木戸孝允

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
木戸孝允 / 桂小五郎
Takayoshi Kido suit.jpg
木戸孝允(明治維新後)
生年月日 1833年8月11日
出生地 日本の旗長門国 城下呉服町
(現在の山口県萩市呉服町)
没年月日 (1877-05-26) 1877年5月26日(満43歳没)
死没地 日本の旗京都府
(現在の京都府京都市
出身校 明倫館
前職 武士長州藩士)
所属政党 無所属(長州藩閥)
称号 従一位
勲一等旭日大綬章
配偶者 木戸松子
親族 木戸幸一

日本の旗 第2代 文部卿
在任期間 1874年1月25日 - 1874年5月13日
天皇 明治天皇

日本の旗 第2代 内務卿
在任期間 1874年2月14日 - 1874年4月27日
天皇 明治天皇
テンプレートを表示

木戸 孝允(きど たかよし)/ 桂 小五郎 (かつら こごろう、天保4年6月26日1833年8月11日) - 明治10年(1877年5月26日)とは、日本武士長州藩士)、政治家である。位階勲等従一位勲一等であった。名の孝允は「こういん」と有職読みされることもある。

概略[編集]

長州藩出身。吉田松陰の教えを受け、藩内の尊王攘夷派(長州正義派)の中心人物となり、留学希望・開国・破約攘夷の勤皇志士、長州藩の外交担当者、藩庁政務座の最高責任者として活躍する。特に志士時代には、幕府側から常時命を狙われていたにもかかわらず果敢に京都で活動し続けた。

維新後、総裁局顧問専任として迎えられ、当初から「政体書」による「官吏公選」などの諸施策を建言し続けていた。文明開化を推進する一方で、版籍奉還廃藩置県など封建的諸制度の解体に努め、薩長土肥四巨頭による参議内閣制を整えた。海外視察も行い、帰朝後は、かねてから建言していた憲法や三権分立国家の早急な実施の必要性について政府内の理解を要求し、他方では新たに国民教育や天皇教育の充実に務め、一層の士族授産を推進する。長州藩主・毛利敬親明治天皇から厚く信頼された。

しかし、急進派から守旧派までが絶え間なく権力闘争を繰り広げる明治政府の中にあって、心身を害するほど精神的苦悩が絶えず、西南戦争の半ば、出張中の京都で病気を発症して重篤となり、夢の中でも西郷隆盛を叱責するほどに政府と西郷双方の行く末を案じながら息を引き取った。

その遺族は、華族令当初から侯爵に叙されたが、これは旧大名家、公家以外では、大久保利通の遺族とともにただ二家のみであった。

生涯[編集]

少年時代[編集]

天保4年6月26日1833年8月11日)、長門国萩城下呉服町(今の山口県萩市)に藩医和田昌景の長男として生まれる。和田家は毛利元就の七男・天野元政の血を引くという。母はその後妻。前妻が生んだ異母姉が2人いる。長男ではあるが、病弱で長生きしないと思われていたため、長姉に婿養子・文讓が入り、また長姉が死んだ後は次姉がその婿養子の後添えとなっていたため、天保11年(1840年)、7歳で向かいの桂家(家禄150石)の末期養子となり(養父:桂九郎兵衛孝古)、長州藩の大組士という武士の身分と禄を得る。翌年、桂家の養母も亡くなったため、生家の和田家に戻って、実父母・次姉と共に育つ。

少年時代は病弱でありながら、他方で悪戯好きの悪童でもあり、萩城下の松本川を行き来する船を船頭ごと転覆させて快哉を叫ぶという悪戯に熱中していた。ある時、水面から顔を出し船縁に手をかけたところを、業を煮やしていた船頭に櫂で頭を叩かれてしまう。小五郎は、想定の範囲内だったのか、岸に上がり額から血を流しながらもニコニコ笑っていたという。このときの額の三日月形の傷跡が古傷として残っている。

10代に入ってからは、藩主・毛利敬親による親試で2度ほど褒賞を受け(即興の漢詩と『孟子』の解説)、長州藩の若き俊英として注目され始める。

嘉永元年(1848年)、次姉・実母を相次いで病気で失い、悲しみの余り病床に臥し続け、周囲に出家すると言ってはばからなかった。

嘉永2年(1849年)、吉田松陰山鹿流兵学を学び、「事をなすの才あり」と評される(のちに松陰は「桂は、我の重んずるところなり」と述べ、師弟関係であると同時に親友関係ともなる)。

剣豪桂小五郎[編集]

弘化3年(1846年)、長州藩の剣術師範家のひとつの内藤作兵衛柳生新陰流)の道場に入門している。嘉永元年(1848年)、元服して和田小五郎から大組士・桂小五郎となり、実父に「もとが武士でない以上、人一倍武士になるよう粉骨精進せねばならぬ」ことを言い含められ、それ以降は剣術修行に人一倍精を出して腕を上げ、実力を認められる。嘉永5年(1852年)、剣術修行を名目とする江戸留学を決意し、藩に許可され、藩に招かれていた神道無念流の剣客・斎藤新太郎の江戸へ帰途に5名の藩費留学生たちと他1名の私費留学生に随行し、私費で江戸に上る。

江戸では三大道場の一つ、練兵館(神道無念流)に入門し、新太郎の指南を受ける。免許皆伝を得て、入門1年で塾頭となった。大柄な小五郎が、得意の上段竹刀を構えるや否や「その静謐な気魄に周囲が圧倒された」と伝えられる。小五郎と同時期に免許皆伝を得た大村藩渡辺昇(後に、長州藩と坂本龍馬を長崎で結びつける人物)とともに、練兵館の双璧と称えられた。

幕府講武所の総裁・男谷信友直心影流)の直弟子を破るなど、藩命で帰国するまでの5年間、練兵館の塾頭を務めおおせ、その間に剣豪の名を天下に轟かせる。大村藩などの江戸藩邸に招かれ、請われて剣術指導も行った。また、近藤勇をして「恐ろしい以上、手も足も出なかったのが桂小五郎だ」と言わしめたといわれる[1]が、桃井春蔵や男谷信友に対しても同じような逸話があるため、本当に桂小五郎をそう評したかどうかはわからない。

一説には、安政5年(1858年)10月、小五郎が武市半平太や坂本龍馬と、士学館の撃剣会で試合をしたとされるが、当時の武市・坂本は前月から土佐国に帰郷していたとの説もある[注 1]

留学希望・開国・破約攘夷の志士[編集]

