バージニア大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
University of Virginia
University of Virginia seal.svg
種別 公立 旗艦 研究大学
設立年 January 25, 1819年 (202年前) (January 25, 1819)[1]
創立者 トーマス・ジェファーソン
学術的提携関係
資金 $9.6 billion (2019)[2]
予算 $1.91 billion (FY 2019-20)[3][注 1]
学長 James E. Ryan
プロヴォスト en:M. Elizabeth Magill
教員数
Total: 3,265 (Fall 2019)[4]
  • 3,083 full-time
  • 182 part-time
職員数
Total: 6,292 (Fall 2019)[4][注 2]
  • 6,149 full-time
  • 143 part-time
学生総数 25,018 (Fall 2019)[5]
学部生 17,011 (Fall 2019)[5]
大学院生 8,007 (Fall 2019)[5]
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州シャーロッツビル
北緯38度02分08秒 西経78度30分12秒 / 北緯38.03556度 西経78.50333度 / 38.03556; -78.50333座標: 北緯38度02分08秒 西経78度30分12秒 / 北緯38.03556度 西経78.50333度 / 38.03556; -78.50333
キャンパス Suburban, college town
1,135エーカー (459 ha)[6]
世界遺産
Newspaper The Cavalier Daily
スクールカラー Orange and blue[7]
   
ニックネーム Cavaliers
Wahoos
マスコット Cavalier
スポーツ関係の
提携関係・加盟団体
NCAA Division IACC
公式サイト virginia.edu
University of Virginia Rotunda logo.svg  University of Virginia logo.svg
登録名シャーロッツビルモンティチェロとバージニア大学
区分文化
基準i, iv, vi
登録日1987年 (第11回世界遺産委員会)
登録コード442
地域ヨーロッパ・北アメリカ
テンプレートを表示

バージニア大学(英語: University of Virginia、通称UVA)は、アメリカ合衆国バージニア州シャーロッツビルに本部を置くアメリカ合衆国の州立大学である。1819年に設置された。

トーマス・ジェファーソンのサイン

パブリック・アイビーと称される、米国屈指の名門大学の一つであり、その中でも常にトップに位置する超難関校である。アメリカの州立大学ではカリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)、ミシガン大学(University of Michigan, Ann Arbor)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に匹敵する名門校として知られている。

アメリカ合衆国建国の父であり、「独立宣言」の起草者で、また第3代アメリカ合衆国大統領でもあるトーマス・ジェファーソンによって創立された。ジェファーソンは、自ら大学の教科課程や建築の原型を創案し、生前自分の墓に「バージニア大学の父」という言葉を自分の3つの功績のひとつとして刻むことを頼むほど、大学を誇りにしていた。ジェファーソンの伝統を受け継ぐバージニア大学は、現在、アメリカを代表する最高峰の高等教育機関の一つとして有名である。アメリカ大統領をはじめ、多くの政治家、法律家を輩出してきた。

世界でも、極めて評価が高い、政治、経済、法学の分野を代表に、幅広い分野の学問を提供し、その殆どが、大変に高い評価を受けている。『時代を牽引するリーダーを養成する』という、トーマス・ジェファーソンの建学の精神は、今も引き継がれている。また、バージニア大学の合格難度は、至極最高レベルで、世界各国から選び抜かれた最も優秀な学生たちが、学問やスポーツに打ち込むため、多くの著名な政治家や法律家だけでなく、プロスポーツ選手も輩出している。バスケットボール、ベースボール、テニス、ラクロス、サッカーにおいては、全米チャンピオンに輝く超強豪校である。

バージニア大学のキャンパスは、歴代、全米で最も美しいキャンパス(全米ランキング1位[8])と称される程、美しいことで有名である。キャンパスの荘厳な美しさの中には、伝統を重んじる格式の高さ、気品の高さと、重厚さに溢れた校風が息づき、受け継がれている。1987年にはモンティチェロとあわせて『シャーロッツビルのモンティチェロとバージニア大学』として世界遺産に登録された。

