会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

会議(かいぎ、: meetingミーティング)は、関係者が集まって特定の案件について相談をし、意思決定をすることである。またはその集合のこと。会議を行うために設けられた部屋を会議室といい、会議形式を会議体という。

会議は、組織において、最も重要な人間と人間との間の意思を伝達する手段である。特に民主主義を標榜する集団に於いては、議決機関である国家や企業は常に会議の形を取り、多数で相談の上で決定する。ただし、国家や企業のトップが独裁的な場合には、単に形式だけの会議が行われて提出された議案が承認される、という建前に使われる場合もある。

会議は、組織において非常に一般的なものであるが、しばしば会議に費やす時間やコストが貴重な資源の著しい浪費になりうることを忘れてしまいがちである。 このような会議が持つ傾向から、会議を考案し進行役を務めるファシリテーターという専門職がある。

会議の種類[編集]

会議方法[編集]

会議方法は会議様式によってまちまちである。 一般的なやり方は、司会及び進行役として議長を置き、あらかじめ提出され、まとめられた議題に基づいて提案、質疑応答、議論、最後に議決が行われる。

会議の内容は保存されるべきものであり、その記録は議事録といわれる。議事録を作成する係は書記と呼ばれることもあるが、速記者などがこれに当たることもある。 参考資料が必要な場合には配布されることもあるが、近年はプロジェクターなどのモニターにPC画面を映し出して会議を進める例が多い。

ソフトウェア[編集]

会議に使用されるソフトウェアとして、プレゼン形式の会議ならばPowerPointが最もよく使用される。 互いに意見を出しあう会議で、ブレインストーミング等を行うときはMindManagerが用いられることもある。

会議様式[編集]

会議室[編集]

会議を行う場所に特に決まりはないが、参加者全員が入ることのできる独立した部屋で、ホワイトボードプロジェクターのような機材が用意された部屋が用いられることが多い。このように、主に会議に使用することを目的に設置された部屋を会議室(またはミーティングルーム)という。

会議のなかでも特に重要な意志決定を行う経営会議や重役会議には、立ち入ることのできる人間を制限した専用の会議室が用いられることがある。このような会議室は役員会議室などと呼ばれ、入り口は役員の個室の近くや、秘書の目の届く場所にあるため、産業スパイなどの活動から経営機密を保護する能力が高い。また、ホテルや、専門業者が運営する、貸し会議室を予約することもある。 近年はWeb会議の普及が欧米を中心に進んでいる。

カンファレンス[編集]

会議におけるカンファレンスとは、主に研究会、協議会、検討会や会談を指して呼ぶ。 プレスカンファレンスとは、取材記者との間で会議が行われる訳ではなく、記者発表会の意味である。記者と質疑応答などが行われる。

ブリーフィング[編集]

会議におけるブリーフィングとは、要旨、要点などを手短に行う連絡形式である。軍では作戦説明を指して呼ぶ。

派生言語[編集]

  • 「ファンミーティング」 タレント、歌手、スポーツチーム・選手など、特定の人物や団体・ユニットのファンを集めての交流会という意味で使われている。
  • ニコニコ大会議 ニコニコ動画のユーザーや視聴者を中心に行われる会議体で、リアルとバーチャルの2面がある。

日本の会議[編集]

日本は調和を重んじる文化があるため、会議にかける事項は、実際には事前に根回し済みであることが多く、重要な人物には一人ずつ働きかけ見解を一致させてから、形式的に会議を開く場合が多い。管理職は会議ばかりで、実務にあたる時間は少なくなり、会議では意見を調整するだけという場合もしばしば見受けられる。ホワイトカラーを含む日本の管理職の仕事の効率は世界最低で、中国よりも低いという分析もある[1]

中国の会議[編集]

中国では会議が多すぎるといわれ、工場の責任者の最大の悩みは常に多くの会議に追われ、本来の業務に時間を費やせないことである場合が多い。一部の国有企業の経営者はこうした不満があるという[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 莫邦富『中国人は落日の日本をどう見ているか』(思想社 1998年)

関連項目[編集]