桂小五郎像(京都市・河原町御池上ル)

練兵館塾頭を務める傍ら、ペリーの再度の来航(1854年)に大いに刺激され、すぐさま師匠の斎藤弥九郎を介して伊豆相模甲斐など幕府領5カ国の代官である江川英龍に実地見学を申し入れ(江戸時代に移動の自由はない)、その付き人として実際にペリー艦隊を見聞する。

松陰の「下田踏海」に際しては自ら積極的に協力を申し出るが、弟子思いの松陰から堅く制止され、結果的に幕府からの処罰を免れる。しかし、来原良蔵とともに藩政府に海外への留学願を共同提出し、松陰の下田踏海への対応に弱っていた藩政府をさらに驚愕させる。倒幕方針を持つ以前の長州藩政府が、幕府の鎖国の禁制を犯す海外留学を秘密裏にですら認める可能性は乏しく、小五郎はそれまで通り練兵館塾頭をこなしつつも、

  • 兵学家で幕府代官の江川英龍から西洋兵学・小銃術・砲台築造術を学ぶ
  • 浦賀奉行支配組与力の中島三郎助から造船術を学ぶ。短い修学期間であったが、互いの人格を認めあい、中島の家族からも厚遇された。開明家ながらも中島は幕臣としての立場を貫徹し、箱館戦争の際に2人の息子と壮絶な戦死を遂げた。一方、明治政府成立後も木戸は中島の恩義を忘れず、遺族の保護に尽力している。明治9年(1876年)の奥羽・北海道巡幸に随従した木戸は、往時を回顧して慟哭した。
  • 幕府海防掛本多越中守の家来・高崎伝蔵からスクネール式洋式帆船造船術を学ぶ
  • 長州藩士・手塚律蔵から英語を学ぶ

など、常に時代の最先端を吸収していくことを心掛ける。

文久2年(1862年)、藩政府中枢で頭角を現し始めていた小五郎は、周布政之助久坂玄瑞(義助)たちと共に、松陰の航海雄略論を採用し、長州藩大目付・長井雅楽が唱える幕府にのみ都合のよい航海遠略策を退ける。このため、長州藩要路の藩論は開国攘夷に決定付けられる。同時に、異勅屈服開港しながらの鎖港鎖国攘夷という幕府の路線は論外として退けられる。

文久3年(1863年)3月、水戸藩士吉成勇太郎らを上京させた。

欧米への留学視察、欧米文化の吸収、その上での攘夷の実行という基本方針が長州藩開明派上層部において定着し、5月8日、長州藩から英国への秘密留学生が横浜から出帆する(日付は、山尾庸三の日記による)。この長州五傑と呼ばれる秘密留学生5名(井上馨(聞多)、伊藤博文(俊輔)、山尾庸三井上勝遠藤謹助)の留学が藩の公費で可能となったのは、周布政之助が留学希望の小五郎を藩中枢に引き上げ、オランダ語や英語に通じている村田蔵六(大村益次郎)を小五郎が藩中枢に引き上げ、開明派で藩中枢が形成されていたことによる。

5月12日、小五郎や高杉晋作たちのかねてからの慎重論(無謀論)にもかかわらず、朝廷からの攘夷要求を受けた幕府による攘夷決行の宣言どおりに、久坂玄瑞率いる長州軍が下関関門海峡を通過中の外国艦船に対し攘夷戦争を始める。この戦争は、約2年間続くが、当然のことながら、破約攘夷にはつながらず、攘夷決行を命令した幕府が英米仏蘭4カ国に賠償金を支払うということで決着する。

5月、藩命により江戸から京都に上る。京都で久坂玄瑞・真木和泉たちとともに破約攘夷活動を行い、正藩合一による大政奉還および新国家建設を目指す。

蛤御門の変[編集]

桂小五郎・幾松寓居跡(京都市)
禁門の変後潜伏した、但馬出石の邸宅跡

八月十八日の政変の不当性が認められない上、池田屋事件まで起こされた長州藩は、小五郎や周布政之助・高杉晋作たちの反対にもかかわらず、先発隊約300名が率兵上洛し、久坂玄瑞軍が山崎天王山に、来島又兵衛軍が嵯峨天龍寺に、福原元軍が伏見に陣取り、朝廷に長州藩主父子や長州派公卿たちの雪冤を迫る。朝廷もそれに応じ、京都守護職会津藩から長州藩に変えようとするところまで行くが、一橋慶喜から「もしそうしたいのであれば、幕府側は一切朝廷から手を引かせて頂く。お好きなようになされるがよい」と恫喝され、幕府・会津藩と完全な敵対関係になるまでは考えていない孝明天皇および公卿たちは躊躇した。そこで劣勢を回復した中川宮朝彦親王などの佐幕派公卿たちは逆に、朝廷と長州派公卿を介した長州との交渉を打ち切らせ、長州軍を挑発して一気に蹴散らしたい幕府側(一橋慶喜・会津・薩摩守旧派)の意向をそのまま受けて、長州軍の退去を期限付きで最後通告して来た。

長州方は武門の名誉に賭けて、結果を残さず兵を退く事はできないと天皇直訴と集団諫死する事で朝廷を動かそうと考えた。長州先発隊は、まだ瀬戸内海上にいる世子・毛利定広率いる長州軍本隊2千名に引き上げを要請した上で、先遣隊は兵を動かし蛤御門近辺で会津藩兵と武力衝突する事となった(禁門の変・蛤御門の変)。

  • 来島又兵衛率いる嵯峨天龍寺の長州軍は、会津軍を破り、禁裏に後一歩と迫るも、薩摩軍に横腹を付かれ、来島が倒れた後は総崩れとなって、散り散りに敗走する事となった。
  • 福原元率いる伏見の長州軍は御所に辿り着けず、早々と大阪方面へ退避した。
  • 久坂玄瑞率いる天王山の長州軍は、淀川の泥土に足をとられたためで出遅れてしまい、御所に辿り着いたときは戦闘がほぼ終わっていた。鷹司邸を根城にして天皇に直訴を行おうとするが、かなわず、久坂たちは大将として自刃し、残りは天王山方面へ退避させる事となった。