シャーロッツビルは、リバンナ川を望む丘にあり、英国王ジョージ3世の妻シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツにちなんで名づけられ、18世紀ごろから町として形成された。学生の知性と活気・伝統・美しい自然の3拍子揃った町であるシャーロッツビルは、2004年にはCities Ranked and Rated[9] において、気候や物価など総合的な評価で、アメリカ国内で、最も住みやすい都市に選ばれた。まさに学生生活を送るのに最適な環境である

沿革[編集]

1819年に創立されたが、 最初の学生が入学したのは1825年の3月であった。ジェファーソンは翌年亡くなるまで近くの自宅モンティチェロで日曜日に教授と学生のために夕食会を開いた。その学生の中にはエドガー・アラン・ポーもいた。

バージニア大学はトーマス・ジェファーソン以外にも大統領を含む多くの政治家たちにより作られ、また同時に輩出してきた。1826年、第4代大統領ジェームズ・マディソンが大学の学長となり、同じとき、第五代大統領ジェームズ・モンローは大学の評議会のメンバーであり、また学内に家も建てていた。 第28代大統領ウッドロウ・ウィルソンはバージニア大学のロー・スクールに通い、大統領候補で暗殺されたロバート・ケネディとその弟エドワード・ケネディも同じロースクールを卒業した。その他に3人の合衆国最高裁判所裁判官、2人の軍医総監、 下院議長、上院多数党院内総務国務長官国防長官エネルギー長官運輸長官財務長官、海軍長官、そして欧州連合北大西洋条約機構の事務総長などを輩出している。

パブリック・アイビーとはバージニア大学を表すためにピューリッツァー賞受賞者でノーベル賞受賞者でもあるウィリアム・フォークナーによって作られた言葉である。アイビー・リーグがまだ北東部でつくられはじめたばかりの時期であった。当時バージニア大学は学部の一部をコーネル大学のように私立化し、アイビー・リーグに入ることを検討していた。フォークナーはのちに大学での住み込み作家として1962年に死ぬまでオフィスを開いていた。

1950年まで白人のみが、また1970年まで男子のみしか入学が許されなかったが、現在バージニア大学は非常に人種多様な大学となっている。2008年卒業予定の入学生の割合は黒人が10%、アジア系が14%, ヒスパニック系が5%, その他が5%である。海外からの学生も5%いる。自分自身を白人だと答える生徒の割合は3分の2以下になっている。

2004年、バージニア大学は公立の大学としてアメリカではじめて個人からの寄付金の合計が大学のある州からの助成金を上回った。現在、バージニア大学とバージニア工科大学ウィリアム・アンド・メアリー大学の3校は現在州議会が直面する予算削減にかかわらず自由な経営を目指すためのチャーター・イニシアティブに取り組んでいる。

2017年8月、「ユナイト・ザ・ライト・ラリー」集会の前夜、シャーロッツビル市が現存の南軍戦士の像を完全撤去することを決定した後、学生ではない非バージニアの白人主義者のグループが松明を持って大学の芝生広場を行進し、反ユダヤ主義ナチスのスローガンを唱えた。 デモ隊はロトゥンダ前のトーマス・ジェファーソン像の近くで学生の抗議者と喧嘩になり、1名の死亡者を出す騒動となった。

建築[編集]

ジェファーソンは政治家だけでなく、建築家としても偉大な功績を残しており、バージニア大学の建物もジェファーソンによりデザインされている。ジェファーソンは大学を「アカデミカル・ヴィレッジ (Academical Village)」と呼び、教師と学生が共同体として学びあう大学を理想とした。またバージニア大学では学内の敷地をキャンパスとは呼ばず、「グラウンズ (Grounds)」と呼ぶ

