ニューサウスウェールズ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニューサウスウェールズ大学
University of New South Wales (UNSW)
校訓 Scientia Manu et Mente
創立 1949年
学校種別 公立
理事長 David Gonski
職員 6,117(2015)
学生 53,481(2015)
学部生 32,501(2014)
大学院生 20,980(2014)
所在地
キャンパス ケンジントン etc
スクールカラー
                     
所属提携 Group of Eight, Universitas 21, Global Alliance of Technological Universities, Association of Pacific Rim Universities, PLuS Alliance
ウェブサイト 公式サイト
テンプレートを表示

ニューサウスウェールズ大学(英語:University of New South Wales、略称:UNSW)は、オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州シドニーに本部を置く公立総合大学である。優れた教育と研究成果により、オーストラリアを含むアジア太平洋地域において最良の大学の1つとされ、オーストラリア国内でも常に5本の指に入る名門大学である。

歴史[編集]

1949年第一回大学評議会の様子

産業革命および第二次世界大戦を通じて世界的に高まった科学技術分野における高等教育の必要性を背景に、1949年、ニューサウスウェールズ州議会によりニューサウスウェールズ工科大学として設立された。当初は土木工学機械工学電気工学といった分野に関する教育と研究が主体であったが、総合的な人間を育成するという観点から、学生には人文科学商学などの教育も並行して行われていた。1958年に校名を現在のニューサウスウェールズ大学へと変更し、1960年には人文学部と医学部、1971年には法学部が新設され、大学の性格は工科大学から総合大学へと変化していった。

1951年には海外からの学生の受け入れも始め、その数は国内出身の学生と共に年々増加し、2000年には全学生の約5分の1が留学生で占められるまでになった。現在は50,000人を超える学生が在籍しており、また、そのうち10,000人以上がオーストラリア国籍を持たない国外出身の学生であるため、オーストラリアにおいて最も国際色の豊かな大学の1つとなっている。

キャンパス[編集]

ケンジントンキャンパス
  • Kensington Campus - 大学のメインキャンパスであり、シドニー中心部から南東に7kmのケンジントンに所在する。全9学部のうち7つがある。
  • Paddington Campus - UNSW Art & Designの学部がある。
  • CBD Campus
  • Randwick Campus
  • Cliffbrook Campus
  • David Phillips Campus
  • Manly Vale Campus
  • Canberra Campus

学部[編集]

その他、オーストラリア国立演劇学院と学術提携を結んでいる。

世界ランキング[編集]

ニューサウスウェールズ大学 総合ランキング
出版 平均 2011 2012 2013 2014 2015 2016
QS World University Rankings[1] 49.33 49 52 52 48 46 49
ニューサウスウェールズ大学 会計学&財政学(Accounting and Finance) ランキング
出版 平均 2011 2012 2013 2014 2015 2016
QS World University Rankings by Subject[2] 15.33 22 23 12 10 12 13

評価[編集]

ニューサウスウェールズ大学は、オーストラリアの中でも特に優れた8つの名門大学により構成されるGroup of Eightに属している。2016年、ニューサウスウェールズ州の大学の中で最も高校生からの支持を得た大学である。世界的にも高く評価されており、2004年のTimes Higher Education (THE) World University Rankingの世界部門で36位、ヨーロッパ北アメリカ以外の地域で8位にランクされた。QS World University Ranking 2016-2017では、オーストラリアの大学ではオーストラリア国立大学メルボルン大学シドニー大学に次いで世界で49位に位置付けられている。特に商学や経済学、工学や法学に強いことで知られており、学部別世界ランキングではAccounting and Finance部門とLaw部門で13位、Engeneering and Technology部門では21位となっている。国内、学齢期の子どものための国内、国際アカデミック大会の運営などで、初等中等教育へも積極的に関わっている。卒業生の雇用度も高く、2015年、THEの "Gloabl Employability University Ranking"の中でも55位に位置付けられている。また、ニューサウスウェールズ大学は多くの富豪やCEOを輩出しており、オーストラリア国内の大学では最も多くの卒業生がASX200に上場している会社のCEOになっている。2013年、同紙の"World's top 100 universities for producing millionaires"では33位に位置付けられており、オーストラリアの大学ではトップである。