このとき小五郎は、因州藩を説得し長州陣営に引き込もうと目論み、因州藩が警護に当たっていた猿が辻の有栖川宮邸に赴いて、同藩の尊攘派有力者である河田景与と談判する。しかし河田は時期尚早として応じず、説得を断念した小五郎は一人で孝明天皇が御所から避難するところを直訴に及ぼうと待った。しかしこれもかなわず、燃える鷹司邸を背に一人獅子奮迅の戦いで切り抜け、幾松対馬藩士・大島友之允の助けを借りながら、潜伏生活に入る。会津藩などによる長州藩士の残党狩りが盛んになって京都での潜伏生活すら無理と分かってくると、但馬出石に潜伏する。

第一次長州征討[編集]

朝敵となって敗走した長州藩に対し、さらに第一次長州征討が行われようとした時点で、長州正義派は藩政権の座を降りた。不戦敗および三家老の自裁、その他の幹部の自決・処刑という対応で藩首脳部は責任を取った。国泰寺の会談において長州藩を代表した吉川経幹を前にして永井尚志は質疑をしていたが、途中で手帳を出すと名前を確認しながら「桂小五郎と高杉晋作はどこにいるのか」と尋ねた。吉川は死にましたと返答をしてこの件は処理された。

その後、長州俗論派政権が正義派の面々を徹底的に粛清し始めた。しかし、高杉晋作率いる正義派軍部が反旗を翻し、軍事クーデター(功山寺挙兵)が成功したため、俗論派政権による政治が終わった。その後、小五郎がどこかに潜伏しているらしいことを察知した高杉晋作・大村益次郎たちによって、小五郎は長州藩の統率者として迎えられる。後に伊藤博文は小五郎が長州に迎えられた時の様子を「山口をはじめ長州では大旱(ひどいひでり)に雲霓(雨の前触れである雲や虹)を望むごときありさまだった」と語っている。長州政務座に入ってからは、武備恭順の方針を実現すべく軍制改革と藩政改革に邁進する。

薩長同盟[編集]

長州藩は土佐藩の土方楠左右衛門中岡慎太郎坂本龍馬らに斡旋されて薩摩藩と秘密裏に薩長同盟を結ぶ。慶応2年(1866年)1月22日に京都で薩長同盟が結ばれて以来、桂は長州の代表として薩摩の小松帯刀大久保利通西郷隆盛黒田清隆らと薩摩・長州でたびたび会談し、薩長同盟を不動のものにして行く。薩長同盟の下、長州は薩摩名義でイギリスから武器・軍艦を購入した。

第二次長州征討[編集]

長州藩の武備恭順や大村益次郎たちによる秘密貿易を口実として、幕府側(会津藩・新撰組)は第二次長州征討(四境戦争)を強行してくる。

薩長同盟を介した秘密貿易で武器や艦船を購入し、近代的な軍制改革が施されていた長州軍の士気は、極めて高かった。長州訪問中の坂本龍馬が感激して薩摩に「長州軍は日本最強」と手紙をしたためたほどであった。

  • 初戦は手薄だった大島口への幕軍による奇襲攻撃によって開始され、珍しく慌てた小五郎は小倉口の指揮官だった高杉晋作を急遽大島口に回らせる。高杉晋作艦による幕軍への艦砲射撃によって形勢が逆転し、その後は第二奇兵隊の活躍によって長州側の勝利が確定した。
  • 大村益次郎が指揮官だった石州口・芸州口は、隣接する津和野藩の手引きや、広島藩の長州征討への消極的態度にも助けられ、長州側があっさり勝利を収めた。
  • ことに芸州口を担当していた井上馨率いる長州軍は、幕府本陣のある広島国泰寺のすぐ近くまで押し寄せ、幕府軍だけでなく広島藩まで慌てさせた。
  • 肥後軍の高みからの猛攻撃により8ヶ月に及んでいた小倉口の戦いは、幕府側の劣勢にもかかわらず戦おうとしない幕艦・幕軍にあきれ果てた肥後軍の撤退によりあっさり幕を下ろした。

大島口・芸州口・石州口の3カ所で極めて短期間のうちに幕府軍を撃破し、残りの小倉口も高みから徹底抗戦し続けていた肥後藩士たちの戦意喪失により、長州側の勝利が確定する。この結果、浜田藩(幕府領・石見銀山含む)と小倉藩の主要部分は明治2年(1869年)の版籍奉還まで長州藩の属領となる。

明治維新政府[編集]

木戸孝允(前列中央)と伊藤博文(後列右端)ら。明治3年(1870年)撮影。

明治新政府にあっては、右大臣岩倉具視からもその政治的識見の高さを買われ、ただ一人総裁局顧問専任となり、庶政全般の実質的な最終決定責任者となる。太政官制度の改革後、外国事務掛・参与参議文部卿などを兼務していく。明治元年(1868年)以来、数々の開明的な建言と政策実行を率先して行い続ける。五箇条の御誓文、マスコミの発達推進、封建的風習の廃止、版籍奉還廃藩置県、人材優先主義、四民平等、憲法制定と三権分立の確立、二院制の確立、教育の充実、法治主義の確立などを提言し、明治政府に実施させた。

なお、軍人の閣僚への登用禁止、民主的地方警察、民主的裁判制度など極めて現代的かつ開明的な建言を、その当時に行っている。

五箇条の御誓文[編集]

慶応4年(1868年)3月14日に布告された五箇条の御誓文において、木戸は福岡孝弟の当初案から、第一条の「列侯会議を興し」を「廣ク會議ヲ興シ(広く会議を起こし)」に改め、第四条「舊來ノ陋習ヲ破リ、天地ノ公道ニ基クヘシ(旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし)」を新たに挿入させた。その他には、

  • 福岡案の「人心をして倦まざしむるを要す」(第3条)という言葉遣いをより洗練された表現「人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス」に修正(ただし、前半の「官武一途庶民ニ至ル迄、各其志ヲ遂ケ」という表現は福岡孝弟独自の表現をそのまま尊重している)。
  • 「知識ヲ世界ニ求メ、大ニ皇基ヲ振起スヘシ」を最後の第五条に持って来て、「日本人は世界人となって、大いに国民的基盤を整備しなければならない」という明治維新の最重要課題を国民全員に印象付けることに留意する。

などの修正を施している。「五箇条の御誓文」と称し、明治天皇以下全員が天地神明に誓うという儀式を木戸自身が構想したこともあり、木戸は抵抗する守旧派を説き伏せ、天皇には大いに本気になってもらっている。

版籍奉還[編集]

