミッションスクール第一号として認可された学校であり[26]、後に公布される帝国大学令大学令より前に、教育令によって認可された日本の先駆けとなる大学であった(詳しくは旧制大学参照)[27]1888年(明治21年)大隈重信が築地キャンパスの形成に尽力し[注釈 53]、用地の取得に伴いキャンパス規模が拡大していく。しかし、欧化主義への反動に伴い、条約改正問題を絡めて国粋主義が広がり始め、さらにはこれまで学校を支えてきたウィリアムズと教頭・幹事などの要職を務めた貫元介が退任したこともあり、立教大学校は生徒数が減り、1890年(明治23年)10月には校名を立教学校(第2次)へ戻し、米国式カレッジから日本化が進められることとなった[11][10]。また、同月末には教育ニ関スル勅語(教育勅語)が発布し、翌1891年(明治24年)6月には文部省訓令第4号により、全国の各学校で御真影礼拝、教育勅語奉読が強制されるようになり、欧米型のキリスト教主義学校への圧力が強まっていった。しかし、そうした状況化においても、木村駿吉を始め、久米邦武高橋五郎松本文三郎内村達三郎内村鑑三の弟)など、渦中の人物達が教授として講じ、権力に屈せず、在野的精神、反骨精神による自由な立場に立脚していた[29]。この明治期を始め、後述の第2次大戦に到るまで、日本ではアメリカ人の経営する学校は度々厳しい状況に置かれた一方、同じく米国聖公会によって中国・上海に置かれた立教大学の姉妹校である聖ヨハネ大学(セント・ジョンズ大学)は、東洋のハーバードと呼ばれるまでに成長を遂げた[注釈 54]

1896年(明治29年)には、立教学校(第2次)を廃し、立教専修学校(3年制)と立教尋常中学校(5年制)を設置し、1899年(明治32年)1月には同年7月の改正条約の発効を見据えて立教尋常中学校の認可申請を行うが、許可が容易に得られず、島田三郎早稲田大学創設メンバー、のち第19代衆議院議長)らの尽力でようやく認可を得られた[259]。同1899年(明治32年)にはジョン・マキムアーサー・ロイド元田作之進のもとミッションスクールでの宗教教育を禁じる文部省訓令第12号に対処し、学校を存続させる[260][261]1901年(明治34年)2月には、築地キャンパスの聖三一大聖堂(立教教会)で、日本政府により英国ヴィクトリア女王の遥葬式が執り行われ、皇族に加えて、伊藤博文内閣総理大臣以下、政府主要閣僚、各国要人、名士たちが参列した[262]。同年9月には同聖堂にて米国マッキンリー大統領の遥葬式があり、この時も皇族に加えて、桂太郎内閣総理大臣以下、主要閣僚と各国要人、名士らが参列するなど、日本の国家行事が執り行われた[263]1907年(明治40年)に、タッカーの尽力により再び立教大学(専門学校令による旧制専門学校)を設立。1918年(大正7年)には校地を池袋に移し、池袋キャンパスを開設する。

1940年(昭和15年)、日米関係の悪化により、創立から続く米国聖公会の経営から邦人による経営となる。同年、総長であったチャールズ・ライフスナイダーは退任し、翌年には本国政府の指示により米英人教員が帰国し、理事も全員邦人となった。戦時下では、寄付行為を「基督教主義ニヨル教育」から「皇国ノ道ニヨル教育」に変更し、チャペルは閉鎖し、校歌も『自由の学府』の文言が問題視され斉唱禁止となるなど、当時の軍国主義、国家主義が反映された運営となり、米国を象徴する自由[注釈 55]を掲げ、モデルとする『自由の学府』から自由が奪われていった[265]。さらに、文部省が理工系の教育を拡充して戦時体制に即応しようと、文科系の大学に対して理工系への転換、移転整理等を進める方針を出した。そのため、1943年(昭和18年)12月に文学部を閉鎖することとなり、文学部の学生は慶應義塾大学へ編入し[266]1944年(昭和19年)4月には立教理科専門学校(翌年、立教工業理科専門学校へ改組)を開設するに至った[265]。前述の戦時下の国の方針の中、文科系中心の立教大学は閉鎖される可能性があったが、校友の佐伯松三郎らが学校存続のために尽力し、上野陽一産業能率大学創設者、後の立教大学経済学部長)らとともに支援者を増やし、短期間のうちに理工系学科を創設したものであった。立教大学の父兄であった大村一蔵帝国石油副総裁、日本地質学会会長)らも多額の寄付を取り付け、専門家を派遣するなど大きく支援した。これにより文学部の閉鎖はあったものの、立教の閉鎖を防ぎ、立教大学の名を今日まで残すこととなった。立教理科専門学校(現・理学部)の開設主幹には曾禰武(立教大学予科長、後の開成中学校・高等学校校長)が就き、各学会の泰斗を招聘し開設された[267][178]

戦時中の1943年(昭和18年)3月には、学内で幅をきかせて威張りちらしていた軍事教官(配属将校)を、学生有志6人が呼び出して殴打する痛快な出来事(軍事教員を殴打した事件)もあり、戦時下における学生たちの勇気ある果敢な行動として、立教の歴史に刻まれている[268]

終戦を迎え、1945年(昭和20年)10月15日に、ダグラス・マッカーサー連合国最高司令官(米国聖公会信徒)の命で「文部省訓令第8号」が発布し、1947年(昭和22年)5月3日に施行された日本国憲法とともに「信教の自由」が保障される。これにより、国内においてキリスト教精神に基づくリベラルアーツ教育が正式に認められることとなる。GHQにより、第二次世界大戦中にキリスト教主義学校としての特色を一掃し、職員の追放、教課の改廃を行い、戦後も回復の手段を講じなかったとして、当時の総長、中学部校長、学生監ほか8人が即時解職、公職追放処分を受けた[269]。理事会は新体制となり、寄付行為も「基督教主義ニヨル教育」に復帰することを可決し、チャペルも再開される。同時にポール・ラッシュにより大学の再生が進められ、拡張計画が作られた[265]。こうして、奪われた自由を取り戻し、再び発展に向けて『自由の学府』として歩み出していくこととなった[265]

1955年(昭和30年)に総長となった松下正寿の尽力より、法学部社会学部を新設し、文学部などにも学科を増設するなど、立教大学は発展を遂げていく。1990年(平成2年)には新座キャンパスを開設。大学創立者であるウィリアムズ主教が先導的な役割を果たし、1887年(明治20年)に日本において英国国教会と米国聖公会が合同して設立された日本聖公会で洗礼を受けた信徒たちは、立教大学において学びたいと動機づけられ、実際に彼らが立大生になることも少なくない。

チャニング・ウィリアムズ

年表[編集]

19世紀以前[編集]

ラナルド・マクドナルド(日本最初のネイティブの英語教師)
*左:東インド艦隊司令長官 マシュー・ペリー *中央:ペリー艦隊通訳 サミュエル・ウィリアムズ *右:ペリー艦隊 サスケハナ号 *左:東インド艦隊司令長官 マシュー・ペリー *中央:ペリー艦隊通訳 サミュエル・ウィリアムズ *右:ペリー艦隊 サスケハナ号 *左:東インド艦隊司令長官 マシュー・ペリー *中央:ペリー艦隊通訳 サミュエル・ウィリアムズ *右:ペリー艦隊 サスケハナ号
  • 1853年(嘉永6年)
    • 7月 - マシュー・ペリー(米国聖公会信徒)が浦賀に来航。サミュエル・ウィリアムズが主席通訳官として帯同。
    • 秋 - 初代海外伝道主教のウィリアム・ブーンが母校のバージニア神学校を訪れ、チャニング・ウィリアムズは海外伝道を決意する[31]
  • 1854年(嘉永7年)- 日米和親条約が調印。
タウンゼント・ハリス
ジョン・リギンズ
崇福寺三門(楼門)
トーマス・グラバー
グイド・フルベッキ
高杉晋作
大隈重信
副島種臣
前島密
聖テモテ教会と英和学舎
ジェームズ・クインビー
  • 1870年(明治3年)
    • 1月 - ウィリアムズが大阪・川口の与力町に礼拝堂(ストリート・チャペル)を設置[320][31]
    • 同年、ウィリアムズが大阪・川口の与力町に英学講義所を開設(のちの大阪・英和学舎)[31][321][324][322][325][110][323]
    • ウィリアムズが大阪で最初の堅信式を行う[318]
    • 12月 - ウィリアムズの熱心な呼びかけに応えて、ニュージャージー教区のアーサー・ラザフォード・モリス(Arthur Rutherford Morris[326])が日本へ派遣する宣教師に任命される[注釈 89][327]
  • 1871年(明治4年)
    • 5月 - モリスが大阪に到着[320][327]
    • 12月 - モリスが大阪・古川町に私塾と診療所のための家屋を入手し、ウィリアムズが与力町の英語塾を古川町(2丁目)に移転[320][321][318]
  • 1872年(明治5年)
    • 2月21日 - ウィリアムズが大阪・古川町に私塾(男子校)を開設[注釈 90][31][172][318]
    • 私塾は開設からわずか4ヵ月で大阪当局により閉鎖させられる[31]
    • 9月 - 禁教化にあってバイブルクラスを開く[323]
    • 12月3日 - ジェームズ H. クインビー(James Hamilton Quinby)がウィリアムズの要請によりC.D.B. ミラーと共に夫人を伴って大阪に着任[327]
  • 1873年(明治6年)
    • 2月24日 - 政府がキリシタン禁制の高札撤去。
    • 3月4日 - 閉鎖していた大阪・古川町の私塾を改称し、聖テモテ学校が開校(モリスが初代校長)[321][320][注釈 91]
    • 11月 - ウィリアムズ、東京に活動拠点を移す[329]
    • クレメント・T・ブランシェ(Clement T. Blanchet)が日本へ派遣する宣教師に任命される[327]
    • 米国ピッツバーグのセント・アンドリュー教会から、東京にミッションの図書館を設立するための寄付を受ける[327]
立教大学校校舎(1882年竣工、築地居留地37番、ガーディナー設計)
クレメント T. ブランシェ
テオドシウス・ティング
  • 1878年(明治11年)
    • 2月12日 - 風雲館が天満若松町七番地に移転し、夜学を開始する[338]
    • 10月 - 風雲館で夜学を再開[338]
    • 11月 - 大阪から上京した宣教師ジェームズ・クインビーによって東京の私塾、立教学校が再開[289]
    • 11月25日 - テオドシウス・ティングが東京に来日[256][344]
    • 12月13日 - ティングが大阪に到着し、モリスに迎えられる。
今も長崎出島和蘭商館跡に現存する旧出島神学校(旧出島英和学校、旧長崎神学校)(左)と十八銀行本店ビル(右)/大阪にあった英和学舎の校舎と同じく青色で塗られている。
聖ヨハネ大学(上海)
中国初の高等教育機関とされ、「東方のハーバード大学」と呼ばれた。
  • 1879年(明治12年)
    • 2月3日 - モーンドレルが長崎出島教会に隣接する出島10番・11番に「出島・英和学校」(小学科、英語塾、裁縫塾)を開く[336][345]イライザ・グッドオールが校長兼教師。英語・裁縫を教える[336]
    • 6月4日 - SPGのショーとW.B.ライトが東京・芝栄町12番地に聖教社を設立(1883年休業)。
    • 6月27日 - 立教学校を京橋区築地1丁目23番に移転し、本格的に再興する。貫元介名義で「立教学校」として私学開業願を提出[31][289]
    • 9月1日 - 風雲館が大阪・北浜三丁目に分塾を設け、女学専門の課を教授する[338]
    • 10月16日 - ティングが大阪で廃校になった聖テモテ学校の再開に力を注ぎ、新たに大阪北区上福島村668番地に英和学舎として開校[173]。但し、入学希望者が多く、英語初心者に限っては翌月初旬までに来学するよう伝えられる[256]聖バルナバ病院創設者のヘンリー・ラニングも学校の創設に携わり[346]、同校で教える[328]。学校は4年制とし、生徒数の増加に伴い経費が増すことから、無料であった授業料を月30銭徴収するようになる[328]
    • 11月 - 英和学舎が江戸掘北通1丁目4番地旧三田藩邸に移転[256]
    • 12月 - 東京で再び火事があり、立教学校の校舎は無事だったものの、ウィリアムズの家が焼失[31]
    • ウィリアムズの後任の米国聖公会中国・上海主教のジョーゼフ・スケレシュースキー英語版が、上海に聖ヨハネ書院(後の聖ヨハネ大学)を設立。
ジョン・マキム
ジェームズ・ガーディナー
  • 1880年(明治13年)
    • 1月 - 大阪・英和学舎が風雲館[注釈 99]と合併[173]。新たに夜学課を設置[256]
    • 1月 - 東京・芝栄町13番地に聖教社分校女学校を設立(1883年閉校)。
    • 2月 - ウィリアムズ、第五回築地外国人居留地の区画競貸(せりがし)で私財を投じ、築地居留地37番区画(のちの「立教大学校」敷地)、38番区画を購入[11][348]米国聖公会から新大学校舎の建設費を支出するとの連絡があり、この土地にアメリカのカレッジのようなキャンパス施設群を計画[31]
    • 3月 - ジョン・マキムが妻とともに来日[327]。大阪、大和地方で活動する。
    • 4月 - 大阪・英和学舎が、正教師にモリス、ラニング、ティング、マキム、補教師に谷井正道、中島虎次郎(後の奈良基督教会伝道師、奈良英和学校支援者)、漢学に中島彬夫、小笠原字一良、数学に立花義誠という教師陣で運営される[256]
    • 6月 - ショーが福沢諭吉の援助を受け、芝に聖アンデレ教会を設立。
    • 10月 - ウィリアムズの要請[注釈 101]によりジェームズ・ガーディナーが来日し、立教学校の初代校長に就任[289][349]
  • 1881年(明治14年)
    • 1月 - 大阪・英和学舎で学則改正と学課増設が行われる[256]
    • 3月 - 中島氏彬が大阪上等裁判所を辞し、前年に大阪・英和学舎と合併して閉校した風雲館を再興する[338]
    • 8月 - 大阪・英和学舎の新校舎を川口居留地21番に新築[173]
    • 10月 - 大阪・英和学舎[注釈 102]が新校舎に移転し開校[173]
    • 在日米国聖公会宣教師会議が東京で開かれ、ティングが東京大学の文学コースと並ぶ学習課程を持つ米国式のカレッジを日本に創設することを訴え、カレッジ(立教大学校)の設立が決定[10]
  • 1882年(明治15年)
    • 2月 - 築地居留地25番、26番、39番、40番を購入[348]
    • 5月 - 大阪で英和学舎の付属礼拝堂として聖テモテ教会を川口居留地21番に設置(現:川口基督教会[173]
    • 6月 - 立教学校の英称を「St. Paul's School」とする[31][78]
    • 10月 - ウィリアムズの教え子の大隈重信東京専門学校(のちの早稲田大学)を設立。
    • 12月 - ガーディナー校長の設計による新校舎(立教大学校)が東京・築地居留地37番に完成。ゴシック風の3階建煉瓦校舎[289]
    • 主教館が竣工(築地居留地38番)。
  • 1883年(明治16年)
    • 1月 - 立教大学校(St. Paul's College, 6年制)設立[注釈 10]。後の帝国大学令大学令に先駆け教育令により認可され[27]、明治政府によりミッションスクール第一号として認可[26]アメリカ合衆国式のカレッジで、東京大学とともに日本最高峰の教育機関。カリキュラムは全て英語の教科書を用い、教員も主に外国人であった(第1次学政改革[25]。校長にはガーディナーが就任[289]。教頭には貫元介が就任[30]。大学校内に三一神学校を併置[350]。大学校の傍らに築地1丁目の旧校舎も移されて舎監兼食堂となる[30]。大学校設立にともない立教学校は閉校[31]
    • 6月 - エマ・フルベッキ(グイド・フルベッキの次女)が立教大学校で英語(訳読)と音楽を教え始める[30]
    • 大阪・英和学舎で、徽章、制帽、制服が規定される[注釈 103]。英和学舎の月謝が50銭に値上げされる[注釈 104]
    • 出島・英和学校が生徒数減少により閉校。閉校後の校舎は長崎神学校(聖公会神学院の起源の一つ)の校舎として使用されることとなり、チャペルと図書館も設置する[336]
アーサー・ロイド
  • 1884年(明治17年)
    • アーサー・ロイドが来日し、福澤諭吉の家で家庭教師をし、1885年より慶應義塾で教鞭を執る。また、慶應義塾の敷地内に喜望教会を創設[注釈 105]
    • ガーディナーの設計による立教女学校の新校舎が築地居留地26番に完成[31]
    • ガーディナー夫妻が米国へ一時帰国。
    • 12月31日 - クレメント T. ブランシェが退職する。ウィリアムズと米国聖公会外国委員会はとても残念がる[327]
  • 1885年(明治18年)
    • モリスが東京・三一神学校(のちの聖公会神学院)で教えるため大阪から東京に転任する[327]
    • ガーディナー夫妻が、1年間の米国帰国を終えて再来日し、立教大学校の職務を再開[327]
    • この年、立教大学校は53名、立教女学校は30人の生徒を擁して、年度を終えた[327]
現在の奈良基督教会(1930年竣工)
  • 1886年(明治19年)
    • 3月 - 大阪・英和学舎で学生運動による騒動が起り、生徒の多くが共同学館へ転校し、一時閉校となった[注釈 106]
  • 1887年(明治20年)
  • 1888年(明治21年)
    • 3月 - 立教大学校、明治学院東京英和学校東洋英和学校の4校で同盟文学会結成。
    • 4月 - ビカステスにより、香蘭女学校が開校。
    • 6月29日 - ウィリアムズが築地居留地の予備地を求めて、米国公使のハバードに書簡を送り、土地を競売に付すよう日本側に求めるよう要請[注釈 53]
    • 7月 - 外相であった大隈重信がハバード米国公使からの要請を受け、長崎時代の恩師であるウィリアムズの土地取得のために尽力[注釈 53]
聖三一大聖堂(1889年竣工、ガーディナー設計)
  • 1889年(明治22年)
    • 4月20日 - マーサ・アルドリッチにより姉妹校の静修女学校が開校。
    • 5月16日 - ウィリアムズが大隈重信が尽力して予備地を造成するに至った築地居留地53番、54番、55番、56番を競売により取得[注釈 53]
    • 三一神学校寄宿舎が竣工(築地居留地53番)。
    • 10月8日 - ウィリアムズ、米国聖公会日本伝道主教を辞任する(60歳)[11][注釈 107]
    • 12月1日 - 築地居留地39番にガーディナー設計の築地・聖三一大聖堂(立教教会)が完成する[注釈 108]
立教学校生(1890年)
築地校舎群と六角塔(1895、1896年竣工、ガーディナー設計)
博物館明治村に移設した京都聖ヨハネ教会堂(1907年竣工)
  • 1893年(明治26年)
    • 6月 - ジョン・マキム、ウィリアムズの後任の米国聖公会日本伝道主教となる[289]
    • 10月17日 - マキムが新たに造成された築地居留地57番、58番を競売により購入[348]
    • 12月8日 - マキムが新たに造成された築地居留地59番、60番を競売により購入[348]
    • この年までに築地校地の永代借地権を取得[359]。総計約2万1476平方メートル、築地居留地全体の約22.2%を聖公会の土地とし、立教関係の建物が立ち並ぶ築地キャンパスへと繋がっていく[348]
  • 1894年(明治27年)
  • 1895年(明治28年)
    • 1月 - 奈良英和学校を奈良尋常中学校と改称し開校。
    • 3月 - 立教学校文学会機関誌『八紘』発刊(1897年まで)[注釈 109][361]
    • 12月 - 立教尋常中学校寄宿舎竣工(築地居留地59番、60番)[362]
  • 1896年(明治29年)
    • 立教尋常中学校校舎(六角塔)竣工(築地居留地57番、58番)[31]
    • 4月 - 立教学校を廃し、立教専修学校(3年制)と立教尋常中学校(5年制)を設置(第4次学政改革)。
    • 6月13日 - 聖公会の愛恵病院が立教大学校校舎があった築地居留地37番に移転し、築地病院(英語名:St. Luke's Hospital)と改称して開設[363]
    • 7月 - 札幌農学校(現・北海道大学)第1期生でクラーク博士から指導を受けた大島正健が私立奈良尋常中学校(奈良英和学校の後身)の校長に就任[364]
  • 1897年(明治30年)
    • 9月 - 東京英語専修学校を神田錦町に開校(1903年閉校)。立教学校ミッションを結成(翌年3月から機関誌『築地の園』創刊[注釈 110][366]
    • 10月 - 牧師左乙女豊秋が日本人初の4代目校長として就任[367]
  • 1898年(明治31年)
島田三郎早稲田大学創設メンバー、第19代衆議院議長
ヘンリー・セントジョージ・タッカー
元田作之進

20世紀[編集]

