2012年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 2012年 | 2012年のスポーツ 2012年の野球(2012ねんのやきゅう)では、2012年野球界における動向をまとめる。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月5日 - ダルビッシュ有の出身地である大阪府羽曳野市が、硬式野球場を整備し、ダルビッシュの名前を冠した「ダルビッシュ球場」(仮称)とすることがこの日、明らかになった。同市とダルビッシュが協力し、早ければ2014年の完成を目指す方針

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

  • 11月5日 - 【GPBL】前期優勝の京都と、後期優勝の大阪による総合優勝決定戦がわかさスタジアム京都にて行われ、大阪が6対5でサヨナラ勝ちして参戦1年目での年間優勝を決める。
  • 11月6日 - 【KANDOK】リーグチャンピオンシップ第3戦で、年間勝率2位の06BULLSが前後期優勝の兵庫ブルーサンダーズに2対1で勝利し、対戦成績を3勝0敗として初のリーグ優勝[43]
  • 11月10日 - 【WBC】シアトル・マリナーズの岩隈久志が2013年のWBCに参加しない意向を明らかにした[44]
  • 11月11日 - 【アジアシリーズ】釜山・社稷野球場アジアシリーズ決勝が開催され、NPBの巨人がCPBL・Lamigoを6-3で降し、アジアシリーズ初優勝[45]
  • 11月13日 - 【社会人】第38回社会人野球日本選手権大会(大阪ドーム)決勝戦、第83回都市対抗野球大会決勝の再現となった対戦で、JX-ENEOS(都市対抗・四国大会優勝)が5対1でJR東日本北海道大会優勝)に勝利し、20大会ぶり2回目の優勝。同一年で都市対抗・日本選手権の決勝が同じ顔合わせになったのは史上初。また、JX-ENEOSは1988年東芝以来2チーム目となる夏秋連覇を達成した[46]。最高殊勲選手賞は3勝(1完投)を挙げた大城基志・(JX-ENEOS)が受賞。大城はこの年の都市対抗でも橋戸賞を受賞しており、同一年で都市対抗・日本選手権のMVPを連続受賞した初の選手となった。
  • 11月14日 - 【学生】第43回明治神宮野球大会(神宮球場)、高校の部決勝は仙台育英(宮城)が関西高岡山)を12-4で破り初優勝[47]。大学の部決勝は桐蔭横浜大神奈川、関東第2代表)が法大(東京六大学)を1-0で破り、創部7年目にして初優勝[48]
  • 11月22日 - キューバ政府はこの日、野球の発展に貢献した人物として長嶋茂雄(巨人終身名誉監督)に対し叙勲を決定、友好勲章を授与[49]
  • 11月30日 - 【KBO】ハンファ・イーグルス朴賛浩が現役引退[50]

12月[編集]

競技結果[編集]

国際大会[編集]

日本チーム 5戦全勝・優勝(5大会連続18回目)
最優秀選手賞 片山純一JR東日本投手)

WBC予選[編集]

アジアシリーズ[編集]


メジャーリーグ (MLB)[編集]

ワイルドカードプレーオフ[編集]

ディビジョンシリーズ[編集]

チャンピオンシップシリーズ[編集]

ワールドシリーズ[編集]

MLBオールスターゲーム[編集]

カウフマン・スタジアム、7月10日(現地時間))

ナリーグ 8-0 アリーグ

韓国プロ野球 (KBO)[編集]

レギュラーシーズン[編集]

韓国シリーズ[編集]

台湾プロ野球 (CPBL)[編集]

レギュラーシーズン[編集]

前期 後期 年間
順位 球団 勝率 順位 球団 勝率 順位 球団 勝率
優勝 統一セブンイレブン・ライオンズ 41 19 0 .683 - 優勝 Lamigo 38 22 0 .633 - 1位 統一セブンイレブン・ライオンズ 71 48 1 .597 -
2位 Lamigoモンキーズ 28 30 2 .483 12 2位 兄弟 34 25 1 .576 3.5 2位 Lamigoモンキーズ 66 52 2 .559 4.5
3位 兄弟エレファンツ 26 33 1 .441 14.5 3位 統一 30 29 1 .508 7.5 3位 兄弟 60 58 2 .508 10.5
4位 興農ブルズ 22 35 3 .386 17.5 4位 興農 16 42 2 .276 21 4位 興農 38 77 5 .330 31

台湾シリーズ[編集]