ジェファーソンのデザインは「Lawn」と呼ばれる大きな芝生のエリアを中心に学生および教授の住居や教室が囲む形となっている。中心となる建物はロタンダと呼ばれ、 Lawnの北側に位置している。ロタンダはローマパンテオンをモデルに作られ、大きさはその約半分でデザインされている。Lawnとロタンダは多くの大学の建築に参考とされ、デューク大学の東キャンパスやマサチューセッツ工科大学のKillian Courtなどにも応用されている。ちなみにマサチューセッツ工科大学はバージニア大学の教授であったWilliam Barton Rogersによって設立された。ジェファーソンがデザインした創立当時の建物 (Academical Village) についてはバージニア大学の教員であったFrank E. Grizzard, Jr.が詳しい本を書いている(http://etext.virginia.edu/jefferson/grizzard)。

ロタンダの両端からは芝生を囲うように東西に5個ずつ、計10個の“パビリオン”が建てられ、その間を学生の部屋がつなげている。それぞれの“パビリオン”異なった建築スタイルを持ち、その後ろには“serpentine walls”とよばれるジェファーソニアン建築独特の波型のレンガ壁によって囲まれた“Garden”がある。現在、バージニア大学はジェファーソンの自宅モンティッチェロとともにユネスコ世界遺産に登録されている。アメリカで登録されている世界遺産の建築は他に自由の女神など3点しかなく、非常に価値の高いものである。

1851年から、大学の成長に伴うスペースの不足を補うためロタンダは増築されたが、1895年10月27日、増築部分から火災が発生し、火災からロタンダを守るために教授William "Reddy" Echolsは約45kgのダイナマイトを投げ、ロタンダを増築部分から切り離そうと試みたが、逆にそのダイナマイトによってロタンダそのものも焼失してしまった。大学は当時有名な建築家であったスタンフォード・ホワイトにロタンダの再建を依頼した。ホワイトは増築部分は再建せず、代わりにLawnの南側に新しく3つの建物を建設した。またロタンダの内装もオリジナルの3階建てではなく2階建てとした。

アメリカ合衆国独立200周年に合わせ1976年、ロタンダはジェファーソンのオリジナルのデザインに修復された。元通り3階建てに戻されたロタンダはジェファーソンの誕生日4月13日に再び開放された。200周年記念を祝うためにアメリカを訪れていたイギリスエリザベス2世女王はLawnを散歩し、ロタンダのDome Roomで昼食をとった。

1994年には明仁天皇美智子皇后が訪れ、1998年にはダライ・ラマ14世デズモンド・ムピロ・ツツが大学によるノーベル賞受賞者のための式典に参加した。

現在ロタンダのDome Roomは学位論文の発表を行う場でもあり、またロタンダの階段ではアカペラのコンサートなど様々な行事も開催される。

アカデミック・ランキング[編集]

サーペンティン・ウォール

全米州立大学ランキング[編集]

  • BUSINESS INSIDERランキング:第1位[10]
  • US NEWSランキング : 第2位[11]
  • NICHEランキング:第2位[12]

全米大学ランキング[編集]

  • DAILY CALLERランキング:第1位[13]
  • BUSINESS INSIDERランキング:第9位[10]
  • US NEWSランキング : 第23位[11]
  • NICHEランキング:第28位[12]

全米UNDERGRADUATE BUSINESS SCHOOLランキング[編集]

  • POETS & QUANTSランキング:第2位[14]
  • VALUE COLLEGESランキング : 第3位[15]
  • US NEWSランキング:第8位[16]

他の評価[編集]

  • 2018 Business School With The Best 5-year ROI(Return On Investment):第1位[17]
  • 2018 Business School Of The Year[18]

US NEWS主要研究課程ランキング[編集]

  • 経済学部: 第5位
  • 英語学部: 第12位
  • 歴史学部: 第19位
  • 心理学部: 第28位
  • コンピューター工学部: 第29位
  • 物理学部: 第36位
  • 政治学部: 第37位
  • 社会学部: 第38位
  • 工学部: 第39位
  • 生物学部: 第42位
  • 数学部: 第44位
  • 化学部: 第50位

専門大学院[編集]