立教大学校舎(1909年)
立教大学商科第1回卒業記念写真(1911年)
立教大学移転前の池袋校地
(1916年)
  • 1910年(明治43年)
  • 1911年(明治44年)
    • 6月 - 東京三一神学校と聖教社神学校が合併し、聖公会神学院を設立[376]
    • 8月 - 財団法人日本聖公会教学財団設立。
  • 1912年(大正元年)
  • 1914年(大正3年)11月 - ウィリアムズの伝記『老監督ウィリアムス』を元田作之進が著し、早川喜四郎宅に置かれた京都地方部故ウィリアムス監督記念実行委員事務所より発行される[注釈 112]
  • 1915年(大正4年)4月 - 大学学友会結成。
  • 1916年(大正5年)5月29日 - 池袋キャンパスのチャペルの定礎式が行われ、レンガ校舎群の建築を開始[378]
  • 1917年(大正6年) - 文部省から医学部設立の要請があり、医学部開設の計画を進めるが、欧州での第一次世界大戦の影響から募金が集まらず、翌年2月12日に計画を断念し設置に至らなかった[379][380][381]
  • 1918年(大正7年)9月 - 北豊島郡西巣鴨町の新校地(池袋)に移転。本館、図書館、寄宿舎(現2号館、3号館)、食堂が竣工し、授業を開始[378]
大隈重信が演説を行った池袋校舎落成式『東京朝日新聞』(1919年6月1日付5面)
立教大学バスケットボール部(1922年)
  • 1919年(大正8年)
    • 4月 - 「立教大学設立の趣意書」を発表[382]
    • 5月31日 - 池袋校舎落成式を挙行、来賓として大隈重信出席。大隈の追懐談を交えた演説は、大学創設者ウィリアムズと結ばれた師弟関係から、立教大学との縁故に及び、さらに50年来の日米両国人の交誼を説く大演説であった。来賓は1500名を数え、会場正面には大型の日米国旗を交差し、場内装飾に善美を盡した中で行われた[14]。大隈の演説に続いて、金子堅太郎渋沢栄一の演説もあった[注釈 113]
  • 1920年(大正9年)
    • 1月 - 立教学院諸聖徒礼拝堂(池袋キャンパス)聖別式挙行。
    • 4月 - 文科を文学部、商科を商学部とし、予科を2年制とする。
    • ハロルド・スパックマンが教授及び新図書館館長に就任し、日本の大学で先駆けて図書館学を講じる[384]
  • 1921年(大正10年)
    • 6月 - 財団法人日本聖公会教学財団を財団法人聖公会教育財団と改称。
    • 10月 - 野球部、四大学野球連盟に加盟。
    • 校友会館が竣工(のちの診療所)。
  • 1922年(大正11年)5月 - 大学令による大学へ昇格。文学部(英文学科、哲学科、宗教学科)、商学部予科を発足。
  • 1923年(大正12年)
    • 9月 - 関東大震災により築地校地が壊滅[385]。池袋の大学も被害を受ける。
    • 10月 - 立教中学校が池袋の大学内に移転[386]。大学は10月15日に、中学校は10月18日に授業再開。立教女学校(現:立教女学院)の校舎も焼失したため、池袋の立教大学内に学校事務所を設け、滝乃川学園の校舎にて授業再開。志成学校が震災による校舎倒壊により閉校。
    • 11月 - 震災で校舎を失った専修大学が池袋の立教大学内の7教室を借用(翌月22日まで)[387]
    • 12月 - 築地訣別式を挙行[388]
  • 1924年(大正13年)
チャールズ・シュライバー・ライフスナイダー
ポール・ラッシュ
立教大学野球部初優勝記念写真(1931年)
  • 1925年(大正14年)
  • 1926年(大正15年)
    • 1月 - ライフスナイダー総長、「神と国との為に (Pro Deo et Patria)」と題する演説を行う。
    • 3月 - 校歌『栄光の立教』制定。
    • 5月 - 池袋に中学校の新校舎が完成し、落成式挙行。
    • ポール・ラッシュ、立教大学教授に就任。
    • J・H・モーガンの設計によるライフスナイダー館が竣工。
    • オルガン演奏の第一人者である木岡英三郎が、欧州から帰国直後の最初の演奏会を池袋キャンパス・チャペルで開催[393]
    • 12月 - 立教学院諸聖徒礼拝堂(池袋キャンパス・チャペル)でガーディナー記念礼拝式が開かれる。同日記念銘板除幕式、図書館で肖像画(石橋和訓画)除幕式。
  • 1927年(昭和2年)
    • 4月 - 予科を3年制とする。
    • 11月 - ポール・ラッシュにより聖アンデレ同胞会を結成[394]
    • ポール・ラッシュが、慶應、東京商科(現・一橋)、明治、立教、早稲田の5大学で個別に活動していた英語会(ESS)の学生たちに呼びかけ、英語会大学連盟が設立される[234]
ルドルフ・トイスラー
池袋キャンパス(1933年)
チャペル事件(『東京朝日新聞』 1936年7月2日付夕刊2面)
  • 1928年(昭和3年)
  • 1930年(昭和5年)
    • 5月26日 - ライフスナイダー総長が、米国大使館の定礎式で日米関係者が300人以上参加する中、司会進行と祈祷を行う[21]
    • 11月1日 - ウィリアムズの記念碑が京都若王子山上教会墓地に建てられ除幕式が行われる[395]
  • 1931年(昭和6年)
    • 4月 - 商学部を経済学部に改称。
    • 8月 - 財団法人聖公会教育財団を分離し、財団法人立教学院(8月7日認可)と財団法人聖公会神学院を設立。立教学院の理事長にマキム、学院総長にライフスナイダーが就任。
    • 10月 - 野球部が六大学リーグ戦で初優勝。
    • 12月30日 - J・V・W・バーガミニー設計の宣教師館(のちの立教学院校宅11号館・12号館)が竣工する[396]
  • 1932年(昭和7年)
  • 1933年(昭和8年)- 米山梅吉が次男の母校であった立教大学に心理学実験室一棟を寄贈[147]
  • 1934年(昭和9年)
  • 1936年(昭和11年)
  • 1937年(昭和12年)
    • 3月 - J・H・モーガンの設計による予科新校舎(現:4号館)竣工[401]
    • 旧寄宿舎(現:2・3号館)を文学部と経済学部の研究室に転用。
  • 1939年(昭和14年)9月 - アメリカ研究所開設[402]
遠山郁三
  • 1940年(昭和15年)
    • 2月 - 学位規則認可[403]
    • 8月 - 日米関係の悪化により8月から9月にかけて日本聖公会が米国聖公会からの経済的独立を決定。
    • 10月 - 上記影響より、ライフスナイダーが学院理事長・総長を退任し、総長事務取扱となる。後任の学院理事長に松井米太郎が就任。
    • 11月 - ライフスナイダーが総長事務取扱を退任。替わって遠山郁三・大学学長が総長を兼務した。翌年には、理事も全員邦人となる。
  • 1941年(昭和16年)
    • 6月 - 立教大学報国団結成。
    • 7月 - 本国政府の指示により米英人教員の帰国が相次ぐ。
    • 10月 - ライフスナイダーが米国へ帰国。
    • 12月 - 太平洋戦争勃発。翌年3月の卒業式を繰上げ挙行。大学・専門学校の修業年限を半年短縮。
清里高原にあるポール・ラッシュ像
  • 1942年(昭和17年)
    • 2月 - 遠山郁三の尽力により文部省へ医学部設置の認可申請を行い、5月に厚生省へも認可申請を行う。文部省の了承を得たが、聖路加の施設が戦時下の医療拠点として期待されていたことなどの阻害要因から厚生省の了承が得られず設置に至らなかった[404]
    • 6月 - 日本に最後まで留まっていたポール・ラッシュ教授が交換船により強制送還される[405]。ラッシュは米国送還後、米国陸軍日本語学校に志願し日系2世兵を指導し、米国各地の教会で戦争後の日本救済への支援協力を訴えるため講演活動を行う。
    • 9月 - 理事会が寄付行為目的を「基督教主義ニヨル教育」から「皇国ノ道ニヨル教育」への変更を決議し、11月に申請(翌年2月15日認可)[289]
    • 9月 - 修業年限短縮に伴い卒業式を挙行。
    • 10月 - チャペルを閉鎖し、「修養堂」と改称。一般教職員・学生の礼拝等に用いないといった内規も理事会で決定した。
    • 校歌「栄光の立教」の「自由の学府」の文言が問題視され斉唱禁止[注釈 115]。12月10日に戦時下の状況が反映される準校歌が制定される[406]。戦後になって、準校歌は制定を解除され、校歌「栄光の立教」を再び斉唱できるようになった。
  • 1943年(昭和18年)
    • 1月 - 日本基督教団との合同の是非をめぐって日本聖公会は分裂し、約3分の1の教会が日本基督教団に加わる[407]八代斌助などの非合同派は単立教会として日本聖公会を守り通した。
    • 3月 - 学生有志6人が配属将校を呼び出して殴打する出来事(軍事教員を殴打した事件)がある[268]
    • 10月 - 学徒出陣の壮行会(明治神宮外苑競技場)で、立教大学は校旗の十字のデザインが問題視され持つことを許されなかった。
    • 9月 - 経済学部経済学科を国家経済科、商学科を経営経済科と改称。
    • 12月 - 文学部閉鎖。
    • 文学部の学生が慶應義塾大学文学部に委託学生として編入[266]
  • 1944年(昭和19年)4月 - 立教理科専門学校設置。
ダグラス・マッカーサー連合国軍最高司令官
米国聖公会信徒)
女子学生の入学(1946年)
佐々木順三
  • 1945年(昭和20年)
    • 4月 - 理科専門学校を工業理科専門学校に改組。
    • 8月15日 - 終戦。
    • 9月 - 授業が再開される。
    • 爆撃を受けなかった立教大学の校舎を借りて、三井銀行を始めとする支店を焼失した5つの銀行が共同の仮店舗を開設[408]
    • 10月15日 - 「文部省訓令第8号」の発布。これによって1899年(明治32年)から存続し続けた「文部省訓令第12号」が無効になった[368]。この発布はダグラス・マッカーサー連合国軍最高司令官の命によるものと伝えられている。1947年(昭和22年)5月3日に施行された日本国憲法とともに、信教の自由が保障される。
    • 10月20日 - GHQから2人の係員が立教大学を視察。一人はかつて立教大学で教鞭を執っていたポール・ラッシュであった[265]。ラッシュはマッカーサーの理解を得ながら、立教大学、日本聖公会聖路加国際病院の再生とともに、アメフトや清里の復興にも多大な貢献をすることになる。
    • 10月24日 - GHQの覚書『信教の自由侵害の件』により3代目総長の三辺金蔵ほか11名が追放される[409][367][265]
    • 11月7日 - 理事会は寄附行為目的を「基督教主義ニヨル教育」に復帰することを可決。
  • 1946年(昭和21年)
    • 4月 - 女子学生4名が初めて入学[410]
    • 5月 - 文学部復活(キリスト教学科・英米文学科)。
    • 6月 - 佐々木順三が総長に就任し、戦後の本格的な再建が行われていくこととなる[265]
  • 1947年(昭和22年)4月 - 文学部社会学科設置。新制「立教中学校」開設。
  • 1948年(昭和23年)
  • 1949年(昭和24年)
    • 4月 - 新制大学として認可・発足。文学部(基督教学科、英米文学科、社会学科、史学科、心理教育学科)、経済学部(経済学科、経営学科)、理学部(数学科、物理学科、化学科)が開設。理学部設置には杉浦義勝が尽力。医学部の開設も決定されたが、聖路加の病院施設が1956年までGHQの接収を受けており、実現には至らなかった[411]
    • 理論物理学研究室を開設。理学部教授に武谷三男が着任。
  • 1950年(昭和25年)4月 - 立教工業理科専門学校を廃止[412]
八代斌助
タッカーホール(池袋キャンパス)
  • 1954年(昭和29年)
  • 1955年(昭和30年)4月 - 一般教育課程を一般教養部と改称。
  • 1956年(昭和31年)
    • 4月 - 文学部日本文学科を開設
    • 11月 - 板橋区練馬区にまたがる土地を東京都から借り受け、セントポール・グリーンハイツ(総合グラウンド)竣工[広報 1]
  • 1957年(昭和32年)
  • 1958年(昭和33年)
    • 1月 - 名誉博士規程を制定。
    • 4月 - 文学部社会学科が社会学部に昇格。
    • 5月 - アジア地域研究施設を開設[415]
    • 7月 - 新座校地を東武鉄道より譲り受ける。
    • 9月23日 - 日本聖公会宣教百年記念祝典が日本聖公会東京教区主催でタッカーホールで開催。2千余人が参加[416]
    • 野球部が六大学リーグ戦で4連覇を達成。
第99代イングランド国教会カンタベリー大主教ジェフリー・フィッシャー
  • 1959年(昭和34年)
  • 1960年(昭和35年)
    • 4月 - 立教高等学校を新座へ移転。
    • 12月 - 旧:図書館本館・新館新築落成(現:メーザーライブラリー記念館新館)。
  • 1961年(昭和36年)12月 - 立教大学原子炉、臨界試験成功[420]
  • 1962年(昭和37年)4月 - 文学部心理教育学科を心理学科・教育学科に分割。キリスト教教育研究所を設置[421]
  • 1963年(昭和38年)
    • 4月 - 文学部ドイツ文学科、フランス文学科設置。立教学院聖パウロ礼拝堂(新座キャンパス)聖別式、落成式挙行。
    • 6月2日 - ミルトン・フリードマンシカゴ大学教授、ノーベル経済学賞受賞者:1976年)に名誉博士号を授与。
フリードリヒ・ハイエク
ウィリアムズ主教像
三坂耿一郎作)
  • 1967年(昭和42年)
  • 1968年(昭和43年)
  • 1969年(昭和44年)
  • 1970年(昭和45年)
  • 1971年(昭和46年)11月 - タッカー主教像建立[427]
  • 1972年(昭和47年)
  • 1973年(昭和48年)9月 - 大場事件起こる[428]
  • 1974年(昭和49年) - 創立100周年記念式典を挙行。
  • 1975年(昭和50年)7月 - 最初の非信徒総長・尾形典男就任。
  • 1978年(昭和53年)
    • 11月 - 9号館竣工。昼間部総合大学で日本初となる社会人入試を法学部で開始。
    • 日本初となる受験生を対象としたオープンキャンパスを開始[注釈 33]
第68・69代内閣総理大臣 大平正芳
  • 1980年(昭和55年)
  • 1982年(昭和57年)
    • 4月 - 新座に大学の「図書館保存書庫」を設置。
    • 5月 - 理学部実験棟落成。
    • 11月 - 「鈴懸の径」歌碑建立[431]
  • 1985年(昭和60年)10月 - 大学院社会学研究科で社会人入試と外国人入試を実施。
  • 1987年(昭和61年)
  • 1988年(昭和63年)12月 - 法学部国際・比較法学科設置。
  • 1990年(平成2年)4月 - 新座キャンパス開設。各学部(当初は経済学部を除く)1年次生が週1日通学を開始。
  • 1992年(平成4年)3月 - ウィリアムズホール竣工。
  • 1994年(平成6年)
    • 5月 - 7号館竣工。
    • 12月 - 全学共通カリキュラム運営センター発足。
  • 1995年(平成7年)3月 - 大学一般教育部解散。
  • 1996年(平成8年)
    • 2月 - 16号館竣工。
    • 4月 - 法学部政治学科設置。
    • 5月 - 立教学院125年史資料編第1巻を刊行。本編纂のための再調査で、ウィリアムズが1859年(安政6年)に上陸した長崎で既に英学を教えていたことが判明[432]
    • 8月 - 太刀川正三郎の夫人、太刀川あさ子の寄付によって太刀川記念館竣工。
  • 1997年(平成9年)4月 - 全学共通カリキュラム始まる。
  • 1998年(平成10年)
    • 4月 - 39年ぶりの新学部、観光学部(観光学科)・コミュニティ福祉学部(コミュニティ福祉学科)設置。新座キャンパスを武蔵野新座キャンパスに名称変更。
    • 9月 - 17号館竣工。
ビル・ゲイツ
  • 2000年(平成12年)
    • 1月28日 - 立教学院創立125周年記念事業の一つとして『立教学院発祥の地』記念碑を築地の聖路加国際病院敷地内に建立し、除幕式を開催。記念碑は卒業生で彫刻家の三坂制によって制作された[433]
    • 4月 - 池袋、新座の各キャンパスで中高一貫教育を開始し、立教中学校は「立教池袋中学校・高等学校」、立教高等学校は「立教新座中学校・高等学校」となる。
    • 8号館竣工。
    • 6月16日 - ビル・ゲイツ(米マイクロソフト創業者)に名誉博士号授与。タッカーホールで立教学院創立125周年記念特別講演を開催[注釈 42]

21世紀[編集]

  • 2001年(平成13年)
  • 2002年(平成14年)
    • 3月 - 江戸川乱歩の邸宅と書庫として利用していた土蔵が立教大学に譲渡される。
    • 4月 - 経済学部会計ファイナンス学科、社会学部現代文化学科、理学部生命理学科設置。21世紀社会デザイン研究科、ビジネスデザイン研究科、異文化コミュニケーション研究科が、独立研究科として昼夜開講で授業開始。
  • 2004年(平成16年)4月 - 法科大学院設置[434]
第25代米国聖公会総裁主教フランク・T・グリズウォルド
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
    • 4月 - 経営学部現代心理学部設置。経済学部経済政策学科、社会学部メディア社会学科、文学部文学科、観光学部交流文化学科、コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科設置。文学部日本文学科、英米文学科、フランス文学科、ドイツ文学科、心理学科、経済学部経営学科、社会学部産業関係学科募集停止。産業関係研究所を改組し、リーダーシップ研究所を設立[435]
    • 武蔵野新座キャンパスを新座キャンパスへ改称。武蔵野新座図書館を増改築して新座図書館開館。
    • 6月 - 江戸川乱歩記念大衆文化研究センター開設。
  • 2007年(平成19年)
    • 2月20日 - リーダーシップ研究所の発足にともないシンポジウム「21世紀のリーダーシップ」を開催[436][122]
    • 3月 - 日本初のESD(持続可能な開発のための教育)研究機関である立教大学ESD研究センター(現・ESD研究所)を設立[437]
    • 4月 - 法学部の国際・比較法学科を国際ビジネス法学科に名称変更。
    • 7月 - 太刀川正三郎の夫人、太刀川あさ子の寄付によって太刀川記念交流会館竣工(新座)。
    • 8月 - 大学院理学研究科が順天堂大学大学院医学研究科と協定を締結し、医学物理士養成プログラムを設置。
    • 12月 - J・V・W・バーガミニー設計の立教学院校宅11号館・12号館(旧宣教師館)が新校舎建設のため解体。移築できるよう2007年9月下旬からの解体工事とともに保存調査が行われ、部材を倉庫に保管。(移築先は未定)
  • 2008年(平成20年)4月 - 異文化コミュニケーション学部(異文化コミュニケーション学科)設置。コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科設置。立教セカンドステージ大学開校。
第104代イングランド国教会カンタベリー大主教ローワン・ウィリアムズ
  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)3月 - 7号館B棟竣工。社会情報教育研究センター (CSI) を開設。
  • 2011年(平成23年)3月 - マキムホール竣工(15号館)。8号館、4号館新築部分竣工(新座)。富士見総合グラウンド「クラブハウス」および「馬術部関連施設」竣工。
  • 2012年(平成24年)9月 - ロイドホール竣工(18号館)、池袋図書館開設。
  • 2013年(平成25年)
    • 3月 - ポール・ラッシュ・アスレティックセンターおよび立教池袋中・高教室棟竣工。
    • 4月 - グローバル教育センター開設。旧図書館本館(旧館・新館)の名称をメーザーライブラリー記念館へ変更。
    • 6月 - チャペル会館竣工。
    • 10月 - 立教学院諸聖徒礼拝堂(池袋キャンパスチャペル)に新パイプオルガン導入。
駐日米国大使館首席公使カート・トン
  • 2014年(平成26年)
    • 創立140周年。
    • 1月 - 立教学院聖パウロ礼拝堂(新座キャンパスチャペル)に新パイプオルガン導入。
    • 1月21日 - 池袋キャンパスで駐日米国大使館首席公使カート・トンを招いて「日米友好の木 ハナミズキ」の植樹式を開催。学校法人として初めての受贈[注釈 9]
    • 4月 - メーザー・ラーニング・コモンズ開設。
    • 5月 - 立教学院展示館が開設。
    • 7月 - セントポールズ・フィールド完成。
    • 9月 - 文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」に採択。
  • 2015年(平成27年)3月 - セントポールズ・アクアティックセンター竣工。
  • 2016年(平成28年)
    • 4月 - 社会学部に「国際社会コース」、異文化コミュニケーション学部に「Dual Language Pathway」を設置。
    • 11月 - 東京オリンピック・パラリンピックプロジェクトが発足。
野球部、全日本大学野球選手権で59年ぶり4回目の日本一
  • 2017年(平成29年)
    • 2月 - ポールラッシュ・アスレティックセンターがパラリンピック水泳競技のナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設に指定。
    • 4月 - Global Liberal Arts Program (GLAP) 開設。岩手県陸前高田市岩手大学と共同で「陸前高田グローバルキャンパス」開設(立教大学陸前高田サテライトを含む。東日本大震災を教訓とした防災教育などを実施)[広報 2][441]
    • 4月 - 大学院理学研究科に順天堂大学大学院医学研究科と連携した医学物理学副専攻を設置。
    • 5月 - 2018年度以降の法科大学院の学生募集の停止を決定[434]
    • 6月 - 野球部全日本大学野球選手権で優勝。1958年以来59年ぶり4回目の日本一の栄冠。
    • 6月 - ブラジルオリンピック委員会と施設利用等に関する覚書を締結。
    • 7月 - 西武ライオンズと地域社会の発展、教育振興への寄与を目指し「連携協力に関する基本協定」を締結。
    • 7月 - 豊島区と「2020年の東京オリンピック・パラリンピック事業における連携協力に関する協定」を締結。
    • 11月 - 理学部生命理学科教授(当時准教授)の末次正幸が、世界初となる「セルフリー長鎖DNA合成技術」を開発[165]
川口基督教会(大阪市、1920年竣工、ウィリアム・ウィルソン設計)
  • 2018年(平成30年)
    • 4月 - 初代総長のライフスナイダー以来初の外国籍総長郭洋春就任。
    • 8月 - 日本身体障がい者水泳連盟、日本知的障害者水泳連盟と連携協力に関する包括協定を締結。
    • 9月 - 理学部とJAXAによる連携講座「JAXA宇宙科学技術講義」が開講。
    • 10月 - 観光学部が台湾の高級ホテル「リージェント タイペイ」と6か月間の長期インターンシップ実施の覚書を調印[442]
    • 11月 - 立教箱根駅伝2024事業始動。
    • 12月 - プロクライマーの野中生萌豊島区と連携し、東京23区初のスピードクライミング壁を池袋キャンパス内に設置。
  • 2019年(平成31年)
    • 2月 - 理学部の研究室が開発に協力した光学航法カメラを搭載した小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウの着地に成功。
    • 12月 - 聖路加国際大学と医療的な支援および協力に関する協定を締結。
  • 2020年 (令和2年)
  • 2021年 (令和3年)
    • 2月 - 理学部の研究グループが「金属クラスターを用いた近赤外-可視光変換」に世界で初めて成功[166]
    • 3月 - 金沢大学と観光分野を中心とする中核人材育成のため、連携・協力に関する協定を締結。
    • 8月 - 2020年東京オリンピックで、池袋キャンパスで練習を行っていた野中生萌が、新競技となるスポーツクライミング女子複合で銀メダルを獲得。
    • 11月2日 - 文部科学省「大学の世界展開力強化事業」に採択[63]
    • 11月3日 - 立教大学の前身の1つである英和学舎のあった川口基督教会の地に「大阪の近代教育発祥の地 記念碑」が建立。コロナ禍のため1年延期となっていた川口基督教会「宣教150周年記念感謝式」が行われる[443][444]
  • 2022年 (令和4年)
  • 2023年 (令和5年)4月 - コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科を改組し、「スポーツウエルネス学部」を設置。同学部の設置に伴い、コミュニティ福祉学部を福祉学科とコミュニティ政策学科の2学科に改編[445]
  • 2024年 (令和6年)4月 - 21世紀社会デザイン研究科を社会デザイン研究科へ名称変更。