封建制の廃止と郡県制による中央集権の必要性を認識する木戸は、まだ戊辰戦争の最中である明治元年(1868年)2月、三条実美、岩倉具視に版籍奉還の建白書を提出した。しかし、三条も岩倉も時期尚早としてこの時点では賛成しなかった。同年9月18日、木戸は大久保利通と極秘裏に会談し、版籍奉還の実施について大久保と薩摩藩の協力を要請、大久保は「一緒尽力」を承諾した。さらに木戸は山内容堂と会談して土佐藩の同意を取り付け、大久保の奔走により薩摩藩も同意、これに佐賀藩も同調し、明治2年(1869年)1月20日、薩長土肥四藩の藩主連署による「版籍奉還の上表」が提出された。その後、大半の諸藩が同様に版籍奉還の上表を提出した。

この時点では、旧藩主がそのまま知藩事として任命された形となり、木戸の念願である郡県制の実現は廃藩置県を待たねばならなかった。また、当初の廟議案では知藩事は世襲とする旨の文案であったが、木戸はこれに反対し、「世襲」の2字は削除された。

兵制論争と官制改革[編集]

版籍奉還においては一致協力した木戸と大久保であったが、明治2年(1869年)になると両者は政治的路線の違いで対立した。大村益次郎、伊藤博文、井上馨、大隈重信ら開化派の官僚を登用して、兵制改革や官制改革など封建制の解体を目指す木戸に対し、大久保は副島種臣らと共に保守的な慎重論を唱えた。両派は兵制改革において対立し、徴兵制による国民皆兵を唱える大村に対して薩長を中心にした士族兵の必要性を唱える大久保が反発した。結果的には、大村と木戸はこの論争に敗れ、薩長土三藩による御親兵が設置された。

同年7月8日に発表された新官制においても、両者の対立は表面化した。大久保は岩倉具視と共に、副島と長州藩では保守的な前原一誠を参議に登用し、木戸を自身と共に参議から外して実権のない待詔院学士に祭り上げようとした。しかし、木戸と大隈ら木戸派の反発に遭い、また木戸と大久保が2人とも参議から外れる不自然さは「世論紛々、諸官解体」という混乱を呈し、結局は三条実美と岩倉が収拾に乗り出す形となり、大久保、木戸の盟友である広沢真臣、副島種臣の3人が改めて参議に任じられた。

廃藩置県[編集]

明治4年(1871年)7月9日、木戸邸に大久保利通、西郷隆盛の他に、西郷従道大山巌山県有朋、井上馨らの薩長要人が集まり、廃藩置県断行の密議が行われた。この密議は、三条実美と岩倉具視にすら知らされていなかった。西郷と大久保、そして木戸の3人はそれぞれに政見は異なっていたが、この廃藩置県断行については一致協力を見た(ただし後述のように、木戸1人を参議とする案については意見が分かれた)。この席上、井上は西郷隆盛に「反対する者は、どこまでも御親兵となって討伐してしまわねばならない」と要求し、西郷はそれを承諾した。

そして7月14日、在京の知藩事が皇居に召集され、廃藩置県の詔が下った。これによって旧藩主であった知藩事は失職して県令が任命され、封建制度を支えてきた領主による土地支配は廃止されることになった。

参議内閣制の確立と崩壊[編集]

明治政府草創期の朝令暮改や百家争鳴状態を解消するため、廃藩置県の断行を控えた明治4年(1871年)6月、西郷隆盛・大久保利通・岩倉具視・三条実美らから、木戸がただ1人の参議となるように求められる。「命令一途」の効率的な体制を構築するよう懇請されたわけであるが、リベラルな合議制を重んじる木戸は、これを固辞し続ける。大久保による妥協案により、木戸は、西郷と同時に参議になることを了承するが、翌7月には、政務に疎い西郷を補うためという口実で、肥前の大隈重信を参議入りさせることを西郷に提案し、西郷も「それでは土佐の板垣退助も参議にすべきだ」と応じ、薩長土肥1人ずつの共和制的な参議内閣制が確立される。しかしこの体制は、それを打ち立てた木戸自身が海外視察の全権副使として留守にしたため、長くは続かなかった。

海外視察組(岩倉・木戸・大久保・伊藤たち)と留守政府組(三条・西郷・江藤・大隈・板垣たち)との間には、「海外視察が終わるまで、郵送文書での合意なくして明治政府の主要な体制・人事を変更しない」という約束が交わされていた。それを留守政府が大きく反故にしていた。しかし、海外視察組も約束を大きく反故にしたため、留守政府の責任は問われないことになった。だが、留守政府による征韓論の方針は、海外視察組には到底承伏し難い暴挙にしか見えなかった。

木戸は海外視察へ出かけていたただ1人の参議であり、帰朝後、原因不明の脳発作のような持病が一気に再発・悪化し始めた。持病のためか、木戸は以後、本格的に明治政府を取り仕切れなくなった。

岩倉使節団とその影響[編集]

岩倉使節団。左から木戸孝允山口尚芳岩倉具視伊藤博文大久保利通
大阪会議開催の地
大阪府大阪市中央区北浜
大阪会議開催の地にある大久保利通(上左)・木戸孝允(上中央)・板垣退助(上右)・伊藤博文(下左)・井上馨(下右)のレリーフ
大阪府大阪市中央区北浜
木戸孝允の墓、霊山護国神社、京都市左京区

木戸は、幕末以来の宿願である開国・破約攘夷つまり不平等条約の撤廃と対等条約締結のため、岩倉使節団の全権副使として欧米を回覧し、予備交渉と欧米視察を進め、欧米の進んだ文化だけでなく、民主主義の不完全性や危険性をも洞察して帰国した。また、それまでの開明急進派の立場を改め、漸進派となる。

しかし、欧米と日本との彼我の文化の差ははなはだしかった。かつての征韓論などは引っ込めて、内治優先の必要性を痛切に感じ、憲法の制定、二院制議会の設置を積極的に訴え、国民教育の充実、天皇教育の充実に積極的に取り組んだ。後に文部卿に自ら就任したのは、国民教育を充実させることを目指したものであった。

西郷らが主張する征韓論や、大隈重信や西郷従道らが主張する台湾出兵には一貫して反対し、またあくまで農民を不公正な税制と重税から解放するために積極的に推し進めた地租改正や、武士の特権を廃止し彼らの新たな生活が立ちゆくよう構想された秩禄処分が、それぞれ逆効果となる形で実行された時には、これに激しく反発した。そして、台湾出兵が決定された明治7年(1874年)5月には、これに抗議して参議を辞職している。

立憲政体漸立[編集]