日付 ホーム 結果 ビジター 球場
第1戦 10月13日 統一 1‐4 Lamigo 台南
第2戦 10月14日 統一 4‐6 Lamigo 澄清湖
第3戦 10月16日 Lamigo 3‐9 統一 桃園
第4戦 10月17日 Lamigo 7‐5 統一 桃園
第5戦 10月18日 Lamigo 3‐2 統一 桃園

中国プロ野球 (CBL)[編集]

レギュラーシーズン[編集]

プレーオフ[編集]

独立リーグ (日本)[編集]

四国アイランドリーグplus[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 香川オリーブガイナーズ 25 10 5 .714 - 愛媛マンダリンパイレーツ 23 14 3 .622 -
2位 愛媛マンダリンパイレーツ 21 15 4 .583 4.5 香川オリーブガイナーズ 21 14 5 .600 1.0
3位 徳島インディゴソックス 15 23 2 .395 7.0 徳島インディゴソックス 21 15 4 .583 0.5
4位 高知ファイティングドッグス 9 26 5 .257 4.5 高知ファイティングドッグス 7 27 6 .206 13.0
リーグチャンピオンシップ[編集]
第1戦 香川 10 - 0 愛媛
第2戦 香川 2 - 1 愛媛
第3戦 香川 7 - 0 愛媛
(香川は2年ぶり5度目の総合優勝)

ベースボール・チャレンジ・リーグ[編集]

上信越地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 新潟アルビレックスBC 21 13 2 .618 - 新潟アルビレックスBC 29 7 0 .806 -
2位 信濃グランセローズ 16 18 2 .471 5.0 信濃グランセローズ 19 17 0 .528 10.0
3位 群馬ダイヤモンドペガサス 12 23 1 .343 4.5 群馬ダイヤモンドペガサス 13 22 1 .371 5.5
北陸地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 石川ミリオンスターズ 21 12 3 .636 - 福井ミラクルエレファンツ 17 18 1 .486 -
2位 福井ミラクルエレファンツ 17 16 3 .515 4.0 富山サンダーバーズ 13 21 2 .382 3.5
3位 富山サンダーバーズ 16 19 1 .457 2.0 石川ミリオンスターズ 13 22 1 .371 0.5
プレーオフシリーズ[編集]
第1戦 新潟 6 - 4 信濃
第1戦 石川 5 - 5 福井
第2戦 福井 2 - 0 石川
第3戦 福井 2 - 1 石川
第1戦 新潟 11 - 3 福井
第2戦 新潟 3 - 2 福井
第3戦 新潟 7 - 1 福井

グランドチャンピオンシップ[編集]

第1戦 新潟 2 - 0 香川(10月20日、レクザム)
第2戦 新潟 4 - 3 香川(10月21日、レクザム)
第3戦 新潟 6 - 0 香川(10月27日、悠久山)
  • (新潟は初優勝)

関西独立リーグ[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 兵庫ブルーサンダーズ 20 9 3 .690 - 兵庫ブルーサンダーズ 18 8 6 .692 -
2位 06BULLS 18 10 4 .643 1.5 06BULLS 17 11 4 .607 2.0
3位 大和侍レッズ 13 16 3 .448 5.5 大和侍レッズ 15 13 4 .536 2.0
4位 紀州レンジャーズ 13 17 2 .433 0.5 紀州レンジャーズ 12 16 4 .429 3.0
5位 神戸サンズ 8 20 4 .286 4.0 神戸サンズ 7 21 4 .250 5.0
年間チャンピオンシップ[編集]
  • 11月3日~11月6日、キッピー・花園セントラル
第1戦 06 2 - 1 兵庫
第2戦 06 12 - 3 兵庫
第3戦 06 2 - 1 兵庫
(06は初の総合優勝)

日本女子プロ野球機構[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 京都アストドリームス 14 5 1 .737 - 大阪ブレイビーハニーズ 9 8 3 .529 -
2位 兵庫スイングスマイリーズ 8 10 2 .444 5.5 兵庫スイングスマイリーズ 9 9 2 .500 0.5
3位 大阪ブレイビーハニーズ 6 13 1 .316 8.0 京都アストドリームス 8 9 3 .471 1.0
総合優勝決定戦[編集]

わかさスタジアム京都11月5日

大阪 6 - 5 京都
(大阪は初の年間優勝)

社会人野球[編集]

大学野球[編集]

決勝 早大東京六大学) 4-0 亜大東都
(早大は5年ぶり4度目の優勝)
決勝 桐蔭横浜大神奈川) 1-0 法大(東京六大学)
(桐蔭横浜大は初優勝)

高校野球[編集]

