ランニングバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
IフォーメーションにおけるRBの位置

ランニングバック (RB)は、 アメリカンフットボールカナディアンフットボールアリーナフットボールの攻撃側のポジションである。

ランニングバックの役割の中心は、クォーターバックからボールを受け取ってランプレイを行うことであるが、パスプレイにおいても、パスのターゲットとなったり、ラインと一緒にクォーターバックを守ることもある[1]。攻撃フォーメーションでは通常、1人か2人のランニングバックがセットされるが、ランニングバックをセットしない場合もあり、その場合、そのフォーメーションはノーバックと呼ばれる。ランニングバックには、主にハーフバックとフルバックの2種類があり、それぞれに求められる能力は異なる。

ハーフバック[編集]

エンドゾーンへの到達を試みるランニングバック

フルバック[編集]

特徴[編集]

身長と体重[編集]

レシーブ能力[編集]

ブロック[編集]

ランニングバックは、パスプレイやランプレイにおいて、ブロックに参加することがある。ランプレイにおいては、体格が大きいフルバックがブロッカーとなり、ハーフバックの進路を開く役目を負うことが多く、パスプレイにおいては、守備選手がブリッツをしかけてきて、オフェンスラインを突破してきたのを拾ってブロックする役目を負うことが多い。

ゴールラインバックス[編集]

多くのチームで、「ゴールラインバック」や「ショートヤーデージスペシャリスト」と呼ばれるランニングバックを抱えている。このランニングバックは、タッチダウンやファーストダウンまであと僅かしかない状況でゲームに投入される。攻撃において、僅かな距離を確実に稼ぎたい場合、ゴールラインフォーメーションが用いられるが、このフォーメーションは、8人のブロッカーにクォーターバック、ランニングバック、フルバックで編成される。このフォーメーションでは、長い距離を稼ぐことよりも確実に前進することが求められるので、守備選手が密集した状態でも突き進む能力が高い選手がランニングバックとして起用される。

リターナー[編集]

パントやキックオフのリターナーは、チームで一番足の速い選手がなることが多く、通常、ワイドレシーバーコーナーバックがその役割を担うが、ランニングバックもリターナーとして起用されることがある。

脚注[編集]