小野坂清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小野坂 清
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1942-07-13) 1942年7月13日
没年月日 (2012-04-17) 2012年4月17日(69歳没)
身長
体重
177 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1964年
初出場 1964年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小野坂 清(おのさか きよし、1942年7月13日 - 2012年4月17日)は、大阪府出身のプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

大鉄高等学校(現阪南大学高等学校)では、高校同期の伊藤幸男、1年下の中井悦雄とともに強力投手陣を形成し活躍する。1959年の秋季近畿大会で準決勝に進み、海南高木原義隆と投げ合うが敗退。しかし1960年春の選抜への出場権を得る。甲子園では1回戦で東邦高に敗れ、自身の登板機会はなかった[1]。1年下のチームメートに土井正博(2年で中退)がいた。

卒業後は社会人の不二越鋼材に入社、1963年都市対抗では左腕エースとして富士鉄広畑戦に完投、富山県勢として大会初勝利をあげる。

1964年近鉄バファローズへ入団。1971年まで在籍した。1968年には当時の三原監督の抜擢に応え、主に中継ぎとして37試合に登板。左のサイドスローからのカーブシュートで打者のポイントをはずす投球を武器に活躍した。その後は登板機会が段々と減り、1971年限りで引退。

1972年から打撃投手、スコアラーを務め、その後球団広報・広報課長・ファームディレクターを経て、2004年、広報部次長となる。

2012年4月17日肺腺癌のため、大阪府羽曳野市の病院で死去[2]。69歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1964 近鉄 11 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 30 6.2 8 2 3 0 1 2 1 0 5 5 6.43 1.65
1967 12 0 0 0 0 0 2 -- -- .000 86 17.1 25 2 6 1 1 6 0 0 17 17 9.00 1.79
1968 37 4 0 0 0 1 2 -- -- .333 234 59.0 56 6 16 0 1 26 2 0 25 23 3.51 1.22
1969 16 0 0 0 0 2 1 -- -- .667 73 18.1 12 1 7 1 0 2 0 0 8 7 3.50 1.04
1970 13 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 52 14.0 11 4 2 0 0 5 1 0 7 7 4.50 0.93
通算:5年 89 4 0 0 0 3 5 -- -- .375 475 115.1 112 15 34 2 3 41 4 0 62 59 4.62 1.27

背番号[編集]

  • 21 (1964年)
  • 20 (1965年 - 1971年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ “元プロ野球近鉄投手の小野坂清氏死去”. 時事通信. (2012年4月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012041700932 2012年4月17日閲覧。 [リンク切れ]

関連項目[編集]