クリス・テイラー (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリス・テイラー
Chris Taylor
ロサンゼルス・ドジャース #3
Phillies vs Dodgers 2017 25.jpg
ロサンゼルス・ドジャース時代
(2017年9月21日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 バージニア州バージニアビーチ
生年月日 (1990-08-29) 1990年8月29日(28歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手外野手
プロ入り 2012年 MLBドラフト5巡目
初出場 2014年7月24日 ボルチモア・オリオールズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・アーマンド・テイラーChristopher Armand Taylor, 1990年8月29日 - )は、アメリカ合衆国バージニア州バージニアビーチ出身のプロ野球選手ユーティリティープレイヤー)。右投右打。MLBロサンゼルス・ドジャース所属。愛称はCT3[1]

経歴[編集]

プロ入りとマリナーズ時代[編集]

シアトル・マリナーズ時代
(2015年5月19日)

2012年MLBドラフト5巡目(全体161位)でシアトル・マリナーズから指名され、契約。契約後はA-級エバレット・アクアソックスとA級クリントン・ランバーキングス英語版でプレー。A-級エバレットでは37試合に出場して打率.328・2本塁打・18打点・13盗塁の成績を残した。

2013年はまずA+級ハイデザート・マーベリックスでプレーし、67試合に出場して打率.335・7本塁打・44打点・20盗塁だった。6月にAA級ジャクソン・ジェネラルズへ昇格。67試合に出場して打率.293・1本塁打・16打点・18盗塁の成績を残した。オフには、マリナーズのマイナー選手によるオールスターチームにユーティリティープレイヤーとして選出された[2]

2014年はAAA級タコマ・レイニアーズで開幕を迎え、75試合に出場。打率.328・5本塁打・37打点・14盗塁の成績を残した。7月にはAAA級のオールスターゲームに選出された[3]。7月24日にウィリー・ブルームクイスト故障者リスト入りしたため、マリナーズとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りすると[4]、同日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー。「9番・遊撃手」として先発起用され、3打数1安打1三振だった[5]。同年は47試合に出場し、打率.287・9打点・5盗塁というまずまずの成績を記録した。守備面では、全47試合で遊撃手を守り、7失策守備率.962と粗さは見えたが、DRSでは平均以上である + 4という数値を記録した。

2015年は37試合でプレーし、メジャー初三塁打を放ったが、全体的には打撃不振であり打率.170に終わった。守備成績も今一つで、DRSは - 1だった。なお、ルーキーイヤーは遊撃手しか守らなかったが、この年は一塁手を除く内野の各ポジションを守った。

ドジャース時代[編集]

2016年6月19日にザック・リーとのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[6]

2017年は前半戦だけで10本塁打を放つなど長打力が大きく向上。守備でもこの年から外野手左翼手中堅手)としても出場している。シーズンでは140試合の出場で打率.288・21本塁打・72打点・17盗塁の成績をマークした。シカゴ・カブスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは2本塁打を放つ活躍をし、同僚のジャスティン・ターナーとともにMVPに選出された[7]

2018年、9月12日のレッズ戦では、この日から適用開始されたセプテンバー・コールアップを利用してチームがベテランのロースター入りを増やした影響でチャンスを貰い、代打の1人に起用された[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 SEA 47 151 136 16 39 8 0 0 47 9 5 2 1 1 11 0 2 39 3 .287 .347 .346 .692
2015 37 102 94 9 16 3 1 0 21 1 3 2 2 0 6 0 0 31 0 .170 .220 .223 .443
2016 2 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .333 .667
LAD 34 62 58 8 12 2 2 1 21 7 0 0 0 0 4 1 0 13 3 .207 .258 .362 .620
'16計 36 65 61 8 13 2 2 1 22 7 0 0 0 0 4 1 0 15 3 .213 .262 .361 .622
2017 140 568 514 85 148 34 5 21 255 72 17 4 0 1 50 0 3 142 2 .288 .354 .496 .850
2018 155 604 536 85 136 35 8 17 238 63 9 6 0 4 55 0 9 178 5 .254 .331 .444 .775
MLB:5年 415 1490 1341 203 352 82 16 39 583 152 34 14 3 6 126 1 14 405 13 .262 .331 .435 .766
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 1(2014年 - 2016年途中)
  • 3(2016年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ Dodgers Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  2. ^ Jake Seiner (2013年12月9日). “Plenty of fish in Mariners' MiLB ocean”. MiLB.com. 2014年7月25日閲覧。
  3. ^ Rainiers Send Four to 2014 Triple-A All-Star Game”. MiLB.com (2014年7月3日). 2014年7月25日閲覧。
  4. ^ Mariners select INF Chris Taylor & recall DH/1B Jesus Montero from AAA Tacoma”. MLB.com Mariners Press Release (2014年7月24日). 2014年7月25日閲覧。
  5. ^ Scores for Jul 24, 2014”. ESPN MLB (2014年7月24日). 2014年7月25日閲覧。
  6. ^ Stephen, Eric (2016年6月19日). “Dodgers acquire Chris Taylor from Mariners for Zach Lee”. SB Nation. 2016年6月22日閲覧。
  7. ^ AJ, Cassavell (2017年10月19日). “Turner, Taylor share NLCS MVP honors” (英語). mlb.com. 2017年10月20日閲覧。
  8. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.81.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]