学生寮[編集]

キャンパス内には多くの学生寮があり、常時4,400人の学生が生活できる施設が整っている。これはニューサウスウェールズ州の大学の中でも最大規模である。

  • The Kensington Colleges
    • Basser College
    • Goldstein College
    • Baxter College
  • Colombo House
  • Fig Tree Hall
  • UNSW Hall
  • Barker Street Apartments
  • High Street Apartments
  • Mulwarree Apartments
  • The University Terraces

その他、大学の提携機関によって運営される寮がキャンパス内や周辺に点在している。

  • Creston College
  • International House
  • New College
  • New College Village
  • Shalom College
  • UniLodge
  • UNSW Village
  • Warrane College
  • Port Macquarie Accommodation

日本との関係[編集]

日本の大学との関係[編集]

お茶の水女子大学学習院大学関西外国語大学関西学院大学京都大学慶應義塾大学国際教養大学神戸市外国語大学神戸大学中央大学東京大学同志社大学同志社女子大学東北学院大学東北大学名古屋市立大学北海道大学明治大学立教大学立命館大学早稲田大学と提携または協定を結び、積極的に留学生を受け入れている。

主な出身者[編集]

  • スコット・モリソン(オーストラリア連邦財務大臣、元オーストラリア連邦社会サービス大臣、元オーストラリア連邦移民国境警備大臣)
  • マリース・ペイン(オーストラリア連邦国防大臣、元オーストラリア連邦人材サービス大臣)
  • スーザン・リー(オーストラリア連邦保健・高齢者ケア担当大臣、オーストラリア連邦スポーツ大臣)
  • ボブ・カー(元オーストラリア連邦外務大臣、第39代ニューサウスウェールズ州首相)
  • ピーター・ギャレット(元オーストラリア連邦環境保護・国家遺産・芸術大臣、元オーストラリア連邦学校教育・幼児・青年問題担当大臣、音楽家)
  • キャンベル・ニューマン(第38代クイーンズランド州首相)
  • ルーシー・ターンブル(第29代オーストラリア連邦首相夫人、第80代シドニー市長)
  • ロバート・マクレランド(第33代オーストラリア連邦司法長官)
  • エリザベス・フラートン(ニューサウスウェールズ州最高裁判所判事)
  • ルーシー・マカラム(ニューサウスウェールズ州最高裁判所判事)
  • トニー・ミーガー(ニューサウスウェールズ州最高裁判所判事)
  • メーガン・レイサム(元ニューサウスウェールズ州最高裁判所判事、ニューサウスウェールズ州汚職防止独立委員会(ICAC)委員長)
  • ロジャー・コルベット(元オーストラリア準備銀行取締役、元ウールワース最高経営責任者、元フェアファックス・メディア社会長)
  • ダグラス・ダフト(元ザ・コカ・コーラ・カンパニー最高経営責任者)
  • ドナルド・マクドナルド(元オーストラリア放送協会会長)
  • ティム・フラナリー(哺乳類学者、古生物学者、環境活動家)
  • グレン・マーカット(建築家)
  • サム・マイケル(レーシングカーエンジニア)
  • レンカ(歌手)
  • ジョージ・ミラー(プロデューサー、映画監督、脚本家)
  • レベル・ウィルソン(女優、コメディアン、小説家)
  • マシュー・ライリー(小説家)
  • マークス・ズーサック(小説家)
  • ジェーン・サビル(オリンピック銅メダリスト)
  • マイケル・ウェンデン(オリンピック金メダリスト)
  • ワチラーロンコーン(タイ王国王族、法定推定相続人)
  • トゥポウ6世(トンガ国王)

出典[編集]

  1. ^ [1] - QS World University Rankings® 2016-2017
  2. ^ [2] - QS World University Rankings by Subject 2016 - Accounting & Finance

関連項目[編集]

外部リンク[編集]