クラシックホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クラシックホテルとは、戦前に創業した日本のホテル、もしくは戦前に建設された日本のホテル建築を指して用いられる言葉。

概要[編集]

明確な定義付けは存在せず、使用者によって指す対象に違いがある。初出は不詳であるが、1997年平成9年)以前にホテルニューグランドが呼びかける形で、日光金谷ホテル富士屋ホテル万平ホテル東京ステーションホテル奈良ホテルの5つのホテルとともに「クラシックホテルの仲間たち」というグループを結成し、共同でのPR活動などを開始した[1][1]。また「週刊ダイヤモンド」編集部編の『日本のベストホテル』1998年平成10年)版に「日本のクラシックホテル」という特集記事が掲載されており、言葉として一般的に使用されるようになったのは1990年代後半以降であると考えられる。

対象としては

  1. 第二次大戦前に創業した日本のホテルで、戦前に建設された建物で営業が行われているホテル。
  2. 第二次大戦前に創業し、現在も営業を続けている日本のホテル[2]
  3. 日本に限らず、創業から長い歴史を歴史を持つホテル、または長い年月を経たホテル建築[3]

などが挙げられる。以下、本項目では「戦前に建設された日本のホテル建築」を中心に記載する。

主なクラシックホテル[編集]

※和風旅館は含まない(名称が「ホテル」であっても、内容が和風旅館であるものも同様)。

戦前に創業し、かつ戦前の建物で営業しているホテル[編集]

※創業当時と事業者が交代しているケースを含む。

戦前のホテル建築を転用して戦後開業したホテル[編集]

  • 龍宮殿本館 - 1936年(昭和11年)に浜名湖ホテルとして建築、開業。1939年(昭和14年)に休業後、1940年(昭和15年)に海軍に接収され療養所となる。1957年(昭和32年)に箱根に移築されてホテルとして再開業。神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
  • 志摩観光ホテルクラシック(東館) - 1937年(昭和12年)に叡山ホテルとして建築、開業。戦争中に一部が鈴鹿海軍将校集会所として移築され、これを再移築して1951年(昭和26年)開業。2007年(平成19年)にいったん閉鎖、解体の方針と伝えられたが最終的に東館は存続となった[5](西館は解体)。現在は宿泊には使用されず、ギャラリーとして公開されている[6]。2015年5月8日から2016年春まで耐震補強や改装工事のため休館となっていた。三重県志摩市阿児町賢島

文化財等として保存されているホテル建築[編集]

  • 豊平館(国の重要文化財・近代化産業遺産) - 1880年(明治13年)施工。北海道開拓使が要人向けの宿泊施設として建設。1910年(明治43年)札幌の公会堂となる。北海道札幌市中央区中島公園1-20
  • 三笠ホテル(国の重要文化財・近代化産業遺産) - 1905年(明治38年)施工、1906年(明治39年)開業、1970年(昭和45年)廃業、創業時の建物現存。長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1339-342
  • 大名ホテル(近代化産業遺産) - 1919年(大正8年)施工、ホテルとしては使用されず。現在は日光市役所日光総合支所として活用されている。栃木県日光市中鉢石町999
  • 大湊ホテル(近代化産業遺産) - 1921年(大正10年)開業。1985年(昭和60年)営業終了。1995年(平成7年)に創業時の姿に復元され、「鈴木誠作記念館」として使用されている。青森県むつ市中央2-13
  • 帝国ホテル・ライト館(登録有形文化財・近代化産業遺産) - 1923年(大正12年)施工。現在は明治村に玄関部のみ保存。愛知県犬山市内山1
  • 甲子園ホテル(近代化産業遺産) - 1930年(昭和5年)施工、1944年(昭和19年)海軍病院に。現在は武庫川女子大学の施設。兵庫県西宮市戸崎町1-13
  • 琵琶湖ホテル(近代化産業遺産) - 1934年(昭和9年)施工、1998年(平成10年)ホテルの移転新築に伴い敷地及び建物を大津市に譲渡。現在建物は文化施設「びわ湖大津館」として活用されている。滋賀県大津市柳が崎5-35
  • 志賀高原ホテル(近代化産業遺産) - 1937年(昭和12年)施工、1999年(平成11年)閉鎖。2002年(平成14年)より財団法人和合会運営の「志賀高原歴史記念館」として毎年5月1日から10月31日までの期間限定で公開されている。長野県下高井郡山ノ内町平穏7148−203

