西池袋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 豊島区 > 西池袋
西池袋
—  町丁  —
東武百貨店池袋本店(サンシャイン60展望台からの全景)
西池袋の位置(東京23区内)
西池袋
西池袋
西池袋の位置
座標: 北緯35度43分47.88秒 東経139度42分30.52秒 / 北緯35.7299667度 東経139.7084778度 / 35.7299667; 139.7084778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Toshima, Tokyo.svg 豊島区
地域 西巣鴨地域
高田地域
長崎地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 16,702人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 171-0021[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬

西池袋(にしいけぶくろ)は、東京都豊島区町名。現行行政地名は西池袋一丁目から西池袋五丁目。郵便番号は171-0021[2]

地理[編集]

池袋駅西口から要町通り西南側、山手通り東南側で西武池袋線線路北側に囲まれた地域であり、北側に池袋上池袋、東側に東池袋南池袋、南側に目白南長崎、西側に長崎千早要町にそれぞれ接している。池袋駅東口に劣らず大衆的な商業施設、飲食・歓楽店街、東京芸術劇場立教大学をはじめとした教育文化施設、池袋警察署・池袋消防署・豊島税務署等の官公署が集合している。

西池袋から池袋駅の東西を結ぶ道路として、駅南側に南池袋に抜ける自動車通行可能な通称びっくりガードが、駅北側に東池袋に抜ける歩行者専用通路である雑司が谷隧道(通称:WE ROAD、ウイ・ロード)がある(雑司が谷隧道は自転車を降車して手で押していけば通行可能)。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、西池袋3-7-5の地点で53万9000円/m2となっている[4]

歴史[編集]

一部は長崎村の一部であり、1871年浦和県(現埼玉県)から東京府に編入されている。1932年に豊島区の一部となった。

元々、中小規模の商店飲食店の多い商店街が広がっていたが、戦後旧豊島師範学校跡に西口マーケットと呼ばれた闇市が形成され長らく残ったため、東口に比べて開発が遅れた。
60年代に闇市の撤去および区画整理が行われたものの、開発はなかなか進まなかった。
80年代に入り、区画整理後の区画に残った旧鉄道教習所跡にホテルメトロポリタンが建設されたのを皮切りに、旧豊島師範学校跡に東京芸術劇場が、芝浦工大高校跡にメトロポリタンプラザが建設されるなど、ようやく町並みが変わりはじめた。

西池袋から椎名町駅にかけての一帯は池袋モンパルナスとして昭和初期の戦間期に若い芸術家がアトリエを多く構えていた。戦時中においてはそうした芸術が不適切なものとみなされ、多くの芸術家が太平洋戦争で戦死したこともあって芸術運動は一旦終結した。戦後、再評価がなされるとともに、新たに前衛的な作品が産み出された。

池袋駅の付近にはこうしたモダニズムの残景はすでにみられないが、郊外の山手通りに向かって平屋のアトリエ跡が残っている。またモダニズム建築は西池袋 - 目白 - 新宿区中落合 - 中井各町一帯にあった目白文化村にも現れている。

池袋駅北口の歓楽街が取り上げられることが多いものの、現在においても立教学院自由学園の独自理念に沿った教育が中心部の雑踏から離れたところで受け継がれている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
西池袋一丁目 236世帯 303人
西池袋二丁目 2,633世帯 4,114人
西池袋三丁目 2,354世帯 3,627人
西池袋四丁目 3,247世帯 4,936人
西池袋五丁目 2,423世帯 3,722人
10,893世帯 16,702人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。なお、豊島区の小・中学校では学校選択制度を導入しており、以下の指定校に隣接している通学区域の学校も選択することが可能[5]

丁目 番地 小学校 中学校
西池袋一丁目 21~25番
29〜44番
豊島区立池袋小学校 豊島区立西池袋中学校
その他 豊島区立池袋第三小学校
西池袋二丁目 全域
西池袋三丁目 全域
西池袋四丁目 全域
西池袋五丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

  • 要町駅(東京地下鉄)- 敷地東側の一部が西池袋にあたる。
    • 有楽町線
    • 副都心線

バス[編集]

路線バス[編集]

  • 池袋駅西口停留所、国際興業総合案内所停留所、池袋二丁目停留所、要町駅停留所(国際興業バス
  • 池袋車庫停留所(国際興業バス)
    • 池11系統 - 池袋駅西口行、中野駅北口行(国際興業バス、関東バス)
    • 池80系統 - 池袋駅西口行
    • 池82系統 - 熊野町循環経由池袋駅西口行
    • 池83系統 - 要町循環池袋駅西口行
    • 池84系統 - 中丸町循環池袋駅西口行
    • 池85系統 - 日大病院行
  • 椎名町駅北口停留所(国際興業バス、関東バス)
    • 池11系統 - 池袋駅西口行、中野駅北口行

深夜急行バス[編集]

  • 池袋駅西口停留所(国際興業バス)
    • ミッドナイトアロー成増・朝霞台 - 朝霞台駅
    • ミッドナイトアロー朝霞台・新座 - 新座駅南口行
    • ミッドナイトアロー光が丘・和光市 - 和光市駅南口
    • ミッドナイトアロー高島平・中浦和 - 中浦和駅
    • ミッドナイトアロー浦和・大宮 - 大宮駅東口行
    • ミッドナイトアロー南浦和・東浦和 - 東浦和駅
  • 池袋駅西口停留所(東武バス
    • ミッドナイトアロー川越 - 神明町車庫行
    • ミッドナイトアロー和光・志木 - 新座車庫

長距離・高速バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

西池袋一丁目[編集]

西池袋二丁目[編集]

西池袋三丁目[編集]

西池袋四丁目[編集]

西池袋五丁目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別の世帯と人口”. 豊島区 (2017年12月1日). 2018年1月4日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月4日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月4日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域(指定校)および隣接校選択制”. 豊島区 (2017年12月11日). 2018年1月4日閲覧。
  6. ^ 元々ビックカメラは池袋北口店(西池袋)が東京の第一号店として進出して来たが現在は本店は東池袋へ、池袋北口店は池袋西口店へ移転している。

外部リンク[編集]