  • 法科大学院: 第8位
  • 経営学大学院(MBA): 第10位
  • 医科大学院: 第23位
  • 教育学大学院: 第26位

主要世界大学ランキング[編集]

  • THE BEST SCHOOLS世界大学ランキング:第58位(18年度)[19]
  • CWUR世界大学ランキング:第41位(15年度)/ 第40位(16・17年度)/ 第79位(18年度)[20]

教育機関[編集]

  • School of Architecture
  • College of Arts & Sciences
  • School of Continuing and Professional Studies
  • Curry School of Education
  • Darden Graduate School of Business Administration
  • School of Engineering and Applied Science
  • School of Law
  • McIntire School of Commerce
  • School of Medicine
  • School of Nursing
  • College at Wise - Wise市にあるサテライト・キャンパス

スポーツ[編集]

バージニア大学のスポーツチームの愛称はキャバリアーズ(Cavaliers)である。マスコットバージニア州に「古い領地 (Old Dominion)」という愛称がついた時代の騎士である。当時バージニア州は清教徒革命時代のイギリスの王制支持者が多く、キャバリアーと呼ばれる騎士が存在していた。もうひとつの非公式なニックネームにWahoosがあり、省略してHoosとも呼ばれる。もともと学生の間だけで呼ばれていた愛称だが、 今ではWahoosとHoosどちらもメディアにより使われている。

バージニア大学は、1953年からアトランティック・コースト・カンファレンス(Atlantic Coast Conference, 略称はACC)と呼ばれる全米5大スポーツリーグの1つに所属している。ACCはバスケットボールの強豪校が多く(デューク大学、ノースカロライナ大学、バージニア大学等)、全米No.1のバスケットボール・カンファレンスと称されている。バージニア大学は、男子スポーツにおいてACC最多の全米チャンピオン(19タイトル)を獲得している。また女子スポーツでもACCで2番目に多く全米チャンピオン(7タイトル)に輝いている。最近では男子バスケットボールチームがNCAAトーナメント優勝(2019年)、ベースボールチームがカレッジ・ワールドシリーズ優勝(2015年)と、共に全米チャンピオンになっている。また、テニス、ラクロスサッカーも強く、いずれも何度も全米チャンピオンに輝いている。男子テニスチームは2013年、2015年、2016年、2017年に全米優勝を果たしている。男子サッカーチームは7度全米優勝し、そのうち4度は連続で優勝している(1989年、1991年、1992年、1993年、1994年、2009年、2014年)。男子ラクロスチームも1972年、1999年、2003年、2006年、2011年、2019年、2021年に全米優勝し、女子ラクロスチームは1991年、1993年および2004年に全米優勝した。また、2015年には大学の男子スポーツ全体が、全米最優秀スポーツプログラムに選ばれている。

大学で最も人気のあるスポーツはフットボールで、これまでに2度のACCチャンピオンに輝いている。特に、ノースカロライナ大学との試合は"南部でもっとも古いライバル対決 (Oldest Rivalry in the South)" と呼ばれている。しかし、現在もっとも白熱した試合は同じ州内のライバルバージニア工科大学との"コモンウェルス・カップ (Commonwealth Cup)" である。

バスケットボールもまた人気のあるスポーツである。1980年代にはバスケットボールの名門デューク大学よりも強く、ACCでの総合勝率もノースカロライナ大学に次ぐ高さであった。 1990年代以降、成績はリーグの中盤まで下がってきたが、2006年屋内競技用のアリーナ"John Paul Jones Arena"がオープンし、また2009年からはワシントン州立大学から新監督を迎えるなどプログラムの強化が図られ、NCAAトーナメント優勝(2019)、ACCトーナメント優勝(2014, 2018)、ACCレギュラーシーズン優勝(2014, 2015, 2018, 2019, 2021)を成し遂げるなど、強豪校として復活している。

著名な卒業生・同窓生[編集]

日本人教員[編集]

世界遺産[編集]