上記以外で現存する戦前のホテル建築[編集]

  • 澤野ビルヂング(現・伏見ビル) - 1923年(大正12年)創業[7]。ホテルとしての営業終了時期は不明だが、昭和初期にオーナーが代わったあとにテナントビルになった[7]。登録有形文化財[8]。大阪市中央区伏見町2-21-1
  • 摩耶観光ホテル - 1929年(昭和4年)創業。その姿から「軍艦ホテル」の異名があった。第二次大戦中の1945年(昭和20年)に休業。戦後の1961年(昭和37年)に再開したが1967年(昭和42年)頃に休業。その後は「摩耶学生センター」として使用されていたが1994年(平成6年)に終了。現在は廃墟として知られるようになっている。兵庫県神戸市灘区畑原
  • 小樽グランドホテル・クラシック(近代化産業遺産) - 1931年(昭和6年)に「越中屋ホテル」として建築。戦時中の陸軍、戦後の米軍への接収を経てオフィスとして使用されていたが1993年(平成5年)にホテルとして再開業、2009年2月16日閉鎖。今後の処遇については未定。北海道小樽市色内1-8-25
  • 仙石温泉ホテル - 1937年(昭和12年)、予定されていた東京オリンピックに向けて開業。1987年(昭和62年)閉鎖。建物は戦後に大幅な増改築を受けているが現存。神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
  • 六甲山ホテル旧館(近代化産業遺産) - 1929年(昭和4年)創業時の建物。耐震性等の理由により2015年12月20日をもって営業を取りやめた[9]。兵庫県神戸市灘区六甲山町南六甲1034

建物が現存しない戦前のホテル建築[編集]

  • オリエンタルホテル - 1870年開業、1945年(昭和20年)に爆撃により1907年(明治40年)築の建物半壊、その後解体。兵庫県神戸市中央区海岸通
  • トアホテル - 1908年(明治41年)開業、1950年(昭和25年)創業時の建物焼失。兵庫県神戸市中央区北野町
  • 松島パークホテル - 1913年(大正2年)開業。1969年(昭和44年)に火災で焼失。跡地は公園になっている。宮城県松島町松島浪打浜
  • 丸ノ内ホテル(旧本館) - 1924年(大正13年)開業、2001年(平成13年)解体。東京都千代田区丸の内
  • 逗子なぎさホテル - 1926年(大正15年)開業、1989年(平成元年)閉鎖。神奈川県逗子市新宿
  • バンドホテル - 1928年(昭和3年)開業、1999年(平成11年)解体。神奈川県横浜市中区新山下
  • 京都ホテル旧本館 - 1928年(昭和3年)開業、1991年(平成3年)解体。
  • 京都ステーションホテル - 1928年(昭和3年)開業、1984年(昭和59年)廃業。京都市下京区東塩小路町
  • 京品ホテル - 1871年(明治4年)旅館として開業、1930年(昭和5年)に建築された建物が戦後も長く使われた。2008年10月20日廃業。廃業後も従業員が自主営業を続けたが、経営側の申し立てによる強制執行で2009年1月に閉鎖された。港区の歴史的建造物に指定されていたが、2010年に解体された。
  • 阿部野橋ホテル - 1931年(昭和6年)開業。ホテルとしての営業終了時期不明。戦後、1948年に郵政省が購入し、近畿電波監理局庁舎や浪速郵便局阿部野橋分室、大手前看護専門学校などが入居していた。2014年に閉鎖、2015年に解体。跡地はドンキホーテホールディングスが購入し、店舗とホテルの複合ビルを2017年春にオープン予定。大阪市阿倍野区旭町
  • 白雲楼ホテル - 1932年(昭和7年)開業、1999年(平成11年)倒産、2006年(平成18年)解体。石川県金沢市
  • 山王ホテル - 1932年(昭和7年)開業。1946年(昭和21年)9月米軍により接収され、軍関係者のためのホテル兼宿舎として使用される。1983年(昭和58年)10月5日に閉鎖。2000年(平成12年)1月、跡地に山王パークタワーが竣工する。東京都千代田区永田町
  • 八州ホテル - 1932年(昭和7年)7月開業。空襲の罹災により川崎航空機に貸与、戦後の米軍の接収を経て、1952年(昭和27年)「ホテルヤシマ」として再開。1957年(昭和32年)閉鎖。1959年(昭和34年)11月、跡地に東京建物日本橋ビルが竣工する。東​京​都​中​央​区​日​本​橋​
  • 上高地帝国ホテル(旧) - 1933年(昭和8年)に上高地ホテルとして開業、1975年(昭和50年)に建て替え決定。1977年(昭和52年)に竣工した現在のホテルは元の建物の外観を再現する形で設計された。
  • 札幌グランドホテル旧本館 - 1934年(昭和9年)開業。「北の迎賓館」の異名を取った。1973年(昭和48年)解体。
  • 新大阪ホテル - 1935年(昭和10年)、中之島で創業。全館空調を採用した日本最初のホテルであったとされる。現在のリーガロイヤルホテルの前身。1973年(昭和48年)閉鎖、解体。跡地には住友中之島ビルが建てられた。
  • 富士ビューホテル - 1936年(昭和11年)開業。創業時の建物は1985年に解体。山梨県河口湖町。
  • 唐津シーサイドホテル - 1936年(昭和11年)開業。1963年取り壊し。現在の同名ホテルは別資本。佐賀県唐津市。
  • 野尻湖ホテル - 1937年(昭和12年)開業。珍しい茅葺き屋根のホテルであった。1997年(平成9年)閉鎖、2003年(平成15年)解体。現存する野尻湖ホテル(旧野尻湖プリンスホテル)とは別のホテル。長野県信濃町
  • 赤倉観光ホテル(旧) - 1937年(昭和12年)開業。戦前は一時期赤倉帝国ホテルと称した。1965年(昭和40年)に火災で焼失。翌年再建された現ホテルは、旧ホテルのイメージを引き継ぐ形で設計された。新潟県妙高市
  • 第一ホテル - 1938年(昭和13年)開業。当時626室で「東洋一の客室数」と呼ばれた。1993年(平成5年)に建て替えられ、「第一ホテル東京」となる。東京都港区
  • 強羅ホテル - 1938年(昭和13年)開業。戦争中に東急が買収し、戦後国際興業に移る。1998年(平成10年)閉鎖。神奈川県箱根町
  • 阿蘇観光ホテル本館 - 1939年(昭和14年)開業。昭和30年代後半に火災で焼失。再建後のホテルも2000年に廃業した。