死去[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本学生野球協会 表彰選手
  2. ^ 日本代表出場メンバー - 東日本大震災復興支援マッチ”. サンケイスポーツ. 2012年1月27日閲覧。
  3. ^ 地域の人に感動を - 「大和侍レッズ」関西独立リーグに加盟 - 奈良新聞2012年2月28日
  4. ^ センバツ:大阪桐蔭が初V、藤浪完投 東北勢の優勝ならず - 毎日jp、2012年4月4日[リンク切れ]
  5. ^ 韓国の八百長事件、投手2人有罪 球界から追放 朝日新聞デジタル、4月18日
  6. ^ 吉田えり 日本初勝利!関西独立L初の女性勝利投手 - スポニチアネックス2012年5月4日
  7. ^ a b 週刊ベースボール2012年5月28日号90ページ
  8. ^ 週刊ベースボール2012年5月28日号95ページ
  9. ^ a b c 週刊ベースボール2012年6月11日号90ページ
  10. ^ 週刊ベースボール2012年6月11日号109ページ
  11. ^ “NOMOクラブが堺市から豊岡市移転”. 日刊スポーツ. (2012年5月31日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp3-20120531-960112.html 
  12. ^ “參賽球隊不夠 世界大學棒球賽恐怕打不成” (中国語). NOWnews.com 今日新聞網. (2012年6月5日). http://www.nownews.com/2012/06/05/341-2821302.htm 
  13. ^ “野球博物館 公益法人移行への定款承認”. nikkansports.com. (2012年6月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120611-965755.html 
  14. ^ “育成功労賞に故大悟法氏ら49人”. nikkansports.com. (2012年6月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20120611-965767.html 
  15. ^ “参加チーム足りず世界大学野球選手権中止”. nikkansports.com. (2012年6月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp3-20120615-967963.html 
  16. ^ “香川が前期V、2期連続8度目/四国ILPlus”. 四国新聞. (2012年6月21日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20120621000131 
  17. ^ 日本独立リーグWatch - 週刊ベースボールONLINE
  18. ^ “地方大会23年ぶり4000校割れ”. 日刊スポーツ. (2012年7月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20120710-981049.html 
  19. ^ “都市対抗野球:日本生命が50勝を達成”. 毎日jp. (2012年7月16日). http://mainichi.jp/sports/news/20120717k0000m050013000c.html?inb=fa 
  20. ^ a b c d e 週刊ベースボール2012年12月24日号26-29ページ
  21. ^ nikkansports.com. “桐光学園・松井22K!10連続も/甲子園”. 2012年8月9日閲覧。
  22. ^ “作新野球部員を逮捕、少女襲い現金奪う”. サンケイスポーツ: pp. 1-2. (2012年8月19日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20120819/hig12081905120000-n1.html 
  23. ^ “東京六大学が勝つ Kスタで復興支援試合”. サンケイスポーツ. (2012年8月19日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20120819/unv12081917310000-n1.html 
  24. ^ マドンナ・ジャパン3連覇 宿敵・米国下し女子野球世界一! スポニチアネックス 2012年8月2日閲覧
  25. ^ プロ野球:アジアシリーズの開催要項を発表 毎日jp、2012年8月20日
  26. ^ アジアシリーズは11/8から釜山で開催 日本野球機構、8月20日閲覧
  27. ^ “作新学院高が国体辞退「自主的に判断した」”. サンケイスポーツ. (2012年8月21日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20120821/hig12082116330016-n1.html 
  28. ^ 大阪桐蔭が春夏連覇/甲子園決勝戦詳細 日刊スポーツ 2012年8月23日閲覧。
  29. ^ 大阪桐蔭春夏連覇 藤浪14K完封/甲子園 日刊スポーツ 2012年8月24日閲覧。
  30. ^ 硬式野球部に対する日本野球連盟からの処分を受けて (PDF) 大阪瓦斯ニュースリリース 2012年11月2日
  31. ^ 日本は6位に終わる 18U世界野球、米が6度目の優勝 日本経済新聞、2012年9月9日
  32. ^ “田口壮氏:正式に現役引退を表明 ホリプロに所属”. 毎日jp. (2012年9月10日). pp. 1-2. http://mainichi.jp/sports/news/20120911k0000m050002000c.html?inb=fs 