木戸を明治政府に取り戻したい大久保利通・伊藤博文・井上馨らは、明治8年(1875年)8月、大阪会議に招待する。板垣もこれに加わり、木戸と板垣は、立憲政体樹立・三権分立・二院制議会確立を条件として参議復帰を受け入れ、ただちに立憲政体の詔書が発布される。議会(立法)については元老院・地方官会議が設けられ、上下の両院に模された。司法については現在の最高裁判所に相当する大審院が新たに設立されることとなった。

地方官会議[編集]

明治元年(1868年)の集議所、同2年(1869年)の公議所など、木戸自身の開明的な方針で国会の下院に相当するものを実際に構成し、機能させようとする努力は当初からなされてはいた。しかし、江戸時代の封建意識そのままの各地の不平士族たちを出仕させ、自由に発言させただけでは、維新の方針とも現実的な可能性とも乖離し過ぎており、大久保らをして「廃止すべし」と断言させるほどに、時期尚早かつ、ほとんど非現実的で無意味なものであった。また、これらの会議は「廃刀令」「四民平等」以前に行われたため、薩長土肥以外の、特権を奪われまいとする武士たちの不満の発散所でしかなかった。

このため、現在の国会の衆議院に相当するようなものを模索し続け、その必要性を訴え続けて来た木戸自身が、環境を整備し、タイミングを見計らった上で、第1回の地方官会議(1875年6月20日 - 7月17日)を、自ら議長として挙行した。このとき採択された5法案は、地方警察、地方民会など地方自治の確立を促進する法案であるが、いずれもそのままの形では実施されなかった。

明治6年(1873年9月21日11月10日)、大久保利通により内務省が設立された際には、「あまりにも強大で、強力な権限を持ちすぎる」として、内務省設立を主導した大久保を批判していたが、明治7年(1874年)2月に勃発した佐賀の乱以降は、士族の反乱に対抗するには、太政官による警察力の強化と中央集権の徹底が必要として、内務省による積極的な士族反乱への対処と、さながら独立国化していた鹿児島県に、薩摩藩出身者以外からの県令を派遣することや、鹿児島県を太政官の方針に従わせることを要求するようになる。なお、木戸のお膝元の山口県で、明治9年(1876年)10月に勃発した萩の乱では、反乱の首謀者であり、かつて徴兵令を巡って木戸と対立した経緯のある前原一誠を、の臨時裁判所で審理させ、極刑にしている。

西南戦争と死[編集]

明治10年(1877年)2月に西南戦争が勃発すると、かねてより西郷と旧態依然の鹿児島県(旧薩摩藩)を批判していた木戸は、すぐさま西郷軍征討の任にあたりたいと希望した。また大久保利通は、西郷への鎮撫使として勅使の派遣を希望したが、伊藤博文はこれらに反対した。その後、西郷軍征討のために、有栖川宮熾仁親王を鹿児島県逆徒征討総督(総司令官)に任じ、国軍が出動、木戸は明治天皇とともに京都へ出張する。

ところが、かねてから重症化していた木戸の病気が悪化した。明治天皇の見舞いも受けるが、5月26日、京都の別邸で朦朧状態の中、大久保の手を握り締め、「西郷もいいかげんにしないか」と明治政府と西郷の両方を案じる言葉を発したのを最後に、木戸はこの世を去った[3]。享年45(満43歳没)。

墓所は多くの勤皇志士たちと同じく、京都霊山護国神社にある。また、長州正義派政権時代に山口の居宅だった場所(山口市糸米いとよね)に木戸神社がある。

明治17年(1884年)7月に華族制度が創設されると、木戸孝允の功績により、養子木戸正二郎は大久保利通の長男の大久保利和と並んで侯爵を授けられる。

人物・逸話[編集]

