内村達三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内村 達三郎(うちむら たつさぶろう、1865年12月25日慶応元年11月8日) - 1934年昭和9年)10月)は日本の英文学者で、無教会の創始者内村鑑三の実弟である。

1865年内村宜之とヤソの次男として江戸に生まれる。兄、鑑三の感化によりキリスト教に入信する。札幌農学校の第7期生として学ぶ。新潟北越学館高知、新潟、大阪群馬秋田で中学校教員を務める。

英文学者として翻訳を多数手掛ける。

訳書[編集]

  • 『トロイの歌、第一冊』1905年
  • 『ミルトン「失楽園」第一巻』1905年
  • 『ソポクレス悲劇「オイデプス王」』1907年
  • 『イミターショ・クリスチ』1928年
  • 『完訳・懺悔録』1933年

参考文献[編集]