マイケル・ポーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・ポーター
Michael E. Porter
Michael Porter.jpg
世界経済フォーラムにて(2009年)
生誕 (1947-05-23) 1947年5月23日(69歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州 アナーバー
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 経営学
研究機関 ハーバード大学
出身校 プリンストン大学卒業
ハーバード大学経営大学院修了
主な業績 ファイブフォース分析の提唱
バリュー・チェーンの提唱
プロジェクト:人物伝

マイケル・ポーター(Michael Eugene Porter、1947年5月23日 - )は、アメリカ合衆国経営学者学位経済学博士ハーバード大学1973年)。ハーバード大学経営大学院教授

来歴[編集]

ミシガン州アナーバーにて生まれ、上級軍人である父親と共に世界各地を渡り歩いて育った。1969年プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業。高校時代にはアメリカンフットボール野球で州代表に、大学時代にはゴルフで全米代表(NCAA)チームに選ばれるなど運動能力も抜群だった。

1971年、ハーバード大学にて経営学修士号(Master of Business Administration)を取得した。1973年には、同大学大学院にて経済学博士号(Ph.D. in Business Economics)を取得した。1982年には同学史上最年少の正教授となる。現在では、ハーバード大学の教授の職位の一つである「Bishop William Lawrence University Professor」として活動している[1]

研究[編集]

アメリカを中心に世界各地で多くの国や州の政府、および企業の戦略アドバイザーを務め、ファイブフォース分析バリュー・チェーンなど数多くの競争戦略手法を提唱した。

代表的著書である『競争の戦略』は経営戦略論の古典として今日でも多くの経営者や、経営学を学ぶ学生の間で利用されており、MBA取得者が選ぶお薦め経営学書ランキングで第1位を獲得している。

1980年代にはアメリカの競争力強化に関する大統領諮問会議に出席。その結論を不満に思い、独自の研究を重ね「国の競争優位」を出版する。そこでは国の産業優位を構築するクラスターの形成と衰退の実例を分析し、産業分析の研究に多大な進歩をもたらした。

著書[編集]

  • Interbrand choice, strategy, and bilateral market power, Harvard University Press, 1976.
  • Competitive strategy: techniques for analyzing industries and competitors, Free Press, 1980.
『競争の戦略』、土岐坤中辻萬治服部照夫訳、ダイヤモンド社, 1985
  • Cases in competitive strategy, Free Press, 1983.
  • Competitive advantage: creating and sustaining superior performance, Free Press, 1985.
『競争優位の戦略――いかに高業績を持続させるか』、土岐坤・中辻萬治・小野寺武夫訳、ダイヤモンド社, 1985
  • The competitive advantage of nations, Free Press, 1990.
『国の競争優位』、土岐坤・中辻萬治・小野寺武夫・戸成富美子訳、ダイヤモンド社, 1992
  • Michael E. Porter on competition and strategy, Harvard Business School Press, 1991.
  • On competition, Harvard Business School Publishing, 1998.
『競争戦略論』、竹内弘高訳、ダイヤモンド社, 1999
  • Clusters of innovation: regional foundations of U.S. competitiveness, Council on Competitiveness, 2001.

共著[編集]

  • Competition in the open economy: a model applied to Canada, with Richard E. Caves and A. Michael Spence, Harvard University Press, 1980.
  • Upgrading New Zealand's competitive advantage, with Graham T. Crocombe, Michael J. Enright and Tony Caughey, Oxford University Press, 1991.
  • Advantage Sweden, with Örjan Sölvell and Ivo Zander, Norstedts, 1991.
  • The new challenge to America's prosperity: findings from the innovation index, with Scott Stern, Council on Competitiveness, 1999.
  • Can Japan compete?, with Hirotaka Takeuchi and Mariko Sakakibara, Macmillan, 2000.
『日本の競争戦略』、ダイヤモンド社, 2000
  • The global competitiveness report 2004-2005: results of the executive opinion survey 2004, Palgrave Macmillan, 2005.
『国の競争力』、鈴木立哉渡部典子上坂伸一訳、ファーストプレス, 2006
  • Redefining health care: creating value-based competition on results, with Elizabeth Olmsted Teisberg, Harvard Business School Press, 2006.
『医療戦略の本質――価値を向上させる競争』、山本雄士訳、日経BP社, 2009

編著[編集]

  • Competition in global industries, Harvard Business School Press, 1986.
『グローバル企業の競争戦略』、土岐坤・中辻萬治・小野寺武夫訳、ダイヤモンド社, 1989
  • Strategy: seeking and securing competitive advantage, co-edited with Cynthia A. Montgomery, Harvard Business School Press, 1991

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]