創成期の歴史[編集]

最初の私塾が創設された長崎・崇福寺と高杉晋作[編集]

崇福寺山門(手彩色絵葉書)

1859年(安政6年)、初代米国総領事タウンゼント・ハリスの支援により、江戸幕府長崎奉行の要請で、ジョン・リギンズチャニング・ウィリアムズが、立教大学の源流となる私塾を長崎に創設し、最初の生徒である幕府の8人の公式通詞に英学を教えた[58][3]。この塾が日本におけるミッションスクールの起りであり、立教大学及び立教学院の濫觴であった[13]。 リギンズが来日した同年5月2日と、ウィリアムズが来日した同年6月25日は日米修好通商条約の発効前(発効は同年7月4日)であり、外国人の中には来日したものの住居を手に入れることができずに日本を離れるものいたが、米国聖公会の学校開設を推進していたハリスと彼によって初代米国長崎領事に選任されたジョン・G・ウォルシュ(ウォルシュ兄弟の2番目の弟)がサポートし、リギンズは長崎奉行から、高台の良好な場所にある住居として崇福寺広徳院を手に入れることに成功し、遅れて到着したウィリアムズと英学教育を創始するに至ったのであった[3]。この崇福寺は、1629年(寛永6年)に創建された中国様式として日本最古の寺院であるが、長崎への来日前に中国上海で3年間過ごしてきたリギンズとウィリアムズにとって、生活のしやすさに加えて、中国語と漢字を修得していた両名にとって好都合でもあった[3]。昭和初期に前島生が発見したアメリカに送られたリギンズとウィリアムズが寓居した崇福寺広徳院が描かれた写真銅版絵では、建物は2階家であったという[286][446]。リギンズは滞在期間中、中国から持参したり、取り寄せた漢訳の聖書や歴史書、科学書等を日本の知識階級に積極的に販売、頒布するが、アメリカ独立宣言を含む合衆国の政治、行政、文化、教育等が具体的に書かれている『聯邦志略』など、日本の志士たちに大きく影響を与えることとなる書物を流通した[110]。ウィリアムズも来日後、短期間で日本人から日本の宗教、文化、生活習慣、時事情報を吸収し、日本語も習得して、来日から2年半で主祷文、使徒信教、十戒の三要文を翻訳した[447]。日本の文化や思想をより深く理解しようと儒学者の谷口藍田らとも交流し、英学を教えながら、漢学の学びを得ていた。また、ウィリアムズは仏教についての研究も行っており、ウィリアムズが記した研究ノートや仏教図が残されている[11][448]

崇福寺大雄宝殿(国宝)

1859年(安政6年)11月に長崎に来日したグイド・フルベッキもリギンズとウィリアムズ両名に迎えられ、住居が見つかるまでの間、この崇福寺広徳院に同居している[291][279]。フルベッキは、その後寺院の近くに住居が見つかり転居するが、妻マリアが住居の湿気から神経痛となり、ハインリッヒ・シュミット医師の勧めで、同じ崇福寺の境内にあった広福庵に転居している[294]。1860年(万延元年)4月7日に英国聖公会のジョージ・スミス主教が長崎に来日した際には、ウィリアムズの住む崇福寺に同年5月15日まで滞在した[286]。この来日したスミス主教からの寄金を元に後に日本で最初のプロテスタント教会である英国聖公会会堂が建てられている。その後、長崎では、外国人居留地の宅地造成の整備が進み、1861年(文久元年)7月にウィリアムズ、フルベッキ、シュミットは、当初暮らした崇福寺から幕府によって整備された東山手居留地に居を移すこととなった[91][注釈 117]。 1862年(文久2年)11月には、リギンズとウィリアムズの私塾の最初の生徒であった何礼之平井義十郎らの唐通事たちが長崎奉行の許可を得て、この崇福寺境内の空地に子弟のための訳家学校を設置し、中国語と英語の学習教授が行われた[59][306]。また、1864年(文久4年、元治元年)9月には、崇福寺広福庵に同じくウィリアムズ門下の瓜生寅前島密が、何礼之の許可を得て苦学生のために私塾「倍社」を開いた[306]

ラナルド・マクドナルド顕彰碑(長崎市)

明治に入って、崇福寺第一峯門前に、通詞たちの英語教育を推進し、教育体制を整えて指導を行った鄭幹輔を讃える顕彰碑が建てられるなど、幕末から明治維新後にかけて活躍した通訳者、外交官を育んだ場所としての歴史を伝えている[450][59]。その顕彰碑の傍らには、門下の頴川重寛東京外国語学校教授、後の東京外国語大学)の顕彰碑もある。また、長崎遊学中の吉田松陰が鄭幹輔を幾度も訪ねて学んだが、崇福寺にも訪れている[451]。さらに、崇福寺の末寺である西山郷(現・長崎市上西山町)にあった大悲庵は、1848年(嘉永元年)に聖公会会員であったラナルド・マクドナルドが英会話教室を開き、日本初のネイティブの英語教師として幕府の公式通詞14名に教えた場所であり、日本の英語教育史において重要な位置を占めている。庵が所在した付近には、ラナルド・マクドナルド顕彰碑が建てられている[272]。隣にはマクドナルドに学び、ペリー艦隊来航時の日本側通訳を務めた森山栄之助の顕彰碑もあり、日本の対外交渉に大きな貢献をした両名の功績を讃えている[452]
立教大学の源流である最初の私塾が置かれた崇福寺広徳院は、現在は建物が存在せず、跡地は個人のお墓となっている[453]。崇福寺は、ウィリアムズに政治制度や国際情勢を学んだ高杉晋作が潜伏していた場所とされるが[注釈 77][299]、2010年に放送されたNHK大河ドラマ龍馬伝」でロケ地となり、伊勢谷友介演じる高杉晋作が、福山雅治演じる坂本龍馬と対面するシーンとして登場している[454][455]。坂本龍馬も実際に崇福寺を訪れていたことが分かっており[455]、ウィリアムズ門下で倍社塾長を務めた瓜生寅の弟・瓜生震は、崇福寺にあった倍社で学び、龍馬とともに海援隊士としても活躍している[294]。また、倍社では龍馬の友人である林謙三(のちの安保清康)も学んでいる[300]

高杉晋作は、崇福寺に潜伏していた際に英語も学んでいるが、1865年(元治2年)に伊藤博文(俊輔)と下関に寄港した英国商船ユニオン号に便乗して来崎した際にも、ウィリアムズがチャプレンを務める英国聖公会会堂の管理人であった英国商人のトーマス・グラバーと邸宅で接触してイギリス渡航を頼み、準備が整うまで間に長崎英国領事のジョン・F・ラウダーに英語を学んだ。当時の長州の状況からラウダ―の説得で渡航を断念したが、下関の開港を勧められ、ラウダ―から貿易関連の書類を受け取り、下関に戻っている[299]。1865年(慶應元年7月27日)に伊藤博文が木戸孝允(桂小五郎)に送った書簡では、ウィリアムズ門下の瓜生寅(三寅)と荘村省三(助右衛門)が長崎で連携して活動していること伝えている[307]。その後、伊藤博文は、1867年(慶応3年)に長崎でグラバー商会と汽船一隻借入の契約を結び、薩摩藩士吉村荘蔵という仮名を使ってフルベッキが居住した大徳寺に寓居した。この際、近くの養生所(小島養生所、日本最初の西洋式近代病院)にいた芳川顕正(何礼之門下生、倍社塾生)に依頼して英語を学んでいるが、養生所と大徳寺は崇福寺と丸山を挟んで近隣にあり、東山手居留地とも程近い場所にあった[456]。この養成所は精得館となった後、長崎医科大学(現・長崎大学医学部、および長崎大学病院)の源流となり、精得館の理化学部門は、大阪舎密局となった後、理学校などを経て、第三高等学校京都大学の前身校)の源流となっている[457]

ラナルド・マクドナルド研究[編集]

アメリカ史学者の立教大学名誉教授の富田虎男は、ラナルド・マクドナルドの研究を行い、その成果を1979年に『マクドナルド「日本回想記」―インディアンの見た幕末の日本―』として発刊している。富田は、研究組織である「日本マクドナルド友の会」の会長も務め、マクドナルドが上陸した利尻島野塚岬にあるマクドナルド顕彰碑と彼を描いた小説「海の祭礼」の作者・吉村昭文学碑の建立除幕式(1996年10月23日開催)で祝文を捧げた[458][459]

築地キャンパス(立教と聖路加)[編集]

概要[編集]

立教大学の前身の一つである立教学校は明治初期に築地居留地に開設されたが、1880年(明治13年)には、米国聖公会から新大学校舎の建設費を支出するとの連絡があり、ウィリアムズは築地居留地に学校、教会、病院からなるアメリカのカレッジ型のキャンパス施設群を計画した[31]。その後、拡張計画を踏まえ施設を構築するため、居留地の区画競売で新規に土地を入手し、立教大学校[注釈 10]、聖三一大聖堂などを建設。湯島で設立された立教女学校も築地に移転し、築地居留地に聖公会の拠点を増やしていく。明治中期には、大隈重信の尽力もあり、総計約2万1476平方メートル、築地居留地全体の約22.2%を聖公会の土地とし、立教と聖路加の聖公会関連の建物が立ち並ぶ築地キャンパスを構成することとなった[注釈 53]

慶應義塾発祥の地[編集]

江戸築地鉄砲洲中津藩中屋敷内の蘭学塾「一小家塾」(画面中央左側築山下の平地、慶應義塾発祥の地および立教大学校創設の地)

築地居留地37番~40番の「立教大学校校舎、主教館、聖三一大聖堂、ガーディナー邸」(現在の聖路加国際病院の敷地内)は、岡見彦三が開設していた慶應義塾の起源となる蘭学塾「一小家塾」の講師として招かれた福澤諭吉が、1858年(安政5年)に講師に着任した場所(中津藩中屋敷跡地)であり、立教大学と慶應義塾大学は同じ地で創生期が形づくられた[460][461]。慶應義塾大学はこの福澤が講師に着任した1858年(安政5年)を創立の年としている。福澤諭吉が講師に着任する前には、岡見彦三に招かれた杉亨二松木弘庵(のちの寺島宗則)が福澤の前任の講師として、この一小家塾で教えた[462]。杉亨二は1853年(嘉永6年)に塾講師に着任し[463]、松木弘庵は1855年(安政2年)に塾講師に着任している[464]。1866年(慶應2年)には、この中津藩中屋敷内に紀州藩が費用を負担して開設した「紀州塾」も置かれている[465]
また福澤は、この鉄砲洲の中津藩中屋敷に居住し、その一小家塾で蘭学の講師をしていた時に、日米修好通商条約によって新たな外国人居留地となった横浜へと出かけ、以前から学んできたオランダ語が外国人に通じないことに衝撃を受けて、英語の必要性を痛感している。そこで、福澤は、前述のラナルド・マクドナルドの教え子で、ペリー来航時の日本側通訳を務めた森山栄之助が江戸小石川で開いていた英語塾で学ぶために、この鉄砲洲の屋敷から日参で通うなど、その後英語学習をしていくこととなった[466][467]

当地にある「慶應義塾発祥の地記念碑」は、1958年(昭和33年)に聖路加国際病院敷地内に建立されたが、1982年(昭和57年)に区の道路整備に伴い、従来の位置から病院前(南西側)の交差点ロータリー(現在の場所)に移転されている[460][468]。またこの地は、1774年(安永3年)に中津藩医で蘭学者でもあった前野良沢が、杉田玄白らと共にオランダ解剖書「ターヘル・アナトミア」を翻訳して「解体新書」を著した場所でもある[469][470]。慶應義塾発祥の地記念碑の隣には、近代医学発祥の基礎を築いた解体新書を記念した「蘭学事始の地」の石碑も建てられている[469]

築地居留地鳥瞰図[編集]

築地居留地鳥瞰図

上記絵図は、ジェームズ・ガーディナー立教学校初代校長が描いたもので、1894年(明治27年)のSpirit of Missionsに掲載され、当時の立教築地キャンパスと築地居留地の全体像がよく分かる貴重な資料となっている。中央部に立教大学校校舎(築地居留地37番)、主教館(築地居留地38番)、聖三一大聖堂(築地居留地39番)、三一神学校(築地居留地53番)、三一会館(築地居留地54番)などが確認できる。1894年(明治27年)以前に描かれた絵図のため、それ以後(1895年以後)に竣工した立教中学校寄宿舎(築地居留地59番、60番)、立教中学校校舎「六角塔」(築地居留地57番、58番)などは完成予想図として実際に建てられた建物とは異なる構造物として描かれている。また、聖三一大聖堂の横に描かれている居留地内でもひと際高い尖塔は、その他の写真資料でも確認できず、実際には建築されなかったものと考えられる。

立教中学校寄宿舎(左)、立教中学校校舎「六角塔」(右)

1894年(明治27年)6月の明治東京地震で、立教大学校校舎などの初期のガーディナー設計の作品が被害にあった。そのため、以後ガーディナーは耐震性に配慮した設計を行うことになるが、絵図中に完成予想図として描かれた立教中学校寄宿舎、立教中学校校舎「六角塔」は、実際には、当初の設計・構造を変更し、建物上部に軽量の木材を利用し、絵図とは異なる形状の建物として建築されることとなったと考えられる。ガーディナーの当時の設計変更が汲み取れる資料ともいえる。1896年(明治29年)には、聖公会の愛恵病院[注釈 118]が立教大学校校舎があった築地居留地37番に移転し、築地病院と改称して開設され、その後1899年(明治32年)に一度は閉院するが、1901年(明治34年)には、ジョン・マキムの要請により来日したルドルフ・トイスラーが、同じ築地居留地37番に築地病院を前身とする聖路加病院(現在の聖路加国際病院)を開設し、病院を再建した[471]。こうして当初のウィリアムズの計画通り、学校、教会、病院からなる米国聖公会のキャンパス施設が整備されていったのである。

三一会館(左)と三一神学校・付属図書館(右)

1910年(明治43年)には、学生数の増加に伴いさらなる設備拡充が求められたことから、北豊島郡巣鴨村大字池袋(現在の池袋)に大学移転用地を購入。1919年(大正8年)に池袋キャンパスを開設し、大学施設は築地から池袋へ移転することになるが、その後も築地キャンパスには立教中学校や立教女学校、清国留学生のための志成学校、聖路加の病院施設等は所在しつづけていた。1920年(大正9年)には築地に聖路加国際病院付属高等看護婦学校が設立された。しかし、1923年(大正12年)の関東大震災により築地の校舎群が損壊、焼失したことから、中学校と女学校は築地から移転、志成学校は閉校し、築地キャンパスには看護学校以外の学校施設は姿を消すこととなった。聖路加の病院施設も倒壊するが、入院患者80名を青山学院の寄宿舎に移送、後に仮設病院を建設して診療を継続した。また、震災後も築地には立教幼稚園があった[389]

現在、築地の立教の関連施設があった場所には聖路加国際病院聖路加国際大学に加え、隣接して建っていた米国公使館跡には聖路加タワーなどが所在している。聖路加国際病院礼拝堂、トイスラー記念館、聖路加国際病院旧病棟の建物は、池袋の立教学院公宅(旧宣教師館、解体材が倉庫保存)や立教女学院高等学校校舎、聖マーガレット礼拝堂等も設計したJ・V・W・バーガミニーの作品である。

聖三一大聖堂(立教教会)[編集]

聖三一大聖堂内部

築地キャンパスにあった1889年(明治22年)12月1日竣工の築地・聖三一大聖堂は、建物はゴシック様式で、身廊の長さは78フィート(約26メートル)、塔の高さは地上から51フィート(約17メートル)あり、フランス製のステンドグラスが設けられていた[注釈 108]
1901年(明治34年)2月2日には、日本政府により英国ヴィクトリア女王の遥葬式が執り行われた。参列者には皇族に加えて、伊藤博文内閣総理大臣、加藤高明外務大臣、末松謙澄内務大臣、渡邊國武大蔵大臣、山本権兵衛海軍大臣、金子堅太郎司法大臣、松田正久文部大臣、林有造農商務大臣、原敬逓信大臣、鮫島武之助内閣書記官長など日本政府の閣僚(第4次伊藤内閣)と大隈重信青木周蔵、岩倉公、近衛公を始めとする名士たちが各国公使らとともに一同に列席した[262]。 また、1901年(明治34年)9月26日には、米国マッキンリー大統領の遥葬式があり、米国特命全権公使アルフレッド・バック英語版を喪主として、この時も皇族に加え、桂太郎内閣総理大臣を始めとする主要閣僚と名士たちが参集した。米国の要人の護衛としてハッチ大佐率いる米国水兵二小隊がつき、日本側からも近衛騎兵半小隊が要人の護衛の任務についた。参列者は各国公使や領事を含め400名を超えたという[263]。このように、築地キャンパスと聖三一大聖堂は、英米両国と日本の友好関係を象徴する場所であり、日本の国家行事にも使われた。
聖三一大聖堂(現在に続く東京聖三一教会)は、1883年(明治16年)に創設された立教大学校の学生と、同じ校舎に併設された東京三一神学校(現・聖公会神学院)の学生、および築地を中心とする周辺の信徒、求道者が当初は教室で、翌年からは講堂で立教教会の名称で集会を開いたことに始まる。先述した1889年(明治22年)12月には、立教大学校に隣接する築地居留地39番に大聖堂が竣工し、築地の各集会所の会衆と深川聖三一教会(後の真光教会)から分かれた会衆により教会が発足すると、従前どおり、立教教会と呼ばれた[26][472]

トイスラー記念館[編集]

1933年(昭和8年)に、明石町19番地(前・築地居留地19番)に聖路加国際病院の宣教師館(後のトイスラー記念館)建てられた。設計はJ・V・W・バーガミニーで、施工は清水組(現・清水建設)が行った[473]。この築地居留地19番は、フランス人のハアボール・ブラントが所有した後に米国聖公会の手に渡り、ウィリアムズ関連の建物があったと思われ、そこに新しく宣教師館が建てられたものであった[474]。トイスラー記念館は1989年(平成元年)に解体され、1998年(平成10年)2月に現在地へ移築復元された[473]

立教大学と大隈重信(長崎から続く歴史)[編集]

大隈重信

大隈重信は、幕末に長崎チャニング・ウィリアムズから英語、数学など英学を学び、致遠館督学となる副島種臣(第4代内務大臣、第3代外務卿)や、のちに東京専門学校(現・早稲田大学)の2代目校長となる前島密らとともに立教大学創設者ウィリアムズに師事した最初の弟子の一人であった[注釈 79][31][255][11]
大隈はウィリアムズの盟友のグイド・フルベッキにも師事し英学を学んだ。ウィリアムズとフルベッキは私塾での教授に加えて共に長崎洋学所で教鞭を執った[475][476]。当時の教材は新約聖書合衆国憲法に加え、アメリカ独立宣言であった。独立宣言の「人は平等に生れ、生命と自由と幸福の追求は天与不抜の権利である。」との声明は、近世封建社会下にあった日本の青年の心に火をつける。かくして、大隈は日本の政治上の近代化のために大志を抱くこととなり、生涯に渡って大きな影響を受けることとなった[477]。アメリカ独立宣言起草者のトーマス・ジェファーソンはアメリカでハーバード大学に次いで2番目に古い歴史を持つ、ウィリアムズが卒業したウィリアム&メアリー大学の卒業生でもあり、ウィリアムズにとっても同郷バージニア出身の立志伝中の英雄であった。
大隈は、「ジェファーソンは、合衆国に民主主義の政治を実行するためには、青年を教育することの必要を感じてバージニア大学を設立した。ジェファーソンと同じ考えで、早稲田大学を創設した。」と語っている[477]。ジェファーソンの「人間精神の無限の自由」は、立教大学では『自由の学府』に受け継がれ、早稲田大学では建学的基本精神なる『学問の独立』に受け継がれている[477][注釈 119]
また、大隈は、浦上四番崩れについてのイギリス公使パークスとの交渉で、一時的に問題を解決し、新政府内で頭角を現し政治家として大成していく契機となったが、交渉が成功を収めたのはウィリアムズとフルベッキから英学とともに、キリスト教の知識を学び会得していたからであった。大隈は、キリスト教の教義から知りえた、等しく社会の人心に向かって道徳を保持する目的があると心得ていたことにより、日本の外交官の中にも無学無智ではなく、一通りキリスト教の教義を勉強したものがいるものだと親しみを持たれ交渉が進められたのは、全てその時に学んだ経験の恩恵であったと述懐している[12]

現在の長崎・東山手(英国聖公会会堂跡・C.M.ウィリアムズ宣教師館跡付近)

立教大学も早稲田大学も、ともに長崎に源流を持つ。大隈は、聖公会が設立した私塾や長崎洋学所でウィリアムズとフルベッキから英学を学んだ後、1867年(慶応3年)、同じく長崎で早稲田大学の源流となる佐賀藩の英学校「蕃学稽古所(翌1868年に致遠館と改称)」をフルベッキを教師に迎えて副島種臣とともに開設のために尽力したのち、教頭格として指導にあたったが[317]、立教大学の源流も1859年(安政6年)にジョン・リギンズとウィリアムズが、プロテスタント初のミッションとして長崎で初代米国総領事タウンゼント・ハリスの支援のもとに開設した私塾にあり、両大学ともに幕末の長崎からの歴史をこれまで繋いできたのである[478]。ウィリアムズもフルベッキも来日後、同じ崇福寺に住み[291][279]、その後、外国人のために整備された長崎・東山手外国人居留地でも、それぞれ五番館と三番館と近所に居を構えた[91][注釈 120]。1862年(文久2年)に、東山手居留地内(11番地)に設立された日本で最初のプロテスタントの教会である英国聖公会会堂の初代チャプレンをウィリアムズが務め、2代目チャプレンはフルベッキが務めた[282][288]坂本龍馬が中心となって結成した亀山社中や、長州藩伊藤博文井上馨とも取引を行ったグラバー商会も隣接する大浦居留地の2番にあり[479]トーマス・グラバーは英国聖公会会堂の管理人の一人であった[304]。大隈も他の志士と同じようにウィリアムズとフルベッキの私塾に通い、教えを乞うたのである[12]。大隈はウィリアムズの私塾で儒学者の谷口藍田と親しくなり、盟友になっていくこととなった[314]。ウィリアムズを訪れる日本の志士は、公式な訪問を避けるために夜間に訪れるなど、秘密裏に情報交換をすることもあった[3]。その中には、肥後藩の海軍司令官で、坂本龍馬と肥後藩を薩長同盟に加えようと画策した荘村省三(助右衛門)も含まれていた[注釈 52]

