マナスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マナスル
マナスル
マナスル・ベースキャンプから
標高 8,163 m
所在地 ネパールの旗 ネパールガンダキ県
位置 北緯28度33分 東経84度34分座標: 北緯28度33分 東経84度34分
山系 ヒマラヤ山脈
初登頂 今西壽雄ギャルツェン・ノルブ
1956年5月9日
マナスルの位置(ネパール内)
マナスル
マナスル
マナスルの位置(アジア内)
マナスル
マナスル
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
マナスル登頂記念切手

マナスルManaslu, ネパール語: मनास्लु)は、ネパールヒマラヤ山脈に属し、標高8,163 mは世界8位である。

山名はサンスクリット語で「精霊の山」を意味するManasa[要出典]から付けられている。

初登頂は1956年[1]5月9日に、今西壽雄ギャルツェン・ノルブら日本隊によって達成されている。この成功は戦後の日本登山界に画期的な影響があり[1]、空前絶後の登山ブームを巻き起こすなど社会現象になった[1]。また登山隊が使用したビブラムソール[1]、ナイロン製クライミングロープ[2]などの新鋭機材は急速に普及した[1]

登頂の歴史[編集]

2000年代後半以降、中国側から登るチョ・オユーシシャパンマの入山許可が安定しないことを嫌った公募隊がマナスルに流れ、登山者が急増し、そのため登頂難易度が下がった[3]エベレストの前哨戦として登られることも多い[3]。ただしマナスルはエベレストに比べると雪崩の危険が高い山である。

  • 1950年 - ビル・ティルマンが偵察を行い、最も容易なルートは北東からのルートだと考えた。
  • 1952年 - 日本隊が標高5,275 m地点に到達。
  • 1953年 - 日本隊(三田幸夫隊長)が標高7,750 m地点に到達。
  • 1954年 - 日本隊(堀田弥一隊長)が遠征するも、宗教上の理由から登山活動に反対する現地民の妨害により断念。ガネシュヒマールに目標変更を余儀なくされる。
  • 1956年5月9日 - 槇有恒ら12人の日本山岳会隊の今西壽雄、ギャルツェン・ノルブが初登頂に成功。
  • 1971年5月17日 - 小原和晴ら11人の日本隊が北西側から登頂。
    • キム・ホスプが韓国隊を率いて北東側から挑戦するが、キム・キスプが転落死したため断念。
  • 1972年 - ウォルフガング・ナイルツ率いるオーストリア隊が南西からの初登頂に成功、隊員のラインホルト・メスナーが頂上に立つ。無酸素初登頂。
  • 1973年 - ゲルハルト・シュマッツ率いるドイツ隊が登頂に成功。
  • 1974年5月4日 - 中世古直子らの日本の女性隊が登頂に成功。初の女性による8000メートル峰の登頂となったが、翌5日に一人が行方不明となる。
  • 1975年 - ヘラルド・ガルシア、ジェロニモ・ロペスらスペイン隊が登頂に成功。
  • 1980年4月28日 - リ・インジュン率いる韓国の東国大学校隊が登頂に成功。
  • 1981年5月19日 - オーストリアの旅行社が企画した国際公募隊による遠征が行われ、ペーター・ヴェルゲッターとゼップ・ミリンガーが山頂からスキー滑降
  • 1984年1月11日 - ポーランド隊のマチェイ・ベルベカとリシャルド・ガエフスキが冬季初登頂。
  • 1985年12月14日 - 山田昇、斉藤安平が無酸素アルパインスタイルで登頂。
  • 1986年 - イェジ・ククチカアルトゥール・ハイゼルが北東壁新ルートをアルパインスタイルで初登頂。
  • 1991年 - ハンス・カマランダー擁するイタリア・ドイツ合同隊が登頂を目指すが、滑落や落雷の直撃で二人が遭難死。
  • 2012年9月23日 - 標高7400 m付近の巨大なセラック(氷塔)が崩壊し、大規模な雪崩が発生。午前5時頃にキャンプ3(標高6800 m)の25張、キャンプ2(標高6360 m)の12張を雪崩が直撃した。11人の死亡者および行方不明者を出す大惨事となった[4]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『山への挑戦』pp.44-66「山道具は語る(登山靴)」。
  2. ^ 『山への挑戦』pp.115-138「山道具は語る(ザイル)」。
  3. ^ a b かくも多様な。 石川直樹公式ブログ2011年4月11日
  4. ^ 池田常道『現代ヒマラヤ登攀史』(山と渓谷社,2015年)

参考文献[編集]