ホテル以外の戦前の建築を転用したホテル[編集]

関連文献[編集]

  • オフィスビル総合研究所他『都市の記憶II 日本の駅舎とクラシックホテル』(白揚社、2005年)
  • 砂本文彦『近代日本の国際リゾート』(青弓社、2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞神奈川版1997年12月24日。1985年以降を対象とする朝日新聞記事データベース「聞蔵II」での「クラシックホテル」という言葉の初出はこの記事である。なお、東京ステーションホテルは建物改修に伴う休業時にはずれ(再オープン時にも復帰せず)、それ以降は5ホテルとなっている。
  2. ^ 朝日新聞2007年10月2日付「日本一のクラシックホテル」。この記事では、朝日新聞の会員サービスである「アスパラクラブ」の会員へのアンケートから上位10ホテルを掲載しているが、この中には帝国ホテルウェスティン都ホテル京都札幌グランドホテルなど戦前の建物が建て替えで現存しないホテルも含まれている。
  3. ^ 旅行作家の山口由美は講演で「クラシックホテルの定義はありませんが、歴史のある古くから物語を積み重ねてきたホテルのことを意味します。」として海外の古い歴史を持つホテルを紹介している(武庫川女子大学東京センター開設記念第3回講演会)。
  4. ^ 宝塚ファンに愛され89年 老舗ホテルが移転新築へ”. 朝日新聞 (2015年5月16日). 2015年5月18日閲覧。
  5. ^ 建築家・村野藤吾さん設計の「志摩観光ホテル」開業60周年記念で旧館を特別公開 - 伊勢志摩経済新聞2011年8月27日
  6. ^ 志摩観光ホテル旧館ギャラリー - 観光三重
  7. ^ a b 生きた建築ミュージアム 大阪セレクション50 (PDF) - 大阪市都市整備局(p.45を参照)
  8. ^ 伏見ビル - 文化遺産オンライン
  9. ^ ホテル内一部施設営業終了のお知らせ (PDF) - 阪急阪神ホテルズ

関連項目[編集]