  33. ^ “全日本クラブ野球:滋賀・高島クが初出場初優勝”. 毎日jp. (2012年9月10日). http://mainichi.jp/sports/news/20120911k0000m050031000c.html 
  34. ^ “愛媛MPが4年ぶり2度目の後期優勝 四国IL”. 愛媛新聞. (2012年9月26日). http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120926/news20120926908.html 
  35. ^ “新日鉄と住金合併で4つがチーム名変更”. サンケイスポーツ. (2012年10月1日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20121002/ama12100211500000-n1.html 
  36. ^ “岐阜国体野球、大阪桐蔭が3冠 台風で決勝なし、仙台育英もV”. 西日本新聞. (2012年10月3日). http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/327237 
  37. ^ 香川2年ぶり5度目総合V/四国ILPlus 四国新聞、2012年10月7日
  38. ^ 社会人野球:新日鉄住金大分クラブにチーム名変更 毎日新聞、2012年10月15日
  39. ^ 独立リーグ結果&ニュース - SPORTS COMMUNICATIONS(2012年10月20日)
  40. ^ 週刊ベースボール2012年12月24日号5ページ
  41. ^ “新潟・高津監督 独立リーグ日本一!「新潟に来てよかった」”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年10月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/28/kiji/K20121028004425850.html 
  42. ^ “BCリーグ新潟の高津監督が退団”. 日刊スポーツ. (2012年10月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121029-1039582.html 
  43. ^ 06、3連勝で初優勝! 〜関西独立リーグチャンピオンシップ〜 - SPORTS COMMUNICATION(2012年11月6日)
  44. ^ WBC:シアトル・マリナーズの岩隈も不参加 来季への調整優先 毎日jp、2012年11月11日
  45. ^ 巨人が前回日本一になった2009年はアジアシリーズが開催されず、代替で開催された日韓クラブチャンピオンシップでKBOのKIAを破り優勝した。
  46. ^ 社会人野球日本選手権:JX−ENEOSが「夏秋連覇」 毎日jp、2012年11月13日
  47. ^ 仙台育英が初優勝=関西に快勝-明治神宮野球 時事通信、2012年11月14日
  48. ^ 明治神宮野球:桐蔭横浜大V 06年創設、六大の名門完封 毎日jp、2012年11月14日
  49. ^ キューバが長嶋茂雄元監督に勲章 デイリースポーツ、2012年11月23日
  50. ^ プロ野球:現役引退の朴賛浩投手「感謝でいっぱい」 毎日jp、2012年11月30日
  51. ^ 週刊ベースボール2012年12月24日号88ページ
  52. ^ 週刊ベースボール2012年12月24日号32ページ
  53. ^ “社会人野球表彰:JX−ENEOSに特別賞…日本野球連盟”. 毎日jp (毎日新聞). (2012年12月11日). http://mainichi.jp/sports/news/20121212k0000m050031000c.html?inb=fs 
  54. ^ “アマ野球:危険防止ルールを明文化 規則委員会”. 毎日jp (毎日新聞). (2012年12月17日). http://mainichi.jp/sports/news/20121218k0000m050067000c.html?inb=fs 
  55. ^ タイトル|日本女子プロ野球機構 GPB45
  56. ^ 全国軟式高校野球:中京が連覇 毎日jp、2012年8月29日
  57. ^ “元オリックス球団社長・岩井靖さん死去”. 朝日新聞社. (2012年1月27日). http://www.asahi.com/sports/bb/OSK201201270122.html 
  58. ^ “Hall of Famer Gary Carter dies at 57”. ESPNNewYork.com. (2012年1月17日). http://espn.go.com/mlb/story/_/id/7583267/hall-fame-catcher-gary-carter-dies-age-57 
  59. ^ 甲子園で活躍の滝正男さんが死去 中京商で選手、指導者として優勝 共同通信、2012年4月3日
  60. ^ 元東京六大学野球連盟理事 相田暢一さん死去 朝日新聞 2012年4月17日
  61. ^ 元プロ野球近鉄投手 小野坂清氏死去 スポーツニッポン、2012年4月17日
  62. ^ 元プロ野球ロッテ球団代表の高橋義種氏死去 スポーツニッポン、2012年4月25日
  63. ^ マリナーズ元GMが死去 スポーツニッポン 2012年6月6日
  64. ^ “稲葉光雄2軍投手コーチが急逝”. ドラゴンズニュース (中日ドラゴンズ). (2012年8月12日). http://dragons.jp/news/2012/12081201.html 
  65. ^ 茨城水城高野球部・橋本実監督が死去 サンケイスポーツ、2012年9月19日
  66. ^ 福原朝悦氏、死去…首里高率い沖縄県勢初の甲子園 サンケイスポーツ、2012年10月8日
  67. ^ 元ヤ軍投手が死亡 年金狙った強盗に襲われた可能性大 スポーツニッポン、2012年11月3日