後年、大隈は1919年(大正8年)に開催された立教大学池袋校舎落成式に来賓として出席する。そこで長崎時代から続く大学創設者ウィリアムズと結ばれた師弟関係から、立教大学との縁故に及び、さらに50年来の日米両国人の交誼を説く演説を行った[14]。演説の中で大隈は、「我輩が青年時代、ウィリアムズ師が長崎在住時代に同師から親しく教えを受けたことがある。この意味で私も立教大学同窓生の一人である。」と述べ、かっさいを博した[154][480]
大隈が立教築地キャンパスの形成に尽力したことは立教大学との縁故の一つである[注釈 53]。アメリカ合衆国式のカレッジを日本に建設するとの計画のもと、新たな施設建築のため、土地を必要としていたウィリアムズの要請を受け、大隈は、1888年(明治21年)から枯渇状態であった築地居留地の予備地の造成に尽力し、ウィリアムズが計画した学校、教会、病院からなる米国聖公会のキャンパス拡張に大きく貢献したのである。大隈は早稲田大学を創設した人物であるが、立教大学にとっても同窓生の一人であり、創成期の発展に貢献した功労者で重要な人物であった。

また、大隈重信は聖路加病院の国際病院化と新病院建設計画を支援するため、1914年(大正3年)に聖路加国際病院設立評議会を設立し会長に就任した。評議会の実行委員として立教大学校出身の阪井徳太郎も活躍し、政財界の有力者たちによる支援の輪が広がっていく。こうしてウィリアムズの元で学んだ大隈と阪井の尽力により、聖路加病院はトイスラーのもとで新病院を建設し、聖路加国際病院へと発展していくこととなった[481][482]



聖公会ミッションの医療活動の歴史[編集]

ミッションの医療活動[編集]

米国聖公会伝道本部のチャーチ・ミッション・ハウス

立教大学は、開設以来、幾度と医学部の開設を構想してきた[404]。立教大学を創設した米国聖公会ミッションは、教会を設立して伝道を行うとともに、教育活動と医療活動を展開していくことが活動の本質であった(#年表を参照)。ミッションにおいて教育活動の中心となるのが学校や寄宿舎で、医療活動の中心となるのが病院や診療所であり、米国聖公会は1859年(安政6年)、幕末の長崎で日本ミッションを開設した当初から、これらの開設と運営を進めてきた[3][483][注釈 121]。米国初代総領事で熱心な聖公会員であったタウンゼント・ハリスが、米国全権代表として締結した日米修好通商条約に本国人の宗教の自由を認め、居留地内に教会を建てて良いとする第8条を加えることで宣教師の来日が可能になったが、ハリスも米国聖公会の遣清宣教師であったエドワード・サイルに対し、英語を教える学校の開設と医師による医療事業の開始を伝道上の良策として提言し、聖公会の教育と医療を軸とする伝道施策展開の基本姿勢として活かされ、現在に続く教育事業と医療事業として実を結んでいる[254]

日本人は条約上の義務を極めて慎重に遵守するであろう。将来の伝道の成功は一に最初に派遣される宣教師の行為にかかっており、もし彼が慎重堅忍よく慮って、熱心に駆られて行き過ぎることのない様に自制して働くならば、必ずや最後の栄冠を受けるだろう。英語を教える学校を開き、あるいは医師が診療事業を開始するなどは伝道上の良策であろう。読み書きが日本ほど普及しているところは世界のどこにもないであろう。

—タウンゼント・ハリス(日本聖公会百年史より)

米国聖公会の日本伝道を支援したニューヨークの聖マルコ教会

ハリスやサイルらの活動の結果、米国聖公会伝道本部から宣教師に任命されたジョン・リギンズチャニング・ウィリアムズは、日本でプロテスタント初となるミッションを開設し、早速二人は私塾を設けるなど教育活動を始めるが、リギンズは多くの医学書を日本に流通させた[484]。同時に医療宣教師(宣教医)であるハインリッヒ・シュミット医師が任命され、日本で医療活動と医療従事者向けに教育活動を始めた。シュミットは長崎に診療所と私塾を開設し、治療活動を行うとともに、地元の医師に西洋医学と英語を教え、近世日本の布教史における最初の宣教医となったのである[283][91]。その後、米国聖公会の活動の中心は、のちに初代日本伝道専任主教となるウィリアムズの動きに伴い、長崎から、大都市の大阪、東京へと移っていく。
大阪では、1869年(明治2年)にウィリアムズが、川口居留地近くの与力町の自室に小礼拝堂(ミッション・チャペル)、翌1870年(明治3年)に礼拝堂(ストリート・チャペル)と英学講義所を開設したことを足掛かりにミッション拠点を構築していくと[318][320][31]、1873年(明治6年)に、米国聖公会伝道本部から宣教医に任命されたヘンリー・ラニング医師が診療所を開設し、医療活動を始めた。1883年(明治16年)には、大阪・川口居留地8番に木造2階建ての病院が新築され、ラニング医師が院長を務めたが、この病院が現在の聖バルナバ病院となった[327]
東京では、1874年(明治7年)に、築地居留地にウィリアムズが私塾(立教学校)を開設し拠点を築いていくと、1883年(明治16年)に、フランク・ハレル医師が宣教医に任命され、翌1884年(明治17年)に来日し、同年5月に築地居留地38番館の自宅に診療所(のちに、築地診療所と呼ばれた)を開院し、翌6月には深川聖三一教会の裏に「大橋診療所」を開設する[329][327][184]。ハレル医師の医療活動は進展し、患者数も増えていくが、1887年(明治20年)にハレルは日本政府へ赴任し第二高等中学校(現・東北大学)の英語教師になることが決まり、宣教医を辞職しミッションから退くこととなった[327][184]。しかし、1890年(明治23年)になるとウィリアムズの要請により、医師で聖公会信徒の長田重雄が京橋区船松町13番地に「愛恵病院」(英語名:Tokyo Dispensary)を新たに開設して院長となり、医療活動を再開する。その後、前項「#築地キャンパス(立教と聖路加)」の記述の通り、愛恵病院は、立教大学校校舎(現・立教大学)があった築地居留地37番に移転し、「築地病院」(英語名:St. Luke's Hospital)と改称して開設。一旦閉鎖した後、ジョン・マキムの要請により来日したルドルフ・トイスラーが1901年(明治34年)、同地に「聖路加病院」(英語名は同じくSt. Luke's Hospital)を設立して、閉鎖していた病院を再興し、現在の聖路加国際病院へ繋がっていくこととなった[471]
このように聖公会のミッションの教育事業と医療事業はセットであり、学校の開設とともに医師を育成する医学部開設構想の流れはミッションにおいて自然なことであった。ウィリアムズが、伝道の働きのために学校と医療事業の両方が協力しあうことによって日本の人々に働きかけていこうとしたヴィジョンそのものでもあった[483]
1905年(明治38年)には、米国人医師ウィリス・ホイットニーの『Notes on the History of Medical Progress in Japan』の単行本を出版するなど、医学関連書籍の流通も進めた。同書の巻頭には、前述の築地の同地で「解体新書」を著した杉田玄白の姿が描かれ、日本医学の進歩の歴史が綴られている[注釈 111]

医学部開設構想[編集]

ハインリッヒ・シュミット

1917年(大正6年)に、築地にあった立教大学に医学部の開設が計画される。当時、聖公会の築地キャンパスには、大学に隣接して、聖路加病院(現:聖路加国際病院)が設置されており、連携を取りながら運営が可能であった。学校を管轄する文部省内でも立教大学医学部創立論があり、文部省から立教大学へ設立の申し入れを行い、設立に向かって計画が進み出した。文部省は、大学令制定構想に則って米国からの寄付金を主体として池袋に大学を集約する立教大学の計画を知り、日本医学専門学校より総退学した学生達と、同校に残る学生達とを立教大学医学部に収容し、日本医学専門学校紛擾問題を一気に解決しようとしていた。 しかし、当時欧州での第一次世界大戦の影響から、聖路加病院院長であるトイスラーの尽力にもかかわらず医学部開設のための募金が集まらず、1918年(大正7年)2月12日に計画を断念し、設置に至らなかった[379][380][381]。 その後も、立教学院の理事でもあったトイスラーとともに医学部設置構想を進めるなど、大正から昭和に至るまで度々計画が具現化される問題であった[404]
1941年(昭和16年)には、理事会において立教学院総長兼大学学長であった遠山郁三より「多年ノ懸案タル」医学部設置の提案がなされた。聖路加国際病院(当時・財団法人聖路加国際メディカルセンター)との協力のもとで実現しようとする計画であった。理事会において、聖路加国際病院院長の橋本寛敏も出席し、必要性などについての発言を行った。その結果、医学部を聖路加国際病院と協力して設置することに一致決定したのであった。この立教側の決定を受けて、聖路加側でも理事会によって、協同により立教大学に医学部を新設することを決定した。認可申請の手続きは、立教大学側に一任するととともに、認可の際には、聖路加を立教学院に合併することとされた。申請の構想によると、予科(三年制)を1942年(昭和17年)4月から池袋に開設し、その卒業生が出る1945年(昭和20年)4月から、聖路加国際病院がある京橋区明石町に学部(四年制)を開設する予定であった。学生定員は予科が100名、学部が80名という規模であった。1942年(昭和17年)2月19日に、文部省に対して医学部設置の認可申請が行なわれ、同年5月30日に、厚生省に対しても申請が行われた。同月には、医学部校舎鳥瞰図・校舎図面も作成され着工の準備が進んだ[485]。しかし、文部省の了承は取り付けたものの[注釈 122]、聖路加国際病院が戦時下の医療拠点として期待されていたことなどの阻害要因があったと考えられ、省庁間の縄張り争いから厚生省において了承が得られず、開設には要らなかった[注釈 123]。医学部設置のために精力を傾けてきた遠山は、学院総長・理事、大学学長というすべての職を辞し、立教を去ることになった[404]。(戦後になって、遠山は聖路加国際病院顧問として皮膚科診療に従事している。)
戦後の学制改革による新制大学の設置(1949年)に際しても、医学部の開設が決定され、理学部がその前段階教育を担うものとされた。しかし、肝心の聖路加の病院施設が、GHQによる接収(1956年まで)を受けていたこともあり、実現に至らなかった[411]
2022年 (令和4年)現在、医学部は開設されていないが、スポーツ医学の分野では2019年(令和元年)から聖路加国際大学と協定を締結し、聖路加国際病院スポーツ総合医療センターの医療スタッフからスポーツにおける医療的な支援や協力を受けられる体制を整備している。また、大学院理学研究科では、順天堂大学大学院医学研究科と協定を締結し、医学物理士養成プログラムである医学物理学副専攻を設置している。2017年(平成29年)には、聖路加国際大学に日本で5番目となる公衆衛生大学院(専門職大学院公衆衛生学研究科)が開設されている[486]

基礎データ[編集]

池袋キャンパス

所在地[編集]

象徴[編集]

校歌[編集]

栄光の立教
立教大学の楽曲
リリース1926年
ジャンル校歌
作詞者諸星寅一杉浦貞二郎(補作詞)
作曲者島崎赤太郎
校歌『栄光の立教』
杉浦貞二郎
作詞:諸星寅一、補作詞:杉浦貞二郎、作曲:島崎赤太郎
1921年(大正10年)に野球部五大学リーグに加わったのをきっかけに作られた。歌詞は学内より募集したが、集まった歌詞に名作がない中、商学部2年永井一郎の草案が三等として採用された[488]。しかし充分大学の精神を表現していないとのことで、当時の学長事務取扱・杉浦貞二郎が改めて立教中学校教諭の諸星寅一に依頼[489]。出来上がった歌詞の各節末尾に杉浦学長の発案で「自由の学府」の文句を付け加え完成した。歌詞の中には、当初の三等の草案にあった語彙も含まれており、諸星が草案に配慮して作詞したと思われる。当時の立教大学新聞にも、歌詞は学内より募集したものを改定、修正したとあることから、草案から修正を加え作詞したものと考えられる[490]。作曲は、東京音楽学校(現:東京芸術大学)教授の島崎赤太郎[注釈 124]が行い、1926年(大正15年)2月27日、大学歌発表会が開催され、校歌「栄光の立教」が披露された[490]。その年の卒業式で初めて公に歌われた。校歌は、スマートフォン携帯電話着信メロディとしてもダウンロードできる。
旧校歌の存在
初期の立教大学新聞である『ムサシノ第4号』(1923年1月26日刊行)に、大学には英語の校歌があるが、学生の間にあまり知られていないとの記述があり、1926年(大正15年)に校歌「栄光の立教」が作られる以前に英語の校歌が存在していたことが分かっている[492]1919年(大正8年)5月31日に開催された池袋校舎落成式に来賓として参加した渋沢栄一の伝記資料にも、『校歌を合唱して閉会したるは晩景なりき。』との記述があり、別の校歌が存在していたことを裏付けている[383]。また、立教大学新聞第29号(1926年3月15日刊行)に「栄光の立教」が作られる以前に英語の校歌や数種のカレッジソングがあったとの記述がある[490][493]
準校歌『あゝ立教の旗の下』
1941年(昭和16年)、従来の上記校歌『栄光の立教』がメロディーがその優雅さの故にか、野外、特に神宮外苑等では調子が弱く、かつ学生の士気にも関係するという説もあることから、活発明朗な校歌の誕生が強く要望され、立教大学学友会で校歌の募集を行うこととなった。これにより従来の『栄光の立教』が廃止される訳ではなく、今後は両校歌を適宜併用することとした[494]。応募の結果、武藤重勝(立教大学図書館員)の作詞した校歌が選ばれた。武藤は、寮歌『荊道遠くたどり来て』の作詞者でもあり、準校歌当選時の抱負として、私は詩作を始めてから10年となり、学校に近代的で新鮮な優秀な詩を残したいということはかねてからの希望であったことから、準校歌を書いたことを嬉しいと語った。作品は近代的行進曲に準じるとともに、格調技巧音感等にも苦労して書いたが、技巧は自作の中でも自信のあるものとなったといい、歌詞は立教学院学報第7号(1941年5月6日)に現存する。作曲についても作詞同様に募集され、武藤は作曲も優秀なものを望み、さらに今後立教の学生からもっと優秀な作品を生ませたいと語った[495]
この準校歌は現在、存在が忘れられ歌われていないが、歌詞にある『あゝ立教の旗の下』の言葉は、戦後(1946年)に作られた第一応援歌『行け立教健児』の2番にも使われている[496]
戦時中の別の準校歌
1942年(昭和17年)には、校歌『栄光の立教』の「自由の学府」の文言が問題視され斉唱禁止となり、同年12月10日には、戦時下の状況が反映された準校歌(作詞:尾崎喜八、作曲:小松平五郎)が制定された[406]。第二応援歌の『St.Paul's will shine tonight』も敵性語であるとして斉唱禁止となった[154]。戦後となり、この準校歌は制定を解除され、再び校歌『栄光の立教』を斉唱できるようになった。

寮歌[編集]

『荊道遠くたどり来て/棘路(いばらじ)とおくたどり来て』[497]
作詞:武藤重勝[495]。近年では体育会応援団により団祭でたまに披露される程度で普段は披露されず、一般学生からは忘れ去られ歌唱されることがない曲であるが、名曲として知られる[498][499][500]

応援歌[編集]

第一応援歌『行け!立教健児』
作詞:小藤武門、作曲:土橋啓二。応援団に入ったばかりの小藤武門(後の応援団長)は、当時の草壁哲雄団長(応援歌「栄光立教」の作詞者)から、新しい応援歌を作るようにとの依頼を受けた。しかし、曲作りも戦争でいったん中断する。戦後となり1946年(昭和21年)、中断していた東京六大学野球が復活し、「新しい時代には、新しい応援歌を」と復員後、本学を卒業した小藤は仕事の傍ら再び曲の制作に取り組み、作曲家・土橋啓二の尽力を得て、古今聖歌集の聖歌300番を基に作詞し、6年ぶりに完成した曲である[501]
第二応援歌『St.Paul's will shine tonight』
作詞・作曲:不詳
1927年(昭和2年)、米国カリフォルニア州フレズノ日系二世を中心に結成された野球チーム「the Fresno Athletic Club」が来日し、本学バスケットボール部とバスケットボールの親善試合を行った。試合後、フレズノ側が自チームの応援歌「セント・フレズノ ウィル シャイン…」を「リッキョー ウィル シャイン…」と歌い、勝った立教を祝福した。この歌はバスケ部歌となり、やがて大学の応援歌となった。授業開始・終了時のチャイムとしても使われている。詳細は「フレスノ野球団」を参照。
第三応援歌『若き眉』
作詞:清水みのる、作曲:利根一郎
第四応援歌『栄光立教』
作詞:草壁哲雄、作曲:土橋啓ニ
第五応援歌『勝ちて歌わん』
作詞:佐伯孝夫、作曲:灰田有紀彦
第六応援歌『輝く栄光』
作詞:小藤武門、作曲:土橋啓ニ
学生歌『紫の旗』
作詞・作曲:不詳、補作・編曲:井上義之
幻の応援歌『力のアポロ』
昭和の初め、野球部に応援歌がないことが、チームの志気をひき立たせる上にも、一般野球ファンの間にも非常に遺憾とされていた。そこで、1930年(昭和5年)4月に立教大学グリー・クラブの斡旋により、姉妹校の奈良英和学校で学んだ校友でもある西條八十が作詞し、弘田龍太郎が作曲した野球応援歌が作られた。歌詞は当時の立教大学新聞紙上に公開され現存する[502]。西條八十は、「青い山脈」や「東京行進曲」も生み出した著名な作詞家で、母校・早稲田大学の「紺碧の空」の募集審査を行ったり[503]、「明治大学校歌」を補作して生み出すなど、校歌や応援歌の作者としても名の知れた人物である[504]
1930年(昭和5年)5月6日に、本応援歌の第1回練習会が体育館前広場でグリー・クラブ員の指揮の下に行われ、時ならぬ賑わいを見せ、翌7日に宿敵慶應を遂に撃破したため、学生の意気は大いにあがった。5月8日には翌9日の対早稲田戦1回戦を控えて、再度練習が行われ、久保田根岸、坂東、冨田、矢野の諸教授も熱がこもった大声を張り上げた。歌はテンポが遅く他校の応援歌に圧倒される懸念がないわけでもないが、一般には好評を博したとされた[13]
しかし、作られた応援歌はその後ほとんどの学生に顧みられることなく、闇へ葬られる形となったが、作成に奔走したグリークラブのあるメンバーは、応援歌として不適当であることを認めて、名誉回復のため再度、立派な応援歌を作り上げる計画を立てることとなったと伝えている[505]
また、戦後初のヒット曲である「リンゴの唄」や、「ちいさい秋みつけた」「うれしいひなまつり」などの作詞を手掛けたサトウハチロー(旧制立教中学出身)は西條八十の弟子であり、第三応援歌『若き眉』の作詞を行った清水みのるの先輩としても知られる。

創立記念日[編集]

立教学院は創立記念日を5月5日としているが、いつから、なぜその日を創立記念日としたか分かっていなかった[506]。米国聖公会のジョン・リギンズが1859年(安政6年)5月2日に長崎に来日し、まもなく崇福寺広徳院に設立した立教の源流となる私塾や、チャニング・ウィリアムズが1870年(明治3年)に大阪・川口の与力町に設立した英学講義所(のちの大阪・英和学舎)の設立日は分かっておらず、ウィリアムズが1874年(明治7年)に東京・築地に開設した立教学校の設立は2月3日である[289][3]
明治の頃には1月末から2月にかけて、創立記念式を挙げていたようだが、その後いつの頃からか5月5日を創立記念日とするにようなったと考えられている。立教学院百年史では、この日の由来として「男子の学校だから(創立当時は“Boys school”と称していた) 男子の節句に祝うことにしたもののようである。」との推測を記載している[506]
そうした中で1930年(昭和5年)4月15日発行の立教大学新聞(第87号)に、もともとグッド・フライデーをもって創立記念日として定められていたが、この日が年によって毎年異なってくるため、一般に5月5日を記念日として決定されたとあり、記念日設定の理由が記載されている。しかし、これも丁度金曜日に巡り合わない年は無意味な休校となることから、この1930年(昭和5年)は、4月18日金曜日をグッド・フライデーとして臨時休校としている[502]

楯のマーク[編集]

楯のマーク

オフィシャル・シンボルであるのマークは、建学の精神を具体的に表現するものとして、1918年(大正7年)にライフスナイダー総理が定めたものといわれている。楯のマークには「立」の文字の下に十字架聖書がデザインされている。現在のマークはの2色が基本デザインで、紫は「王の色」、白は「清純の象徴」、白色の十字架は「キリストの純潔」を意味している[注釈 125]。楯の中に書かれている「PRO DEO ET PATRIA」という言葉は「神と国とのために」というラテン語で、「普遍的なる真理を探究し、私たちの世界、社会、隣人のために」ととらえ、立教学院の目的として位置づけている[508][509]

ユリの紋章[編集]

フルール・ド・リスのマークが付いた帽子をかぶった野球部選手(1931年秋)

立教の学生や生徒、児童、各校の卒業生に広く愛用されている百合紋章フルール・ド・リス)は、1932年(昭和7年)、学生キリスト教団体「立教大学ローバース」によって使用され始めた。立教ローバースは、2021年で創設97周年を迎えた歴史ある団体で、学内では学生キリスト教団体、山岳関係団体にも所属し、日本ボーイスカウト東京連盟城北地区豊島第8団に所属する、ボーイスカウト団体である。世界各国のスカウト章にはフルール・ド・リスが用いられている[510]

野球部でも昭和初期には野球帽にフルール・ド・リスのマークが加えられた[511]

ユリは純潔の象徴とされ、キリスト教と深いつながりを持つ。元来、ユリの紋章は神の三位一体性を象徴したもので、キリスト教国では勝利の記号に用いられるが、立教大学では知・徳・善あるいは、愛・正義・誠を象徴するものとして使用されてきた。ユリの紋章は、イタリアフィレンツェアメリカセントルイスをはじめ、都市のシンボルマークとしても使われているが、教育機関でも英国のパブリックスクールの名門校で、立教大学と同じ英国国教会系のイートン・カレッジの紋章などにも使用されている[512]

学校法人立教学院では2009年4月にフルール・ド・リス(セントポールズ・リリー)を楯のマークに次ぐセカンダリ・シンボルとして採用し、デザインを精緻化するとともに、St.Paul’sの文字を加えた[513]

スクールカラー[編集]

スクールカラー色。のマークの色に由来する[508]。紫色は「王の色」を意味する[509]。また紫は、校歌の歌詞に「紫匂える武蔵野原」とあり、武蔵野の代表的植物「ムラサキ」としても歌われる[注釈 126]

校旗[編集]