世界遺産 シャーロッツビルモンティチェロとバージニア大学
アメリカ合衆国
Thomas Jefferson's Monticello (cropped).JPG
英名 Monticello and the University of Virginia in Charlottesville
仏名 Monticello et Université de Virginie à Charlottesville
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(4),(6)
登録年 1987年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
|バージニア大学の位置
バージニア大学の位置(アメリカ合衆国内)
バージニア大学
使用方法表示

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

メディア[編集]

  • 羊たちの沈黙』の主人公のクラリス捜査官の出身大学はバージニア大学の設定である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ This figure refers to the Academic Division operating budget. The consolidated operating budget for the University of Virginia, including the Medical Center and the College at Wise, totals $3.72 billion.[3]
  2. ^ The total number of administrative staff listed here represents the total number of Classified Staff and University Staff.[4]

出典[編集]

  1. ^ History”. University of Virginia Bicentennial. Rector and Visitors of the University of Virginia. 2020年3月3日閲覧。
  2. ^ As of November 20, 2019. U.Va.'s endowment reaches all-time high of $9.6 billion in 2019”. The Cavalier Daily. 2020年2月14日閲覧。
  3. ^ a b 2019-2020 University Operating Budget”. Financial Planning and Analysis, UVA. Rector and Visitors of the University of Virginia. 2020年2月25日閲覧。
  4. ^ a b c Employees”. Institutional Research and Analytics, U.Va.. Rector and Visitors of the University of Virginia. 2020年2月26日閲覧。
  5. ^ a b c CDS 2019–20”. Institutional Research and Analytics, U.Va.. Rector and Visitors of the University of Virginia. 2020年8月23日閲覧。
  6. ^ Precinct Plans (2011)”. U.Va. Office of the Architect for the University. 2020年3月4日閲覧。
  7. ^ Colors | University of Virginia. (October 17, 2017). https://brand.virginia.edu/brand-essentials/colors 2017年11月14日閲覧。 
  8. ^ The 100 Most Beautiful College Campuses In America - Best College Reviews”. www.bestcollegereviews.org. 2019年5月1日閲覧。
  9. ^ Cities Ranked and Rated: 1 - 100”. https://www.bestplaces.net. 2019年5月1日閲覧。
  10. ^ a b Pipia, Emmie Martin, Tanza Loudenback, Alexa. “The 50 best colleges in America”. Business Insider. 2019年5月1日閲覧。
  11. ^ a b US NEWS National University Rankings”. 2019年4月22日閲覧。
  12. ^ a b 2019 Best Colleges in America” (英語). Niche. 2019年4月22日閲覧。
  13. ^ America’s 53 Best Colleges PERIOD In 2015 When You Consider Absolutely Everything That Matters” (英語). America’s 53 Best Colleges PERIOD In 2015 When You Consider Absolutely Everything That Matters. 2019年5月1日閲覧。
  14. ^ Allen, Nathan (2018年12月12日). “Wharton Repeats As Top-Ranked P&Q Undergraduate Business School -” (英語). Poets&Quants for Undergrads. 2019年5月1日閲覧。
  15. ^ Top 50 Best Value Undergraduate Business Schools for 2019” (英語). https://www.valuecolleges.com/. 2019年5月1日閲覧。
  16. ^ 2019 Best Undergraduate Business Programs Rankings”. 2019年5月1日閲覧。
  17. ^ Allen, Nathan (2019年1月9日). “New Data: B-Schools With The Best ROI - P&Q for Undergrads” (英語). Poets&Quants for Undergrads. 2019年5月2日閲覧。
  18. ^ Allen, Nathan (2019年1月15日). “B-School Of The Year: Virginia's McIntire School Of Commerce -” (英語). Poets&Quants for Undergrads. 2019年5月2日閲覧。
  19. ^ Staff, T. B. S. (2018年5月29日). “The 100 Best Universities in the World Today” (英語). TheBestSchools.org. 2019年4月22日閲覧。
  20. ^ CWUR 2018-2019 | Top Universities in the World”. cwur.org. 2019年4月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]