  • 身長五尺八寸(174cm)
    • 渋沢栄一「伊藤(博文)さんは私どもと同じく、あまり身體の大きい御方ではございませんでしたが、木戸さんはかなりお身體も大きく、立派な方でありました」
  • 小五郎が真剣を用いた数少ない記録としては、『木戸松菊遺芳集』(廣戸正藏著 昭和7年(1932年)6月発行 出石郡教育會出版)に、小五郎の従者であった廣戸直藏が小五郎本人から聞いた話として、文久3年(1863年)に京の四条通において捕吏を1人切り捨てたとある。この逸話の信憑性について村松剛は『醒めた炎』の文中で「つまらない法螺を吹く性癖は小五郎にはなく、また廣戸直藏の回想はおおむね正確なので、これは事実譚と受け取ってよいかもしれない。本当とすれば、神道無念流の教えに忠実だった小五郎が珍しく、其の禁を破ったことになる」と書いている。ただ、同時に村松は廣戸直藏の作り話という可能性も指摘している。
  • 他人に住所を尋ねたときは、必ず筆記して記録していた[4]
  • 後輩に対して、非常に親切であった。木戸の家では、彼の在宅日には10人位が集まって夜食をとるが、その時はさまざまな料理が提供されていたと有地品之允が回想している[4]
  • 立場に拘らず、目下の者の家を気軽に訪ねる一面があった。
    • 有地品之允が永田町に住んでいた頃、木戸が彼の家を訪れた際には、有地だけでなく彼の家族とも面会した。ある日、木戸が有地家を訪れた際に有地の継母が歯痛のため面会が出来なかったため、木戸はすぐに歯医者を差し向けたという[4]
    • 似たような逸話を旧幕臣の渋沢栄一と元米沢藩士の平田東助も残している。平田の場合は、ある朝に木戸が訪ねて来たという書生の取次ぎを信じることが出来ず(当時、平田自身が20代の一書生にすぎなかった)、「そんな訳があるか。お使いだろう」と反論したところ、書生が「いや木戸公ご本人です」と言い張るので、半信半疑で覗いてみたら本当に木戸本人である。ところが家が狭くて応接間がなく、慌てて寝ていた布団を庭に放り捨てて木戸を迎え入れたという逸話を紹介しており、格式ばらずに後輩や若い書生を訪問する木戸に、逆に後輩たちが困惑させられた様子も伺える[5]
  • 剣術だけでなく柔術の心得もあった。三浦梧楼の回想によると、ある年の正月、年始の挨拶に木戸のもとを訪れた黒田清隆が散々に飲酒した果てに暴れ出した。木戸が宥めても聞かず、ついには彼に飛びかかってきたが、木戸は黒田を大腰で投げ飛ばした上で喉を締め上げ、黒田が降参したので駕籠に乗せて送り返したことがあるという[6]
  • 土佐勤皇党を弾圧した山内容堂とは維新後に意気投合し、飲み友達になっていた。酒豪である容堂と飲み続けた挙句に酒の失敗もしていて、明治元年(1868年)9月16日の日記によると、明治天皇の御前にて酒肴を賜り、そのまま容堂と飲みながら話し込んで大酔。数十杯を重ねた挙句にそのまま江戸城内の御廊下に倒れ込んで前後不覚になったという記述がある[7]
  • 明治4年(1871年)、保守的な弾正台が廃止された時、開明派であった木戸を始め、伊藤博文、井上馨、大隈重信らの行動や私生活を内偵した文書が発見され、大隈らはその文書を押収することが出来た。「我々(開明派)の大勝利」と喜んだ大隈であったが、それを聞いた木戸は逆に「そんな書類を見れば、無益な恨みを醸すのみで、何の益するところもない」と叱りつけ、一切目を通さずに焼き捨てさせた。大隈は「私情から言えば木戸公も見たかっただろうに、一に君国の為に断然私情を斥けてこれを焼かせた。我輩は真に木戸公の大精神、大度量に敬服したのである」と、木戸の処置に感嘆した。大隈はこの逸話を紹介すると共に「独り我輩が敬服すべき政治家は、一に木戸公、二に大久保公で、いずれも日本における偉大な人物、否な日本のみならず、世界的大偉人として尊敬すべき人物である」と激賞している。[8]
  • 維新後、何度か対立と提携を繰り返した木戸と大久保の関係性について、徳富蘇峰は次のように表現している。
    • 「木戸と大久保とは互いに畏敬していた。(中略) 大久保と木戸との関係は、維新以来、両龍相い随うと言うよりは、寧ろ相い対立していた。恐らく大久保の眼中には、岩倉以外には、木戸一人であった。大久保は自らを信じることが非常に篤く、自らの居を決して卑しくしていなかったが、木戸に対しては畏敬する所があった。木戸もまた大久保に対しては、幾多の苦情を抱きつつも許す所があった」
    • 「両人の関係は、性の合わない夫婦のように離れれば淋しさを感じ、会えば窮屈を感じる。要するに一緒にいる事もできず、離れる事もできず、付かず離れずの間であるより、他に方便がなかった」[9]
  • 晩年、木戸は現在の東京都文京区本駒込5丁目、豊島区駒込1丁目の別宅で親しい友人を招き過ごしたと言われる。当時の庭園が維持されていたが、2014年現在はほぼ庭園部分は造成され、湧水量の多い池のみが保存されている(ただし隣接マンションに囲まれているため事実上見学不可となっている)。JR山手線駒込駅から別邸までの間に木戸坂と命名された坂が残されている。
  • 木戸孝允の油彩肖像画(現存する3点のうちの1点で、1878年イタリアローマでレオポルド・ヴィターリ描く)がお茶の水女子大学に寄贈されている(2008年)(郷通子「木戸孝允と教育のあけぼの」学士会会報2008年6月号)。

名前[編集]

木戸」姓以前の旧姓は、8歳以前が「和田」、8歳以後が「」である。小五郎貫治準一郎通称である。命を特に狙われ続けた幕末には、「新堀松輔」「広戸孝助」など10種以上の変名を使用した。「小五郎」は生家和田家の祖先の名前であり、五男の意味はない。「木戸」姓は、第2次長州征討前(慶応2年)に藩主・毛利敬親から賜ったものである。

孝允」名は、桂家当主を引き継いで以来のいみなであったが、戊辰戦争終了の明治2年(1868年)、腹心の大村益次郎と共に東京招魂社靖国神社の前身)の建立に尽力し、近代国家建設のための戦いに命を捧げた同志たちを改めて追悼・顕彰して以降、自ら諱の「孝允」を公的な名前として使用するようになる。

名前の大まかな推移は、和田小五郎(桂家に養子入りするまで)、桂小五郎(8歳以降)、木戸貫冶(33歳)、木戸準一郎(33歳以降)、木戸孝允(36歳以降。年齢はいずれも満年齢)である。死亡後は雅号・「松菊」から「松菊木戸孝允」「木戸松菊」あるいは「松菊木戸公」とも呼ばれる。他に「木圭」「猫堂」「鬼怒」「広寒」「老梅書屋」「竿鈴」「干令」などの雅号がある。

評価[編集]

同時代人の評価[編集]