現校旗

紫紺地に色の十字架と左肩に金色の「立」が描かれている。楯のマークに由来し、楯と同じく、紫色は「王の色」、白色は「純潔・正義」を象徴し、十字架は「イエス・キリストとその愛」を、「立」の金色は研究・教育を通して追究すべき「真の価値」を象徴している。1924年(大正13年)にライフスナイダー総理と杉浦貞二郎学長とによって立案、制定された[509]

旧校旗の存在
立教大学卒業式(1912年)

1912年(明治45年、大正元年)に行われた立教大学卒業式の写真の向かって右上に、花が入った旗が配置されており、当時の校旗であったと思われる[23]。桜花のデザインは学習院でも1877年(明治10年)の創立当初から徽章に採用され、学校法人学習院の院章・校章となっており、学習院大学の校旗にも用いられている[514]
また、1883年(明治16年)に大阪・英和学舎(立教大学の前身の一つ)で、制帽、制服とともに徽章が規定された際に、徽章のデザインとして桜を形どった模様が用いられている[注釈 103]

本館 モリス館(池袋キャンパス)[編集]

1918年(大正7年)、米国聖公会宣教師アーサー・ラザフォード・モリスが遺した寄付によって建てられた本館(1号館)は「モリス館」と呼ばれている。ニューヨークのマーフィー・アンド・ダナ建築事務所によって設計された。かつて米国で流行っていたカレッジ・ゴシック様式であり、米国のセントルイス・ワシントン大学プリンストン大学、聖公会が設立に携わったペンシルベニア大学トリニティ・カレッジ(コネチカット州)などでも見ることができる。立教大学と同じルーツを持つ英国国教会に属する英国のパブリックスクールの名門イートン・カレッジの建物「ラプトンの塔」も同様式である。また、立教大学の国際協定校である韓国の名門、延世大学のメインビルディングの「アンダーウッド館」(1924年・大正13年竣工)も同じマーフィー・アンド・ダナ建築事務所によって設計された建物で、隣接する左右にある建物の配置を含めて、立教大学とよく似た雰囲気を持ち合わせている[515][516]。立教大学卒業生の岡見如雪が理事長を務めた頌栄女子学院の校舎も、モリス館をモデルに設計されている。岡見は同じ聖公会系のウィンチェスター大学英語版との協同により、世界で初めての合弁大学であるウィンチェスター頌栄カレッジも創設している。

創建当初のモリス館は、中央の時計塔が現在よりも荘厳な3層構造の建物で、周囲よりも高層なシンポリックな「塔」であったが、1923年(大正12年)の関東大震災で塔の上層が被害を受けたため、その後、修復する際に1層低い現在の2層構造で再建されることとなった。屋根も再建時にチューダー様式の特徴の一つであった切妻から寄棟に変更された[517][518]。 創建当時の姿である3層構造の建物で比較すると、アーサー・ロイドも学んだ英国ケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジや、ジョージ・エンソルが学んだクイーンズ・カレッジの建物に酷似しており、マーフィー・アンド・ダナ建築事務所が設計の際に参考にしたものと思われる。時計塔の時計は、南北の文字盤を親時計が動かしている。動力には分銅(重り)が使われており、現在も担当者が分銅を引き上げる作業を行っている。当初は1週間に1度程度行っていたものが、3層構造から2層構造への減築時に塔の高さが短くなったことから、現在の3~4日に1度の作業となった。親時計は、イギリスの国会議事堂に付属するビッグ・ベンと同じ、E・デント社製である。製作から100年を超える古時計のために図面がなく、今後の保存やメンテナンスのためにも、専門家である世界古時計協会の日本支部に時計の図面化を依頼したことがあったが、分解して図面化して組み立てなおすのに1年かかるとのことで、図面化を断念した経緯がある。そのため、時計の造りは単純ではあるが、2022年現在もどういう仕組みで時計が動いているか完全には解明されていない。また、屋上テラスには、時計と連動して定時の時刻を知らせるため池袋キャンパスに鳴り響いていたと思われる鐘が残っているが、今は動いておらず鐘の音を聴くことはできない[519]。大正期において、時計塔は立教の誇りであり、「自由の塔」と呼ばれていた[520]

モリス館は2012年に耐震補強と内装改修が行われたが、3層の時計塔「自由の塔」の再建はなされなかった。モリス館は東京都選定歴史的建造物に選定されている建物であるが、選定基準にある保存状態について、「外観・敷地の状況が建設当時の状態で保存されているもの」とされていることに加え、近年、三菱一号館東京駅丸の内駅舎[注釈 127]など明治期や大正期の建物を創建当時の姿に蘇らせる復元プロジェクトが全国的に進んでいることから、今後立教大学のシンボルとして鐘の音とともに復元される可能性がある[522]。また、明治期には、築地の立教大学校校舎に、学生の大きな誇りとなる美しい尖塔が建っていた。(詳細は立教大学校校舎と尖塔

各記念ホール[編集]

前項のモリス館を始め、立教大学には学校の発展に貢献した人物の名前のついた建物が多く、タッカーホール、ウィリアムズホール、マキムホール、ロイドホールなどがある。大学への寄付者を記念するメーザーライブラリー記念館や、太刀川記念館も存在する。
こうした貢献者の名を冠するメモリアルホールは欧米の大学でも多く見られ、立教大学創設者であるウィリアムズが学んだアメリカのウィリアムズ&メアリー大学においても、同大学で学んだ初代アメリカ大統領を記念するワシントンホールを始め、ジェファーソンホール、モンローホール、タイラーホールなど、建物の多くに卒業生など偉人の名がつけられている[523]。アメリカ最古のロースクールであるマーシャル-ワイス法科大学院(ウィリアム・アンド・メアリー大学ロースクール英語版)もアメリカ独立宣言の署名者で、ジェファーソン(第3代アメリカ大統領)も学んだバージニア州最高裁判所判事のジョージ・ワイス(アメリカ法律学の父、アメリカ最初の法律学教授)と、彼に同大学で学んだ第4代連邦最高裁判所長官のジョン・マーシャルを記念した名である。大学構内には立教大学にある建物と同じ名称のタッカーホールもあるが、これは立教学院総理であるヘンリー・セントジョージ・タッカーの曽祖父で、ワイスの後継者として法学教授を務めたSt. George Tucker英語版を記念した建物である[524]

オックスフォード大学クライストチャーチ Christ Church Hall(食堂)

第一食堂(池袋キャンパス)[編集]

本館(モリス館)と同じく1918年(大正7年)に竣工した第一食堂は、英国の寄宿舎を思わせるクラシカルな雰囲気で、ハリーポッターの世界観があると言われ、学外からの訪問者も多い食堂である[525][42][43]。立教大学と同じルーツを持つ英国国教会聖公会)系大学であるオックスフォード大学クライストチャーチにある「Christ Church Hall(食堂)」は、実際に映画ハリーポッターのモデルとなった食堂で、階段などはロケで利用されている。第一食堂とは窓の構造や配置が類似しており、天井の梁の造りは同一構造となっている[526]
第一食堂入口の扉の上にはラテン語で「APPETITVS RATIONI OBEDIANT」とあり「食欲は理性に従うべし」と書かれている。これは哲学者キケロの「欲望は理性に従うべし」という言葉をもじったものである[525]

ツタと赤レンガ

ツタと赤レンガ[編集]

本館正門から見て右側のツタは、1924年に聖公会神学院のチャペルから移植されたキヅタで、一年中緑色をしている。左側は、フランク・ロイド・ライトが設計した目白・自由学園明日館から1925年に移植された。本館全体に這っているのはナツヅタで、秋には葉を落とす。池袋キャンパスを象徴するレンガ建造物は、「フランス積み」と呼ばれる、一段に長手面と小口面が交互に並ぶ組積法で構築されている。非常に手間がかかる施工方法で明治中期以降はほとんど用いられていないが、大正期になってあえてこの方法を採用したのは、装飾面でより優れている点を見越してのことだったと言われている[527]

クリスマスイルミネーション

クリスマスイルミネーション[編集]

本館前の2本のヒマラヤ杉は、1920年ごろ植林された。高さは約25メートルで、現在も成長を続けている。このヒマラヤ杉を用いたクリスマスイルミネーションはクリスマスの時期、池袋のランドマークとなる。イルミネーションの始まりは、戦後間もない1949年ごろ。当時、400個余り取り付けられていた色電球は、現在は1,000個以上である[527]

立教学院諸聖徒礼拝堂(チャペル/池袋キャンパス)[編集]

1916年に定礎式が行われ、1919年に他のレンガ建物群とともに落成。東京都選定歴史的建造物に選定されている。1923年の関東大震災後に改修され、1998年に免振工事が施された。日々の礼拝をはじめ、創立記念やクリスマスなどさまざまな礼拝が行われている。また、パイプオルガンハンドベルなどのコンサートや、結婚式も行われている。

立教学院聖パウロ礼拝堂(チャペル/新座キャンパス)[編集]

チェコ出身の建築家アントニン・レーモンドの設計により1963年に建てられた。礼拝のほか、コンサートなども開かれている。1967年にチャペル会館、回廊、ベルタワーなどが完成。チャペルとチャペル会館は五角形の回廊でつながれ、上空から見ると「立」の字のロゴの形となるように配置されている。ベルタワーは高さ31m。大・中・小3種類の鐘が礼拝前に鳴り響く。

パイプオルガン[編集]

エドワード・ガントレット/妻の山田耕筰の姉)とともに

池袋キャンパスにあるチャペル「立教学院諸聖徒礼拝堂」には、2013年にイギリスのティッケル社が製作したイギリス・ロマン派様式の新パイプオルガンが導入されている。導入に伴い、それまで設置されていたドイツ・バロック様式のベッケラート社製のパイプオルガンは2013年に竣工した池袋キャンパス・チャペル会館2階にあるマグノリア・ルームに2014年6月末に移設された。新座キャンパスにあるチャペル「立教学院聖パウロ礼拝堂」には、2014年にアメリカのフィスク社が製作したフランス・ロマン派様式の新パイプオルガンが導入されており、立教大学には3つの異なるタイプのパイプオルガンが設置されている。また、大学には教会音楽の研究・教育活動を行う「教会音楽研究所」[528]があり、日本における教会音楽の充実と発展のため、研究に加え資料収集や教会音楽に携わる方との交流や研修を行い、一般の方向けにもオープンなプログラムを提供している。

歴史的には、池袋キャンパスが落成式を迎えた1919年から、日本のオルガン界に大きな功績を残したエドワード・ガントレットが教えた。ガントレットは、池袋キャンパスのチャペルにアメリカのエスティ社(Estey)製のパイプオルガンを設置した。設置には学生も手伝わせている。また、築地キャンパスの聖三一大聖堂には既にパイプオルガンが設置されており、立教では複数のオルガンを所有していた。ガントレットは、立教大学最初の聖歌隊長も務めた。当時生徒であった山鹿博によると、ガントレットはパート楽譜を自分で印刷してきて生徒に配り、練習した後でパイプオルガンを弾きながら指揮したという。1900年に滝廉太郎の堅信式を行い、音楽にも知見のあったジョン・マキムもガントレットの指揮する教会音楽(英国のアンセム)に感激したと言われている。東京府立第一高等女学校(現・都立白鵬高等学校)の4、5年生全員が、音楽教師に引率されて池袋キャンパスのチャペルを訪れ、ガントレットの演奏を鑑賞したこともあったという[529]。加えて、ガントレットは経済学部教授としてタイプライティングも教えている[331]

1923年の関東大震災では、東京と横浜のパイプオルガンはほぼ壊滅してしまったが、池袋キャンパスのパイプオルガンは生き残り、1926年には、日本のオルガン奏者の泰斗である木岡英三郎が、欧州から帰国して最初の演奏会を池袋のチャペルで開催した[393]。後に、カール・ブランスタッドが、ガントレットの後任としてオルガニストとなり、立教大学聖歌隊を指導し、日本トップクラスの聖歌隊に育て上げた[530]

立教学校初代校長のジェームズ・ガーディナーが設計した東京・本郷の聖テモテ教会聖堂に設置されていたパイプオルガンは、1932年に設置された日本楽器(現:ヤマハ)製の国産第1号のパイプオルガンであったが、1945年の戦災で聖堂とともに焼失。パイプオルガンの音色を再び響かせたいという想いの下、2002年に新パイプオルガンが設置された。聖堂は1950年に再建されている。

角帽・モルタルボード型[編集]

モルタルボード(角帽)

築地にあった米国式カレッジである立教大学校の学生が、角帽モルタルボード型)を日本で最初に着用して都内を闊歩したと言われる。この米国式の大学帽は、頂に赤と黒の絹の房があり、学生たちはそれをたらして意気揚々と都大路を闊歩していたという。当時の学生たちは西洋の大学に入学したような心持であった。制服は金ボタンがついた制服であった[25][531][480][28]

立教大学校校舎と尖塔(1883年‐1890年)[編集]

立教大学校校舎

1883年(明治16年)1月に築地で設立された立教大学校の校舎(1882年12月竣工、ガーディナー設計、築地居留地37番)は、ゴシック風の煉瓦造りの3階建てで、外容は煉瓦の朱色に対し、帯青色の石材をもって窓および棟の装飾に用い、中央には20メートル近い大尖塔がそびえ立っていた。その頂には金色の十字架が輝き、東京見物の人々も訪れる観光名所となっていた[25][531][480]。尖塔は銀座からも見え、当時の学生の大きな誇りになっていた。また、これまで電気やガスがなく、初めてアセチリン瓦斯燈が輸入された当時であったが、講堂のランプは全て瓦斯燈を扱う商店の寄付により設置され、講堂に集う聴衆は明るく煌々たる光景に肝をつぶしたという[28]。校舎の1階を教室とし、2階・3階を寄宿舎としていた[331]。傍らには築地1丁目にあった旧校舎も移設して、舎監室および食堂とした[131]

立教グッズ、アパレル[編集]

立教のロゴが入ったグッズやアパレルなどのオリジナルグッズが池袋キャンパスにある『池袋セントポールプラザ』や『立教オンラインショップ』などで販売されている。「立教水」の愛称で親しまれるオリジナルのミネラルウォーターも人気商品となっている。グッズの中には体育会応援グッズもあり、硬式野球部のレプリカユニフォームや立教箱根駅伝応援のポロシャツやタオルマフラーなども扱っている[532]。オンラインの『Rikkyo Alumni Shop』では、校友会オフィシャルグッズも販売されている。これら以外にもラグビー部やアメリカンフットボールチームであるRushers(ラッシャーズ)などは、チーム独自のサイトでグッズ販売を行っている。
また、経営学部のゼミでは、株式会社ZOZOやアパレルブランド「nano・universe」などと連携して、大学とアパレルブランドのコラボレーション企画としてパーカーを製作している[533]。2022年10月にはZOZOTOWNとのコラボレーションで「Rikkyo University」の頭文字のロゴを施したスウェットを製作した[36]
こうしたグッズ販売や取り組みは、アメリカの大学では伝統的に盛んに行われており、大学スポーツの人気とともに、大学のブランド力向上や収益に繋がっている。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)においては、1919年にロサンゼルスのウエストウッドにキャンパスを設立して以来、グッズを販売している。UCLAのキャンパス内には街中のアパレルショップさながらの『UCLAストア』などの大型ショップが複数展開して豊富な商品を扱っており、在校生のみならず多くの観光客が購入している。UCLAの学生スポーツチームであるUCLAブルーインズの名称が入ったグッズも多くある。また、オンラインの『UCLAstore.com』の収益はすべて、UCLAコミュニティのための商品やサービス、最先端のキャンパス施設、学生活動のための資金など、さまざまな方法で再投資されており、大学の運営に寄与している[534]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

池袋キャンパス7号館(メディアライブラリー)
池袋キャンパス4号館(旧予科校舎)
池袋キャンパス14号館
  • 文学部(池袋キャンパス)
    大学創立時からの流れを汲む文学部の学科数は学内で最も多かったが、2006年度改編に伴いキリスト教・文・史・教育の4学科となり、新たに専修が加わった。また、比較文芸・思想コースが設置されていたが、2008年度をもって廃止し、文芸創作部門、思想・哲学部門、文化・文明批評部門が「文芸思想専修」となった。このコースは正式な学科ではないが、このコースを履修する学生には独自科目を配置。入学した学科に所属しながら、コース独自の科目を履修し、卒業時には「卒業研究」として創作文芸作品や芸術研究、共同制作の映像作品などを提出した。
  • 経営学部(池袋キャンパス)
    「リーダーシップの育成」を目標に掲げ、グローバル化する社会に資する人材を育成すべく、独自のプログラムを展開している。学外の高校や企業とのコラボレーションも盛んで、学部生は一年生の段階から、授業を通して企業から提示されたプロジェクト課題に取り組み、問題解決やプレゼンテーションなど実践的なスキルを身につけていく。
  • 社会学部(池袋キャンパス)
    国際社会コースは、1学年各学科15名、計45名により構成される。1年次に書類を提出し、志望理由、全般的な成績、英語力等に基づく選抜の上、2年次からコースを選択することができる(なお、国際社会コース入試による入学者は、国際社会コース選択があらかじめ決定している)。
  • スポーツウエルネス学部(新座キャンパス)
    2023年度にコミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科から独立した。
  • グローバルリベラルアーツプログラム(池袋キャンパス)
    2017年より開設。原則、英語で授業が行われる科目の履修だけで学位の取得が可能となっている。2年次の秋学期から始まる留学までは、GLAP生全員が寮で生活する。その上で、2年次の秋学期から3年次の春学期までの1年間、全員が海外の協定校に留学する。帰国後は「Humanities」「Citizenship」「Business」という3分野から専門領域を選択し、4年次には「Final Year Seminar」を履修しつつ、卒業論文を執筆する。文部科学省スーパーグローバル大学創成支援」採択を受けて開設された。

研究科[編集]

池袋キャンパス太刀川記念館
池袋キャンパス11号館(法科大学院、独立研究科、グッドデザイン賞受賞)
  • キリスト教学研究科(博士前期課程・後期課程)
    • キリスト教学専攻
      • 前期課程のコース
        • キリスト教学研究コース
        • ウィリアムズコース - キリスト教に関わる現場で2年以上の実務経験を有する者が対象。
      • 聖公会牧師養成校(神学校)である聖公会神学院との単位互換制度がある。
  • 文学研究科(博士前期課程・後期課程)
    • 日本文学専攻
    • 英米文学専攻
    • ドイツ文学専攻
    • フランス文学専攻
    • 史学専攻
    • 超域文化学専攻
      2010年4月に地理学専攻から名称変更。人文地理学、文化人類学、考古学、民俗学、地域研究を融合した研究、教育を実施。
    • 教育学専攻
    • 比較文明学専攻
      「現代文明学領域」「文明工学領域」「言語多文化学領域」「文明表象学領域」という4つの研究領域(科目群)を設置。
  • 経済学研究科(博士前期課程・後期課程)
    • 経済学専攻
      前期課程に社会人コースを設置。夜間や土曜日に展開される科目を中心に履修することが可能となっている。
      本学唯一の院生による自治会を有している。
  • 経営学研究科
    • 経営学専攻(博士前期課程・後期課程)
      • 前期課程のコース
        • アカデミック・コース - 研究者養成のためのコース
        • プロフェッショナル・コース - 高度職業人養成のためのコース
        • リーダーシップ開発コース - 人づくりと組織づくりの高度専門人材育成のためのコース
      • 専門分野
        • マネジメント分野
        • マーケティング分野
        • アカウンティング&ファイナンス分野
    • 国際経営学専攻(博士前期課程)
      全科目が英語で開講
  • 理学研究科(博士前期課程・後期課程)
    • 物理学専攻
      理論物理学研究室、原子核・放射線物理学研究室、宇宙・地球系物理学研究室がある。
    • 化学専攻
    • 数学専攻
    • 生命理学専攻
      教員は「分子生物学」「生物化学」「分子細胞生物学」の3領域に分かれている。
  • 社会学研究科(博士前期課程・後期課程)
    • 社会学専攻
      2006年に、社会学専攻と応用社会学専攻の2専攻体制から1専攻体制に改編。「社会研究領域」「政策研究領域」「文化研究領域」「都市研究領域」「メディア研究領域」「コミュニケーション研究領域」という6つの研究領域がある。
  • 法学研究科(博士前期課程・後期課程)
    • 法学政治学専攻
      2006年に、比較法専攻、民刑事法専攻、政治学専攻を法学政治学専攻に改編。法学・政治学の垣根を越えた科目履修による、基礎的研究能力の育成と高度の専門知識の修得を教育目標としている。
  • 観光学研究科(博士前期課程・後期課程)
    • 観光学専攻
      「観光行動・観光文化研究」「観光地域・観光地計画研究」「観光産業・観光事業経営研究」の3分野がある。
  • コミュニティ福祉学研究科(博士前期課程・後期課程)
    • コミュニティ福祉学専攻
      「ソーシャルワーク研究」「コミュニティ政策研究」の2つの研究領域から構成される。
  • 現代心理学研究科(博士前期課程・後期課程)
    • 心理学専攻
    • 臨床心理学専攻
    • 映像身体学専攻
      研究領域は「基盤研究系」(理論研究)、「制作・表現系」(実践研究)、「プロデュース系」(芸術制作の運営研究)の3部門からなる。
  • スポーツウエルネス学研究科(博士前期課程・後期課程)
    • スポーツウエルネス学専攻
  • ビジネスデザイン研究科(博士前期課程・後期課程)
    • ビジネスデザイン専攻
      社会人のためのビジネススクール型大学院で、就業経験が2年以上あることが応募要件となっている。
  • 社会デザイン研究科(博士前期課程・後期課程)
    • 社会デザイン学専攻
      研究領域には「コミュニティデザイン学」「危機管理学」「社会組織理論」がある。
  • 異文化コミュニケーション研究科
    • 異文化コミュニケーション専攻(博士前期課程・後期課程)
      「異文化コミュニケーション」「環境コミュニケーション」「言語コミュニケーション」「通訳翻訳コミュニケーション」の4分野を複合的に研究。
    • 言語科学専攻(博士前期課程)
      2012年4月に開設。「言語科学」と「言語教育」の2領域を設置。
  • 法務研究科(法科大学院
    • 法務専攻
      法学未修者用の「3年標準型」と、法学既修者用の「2年短縮型」がある
      2004年(平成16年) に設置したが、6年連続の定員割れで、2018年(平成30年)に学生募集を停止[434]
  • 人工知能科学研究科(2020年4月開設)
    • 人工知能科学専攻
      日本初のAIに特化した大学院

附属機関[編集]

