ヘンリー・ミンツバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘンリー・ミンツバーグ(Prof. Dr. Henry Mintzberg 1939年9月2日 - )は、カナダのマギル大学デソーテル経営大学院のクレゴーン記念教授である。

経歴[編集]

ミンツバーグはマギル大学の工学部機械工学科を卒業し、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院にて1965年に経営学修士及び1968年に博士を取得[1]

1994年に著した論文・書籍『The Rise and Fall of Strategic Planning』で現代経営学の戦略論を批判した。

思想[編集]

ミンツバーグは純粋な理論家とは一線を画す異色の経営学者である。彼の名を一躍有名にした『マネジャーの仕事』は実際のマネージャーの活動に随行することで得られた資料を分析したもので、そこにはすでにミンツバーグの研究方法の独創性が示されている。彼は経営においても実践を重視し、芸術的要素・右脳的要素を重要視する。 彼はマイケル・ポーターに代表される純理論的な経営理論を批判し、よきマネージャーは教室では育成されないと主張。独自のマネージャー育成の教育プログラムを立ち上げると共に、経済以外の分野にたいしても積極的な言論活動を続けている。

古典学派に対する批判[編集]

ミンツバーグは古典学派管理過程学派)の提唱した管理職能論(POSDCORBなど)は事実に反すると批判し、また自ら調査を行い持論を証明した。

古典学派管理過程学派)に対するミンツバーグによる四つの批判

  • 有能な経営管理者は遂行しなければならない決まった職責が存在する。
  • 経営管理者は秩序を立てて計画化するものではない。
  • トップの経営者は経営情報システム(MIS)に依存しているわけではない。
  • マネジメントは専門家の職業ではなく科学でもない。

主な著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mintzberg's Cv