  • 吉田松陰
    • 「桂は厚情の人物なり。此節諸同志と絶交せよと桂の言ふを以って勉強守之」
    • 「吾友桂生五郎(原文ママ)武人也」[10]
  • 中岡慎太郎 「有胆有識、思慮周密、廟堂の論に堪ゆる者は長州の桂小五郎」[11]
  • 大久保利通
    • 「台湾の一条については所見を異にしたけれども、それは行き掛かり上のことだ。(中略)自分の本来の政治上の考えは、全く木戸君の識見及び知識に符合しておる」[12]
  • 大隈重信
    • 「木戸は正直真面目な人であって、雄弁滔々、奇才縦横であるが、併しなかなか誠実な人であった。(中略)木戸は洒々落々とした所があって、思ったことは何でも喋舌ると云う風であるから、大久保の沈黙とは正反対である。木戸は詩も作れば歌も詠む、風流韻事は頗る長じて居って、遊ぶとも騒ぐとも好きで陽気であった」[13]
    • 「木戸は創業の人なり。大久保は守成の人なり。木戸は自動的の人なり。大久保は他動的の人なり。木戸は慧敏闊達の人なり。大久保は沈黙重厚の人なり。もし、主義をもって判別せば、木戸は進歩主義を執る者にして、大久保は保守主義を奉ずる者なり。諸般の事物に対しては、その意見議論、まったく衝突し、その衝突はおのずから二人の代表せる薩長の軋轢となり、その軋轢は延いて、進歩主義と保守主義との一消一長を為し、ついには維新革命の事業より、立憲政制の端をも開くに至れり」[14]
    • 「木戸について最も感心なことは、長州出身なのに拘らず、薩長の専横跋扈を憤ってこれを抑えられた一事である。で、平常言われるには、もし二藩の人をして跋扈させるならば、幕府の執政と異なったことはない。既に300藩を廃して四民平等をなした以上は、教育を進めて人文を開き、もって立憲国にしなければならないという一本槍であった。これは実に条理整然として、大義名分の立った感服すべき議論である」
    • 「大久保は非常な決断力を発揮して改革の衡に当り、猛然として勇進した元気は盛んなもので、この人なければ、また維新の改革に困難を感じたことは少なくない。同時に木戸の功労もまた非常なもので、大久保の上に出なくとも決して下る人ではない。で、この両人の優劣を厳格に断定することはすこぶる困難な話である」[15]
  • 伊藤博文
    • 「公が王政復古に至るまでの間に、四方に奔走して、国事に尽瘁せられたことは、世人の皆知るところではあるが、維新創始の基礎を大成するについても、公の苦心尽力というものはなかなか一通りではなかった」
    • 「内閣に立って文明的の方針を執って国の開明を誘導されたことは大したものである」[16]
    • 「木戸公は(中略)忍耐の力は大久保公に一歩を譲っておった。その代わり識力の方は大久保公も一歩を譲っておった」
    • 「岩倉、木戸、大久保三公はとにかく度量といい決断といい胆力といい時流に卓絶しておった。我輩の先輩として見る所では彼の三人には一人も及ぶものはない」[17]
    • 一方で大久保利通と木戸孝允を比較して「人間は、心が狭くては駄目である。つねに広い心を持ってゆくことが肝要である。君(木戸孝正)の前でいうのはいかがかと思うけれども、忌憚なくいえば、(大久保利通と比較して)君の先代木戸公はひろく大きくはなかった。むしろ狭い方であった。人を容れることができず、ついに余り仕事も成し遂げ得られなかった。吾輩は公には容易ならぬ知遇を受け、お引き立てを蒙ったが、しかし、その間に随分困ったことも多かった」
  • 板垣退助 「私が一言で先輩を評しては、甚だ憚であるが、公は知恵があまり多すぎて少し過慮といふところがあつて、それが短所と思ふのである」[18]
  • 松平春嶽 「木戸は至って懇意なり。練熟家にして、威望といい、徳望といい、勤皇の志厚きことも衆人の知るところなり。帝王を補助し奉り、内閣の参議を統御して、衆人の異論なからしむるは、大久保といえども及びがたし。木戸の功は、大久保の如く顕然せざれど、かえって、大久保に超過する功多し。いわゆる天下の棟梁というべし」[19]
  • 三浦梧楼 「情実の打破は木戸の生命である。朝にあってもその矯正を計り、野にあってもその矯正を力め、病に臥してもなおその矯正を思い、ついに万斛の憂愁を齎らして、泉下の客となった。かくのごとく木戸がいかに情実の纒綿てんめんを苦慮したかは、和歌の表にも露われている。書状の上にも現れている。遺言の上にも顕われている」[20]
  • アーネスト・サトウ 「その日、私は有名な木戸準一郎(別名・桂小五郎)に初めて会った。 桂は軍事的、政治的に最大の勇気と決意を心底に蔵していた人物だが、その態度はあくまで穏和で、物柔らかであった」[21]
  • アレクサンダー・フォン・ヒューブナードイツ語版伯爵(オーストリアの外交官・政治家) 「これほど強烈に精神の力を感じさせる風貌に、私はこの国でかつて出会ったことがない。彼がものをいうとき、その表情は独特な生気をみなぎらせる。(中略)一見して非凡な人物であることがわかるのである」[22]
  • 福地源一郎 「余が、つとにその知遇をかたじけなくして、もっとも親密の下交を得たるは、木戸孝允公なりとす。余、高貴の方々の面前に伺候したることも多かりしが、自らこうべの下がるのを覚えざりしは、将軍家(慶喜)の御前へ出たる時の後は、今、この木戸参議の前へ出たる時なり。将軍家は余が主君なれども、木戸参議に至りてはさる関係にあらず。当時、参議に列せられたる諸公に、前後面謁したれども、かつて木戸公における時の如き事もなく、すでに他の四公(三条、岩倉、西郷、大久保)の如きも、木戸公と同じく、余が最も尊重し、最も敬服するの元勲たりしに拘わらず、愛慕の情において、木戸公におけるがごとくならざるものなり」[23]

後世の史家の評価[編集]

  • 徳富蘇峰
    • 「公は実に三傑の中にて最も見識家であった。目先の見える事についてはなん人も公に及ぶ者はなかった。しかし、時としては、あまりに目先が見え過ぎて、公がこれを唱え、公自身はすでに他の方面に進んだのちに、他人はかえって公の説を採り用いているものも少なくなかった」
    • 「先生は実にわが国における立憲政体の基礎、憲法政治の開山というも過言ではあるまい。て従ってそれに伴う自治制度や、教育や、新聞、雑誌等についても、公はつとにその心を用いていた。新聞記者の開祖たる福地源一郎、成島柳北らもみな公に負うところ大であった」
    • 「およそ薩長以外の人士にして少しく頭首をもたげたる者は、概ね公の庇護誘掖に依らぬ者はなかった」[24]
  • 田中惣五郎 「明治新政府の閣僚の中、側近の力をかり、ブレーンの力をかりることなくして、すぐれたる見識を持ち得たものは、木戸をもって第一とするであろう。維新後の民主的なものであって、木戸の関与しないものは殆どないといっても過言ではない。木戸の性格は極めて篤厚であり、長者風であった。木戸が人に立てられるのは、その頭脳もさることながら、より城府を設けぬ態度と、堂々たる風貌にあった。そしてこの風貌と態度の示すごとく、彼は温厚の大人風であり、平和裡に事を処理することを好んだ」[25]
  • 宮地正人 「政治と政局を見通す木戸の聡明さは群を抜いていた。禁門の変後の国難において、藩政担当者が次々と刑死する中で、ひとり木戸は帰国せず、出石の地に潜居しながら、長州と幕府の動向を凝視しつづけた。木戸の卓越した理性と合理主義は、無意味で残酷な処刑から彼を救った。と同時に、第二次征長の役の重圧下におかれた長州藩を救出することにもなったのである。木戸は総てを見た人であった。ペリー来航の嘉永六年から、西南戦争の明治十年まで、直面したあらゆる時期と段階において、彼はその政治家としての卓越した能力と聡明さをもって、全力を尽くして、つきつけられる課題と闘った」[26]

系譜[編集]

系図[編集]

  • 木戸家
桂孝古
 
和田昌景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
木戸孝允
(桂小五郎)
 
治子
 
来原良蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正二郎 木戸孝正
 
木戸正二郎
 
 
 
 
 
 
 
山尾庸三
 
 
 
 
 
 
 
児玉源太郎
 
孝正
 
寿栄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ツル
 
幸一 和田小六
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝澄
 
孝彦
 
孝信
 
昭允
 
都留正子

家族・親族[編集]