池袋キャンパス3号館(左、旧寄宿舎、東京都選定歴史的建造物)と11号館(右、法科大学院)、マキムホール(奥、15号館)
ライフスナイダー館[536]
  • 総合研究センター
    • アメリカ研究所
      立教大学における最初の研究所として1939年に設立。
    • キリスト教教育研究所
    • ラテンアメリカ研究所
    • 社会福祉研究所
    • 観光研究所
    • アジア地域研究所 (CAAS)
    • 英語教育研究所
    • 教会音楽研究所
    • 日本学研究所
    • ウエルネス研究所
    • ビジネスロー研究所
    • グローバル都市研究所
    • ESD研究所
  • 社会デザイン研究科附属機関
    • 社会デザイン研究所
  • コミュニティ福祉学部附属機関
    • コミュニティ福祉研究所
  • 経営学部附属機関
    • リーダーシップ研究所
  • 経済学部附属機関
    • 経済研究所
  • 法務研究科附属機関
    • 法曹実務研究所
  • 理学研究科附属機関
    • 先端科学計測研究センター
    • 未来分子研究センター
    • 生命理学研究センター
    • 数理物理学研究センター
  • 現代心理学部附属機関
    • 心理芸術人文学研究所
  • 心理教育相談所
  • 原子力研究所(神奈川県横須賀市長坂2-5-1)
    1957年に設立。米国聖公会から寄贈された原子炉は1961年に初臨界に達したが、2001年に稼働を停止。現在は廃止措置中。
  • ジェンダーフォーラム
  • 立教学院史資料センター
  • ビジネスクリエイター創出センター
  • 平和・コミュニティ研究機構
  • 江戸川乱歩記念大衆文化研究センター
  • 共生社会研究センター
    「住民図書館」から寄贈されたNGONPO関連資料等を所蔵、一般公開している。埼玉大学共生社会教育研究センターと連携。
  • 社会情報教育研究センター
  • 観光ADRセンター
  • 全学共通カリキュラム運営センター
    • 全学共通カリキュラム運営センター
      • 英語教育研究室
      • ドイツ語教育研究室
      • フランス語教育研究室
      • スペイン語教育研究室
      • 中国語教育研究室
      • 諸言語教育研究室
    • 総合教育科目構想・運営チーム
      • 人文学系サポートグループ
      • 自然・情報科学系サポートグループ
      • 社会科学系サポートグループ
      • スポーツ人間科学系サポートグループ
  • ランゲージセンター
  • 英語ディスカッション教育センター
  • 日本語教育センター
  • 学校・社会教育講座
    • 教職課程
    • 学芸員課程
    • 司書課程
    • 社会教育主事課程
  • 総長室
  • 教務部
  • 学生部
  • キャリアセンター
  • 新座キャンパス事務部
  • 保健室
  • 国際センター
  • メディアセンター
  • ボランティアセンター
  • 入学センター
  • リサーチ・イニシアティブセンター
  • 大学教育開発・支援センター
  • 人権・ハラスメント対策センター
  • グローバル教育センター
  • 立教セカンドステージ大学
    50歳以上を対象とした生涯学習機関で、修業年限は1年。カリキュラムは「エイジング社会の教養科目群」「コミュニティデザインとビジネス科目群」「セカンドステージ設計科目群」「ゼミナール・修了論文」で構成されている。文部科学省認可の大学ではないが、修了者は学校教育法105条の規定に基づく「履修証明書」が交付される。
メーザーライブラリー記念館 (旧図書館本館旧館)東京都選定歴史的建造物
メーザーライブラリー記念館新館(旧図書館本館新館)
  • 礼拝堂
    • 立教学院諸聖徒礼拝堂(池袋キャンパス)
    • 立教学院聖パウロ礼拝堂(新座キャンパス)
  • 図書館
    • 池袋図書館
      2012年、本館、池袋メディアライブラリー、人文科学系図書館、社会科学系図書館、自然科学系図書館が統合して誕生。
    • 新座図書館
    • 新座保存書庫
  • 旧江戸川乱歩邸
  • 立教大学出版会

教育[編集]

1997年から始まった全学共通カリキュラムは一般教養科目の新しい展開方法として導入された仕組みであり、このカリキュラムに含まれている「立教科目」と呼ばれる科目群は「特色ある大学教育支援プログラム」に採択されている。

  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)
    • バイリンガル・ビジネスパーソンの育成~多層イマージョン教育プログラム~(2004年採択)
    • 理数教育連携を通じたCBLSプログラム~豊島区との理数教育連携による専門教育プログラム「Community-Based Learning in Science Education」~(2005年採択)
    • 国際ビジネスにおける知財活用人材の養成(2006年採択)
  • 特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)
    • 立教科目――建学の精神から学ぶ科目展開(2005年採択)
    • 学生相談を核とした全学的学生支援の展開(2006年採択)
  • 派遣型高度人材育成協同プラン
    • CSR (Corporate Social Responsibility) インターンシップ・プログラム(2005年採択)
    • ビジネスデザイン研究科による派遣型ビジネスクリエーター養成プログラム(2006年採択)
  • 法科大学院等形成支援プログラム
    • 原訴訟資料オンライン共有システムの構築(2004年採択)
  • 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ
    • 持続可能な未来へのリサーチワークショップ(異文化コミュニケーション学構築をめざして)(2005年採択)
  • 大学院教育改革支援プログラム
    • 観光学研究科によるツーリズム・イノベーターの戦略的育成(2007年採択)

表彰[編集]

  • 辻荘一・三浦アンナ記念学術奨励金
    • 「辻荘一・三浦アンナ記念学術奨励金」は、辻荘一名誉教授(音楽史)および三浦アンナ教授(美術史)のキリスト教芸術研究上の功績を記念し、キリスト教音楽またはキリスト教芸術領域の研究者を奨励するため、1988年に設置された。「音楽史」部門および「美術史」部門の研究者に対し1年ごとに交互に授与される[537][538]

学生生活[編集]

学園祭[編集]

立教大学の学園祭は池袋キャンパスではSt.Paul's Festival (SPF)、新座キャンパスではIVY Festaと呼ばれ、毎年秋に両キャンパスで開催される。

St.Paul’s Festivalは学園祭のNo.1を決定する「学園祭グランプリ」で2019年にMVPを獲得。「ベストオブ学園祭」でも2017年に大賞に選ばれるなど、注目度が高い学園祭で、来場者数は毎年5万人を超える。立教大学広告研究会が主催するミス立教コンテストが同時開催され、ミスキャンパスグランプリを選出する。ミス立教出身者の多くは、アナウンサーやモデル、タレントなどで活躍している。同時に、ミスターキャンパスのミスター立教コンテストも開催されている。

St.Paul's Festivalは東京六大学学園祭連盟に加盟している。

立教祭の廃止とSPFとしての復活開催

立教大学の学園祭であった『立教祭』は学生運動の影響により、1976年から1983年まで廃止されていたが、のちにリクルートホールディングスの役員となった冨塚優を始めとする学生有志たちの尽力により、1984年にSPF(セントポールズフェスティバル)として復活することとなった。この活動は現在のSPF運営委員会の母体となっている[539][540]。また、立教祭として開催されていた頃、当時の大学新聞(1962年)の写真によると、英称としてSPF(セントポールズフェスティバル)も併記されていた[154]

クラブ・サークル活動[編集]

学術・文化・スポーツの分野にわたり、様々なクラブ・サークル活動団体がある。そのうち大学の公認団体としては、約200余りの団体があり、学生の自主的な運営によって学内外で活発に活動している。

主なクラブ・サークル[編集]

昭和初期の応援団
立教大学体育会応援団
1931年、東京六大学野球リーグ戦初優勝を機に、応援に来る学生を統率していこうと、当時柔道部の根本享有ら体育会各部の有志が集まり立教大学体育会応援団が創設された。東京六大学応援団連盟に加盟する。リーダー部、吹奏楽部、チアリーディング部の三部から組織されており、野球部をはじめ体育会各部の応援を行っている。
「立教スポーツ」編集部
体育会本部の情報宣伝部として体育会機関紙「立教スポーツ」を発行している立教大学公認団体。体育会51部55団体の情報を体育会各部やOB・OG、一般読者に伝え、立教大学体育会の発展と向上に寄与するという目的の下日々取材を行っている。

音楽系[編集]

立教大学交響楽団
1919年(大正8年)に発足して以来、第2次世界大戦による活動停止などの時代を経て、今日までその伝統と音楽を受け継ぎながら積極的な演奏活動を行う。同志社大学と合同で行われる「同立交歓演奏会」、定期演奏会、メサイア演奏会、卒業演奏会などの演奏会があり、年間を通じた演奏活動を行っている。
立教大学マンドリンクラブ
1964年創部で、マンドリンを中心としたオーケストラ、ポップ、クラシック、マンドリンオリジナルなど様々なジャンルを演奏している。8月のサマーコンサートや、1年間の集大成を披露する定期演奏会などの演奏活動を行っている。
立教大学スペインギタークラブ
1960年の発足した部活で、クラシックギターやフラメンコギター、またウッドベースやパーカッションなどを用いて音楽を創り出している。プロの世界で活躍するギタリストやフラメンコバイラのOB・OGもいる。
立教大学グリークラブ
1923年創立の歴史ある大学公認合唱団。年4つの演奏会をメインに活動しており、混声、女声、男声などその内容は多岐にわたる。
立教大学軽音楽部
R&B, FUNK, JAZZ, SOUL, POPS, FUSION, BLUESなどのブラックミュージックを中心に、幅広いジャンルを演奏している。
作詞作曲部OPUS
立教大学のバンドサークルでは最も部員の多いサークルのうちのひとつとなっており、メジャーなものからマイナーなものまで、幅広い趣味を持った部員が在籍する。アーティストとして活躍するOB・OGも多い。
クラブDJ
40年以上の歴史を誇るサークルで、週に2回の練習会、月に1回のイベント開催などの活動をしている。
えどむらさき
池袋キャンパスを中心に活動するアカペラサークル。総勢約180名。年に2回の外部の大ホールを借りて行う「サークルライブ」の企画・運営を中心に、各バンドのライブハウスでのライブや学園祭での教室ライブ・屋外ライブ、その他外部のイベント・大会への参加など様々な場所で活動を行っている。
L'espoir(レスポワール)
総勢100名ほどのアカペラサークル。主に3人から6人で、1人1パート担当して活動している。学園祭での教室ライブや屋外ステージにも参加する。様々なジャンルの歌を声のみで表現し、アカペラの魅力と楽しさを伝えられるよう日々練習を行っている。
立教大学JAZZ研究会
立教大学唯一のコンボジャズサークル。セッションは毎週水曜・木曜の17:00~20:00、新座キャンパスのユリの木ホール地下練習室で行っている。

学生キリスト教団体[編集]

立教学院諸聖徒礼拝堂 聖歌隊
礼拝で聖歌やアンセムなどを歌う団体。2019年に創立100周年を迎えた。混声聖歌隊と女声聖歌隊という二つのグループによって構成されているが、現在は両グループ合同で活動している。新型コロナウイルス感染症の流行前は数年おきにイギリスへの音楽研修旅行も行っていた。
立教大学オーガニスト・ギルド
オーガニスト・ギルドは、池袋・新座両キャンパスで行われる礼拝で、パイプオルガンの奏楽をもって奉仕する団体。
立教学院諸聖徒礼拝堂ハンドベルクワイア
立教学院のチャペルに属するサークル。年3回チャペルで開催されるコンサートに向けて日々練習を重ねるとともに礼拝での奉仕に勤しんでいる。
立教ローバース
2019年で創設95周年を迎えた歴史ある団体で、立教大学内では学生キリスト教団体、山岳関係団体にも所属し、日本ボーイスカウト東京連盟城北地区豊島第8団に所属するボーイスカウト団体。

演劇系[編集]

立教大学劇団テアトルジュンヌ
1954年(昭和29年)4月に創立。公演は4月、10月、12月の年3回、1公演あたり5~6ステージを行っている。ウイリアムズホール4階スタジオを使い、舞台・客席とも全て自分達で作り、公演を行っている。
演劇研究会
6月、11月、3月の年3回、本公演を行っている。池袋キャンパス内ウィリアムズホール4階のスタジオを公演場所として使用し、恵まれた環境で芝居をすることができる。
劇団志木
立教大学唯一のミュージカルサークル。主に新座キャンパスのユリの木ホールで活動している。年3回の公演を目標に、公演に向けた練習に取り組んでいる。

創作・表現系[編集]

アルバム制作委員会
立教大学の卒業アルバムの制作・販売を行っているサークルである。アルバムを撮影から編集、販売まで全てを手掛けている。
St.Paul's Campus (SPC)
「好き」を「行動」につなげる「好動提案マガジン」をコンセプトとしたフリーペーパーを創るサークル。年3回(春・夏・冬)発行する本誌と、秋に1年生だけで作る増刊号を発行している。
サパンヌ美術クラブ
1920年頃設立された総合芸術サークル 『セントポール美術倶楽部』を前身に、1959年に美術部門が独立して『サパンヌ美術クラブ』となった歴史ある美術系サークルである。
SPF(セントポールズフェスティバル)運営委員会
池袋キャンパスの学園祭であるSt.Paul's Festivalを運営する団体。
IVY Festa(アイビーフェスタ)実行委員会
新座キャンパスの学園祭であるIVY Festaを運営する団体。
立教大学放送研究会
音声番組や映像番組を企画・撮影・編集して、年に数回学内外に向けて番組発表会を開催するなどしている。池袋キャンパスの学園祭 (St.Paul’s Festival) でのステージイベントも行っている。
立教大学広告研究会
広告に関する研究を行うとともに、学園祭のイベントであるミス立教、ミスター立教コンテストなどを企画・運営する。
立教大学英語会(E.S.S)
2018年に100周年を迎えた歴史あるクラブで、ポール・ラッシュも運営に携わった。1953年(昭和28年)から四大学(早稲田、立教、慶應、一橋)英語劇大会で4連覇するなど、トップクラスの英語力を誇る伝統を持つ[88]。Debate・Discussion・Drama・Speechの4つのセミナーのどれかに属し、それぞれのセミナーにおいて専門的な知識を深める。
立教大学茶道部
流派は裏千家。毎週水・木・金曜日の3~5限に池袋キャンパスのウィリアムズホール一階にある和室で稽古している。
立教大学茶道研究会
新座キャンパスで活動する表千家茶道のサークル。日々の稽古のほか、新座キャンパスの学園祭であるIVYフェスタでのお茶会や、新座市の寺にある庵で地域住民のためのお茶会も開催している。

学術・研究系[編集]

立教大学法学研究会
法学研究会(法研)は自主ゼミナールを主体としたサークル。ゼミは1~2年生の必修科目にあわせたものや、一つのことについて深く学んでいくものなどバリエーションに富んだ内容を展開する。どのゼミもアットホームな雰囲気で、ゼミのあとの懇親会を有志で開いたりしている。また、関東学生法学連盟の活動にも力を入れている。
立教大学学生法律相談室
立教大学公認団体として運営されている団体。弁護士の指導の下、学生が民法および借地借家法関係の相談を行っている。
立教大学ジャーナリズム研究会
1958年に平井隆太郎教授の元に集まった社会学部の学生が始めたサークル。普段は社会問題や学部の授業で感じたことなど 好きなテーマをサカナにして「ミーテ(ミーティングの略)」と呼んでいる議論を行っている。新歓や学祭の時期にはフリーペーパー「JET」を配布する。
立教大学考古学研究会
時代も国も問わず歴史について研究をしているサークル。週1、2回、昼休み、又は授業後に活動している。

ダンス系[編集]

立教大学D-mc
D-mcは、500人以上が所属する立教大学のインカレダンスサークル。立教大学D-mcは優勝経験も多く、大学ダンス界でもトップを争うサークルである。
JG
立教大学公認のストリートダンスサークル。現在は1~3年生の3学年で、新座キャンパスのユリの木ホール地下で、週2日~4日程活動している。ジャンルはhiphop、jazz、house、breakなど9つに分かれており、各ジャンルが練習を行っている。

スポーツ[編集]

体育会の各種目において同志社大学との定期戦が古くから行われているほか、明治大学との定期戦(立明戦)も歴史がある。また、六大学による対抗戦が野球以外の種目でも行われているのに加え、水泳部の日本大学、立教大学、明治大学による日立明三大学水泳対抗戦、法政大学明治大学・立教大学による三大学定期戦、ボート部の日本大学、立教大学、明治大学による日立明三大学レガッタなど、各種目によって多くの大学と定期戦を行っている。

