前田多門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
前田 多門
まえだ たもん
Maeda Tamon 1955.JPG
生年月日 1884年5月11日
出生地 日本の旗 日本 大阪府
没年月日 (1962-06-04) 1962年6月4日(満78歳没)
出身校 東京帝国大学

日本の旗 第59代 文部大臣
内閣 東久邇宮内閣
幣原内閣
在任期間 1945年 - 1946年
テンプレートを表示

前田 多門(まえだ たもん、1884年(明治17年)5月11日 - 1962年(昭和37年)6月4日)は、日本の政治家、実業家、文筆家。

経歴[編集]

大阪府出身。喜兵衛の長男[1]立教中学一高東京帝国大学卒業後、内務省入省。1916年(大正5年)、後藤新平内務大臣の秘書官に起用され、後藤系の有力官僚となり、1920年(大正9年)、池田宏の後を継いで第2代の内務大臣官房都市計画課長となった[2]。後藤新平が東京市長に就任すると第1助役は永田秀次郎、第2助役は池田、第3助役は前田という後藤の所謂「畳」であり[3]、後藤自身および電気局長の長尾半平と合わせて「三田二平」と称された。

1928年(昭和3年)「朝日新聞」論説委員。1938年退社後はニューヨークの日本文化会館館長、1943年新潟県知事など歴任。

1945年(昭和20年)貴族院議員となり、東久邇宮内閣の文相に就任、教育改革を推進した。幣原内閣でも留任したが公職追放となった。1946年(昭和21年)、東京通信工業(後のソニー)の初代社長に就任。

財団法人東京市政調査会、日本育英会、日本ユネスコ国内委員会、日本ILO協会各会長、公明選挙連盟理事長等を歴任。帝大在学中、新渡戸稲造に師事して、鶴見祐輔田島道治岩永裕吉とともに「新渡戸四天王」と呼ばれた。学外では内村鑑三の聖書研究会に入門、新渡戸と内村から多大なる影響を受ける。晩年に新渡戸と同じくクエーカーに入信。

家族[編集]

長男は東大教養学部名誉教授・フランス文学者の前田陽一

長女は精神科医の神谷美恵子

次女勢喜子は、ソニー第2代社長井深大の妻だったが長年別居を経て多門の没後に離婚(子息の井深亮「父 井深大」ごま書房に詳しい)。

著書[編集]

前田多門
  • 国際労働 岩波書店 1927 
  • 地方自治の話 朝日常識講座 朝日新聞社 1930
  • 公民の書 選挙粛正中央聯盟 1936
  • 新渡戸博士追憶集 高木八尺共著 故新渡戸博士記念事業実行委員 1936
  • アメリカ人の日本把握 育生社 1940 (新世代叢書)
  • 山荘静思 羽田書店 1947

翻訳[編集]

  • 『ジョン・ウールマン』警醒社 1914
  • ヒユー・ブラツク『積極修養と消極修養』実業之日本社 1914 

関連人物[編集]

参考文献[編集]

  • 第廿一版 人事興信録 昭和36年(1961年)、ま一六
  • 『政治家人名事典』1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ、479頁
  • 『前田多門 その文・その人』同刊行会、1963年
  • 黒沢英典『戦後教育の源流を求めて 前田多門の教育理念』内外出版、1982年
  • 越澤明『後藤新平 -大震災と帝都復興』ちくま新書、平成23年(2011年)。169-170、192-193頁。ISBN 978-4-480-06639-8
  • 前田多門「序」、『財団法人東京市政調査会四十年史』東京市政調査会、昭和37年(1962年)

脚注[編集]

  1. ^ 第廿一版 人事興信録 昭和36年(1961年)より
  2. ^ 越澤明『後藤新平 -大震災と帝都復興』平成23年(2011年)169-170、192-193頁。
  3. ^ 畳の旧字体「疊」は3つの「田」の下に「宜」があり、後藤はこれをもじって「田」の字を名前に含む永田・池田・前田の3人に市政を任せれば「宜(よろ)しい」と称した。越澤、同上、193頁。
ビジネス
先代:
設立
東京通信工業(ソニー)社長
初代:1946年 - 1950年
次代:
井深大
公職
先代:
松村謙三
(兼任)
日本の旗 文部大臣
第59代:1945 - 1946
次代:
安倍能成