競争戦略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

競争戦略(きょうそうせんりゃく、英:competitive strategy)とは、マーケティングにおいて5つの競争要因ごとに防衛可能な地位をつくり出すために、攻撃あるいは防御のアクションを打つことをいう。事業戦略とも呼ばれる。

概要[編集]

業界において有利な市場地位(ポジション)を確保するために、他社とは異なった独自の戦略行動を選択し、自社のポジションを改善することをいう。

マイケル・ポーターは競争戦略を次の3つに類型している[1]

参考文献[編集]

  1. ^ W. A. スピンクス 『マネジメント・セオリー』 培風館、83頁。ISBN 978-4-563-00936-6 
  • Michael E. Porter, Free Press, New York, 1980.

関連項目[編集]