硬式野球部
1909年(明治42年)に大学から正式に部として認められたが[541]、1883年(明治16年)創設の立教大学校には既に日本の野球の先駆けとなる野球チームがあり、東京六大学野球連盟に所属するチームの中で最も古い歴史を持つ[28]。多くの卒業生がプロ野球へ進んでいる。創生期の全日本大学野球選手権大会で3回優勝している。ユニフォームは上下とも白地に紺色の縦ストライプが入ったシンプルなデザインで、ニューヨーク・ヤンキースのユニフォームを模して作られている。帽子には百合紋章フルール・ド・リス)がマークとして用いられている。胸の校名の表記は「RIKKIO」となっており、ローマ字表記と異なるが、IとKが左右対称 (IKKI) になるようにデザインされたロゴである。2017年には東京六大学野球春季リーグで優勝し、続いて出場した第66回全日本大学野球選手権で、1958年以来59年ぶりに4回目の優勝を飾った。
陸上競技部
1920年(大正9年)に創部し、2020年に創部100周年を迎えた伝統ある団体である[542]。OB・OG会である紫聖会と協力して活動を行っている。男子長距離は箱根駅伝で第33回大会総合3位を最高位に27回出場の記録があるが、1968年(昭和43年)を最後に箱根路から遠ざかっている。2018年から立教箱根駅伝2024事業が開始し、創立150周年を迎え第100回大会となる2024年の箱根駅伝出場を目標に立教の誇りと伝統校復活のため強化を進めており、2022年10月15日に行われた第99回箱根駅伝予選会で6位となり、目標としていた2024年よりも1年早く55年ぶりに箱根駅伝への出場を決めた[543]。大学のスクールカラーは「色」であるが、陸上競技部カラーは代々江戸紫であることから、駅伝のタスキの色には「江戸紫」が使用されている[544][545]
2023年には、女子長距離パートが富士山女子駅伝(2023全日本大学女子選抜駅伝)に初出場した。
水泳部
1921年(大正10年)に創部し、2020年に創部100周年を迎えた伝統のあるチームである[546]。現在、競泳部門とシンクロ部門から構成されている。過去には1936年ベルリンオリンピック800mフリーリレーで在校生2名の世界新での金メダル獲得をはじめ、日本選手権水泳競技大会日本学生選手権水泳競技大会などで活躍し、水泳立教と呼ばれ、日本水泳界をリードする時代もあった。長らく低迷する時代が続いたが、近年有望選手が入部し、ユニバーシアード日本代表や日本選手権に出場する選手が出てきており、強化が進んでいる。男子部員は、新座キャンパス近くの「水交寮」(2016年竣工)で合宿生活を送り、チーム力の向上を目指している。
アメリカンフットボール部 (St.Paul's Rushers)
関東学生アメリカンフットボール連盟の1部リーグTOP8に所属、立教大学には珍しい学生最高峰リーグで日本一を目指すクラブ。日本のアメリカンフットボールの歴史は、立教大学教授であったポール・ラッシュの尽力により1934年12月8日に実施された日本発の公式戦、立教大学対明治大学との対戦から幕を開けた。以来、立教ラッシャーズは、日本最古のアメリカンフットボールチームとして学生日本一を争う甲子園ボウルに6回出場、内優勝4回という輝かしい成績を残している伝統のある強豪クラブである[229]。また、ポール・ラッシュは「日本アメリカンフットボールの父」と呼ばれ、ライスボウル(日本選手権)の最優秀選手には、氏の名を冠したポール・ラッシュ杯が授与される。ラッシャーズの愛称もラッシュに因んでいる。
ラグビー部
関東ラグビーフットボール協会に所属。関東大学ラグビー対抗戦グループで戦っている。ラグビー草創期の1923年(大正12年)に創部された伝統を誇る。長く低迷していたが近年になって復調の兆しを見せている。2017年には、56年ぶりに定期戦で早稲田大学に40‐20で勝利し、2019年には、51年ぶりに定期戦で明治大学に38‐24で勝利した[242]。2020年度にBグループからAグループに昇格。2022年度に創部史上初の対抗戦Aグループ2勝を挙げた。
サッカー部
1922年(大正11年)創部。初代部長はハロルド・スパックマンが務めた。1933年(昭和8年)、2代目部長ポール・ラッシュの下、関東大学サッカーリーグ1部昇格。1953年度全日本大学サッカー選手権大会で優勝。関東大学サッカーリーグ1部で過去3回優勝(1954年、1959年、1970年)。多くの日本代表選手を輩出し、メキシコオリンピック銅メダル獲得に貢献。OBも日本代表監督を複数名が務めた伝統あるチーム[228]。現役の学生選手が日本代表チームに選出されていたことから、日本サッカーの父と呼ばれるデットマール・クラマーは大学関係者の家に寄宿し、クラマーもサッカー部の発展に寄与した。クラマーはバイエルン・ミュンヘン監督時代にはUEFAチャンピオンズカップでチームを優勝へと導いている。サッカー部は1970年の天皇杯では、準優勝。現時点(2020年度大会終了時)で学生チームによる最後の天皇杯決勝進出である。1990年代には第14代日本サッカー協会会長の田嶋幸三がサッカー部コーチを務めていた。長らく低迷していたが、2018年に41年ぶりに関東大学サッカーリーグに復帰した。2024年現在、関東大学サッカーリーグ2部に所属。
バスケットボール部
1921年(大正10年)創部。全日本バスケットボール選手権大会で優勝7回、全日本大学バスケットボール選手権大会で6回優勝した古豪で、日本代表監督・選手、協会会長職を輩出するバスケットボール界屈指の伝統校[229]。長い低迷が続いていたが、近年は強化が進み、2021年現在、関東大学バスケットボールリーグ3部に所属している。
バレーボール部
1935年(昭和10年)創部。全日本バレーボール大学男女選手権大会(全日本インカレ)で男子が1953年(昭和28年)、1957年(昭和32年)、1961年(昭和36年)と全国優勝している古豪チームである。その後の低迷期を超えて、近年は強化しており、2023年現在、関東学連2部に所属している[547]
ハンドボール部
1946年(昭和21年)に体操部より独立し送球部として承認されたのが創部ともされるが、1944年(昭和19年)にドイツチームと交流戦(横浜、東伏見)を行っており、実際の創部はさらに古い[548]。1963年(昭和38年)と1967年(昭和42年)に大学日本一となった古豪チームである。2023年現在、関東学生ハンドボール連盟男子2部に所属している[549]
ナンダ・コート
山岳部
1922年(大正11年)に創部した歴史ある部で、堀田弥一が隊長を務め日本人として初めてヒマラヤ山脈での登頂(ナンダ・コート 標高6867メートル)を果たすなど、海外でも大きな功績を残している。1956年(昭和31年)には、OBの小原勝郎が副隊長を務めるマナスル登山隊が初登頂を果たし、日本人として初めて8000M峰登頂の快挙を上げた。山岳部は一年を通じてオールラウンドに活動しており、登山を中心に、ロッククライミング沢登り、雪山登山、アイスクライミングなど季節に応じた活動を行っている。2017年には「ナンダ・コート初登頂80周年記念事業」として、堀達憲ら立教大学OB2人を含む少数精鋭5名の登山隊を編成し、81年ぶりにナンダ・コートへの遠征を行った[230]。その模様はBS11の開局10周年の特別番組として放送された。また、日本の山岳登山の歴史は英国聖公会ウォルター・ウェストンが切り拓き、聖公会のスポーツを通じた教育を今に伝えている。(#日本アルプスの父、日本アルプスの開拓者を参照)
相撲部
1919年(大正8年)創部。1964年の全国学生相撲選手権大会にて、立教大学から初の学生横綱を輩出した。1980年~1990年代前半、部員不足に陥り、他の部から「助っ人」も多く出場していた。その様子は、映画「シコふんじゃった。」(1992年 脚本・監督 周防正行)のモデルになり、第16回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品になった。2018年には、学生相撲の男子相撲部にて、初の女性主将が誕生し、話題になった[550][551]。この年、インカレ団体戦Bクラス(2部リーグ)にて、40年ぶりにベスト8に進出した[552]
ボート部
1948年(昭和23年)創部。埼玉県戸田市に艇庫と合宿所があり、戸田漕艇場で練習を行っている。歴史のある日立明三大学レガッタ(日本大学、立教大学、明治大学の3校によるボート対抗戦)も行われている。全日本大学選手権大会では、2002年、2015年、男子舵手なしフォア、2019年、女子エイトが優勝。全日本選手権では、2016年に、創部68年目で初めて実業団などを抑えて男子舵手なしフォアで優勝、2019年には女子ダブルスカルで優勝するなど、近年は強豪校である。2021年には、コロナ禍で同時開催となった「第99回全日本選手権大会 兼 第48回全日本大学選手権」で、男子フォアで優勝、女子舵手付きフォアで準優勝を果たした。
馬術部
1927年(昭和2年)創部。富士見総合グランドにある馬場で練習活動を行っている。2019年には「第69回全日本学生賞典障害馬術競技大会」で杉本瑞生が創部以来初となる個人優勝を果たした。
剣道部
1928年(昭和3年)創部。2019年には、第38回全日本女子学生剣道優勝大会で創部初の全国優勝。1968年に剣道部に最初の女子学生が入部してから初の快挙となった。
卓球部
1918年(大正7年)創部の歴史ある団体。現在関東学生リーグにおいて、男子、女子ともに3部に在籍している。
ホッケー部男子
1924年(大正13年)創部。2021年度関東学生ホッケー春季リーグ2部で優勝し、入替戦にも勝利し、25年振りに1部昇格を決めた。
女子ラクロス部
2019年、第11回ラクロス全日本大学選手権大会で、創部初の全国優勝をした強豪チームである。
ボクシング部
1923年(大正12年)、日本ボクシングの母である荻野貞行帝拳ジム創設者)らにより創部。1965年(昭和40年)には、第18回関東大学リーグ戦1部優勝、第5回全日本大学トーナメント優勝、全日本大学ボクシング王座決定戦に出場[231]。これまでに5人の全日本選手権優勝者を輩出し、1964年の東京五輪では米倉宝二が日本代表として出場し健闘した。2023年には創部100周年を迎え、記念式典が開催された[232]。現在関東大学リーグ2部に在籍。
レスリング部
1938年(昭和13年)創部。2018年に80周年を迎えた伝統と歴史のあるクラブで、日本の大学レスリング界において5番目に古い歴史を持つ。長らく東日本学生リーグ二部リーグに所属していたが、2022年、二部リーグで優勝し、1962年大会から61年ぶりに一部リーグ復帰を果たした[553][245]。2016年の慶應義塾大学の「45年ぶり」を上回り、最長の期間を乗り越えての一部昇格となった[245]
自転車競技部
1936年(昭和11年)創部。公道などで行われるロードレースとヴェロドローム自転車競技場などで行われるトラックレースを中心に取り組む。近年では、RCS(ロードレース・カップ・シリーズ)総合での表彰、「ツールドフランス in さいたま」への出場、「アジア大学自転車選手権」への出場など、伝統校としての歴史を脈々と受け継いでいる。「全日本学生ロードレース・カップ・シリーズ2021」では、中島渉が総合優勝を果たし、創部初となるRCS年間チャンピオンとなった。続く2022年シーズンにおいても、最終戦である第17回明治神宮外苑大学クリテリウムの結果、中島渉が2年連続でRCS年間チャンピオンに輝いた[554]
スキー部
1937年(昭和12年)創部。学連にも参加し、翌年の小樽で開催されたインターカレッジより参加。1940年(昭和15年)の第13回野沢大会で2部で優勝し、同年に大学の正規体育会として公認された。1953年(昭和28年)第26回大会で優勝し1部へ昇格。1958年(昭和33年)の第31回大会では1部優勝者を輩出。1962年(昭和37年)に2部へ降格すると、以後低迷し、部員減少にも耐えながら存続を続けた。近年、復活を遂げ、2022年度は男子は2部、女子は1部で活動している。スキー部の創部には、頌栄女子学院元理事長でOBである岡見如雪が携わっている[555][556]
アイスホッケー部
1934年(昭和9年)に開始された東京五大学アイスホッケーリーグ(現・関東大学アイスホッケーリーグ)に当初から参加したオリジナル5(慶應・東京帝大・明治・立教・早稲田)の1校である。1936年(昭和11年)から1938年(昭和13年)にリーグ3連覇、1956年(昭和31年)、1958年(昭和33年)にリーグ優勝したほか、1948年(昭和23年)と1949年(昭和24年)に開催された東京八大学アイスホッケーでも2年連続で優勝している。1952年(昭和27年)に開始された東京都大学アイスホッケー選手権大会(現・関東大学アイスホッケー選手権大会)では、1956年(昭和31年)にAグループで優勝したことを皮切りに、1958年(昭和33年)から1960年(昭和35年)に3連覇、1962年(昭和37年)にも優勝し、黄金期を迎えた。日本学生氷上競技選手権大会でも、優勝7回、準優勝10回という成績を残している。しかし、昭和40年代以降は長く低迷期となった。2009年(平成21年)から約40年ぶりに1部復帰を果たすが、再び下位となった。2023年現在、関東大学アイスホッケーリーグ、ディビジョンⅠグループBに所属している[557][558]
バドミントン部
1946年(昭和21年)にアメリカ帰りの学生からバドミントン道具一式を譲り受けて「バドミントン同好会」が発足し、翌1947年(昭和22年)に「バドミントン同好会」が大学体育会に登録され、全国の大学に先駆けて創部された。昭和30年代から40年代にかけて数多くの全日本優勝者を輩出し、日本のバドミントン界を牽引するとともに、競技指導のためOBが中国、韓国に渡航し、東アジアのバドミントンの発展にも貢献した。1953年(昭和28年)から1959年(昭和34年)には全日本学生バドミントン選手権大会で7連覇し、合わせて9回の団体優勝をするなど黄金期となった。その後は、長く低迷したが、2008年にアスリート選抜入試制度が開始されたことから、高校時代に全国大会を経験した学生が入部するようになり、再び強豪校になるべく競技レベルの向上が進んでいる[559]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

末延道成(旧校友会館の創設支援者、三菱の四天王の一人)
松方幸次郎川崎造船所・現川崎重工業社長、松方コレクションで知られる美術品収集家)
  • 立教大学の同窓会として「立教大学校友会」が設置されている。校友会員数は2023年8月時点で約23万人。校友会会員相互の親睦を図り、立教大学の発展に寄与することを目的に、校友会報「セントポール」の送付や、会員総会、ホームカミングデー、年次別校友の集い、地区校友の集い、卒業祝賀パーティ、企業等立教会交流会などを開催している。「校友会奨学金」「校友会外国人留学生奨学金」などの各種奨学金による学生支援、「体育会活動奨励金」を通じて大学への支援も積極的に行っている。
また、全国と世界に「立教会」と呼ばれる校友組織が広がっており、各地域立教会と海外立教会に加えて、企業・職域の立教会、立教経済人クラブ、立教大学体育会OB・OGクラブなどが組織されている。
1907年(明治40年)に立教学院校友会が設立され、1939年(昭和14年)に立教大学同窓会として独立。1960年(昭和35年)に立教大学校友会と改称。以来、校友会は立教大学(立教学校、立教大学校、大阪英和学舎、立教専修学校、東京英語専修学校、立教工業理科専門学校および立教大学大学院)全卒業生・修了者で組織・構成されている。
1922年(大正11年)2月には旧校友会館(後の旧診療所)が竣工したが、その建設は三菱四天王の一人で校友である末延道成東京海上火災保険取締役会長、貴族院議員)の寄付によるところが大きかったとされる[560]。また、氏の養嗣子である末延三次立教大学法学部元教授)によって、末延道成の雅号から名付けた「鳥洞奨学金」が設けられている[561]
1923年(大正12年)から1932年(昭和7年)にかけて、校友である杉浦貞二郎が大学学長を務めていた時期には、美術品コレクターとして松方コレクションの名で知られる校友の松方幸次郎川崎重工業社長、当時川崎造船所衆議院議員)が大学と学長の杉浦を支援した[562][563]。松方は校友会の幹事役員も務めたが[564]、同時期の校友会幹部には、立教学院理事長と校友会会長を務めた松崎半三郎森永製菓社長)、醤油王として知られる濱口梧洞ヤマサ醤油社長、貴族院議員)、東京川崎財閥当主の川崎八右衛門三菱UFJ銀行頭取、三菱UFJ信託銀行頭取)、前田多門ソニー初代社長、第59代文部大臣)、田邊宗英日本テレビ放送網会長、新東宝社長)、星野辰雄渋沢栄一の子、立教大学教授)などが名を連ねている[564][565]
1928年(昭和3年)に今後の立教学院のさらなる発展に向けて、立教大学において医学部の新設や文学部、商学部の充実化などが計画された際には、それらの実現への原動力となるべく既存の立教学院校友会とは別に立教学院後援会が組織され、会長に松崎半三郎、副会長に星野辰雄、顧問に末延道成、松村松年大塚惟明阪井徳太郎、濱口梧洞、吉田栄右らが、理事には前田多門、水田南陽(栄雄)、田邊宗英、生駒粂蔵根岸由太郎須藤吉之祐らが名を連ねた[565]。後援会事務所は芝区・桜田本郷町(現・港区西新橋1丁目・新橋1丁目)に置かれた[566]
1951年(昭和26年)には、東京・銀座(銀座西3-1建築会館7階/読売新聞社隣)に同窓生のためのセントポールクラブ・ルームが開設された[567]
1977年(昭和52年)11月に落成したセントポールズ会館は、校友各位の募金により建築されたもので、クラス会やOB・OG会の会場や恩師や友人との語らいの場として利用され、レストランとして日比谷松本楼の「立教大学 セントポール会館店」も置かれている。
  • 2016年には、立教生のキャリア形成支援を目的として、卒業生ネットワーク組織「立教グローバル/ローカルキャリア支援ネットワーク(GLCネットワーク)[52]」が発足。GLCネットワークの発足は、2024年の創立150周年に向けた中長期ビジョン「RIKKYO VISION 2024」で掲げたアクションプランの一つで、グローバルあるいはローカルな視点から、立教大学および立教生を支える新たな支援層集団の創出を目指している。メンバーは、メーカー、金融、商社、マスコミ、外資系IT企業、地方公務員など多種多様な業界で活躍する卒業生である。GLCネットワークは、立教大学校友会や、学部・学科・ゼミナール、体育会OB・OGクラブなどの卒業生ネットワークを補完あるいは連携する形で、新たな活動を展開する。

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

池袋キャンパス第一食堂(東京都選定歴史的建造物)
立教学院諸聖徒礼拝堂/チャペル
(東京都選定歴史的建造物、池袋キャンパス)

池袋キャンパス[編集]

  • 所在地:東京都豊島区西池袋3-34-1
  • 学部(文学部、経済学部、理学部、社会学部、法学部、経営学部、異文化コミュニケーション学部)
  • 大学院(文学研究科、経済学研究科、理学研究科、社会学研究科、法学研究科、経営学研究科、ビジネスデザイン研究科、社会デザイン研究科、異文化コミュニケーション研究科、法務研究科(法科大学院)、人工知能科学研究科)
  • 敷地面積:70,339.1㎡
  • 池袋駅西口の商店街では立教大学のスクールカラーである紫のペナントが使用されている。
  • 池袋キャンパスはを絡ませた赤レンガの概観が特徴で、「本館」(別名モリス館)と「第一食堂」「2号館」「3号館」「メーザーライブラリー記念館本館(旧図書館本館旧館)」および「立教学院諸聖徒礼拝堂(チャペル)」は東京都選定歴史的建造物である。また、「メーザーライブラリー記念館新館(旧図書館本館新館)」は建築家丹下健三の設計である。
  • 独特の雰囲気から、映画やドラマのロケーション撮影によく利用される。『エノケンの青春酔虎伝』(1934)『すずめの戸締まり』(2022)など。
  • 立教大学は日本聖公会系であるため、キリスト教を信仰している立大生たちは、池袋に近い目白聖公会などにおいて、積極的に教会活動を行っている。無論、立大は積極的に学生たちの教会活動を支援している。
新座キャンパス

新座キャンパス[編集]

  • 所在地:埼玉県新座市北野1-2-26
    • 志木駅南口より徒歩15分、スクールバス4分、西武バス<所沢駅東口行>または<清瀬駅北口行>「立教前」下車。
    • 新座駅南口より徒歩20分、スクールバス6分、西武バス<志木駅南口行(北野入口経由)>「立教前」下車。
  • 学部(観光学部、コミュニティ福祉学部、現代心理学部)
  • 大学院(観光学研究科、コミュニティ福祉学研究科、現代心理学研究科)
  • 敷地面積:101,271.0 ㎡
  • 2006年に新座キャンパス全体がグッドデザイン賞建築・環境デザイン部門を受賞している。

陸前高田サテライト(陸前高田グローバルキャンパス)[編集]

田町サテライトキャンパス(キャンパス・イノベーションセンター東京)[編集]

学生寮[編集]

より充実した学生生活を支援するために学生寮を設けている。学生寮には専用寮(立教大学国際交流寮)と推薦寮がある。専用寮は、立教大学の学生と交換留学生とが入居する国際交流も目的とした寮で、「RIR椎名町」(2013年度開設)、「RUID朝霞台」(2008年度開設)、「RUID志木」(2010年度開設)および「立教グローバルハウス」(2017年度開設)の4棟が設置されている。立教グローバルハウスは交換留学生とGlobal Liberal Arts Program(GLAP)の学生のみ入居可能。推薦寮は他大学の学生も入居する寮で、様々な学生と交流することができる。

スポーツ施設[編集]

池袋キャンパス内の主な施設[編集]

ポール・ラッシュ・アスレティックセンター
地下2階地上5階建ての総合体育館。アリーナ、トレーニングルーム、ランニングコース、50メートル温水プール、クライミングウォール、屋上にはテニスコート兼フットサルコートなどが整備されている。館名は1925年に来日し、日本にアメリカンフットボールを普及させるとともに、戦後のスポーツ復興にも努めた元立教大学教授であるポール・ラッシュ博士に由来している。

新座キャンパス内の主な施設[編集]

セントポールズ・フィールド
総面積約15,299m2の規模を誇り、400mトラックを6レーン(直走路8レーン)、跳躍場、投擲場、ラグビー・アメリカンフットボール兼用のインフィールド(人工芝)を備えた全天候型の陸上競技場。
セントポールズ・アクアティックセンター
日本水泳連盟より、競泳用の国内基準プールとして公認されている室内温水プール。用途に合わせてレイアウト(50m×10コース、25m×8コース[2面])の変更が可能で、水深を6段階に設定することが可能。新座市民へも開放されている。
野球部グラウンド
1966年に完成し、8,400平方メートルの人工芝を備えた野球部の専用グラウンド。2016年に改修され、全面人工芝化、バックスクリーン張替、観覧席増改築などが行われた。人工芝は2015年3月に改修された明治神宮野球場と同じ、ハイブリッドターフExcitingが使用されている。近くには、硬式野球部の選手たちが生活する智徳寮や、人工芝が整備された全天候型の室内練習場も置かれている。室内練習場にはトレーニングルームやブルペンも併設されている。
体育館
室内競技用のアリーナ5面を擁する巨大な体育館。トレーニング室、シャワー室、ボクシング場、レスリング場、土俵などの専用施設がある。
富士見総合グラウンド
富士見総合グラウンド(埼玉県富士見市下南畑1343-1)
野球場、テニスコート、アメリカンフットボール場、ホッケー場、サッカー場、ラグビー場、洋弓場、射撃場、自動車部ガレージ、馬場、馬術部部室棟、ポニーリンク、厩舎、トレーニング棟、クラブハウス、クラブハウスアネックスなど体育会各部専用の体育施設。
敷地面積:86,844.0㎡

旧施設[編集]

東長崎グラウンド

1925年(大正14年)秋に竣工した野球部グラウンド。それまでのグラウンドは、現在の池袋キャンパスの4号館付近にあったが、関東大震災で校舎を焼失した築地の立教中学校がそこに移転することとなり、野球部グラウンドは東京府北豊島郡長崎村(現・豊島区千早)に移転することとなった。この校地は、もともと1924年(大正13年)7月に、中学校の建設用地として購入されたものであったが、計画変更により、野球部グラウンドとして活用されることとなった。その後、1966年に埼玉県新座市に球場が移転するまでの間、幾多の名選手を世に送り出した歴史的なグラウンドであった[568]。現在は東京都立千早高等学校の校地となっている。

現在の城北中央公園
セントポール・グリーンハイツ(現・城北中央公園)

1956年11月13日に、上板橋から練馬にわたる緑地帯に竣工した総合グラウンドで、35,000坪もの広大な面積を擁した。それ以前には、大学には野球部が持つ東長崎グラウンド以外にグラウンドは一つしかなく、面積も約2,000坪と狭く、陸上競技、ラグビー、ホッケー、サッカー部など各部が共用し混雑する状況であった。他の部は、民間会社のグラウンドを借りて練習していた[広報 1]。 セントポール・グリーンハイツは、1968年1月に東京都へ土地と工作物を返還し、その役目を1969年に埼玉県入間郡富士見町(現:富士見市)に竣工した現在の富士見総合グラウンドへ受け渡すこととなった[569]

歴史資料館[編集]

旧江戸川乱歩邸 幻影城
立教学院展示館(池袋キャンパス内)
立教の歴史と伝統、教育と研究の取り組みを発信する場として、2014年に開館。旧図書館の趣を残した2階の展示スペースでは、貴重資料の展示、タッチパネルディスプレーや映像、写真を通して、立教学院の歴史を学ぶことができる。
旧江戸川乱歩邸 - 大衆文化研究センター(池袋キャンパス内)
推理小説家江戸川乱歩が、1934年から移り住んだ邸宅、書庫として使われていた土蔵、および4万点近くの蔵書等が、2002年に立教大学へ譲渡され、2006年に江戸川乱歩記念大衆文化研究センターが設立。土蔵は豊島区指定有形文化財に指定。センターでは現在研究・保存を進めており、一般公開もされている。

その他施設[編集]

太刀川記念館(池袋キャンパス内)
ソニー創設メンバーで、立教大学OBの太刀川正三郎の夫人、太刀川あさ子の寄付によって、1996年に建てられた記念館。3階のカンファレンス・ルームでは、各種講演会やシンポジウムなどが開催される。
太刀川記念交流会館(新座キャンパス内)
太刀川記念館と同じく、太刀川正三郎夫人の太刀川あさ子の寄付により建てられた多彩な交流活動を目的としたコミュニケーションセンター。2007年竣工。宿泊施設もあり、ゼミナール・クラブ・サークル活動、会議、会合、講演会など様々な用途で利用されている。
太刀川記念上大崎交流会館(品川区上大崎)
立教学院に関わる人々のための多目的研修施設であり、「交流」を目的としたセミナーハウス。
スタジオ棟(新座キャンパス内)
広さ約200m2、照明下の高さ約5mを持つ映像制作のためのスタジオ。2面R仕様の白ホリゾント壁を設置し、5m×5mのクロマキー合成用のブルーバック幕を備えている。基本となる照明設備は備えつけで、本格的な映画・ビデオ・スチール写真などの撮影が可能。
ロフト教室(新座キャンパス 6号館内)
最新の自動収納式の観客席(176席)を備え、舞台エリアではダンスや演劇の本格的な公演が可能。座席を収納すると約300m2のフラットな板張り空間としても利用できる。
シアター型教室(新座キャンパス 6号館内)
4Kデジタルプロジェクターを備えたシアター型教室。デジタルシネマの最先端スペックを備えた上映用施設として利用される。

対外関係[編集]

外国の拠点[編集]

拠点の名前 所在地
上海事務所 上海市楊浦区国賓路18号 五角場万達広場A座20階 (株)GES 上海事務所内
香港事務所 c/o Find Asia Limited,Suite 305, 3/F, Far East Finance Centre, 16 Harcourt Road, Admiralty, Hong Kong
ASEAN事務所(ジャカルタ) Jl. Sawo Kecik I, Eramas 2000, Jakarta, 13950
ロサンゼルス事務所 c/o Takuyo Corporation (Lighthouse), 2958 Columbia Street, Torrance, CA 90503, USA
ニューヨーク事務所 Colleges and Universities of the Anglican Communion, 815 Second Avenue New York, NY 10017-4503, USA

国際交流[編集]

陸前高田プロジェクト
東日本大震災の被災地である陸前高田市でフィールドワーク(4泊5日)を行い同市の現状や課題を共有した上で、魅力を伝えるコンテンツを作成するという課題に取り組む課題基盤型学習 (Project-based Learning) 授業。国際化戦略「Rikkyo Global 24」の取り組みの一つとして、海外からの留学生を含む立教大学生が、被災地の現状を広く知り、復興における課題の共有を通じて陸前高田市の復興支援に寄与していくことが目的。2015年度より、本授業の趣旨に賛同したスタンフォード大学から毎年学生が派遣されている。2018年度には立教大学へのインターンシップや学生交流で関係の深まった香港大学から、2019年度はシンガポール国立大学から学生が派遣され、4大学によるプロジェクトとなった。
延世・慶應・立教・復旦リーダーシップフォーラム
2002 FIFAワールドカップの日韓共催をきっかけとして、延世大学の発案により実現し、延世大学・慶應義塾大学・立教大学の3大学が協力して始まったプログラム。グローバル化の進む社会で活躍するリーダー育成を目的として毎年開催されている。2006年度には、中国の復旦大学が加わり、東アジア地域の学生が集い、真剣に政治・経済・社会・文化を議論する貴重な機会となっている。