  • 養子 桂孝政(異母姉八重子と和田文譲正寛の三男。通称・勝三郎。禁門の変で戦死)
  • 妻 松子(木戸の死後、翆香院と名乗って出家生活に入り、明治19年(1886年)4月10日死去)
    • 養子 次男 木戸忠太郎(松子の妹・信と土佐藩士松本順造の息子。明治4年4月14日生。満鉄地質研究所所長を務めた)
    • 養子 木戸正二郎(実妹治子と来原良蔵の次男、インド洋航海中に病死)

唯一の実子に娘の好子(明治2年(1869年)11月22日生)がいるが、現在に至るまで母親は特定されていない。後に孝正と結婚したが、子を残せず明治20年(1887年)早世した。

脚注・出典[編集]

  1. ^ この試合があったとされる根拠資料になっている武市半平太の手紙は後世の偽書である。また、その手紙内で武市は小五郎のことを「木戸準一」と呼んでおり、安政5年の時点では物理的にありえない(#名前参照)[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『君に成功を贈る』中村天風
  2. ^ 平尾道雄『坂本龍馬のすべて』(昭和54年1月発行 新人物往来社)
  3. ^ 『新装維新十傑 第五巻』346項。伊藤痴遊著、平凡社発行、昭和17年1月10日初版。
    ただしこの伊藤痴遊の著述は、木戸の臨終近くを見舞った杉孫七郎の証言等と異なる。杉によれば、末期の木戸は言葉を発する力もなく、指で「白雲を望む」と意志を発するのがやっとで、西郷に向けた上記のうわ言は5月26日の臨終に発したものではない。また『明治文化全集』(吉野作造編 平成4年復刻 日本評論社)によれば、見舞に来た大久保に木戸が上記のうわ言を叫んだのは死の2日前であったという。
  4. ^ a b c 『史実参照木戸松菊公逸話』有地品之允男爵の談話16項。有朋堂書店発行、昭和10年4月18日初版
  5. ^ 『史実参照木戸松菊公逸話』平田東助伯爵の談話460項。有朋堂書店発行、昭和10年(1935年)4月18日初版
  6. ^ 『観樹将軍縦横談』近代デジタルライブラリー
  7. ^ 『史実考証木戸松菊公逸事』山内豊信との交情中篇306項。有朋堂書店発行、昭和10年(1935年)4月18日初版
  8. ^ 大隈伯演説座談近代デジタルライブラリー『大隈伯演説座談』
  9. ^ 『近世日本国民史91巻』大阪会議の前後篇106項。 徳富蘇峰著、近世日本国民史刊行会発行、昭和36年(1961年)11月10日初版
  10. ^ 『木戸松菊先生』79項。徳富蘇峰著、民友社発行、昭和3年(1928年)12月15日初版
  11. ^ 『土佐の勤王』近代デジタルライブラリー
  12. ^ 『伊藤公直話』22項。伊藤博文著、千倉書房発行、昭和11年(1936年)7月11日初版
  13. ^ 『大隈伯百話』50項近代デジタルライブラリー
  14. ^ 『新装維新十傑 第五巻』348項。伊藤痴遊著、平凡社発行、昭和17年(1942年)1月10日初版
  15. ^ 『大隈伯百話』52項 近代デジタルライブラリー
  16. ^ 『伊藤公直話』37項。伊藤博文著、千倉書房発行、昭和11年(1936年)7月11日初版
  17. ^ 『伊藤公元勲談』近代デジタルライブラリー
  18. ^ 『史実参照木戸松菊公逸話』板垣退助伯爵の談話38項。有朋堂書店発行、昭和10年(1935年)4月18日初版
  19. ^ 『新装維新十傑 第五巻』347項。伊藤痴遊著、平凡社発行、昭和17年(1942年)1月10日初版
  20. ^ 『観樹将軍回顧録』近代デジタルライブラリー
  21. ^ 『一外交官の見た明治維新』上・下 アーネスト・サトウ著、岩波文庫発行、昭和35年(1960年)初版
  22. ^ 『オーストリア外交官の明治維新―世界周遊記<日本篇>』137項。アレクサンダー・F・V・ヒューブナー著、市川慎一・松本雅弘訳、新人物往来者発行、昭和63年(1988年)初版
  23. ^ 『新装維新十傑 第五巻』349項。伊藤痴遊著、平凡社発行、昭和17年(1942年)1月10日初版
  24. ^ 『木戸松菊先生』68.75.76項。徳富蘇峰著、民友社発行、昭和3年(1928年)12月15日初版
  25. ^ 『木戸孝允』326.327項。田中惣五郎著、千倉書房発行、昭和16年(1941年)12月6日初版
  26. ^ 『木戸孝允文書』を推薦する 国立歴史民俗博物館長 宮地正人『木戸孝允文書』を推薦する 国立歴史民俗博物館長 宮地正人

参考文献[編集]

  • 『松菊木戸公伝』上下 マツノ書店
  • 『木戸孝允文書 全8巻』 東京大学出版会
  • 『木戸孝允遺文集』 東京大学出版会
  • 『木戸孝允日記 全3巻』 東京大学出版会
  • 大久保利通日記』全2巻 日本史籍協会編 北泉社
  • 『日本の名家・名門 人物系譜総覧』248-249頁 新人物往来社、2003年
  • 松尾正人『幕末維新の個性8 木戸孝允』 吉川弘文館 2007年
  • 宮永孝『白い崖の国をたずねて 岩倉使節団の旅 木戸孝允のみたイギリス』集英社
  • 徳富蘇峰『近世日本国民史』 近世日本国民史刊行会初版、講談社学術文庫 1981年復刊。
  • 妻木忠太『史実考証 木戸松菊公逸事』 有朋堂書店 1935年。
  • 郷通子『木戸孝允と教育のあけぼの』学士会会報 2008年6月号

関連作品[編集]

木戸孝允(桂小五郎)を題材とした作品[編集]

伝記
  • 村松剛「醒めた炎 木戸孝允」 中央公論社 全2巻 中公文庫 全4巻 昭和62年(1987年)菊池寛賞受賞
  • 水嶋元「国の扉 桂小五郎伝」 東京図書出版会 平成25年10月初版
漫画
舞台
映画

登場作品[編集]

テレビドラマ
映画
ゲーム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
大久保利通
日本の旗 内務卿
第2代:1874年
次代:
大久保利通
先代:
大木喬任
日本の旗 文部卿
第2代:1874年
次代:
西郷従道