地方自治体との協定[編集]

自治体 協定内容
  • ESD研究連携に関する覚書
  • 陸前高田市と立教大学との連携及び交流に関する協定書
  • 陸前高田市、岩手大学及び立教大学における地域創生・人材育成等の推進に関する相互協力及び連携協定書
  • Uターン就職支援協定
  • 連携および交流に関する協定書
  • 茨城県境町
  • 研究連携に関する覚書
  • 埼玉県と立教大学との相互協力・連携に関する協定書
  • 新座市と立教大学との連携協力に関する包括協定書
  • 池袋キャンパスのある豊島区と「豊島区と立教大学による教育連携の協定」を締結、共同で「としま教育文化工房21」を設立するなど、豊島区と連携した様々な活動が行われている。
  • 帰宅困難者対策の連携協力に関する協定
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピック事業における連携協力に関する協定
  • 商工施策に関する協定

他大学との協定[編集]

系列、姉妹校[編集]

系列校[編集]

学校法人立教学院では、設置している教育機関を全て同格に扱っており、大学を頂点とする附属学校は設置していない。そのため、本節にてまとめている。

姉妹校[編集]

立教英国学院
Country House

学校法人立教女学院とは、創立者が同じであることから基本的な信条を同じにしている。

旧姉妹校[編集]

関係校[編集]

立教大学はキリスト教の一派である日本聖公会に所属している。

社会との関わり[編集]

立教と映画[編集]

  • 立教大学は、多数の映画人を輩出してきた。1970年代から1980年代にかけて、大学の一般教養科目に「映画表現論」の講義があり、映画好きの学生たちは、講師をしていた蓮實重彦(のちの東大総長)に影響を受け、一定の思想性、党派性を持った活動を行った。サークル活動としては、映画制作サークルである立教SPP(セント・ポールズ・プロダクション)やSPPから独立した自主映画制作サークル「パロディアス・ユニティ」などがあった。
    一連の映画活動は、立教ヌーヴェルヴァーグともいわれ、日本映画に記憶を残す作品を発表する監督たちが多数卒業生の中から生まれている。当時の立教大学には映画関係の学部や学科がなかったにも関わらず、多くの映画人を輩出してきたのは蓮實重彦の影響力の大きさに加え、蓮實に呼応した学生たちの自主的な活動が生み出したものといえる[572]
    2006年には、新座キャンパスに現代心理学部・映像身体学科が設置され、映画・映像制作が学べる環境が整っており、気鋭の若手映画監督も生まれている。

池袋モンパルナス[編集]

立教大学に関連する映画、TVドラマなどの作品[編集]

立教と避暑地リゾート[編集]

  • 日本の避暑地リゾートを開拓した立教大学ゆかりの人物
日光を生涯にわたって愛したジェームズ・ガーディナー(立教学校初代校長)をはじめ、聖公会神学院の前身の一つである聖教社神学校を設立したアレクサンダー・クロフト・ショーは、軽井沢に教会(軽井沢ショー記念礼拝堂)を設立し、地域を有名にしたことから「軽井沢の父」と呼ばれ親しまれている[576]。また、立教大学教授を務めたポール・ラッシュは、清里を開拓し、キープ協会を創設した。彼ら、立教大学ゆかりの人物たちによって、日本の避暑地リゾートが開拓されている。聖路加国際病院の基礎を造ったフランク・ハレルも、仙台の第二高等中学校(現・東北大学)で教えていた時期に、七ヶ浜町高山外国人避暑地を開拓した[577]
軽井沢ショー記念礼拝堂は現存し、日光にはガーディナーが設計した日光真光教会礼拝堂やエマーソン邸(上赤門)が現存する。清里にはキープ協会により運営されている宿泊研修施設「清泉寮」とラッシュを中心に設立された清里聖アンデレ教会がある。七ヶ浜町には外国人避暑地が開かれた歴史を背景とした地域の国際化拠点である七ヶ浜国際村が避暑地近くに設けられている。

日本アルプスの父、日本アルプスの開拓者[編集]

英国聖公会の宣教師ウォルター・ウェストンは、日本の山々や上高地を世界中に紹介した登山家でもあり、「日本アルプスの父」、「日本近代登山の父」と称されている[578][579]。ウェストンは、まだ登山という概念がなかった明治時代に日本人に先駆けて各地の山に登り、その体験を1896年(明治29年)に「日本アルプスの登山と探検」という本にまとめ、ロンドンで刊行し世界に紹介した。ウェストンは、英国の歴史あるパブリックスクールの名門ダービー校の卒業生で、スポーツを通じた人間教育を受けており、スポーツとしての登山の醍醐味を日本人に教えた[580][581]。また、日本山岳会の設立を提唱し、ロック・クライミングを日本で初めて行った人物でもある。上高地にある彼のレリーフの前で毎年「ウェストン祭」が開かれている[582]
立教学院総理のヘンリー・タッカーと立教学院理事で聖路加病院院長のルドルフ・トイスラーも登山を好み、明治時代に日本アルプスの踏破を幾たびも試みた日本アルプスの開拓者として名を連ねている。1903年(明治36年)8月には、タッカーとトイスラーは槍ヶ岳に登山している[154][583]

立教とクラシックホテル[編集]

現存する日本最古のリゾートホテルである日光金谷ホテル箱根のランドマークでもある富士屋ホテルを始め、以下のとおり、日本を代表するクラシックホテルの多くで立教大学の卒業生が経営に携わり、歴史を創ってきた。2017年には、これらのホテルを含む日本のホテル黎明期に創業し、戦前・戦後を通して西洋のホテルのライフスタイルを具現化してきた9つのホテルで「日本クラシックホテルの会」が設立された。人材交流や訪日外国人へ向けた共同PRなどの連携を通じて、先人たちから創り上げてきたホテル文化を次世代へと繋ぐ取り組みを進めている[584][585]

建物の維持状況など文化財や産業遺産指定外のため、上記の会には所属していないが、帝国ホテル(古田直称・元支配人)や、日光南間ホテル(南間栄・元経営者)[注釈 141]鬼怒川温泉ホテル金谷鮮治・元社長)などの創業が古い老舗ホテルも卒業生が経営に携わっている[588]

ポーター賞受賞企業[編集]

マイケル・ポーター

一橋大学大学院経営管理研究科が運営するイノベーションによって独自性ある戦略を実行し、高い収益性を達成している企業を表彰する「ポーター賞」を立教大学の卒業生が経営する企業が受賞している[589]。ポーター賞は、ハーバード大学教授のマイケル・ポーターの名前に由来し、2001年7月に創設された[590]


受賞年度 企業名 代表者名 大学卒業年
2016年度受賞[591] ピジョン株式会社 山下茂 1981年卒
2018年度受賞[592] 株式会社MonotaRO 鈴木雅哉 1998年卒

企業からの評価[編集]

出世力[編集]

  • ダイヤモンド社の2006年年9月23日発行のビジネス誌『週刊ダイヤモンド』94巻36号(通巻4147号)「出世できる大学」と題された特集の出世力ランキング(日本の全上場企業3,800社余の代表取締役を全調査[593][594])で、立教大学は、2006年時点で存在する全国の744大学中、第38位にランキングされた[595]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1870年(明治3年)にウィリアムズが大阪・川口の与力町に設立した英学講義所「のちの英和学舎」も、立教大学の前身の一つである。また、1877年(明治10年)に大阪・北浜で中島彬夫が創設した英学私塾である風雲館(1880年・明治13年に大阪・英和学舎と合併)も前身の一つとして考えられる。
    1874年(明治7年)に東京・築地外国人居留地に設立された立教学校は、開校当初、主教らの公的書簡では「Day school for boy」または「Boys school」などと記されていたが[1]、年末までには「立教学校」と命名された。また、立教学校卒業生の河島敬蔵の経歴書によると、ウィリアムズとともにエドワード・サイルも立教学校の設立に関与していたと思われる[2]
    これらに遡り、幕末の長崎において既に立教大学の源流となる私塾が開設されている。1859年(安政6年)5月2日にプロテスタント初の宣教師として長崎に来日した米国聖公会のジョン・リギンズは、初代米国総領事タウンゼント・ハリスの支援のもと長崎奉行の要請で私塾を創設し長崎通詞たちに英語を教えた。翌月25日に来日したチャニング・ウィリアムズもリギンズとともに、私塾で数学を含む英学を教え、幕府の長崎洋学所などでも英語を教えるなど、英学教育を行った[3][4]
    翌1860年(万延元年)には、リギンズ、ウィリアムズとともに長崎に派遣された米国聖公会宣教医のハインリッヒ・シュミットも診療所の開設と、医学塾及び英語塾を創設し、地元の医師に西洋医学と英語を教えた[5]
    また、1863年(文久3年)に英国国教会の司祭であったマイケル・ベイリーは横浜で英語塾を開設し、日本人に英語を教えた[6]。1869年(明治2年)1月には、ウィリアムズの要請により長崎に来日した英国聖公会宣教協会(CMS)の宣教師ジョージ・エンソルは長崎で英学稽古所を開き、英語を教えながら伝道している[7]
  2. ^ a b 英学を主とする立教学校でも創立当初から漢学の教授にも比重を置き、古瀬清寧を始め、志村孤雲赤尾戒三など優れた漢学教師を擁していた[110]
  3. ^ a b c ブリテン諸島ではローマ・カトリックより前から独自のキリスト教文化があったとして、のちの時代の聖公会においてケルト系キリスト教にアイデンティティーを見出す動きが一部に見られ、近代に建てられた各国の聖公会の聖堂や墓碑などにも、ケルト十字が好んで用いられるという傾向もある[9]。立教大学のチャペルや立教大学の前身の1つである英和学舎のあった地に建つ大阪・川口基督教会の建物にもケルト十字が用いられている。
  4. ^ a b c 1859年(安政6年)に長崎でミッションを開設した当初から、高等教育を行う男子校(カレッジ)を設立することが常に日本における最重要課題であったと、ウィリアムズは1880年(明治13年)6月30日の江戸伝道主教の報告で語った。さらに、この報告当時、欧米の学識を熱心に取り込んでいるが、何が真理で何が偽りなのか判断できていない日本において、キリスト教に基づくカレッジ創設は喫緊の課題であり、教会のためになると強調した[10]
    この課題は、翌年の1881年(明治14年)に東京で開催された在日米国聖公会宣教師会議で決議されることとなった。この中で、大阪・英和学舎(立教大学の前身の一つ)で校長を務めていたテオドシウス・ティングによる日本人のカレッジ学生に日々1時間接する聖職宣教師と外国人教授4人を配した東京大学の文学コースに並ぶ学習課程を持つカレッジを創設する必要があることを訴えた論説が出席者たちの心を大きく捉え、伝道事業の徹底のために速やかにカレッジを設立することがメンバーの大半の賛成により可決された。この結果を受け、ジェームズ・ガーディナーの設計による校舎が東京・築地に建設され、1859年の長崎での私塾開設から約四半世紀経った1883年(明治16年)1月に、立教大学校(St. Paul's College, 6年制)が創設された[10]
  5. ^ a b c d 1854年(嘉永7年)の日米和親条約を端緒として洋学研究と教育の必要性が生じると、江戸幕府蕃書和解御用で行われていた洋書翻訳事業を独立させて、1855年(安政2年)に洋学所を九段下に開設。翌1856年(安政3年)、蕃書調所開成所の前身で東京大学東京外国語大学の源流)と改称した。さらに1858年(安政5年)7月の日米通商修好条約締結により、本格的に英語通訳の養成が必要となった。
    既に1857年(安政4年)には、幕府は長崎奉行に命じ、長崎海軍伝習所のあった長崎西役所内に語学伝習所を設立していたが、日米通商修好条約締結の翌月の1858年(安政5年)8月には英語に特化した長崎英語伝習所が設立された。
    次いで幕府の公式通詞たちは、長崎奉行から幕府の伝習所以外でも広く英語を学ぶことを命じられ、1858年9月(安政5年)に長崎に寄港した米国船ポウハタン付きの牧師ヘンリー・ウッドや、1859年(安政6年)1月に寄港した米国人マクゴーワン(Daniel Jerome Macgowan、瑪高温、マゴオン)らに英語を学んだ。
    こうした中、1859年(安政6年)4月下旬の米国総領事タウンゼント・ハリスの長崎入りに合わせて、上海からジョン・リギンズとチャニング・ウィリアムズがそれぞれ長崎に来日し、ハリスの支援の下、長崎奉行・岡部長常からの要請で私塾を開設し、公式通詞たちに英学の教授を行うこととなった。
  6. ^ 日本におけるプロテスタント初の宣教師である米国聖公会ジョン・リギンズが長崎に来日する数日前の1859年4月下旬には、初代米国総領事タウンゼント・ハリスが長崎を訪問し、5月初めにハリスは、アメリカ人商人の一人でニューヨーク出身の実業家ジョン・G・ウォルシュ(ウォルシュ兄弟の2番目の弟)を長崎の米国領事に選任。ウォルシュは最初の長崎米国領事館を広馬場の日本人居住区に設立した。こうして、リギンズとウィリアムズの来日に際して、聖公会の信徒で日本への米国聖公会の学校設立の勧告と支援を行ってきたハリスも同時に長崎を訪れ、長崎でもアメリカの活動拠点の構築と整備を進め、日本とアメリカとの外交基盤を整えていった[15]。 ハリスとウォルシュの支援により、リギンズは長崎奉行の要請から聖公会の長崎私塾(立教大学の源流)を開設し、ウィリアムズとともに早速英学教育を開始した。ハリスは、ニューヨーク市立大学の創設者で、ニューヨーク市の教育局長も務めた人物でもあり、日米外交の芽吹きの中で、教育者として立教大学の源流の創設に深く関わった[3]
    また、リギンズとウィリアムズは、私邸や長崎大浦の妙行寺に置かれた英国領事館を使って外国人のための礼拝を開始し、1859年9月に来日した聖公会信徒で日本の近代化に大きく貢献するトーマス・グラバーも礼拝に参加した[16]。 グラバーは幕末の志士たちと商取引を行い、ウィリアムズが教える私塾には多くの志士たちが学んだ。グラバー商会などとともに、ジョン・G・ウォルシュが兄とともに経営するウォルシュ商会も長崎で幕末の志士たちと商取引を行い、坂本龍馬亀山社中が1866年(慶應2年)に薩摩藩の後援で購入した艦船「太極丸」は、ウォルシュ商会のプロシア商人チョルチから購入している[17]。ウォルシュ商会は日本で初めて成功したアメリカ企業の一つである。
  7. ^ a b c d 明治中期には、立教築地キャンパス(現在の聖路加国際病院聖路加国際大学の場所)の近く、現在の聖路加ガーデンの場所にアメリカ公使館が建っていた。幕末の日米和親条約により、当初アメリカ領事館は、伊豆下田玉泉寺に置かれ、米国聖公会の信徒であり、日本への米国聖公会による学校開設を勧めたタウンゼント・ハリスが初代駐日領事として赴任した。その後、日米修好通商条約が結ばれ、ハリスは初代駐日公使となり、下田の領事館を引き払い、1859年(安政6年)、現在の東京元麻布善福寺にアメリカ公使館を開設。1863年(文久3年)5月、善福寺の建物が庫裏からの出火で消失したため、横浜の山手居留地に公使館施設を設けたり、関内居留地の海岸通り20番に開業したばかりのグランドホテルに公使が滞在するなどしたのち、1874年(明治7年)4月末または5月初め、アメリカ公使館は築地居留地1番・2番・21番・22番で構成される地所(現在の聖路加ガーデンの場所)に移転。(のちに3番も敷地に加えた。)1875年(明治8年)12月には、同地に公館を新築し形容を整えた。その後、築地の公使館は手狭となり、1890年(明治23年)3月、赤坂の現在地(アメリカ大使館)に移転した[18][19][20]。(外務省調査月報 2013 No.1には、1890年(明治23年)5月15日まで、公使館は築地に置かれていたとある。)
    築地のアメリカ公使館跡には8個の小松石の石標が残された。石標には、白頭鷲星条旗、星の3種類の彫刻が施されており、白頭鷲はアメリカの国鳥であり、星条旗に彫られた13の星は同国の最初の13州を示す。8個の石標のうち3個は1984年(昭和59年)10月に日米友好のシンボルとして、赤坂のアメリカ大使館に寄贈され、現在同大使館の前庭に設置されている。残る5個は、築地居留地時代を伝えるものとして中央区民文化財に登録されており、3個は聖路加国際病院敷地に、2個は聖路加ガーデンに設置されている。
    1930年(昭和5年)5月26日には、ライフスナイダー総長が、赤坂のアメリカ大使館の定礎式で日米関係者が300人以上参加する中、司会進行と祈祷を行っている[21]1939年(昭和14年)には、日本で最初のアメリカ研究の機関として「アメリカ研究所」が設立された[22]
  8. ^ 1919年(大正8年)の立教大学池袋校舎落成式では、会場正面に大型の日米国旗を交差する中で開催され、大隈重信金子堅太郎渋沢栄一外務大臣などとともに駐日米国大使も出席し祝辞を述べ、日米両国の友好の証として式典が盛大に祝われた[14]。また、当時の卒業式などの学校行事においても、アメリカ国旗を日本国旗とともに会場に掲揚し、式典が行われた[23]
  9. ^ a b 2014年1月21日には池袋キャンパスで駐日米国大使館首席公使カート・トンを招いて「日米友好の木 ハナミズキ」の植樹式が開催された。植樹は日本から米国に3000本のサクラを寄贈してから100周年を記念して、米国民から日本への返礼として3000本のハナミズキを贈る取り組み「友好の木 - ハナミズキ・イニシアチブ」の一環として行われた。同イニシアチブは、日米の国民同士の異文化および教育交流を体現するものとして、米国政府と日米交流財団が共同で設立した官民パートナーシップにより運営される。立教大学は米国聖公会から派遣された宣教師によって創設された学校で、2014年当時で140年に渡る米国との深い関係が続いていることから、学校法人としては初めて、40本のハナミズキの寄贈を受けた。また、日米両国の友好と親善に尽力された功績に敬意を表し、立教大学は1965年にライシャワー駐日大使、2000年にフォーリー駐日大使、2013年にルース駐日大使に名誉博士学位を授与している[24]
  10. ^ a b c d e f 立教大学校は、1883年(明治16年)に米国式カレッジとして東京・築地に設立され、東京大学とともに明治中期の日本を代表する最高レベルの高等教育機関である[25]。明治政府によりミッションスクール第一号として認可された[26]。これは1886年(明治19年)に公布された帝国大学令と1918年(大正7年)に公布された大学令によって制定され成立した大学よりも前に、教育令(第2次教育令・1880年/明治13年12月28日公布)によって設立・認可された日本における先駆けの大学(最高学府)であった[27]角帽モルタルボード型)を最初に着用して都内を闊歩したのは、立教大学校生といわれる[25]。気の利いた生徒はこの西洋風の角帽を被り、西洋の大学に入学したような心持であったという[28]。 新校舎は美しい尖塔を有し、東京見物の人々も訪れるほどであった[25]。校舎は煉瓦造で、尖塔は銀座からも見え、当時の学生の大きな誇りとなっていた。また、これまで電気もガスもなく、初めてアセチリン瓦斯燈が輸入された当時であったが、講堂のランプは全て瓦斯燈を扱う商店の寄付により設置され、講堂の聴衆は明るく煌々たる光景に肝をつぶしたという[28]
    カリキュラムは全て英語の教科書を用い、教員も主に外国人であった[25]。訳読と数学の先生だけ日本人であった[28]。英語の授業は最初は全く理解できなくても、不思議なことに1ヵ月もするとほぼ意味が分かるようになっていったという[28]。 但し、ギリシア語ラテン語に代えて漢学も課されていたとされる[29]。代数幾何学、動物学、理科学、地質学、植物学、化学、天文学など多彩な理系・自然科学科目を教え、文系・人文科学社会科学科目とともにヨーロッパ中世以来のリベラル・アーツの伝統を色濃く引き継ぐアーツ・サイエンス教育を行った[30]。学生は熱心に勉強したとされ、苦学生は東京各所の家の2階を借り、英語の教授をして寄宿代を稼いだ。また紳士が三輪車や手車で大学校へ来て、生徒から英語を教わることもあり、立教の苦学生は日本の英語教育に貢献するところがあった[28]
    当時、最高学府としての大学の名を有する高等教育機関は、1877年(明治10年)設立の東京大学と立教大学校のみで、「東京に大学校二あり、一は本郷に又た一は築地に在り」と呼ばれ、東京大学と立教大学校の二つをもって大学校の代表とし、日本屈指の教育機関であった。同時期、1877年(明治10年)に工学寮を改称して生まれた工部大学校(のちの東京大学工学部)もあったが、技術者養成の教育機関であった。また、1880年(明治13年)に開校した築地大学校も存在したが、1883年(明治16年)には横浜の先志学校東京一致神学校へ人材を供給することを目標に統合され、東京一致英和学校となり、大学という名称から変更している[25]。立教大学校は、欧化主義への反動から国粋主義が広がり出したことによるキリスト教への圧力や、日本の教育制度の変更などから、その後カレッジの進展を断念せざるを得ない状況となったが、1890年(明治23年)10月に日本の教育制度に合わせる対応をするなど、障壁を乗り越え、校名を立教学校として日本での教育活動を維持した[31]。また、当時カレッジの進展を断念した別の背景として、これまで中心的な人物であったウィリアムズが、1889年(明治22年)に主教を退任するとともに、チャプレンとして聖書講義を担当していた立教大学校と三一神学校を退任したこと。加えて、1887年(明治20年)9月に、これまで教頭や幹事として立教大学校を支えてきた貫元介が退任して山口に帰郷したが、貫から学校事務を引き継いだローやモリスは、学校事務の事情に精通していなかったことから、時代の波に乗れず学生が減少したという状況もあった[10]
    上記のとおり、日本においてはアメリカ人の経営する大学は厳しい状況に置かれた一方、同じく米国聖公会によって中国・上海に置かれた姉妹校である聖ヨハネ大学(セント・ジョンズ大学)は、東洋のハーバード大学と呼ばれるまでに成長を遂げた。
  11. ^ ミッション系大学では同志社大学に次いで認可を受けた[32]
  12. ^ St.Paul's Universityの略称で、体育会応援団チアリーディング部の一部ユニフォームや体育会水泳部のマークなどで使用されている[34]