コンテンツにスキップ

1935年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

< 1935年 | 1935年のスポーツ

1935年の野球(1935ねんのやきゅう)では、1935年野球界における動向をまとめる。

競技結果

[編集]

社会人野球

[編集]
東京倶楽部東京市)3-0 コロムビア(川崎市

東京大学野球

[編集]
  • 年間2シーズン制復活。
    • 春 - 早法の優勝決定戦により、法大が優勝。
    • 秋 - 早大が7勝2敗1分で優勝。

高専野球

[編集]

中等野球

[編集]

メジャーリーグ

[編集]

できごと

[編集]

2月

[編集]
  • 2月 - 大日本東京野球倶楽部が初のアメリカ遠征を行い、7月16日までに2Aチームと109試合を戦い、75勝33敗1分の成績を残す。遠征中は「トウキョウ・ジャイアンツ」と名称がつけられ、ニックネームの「巨人」が事実上誕生されたとされている[1]

4月

[編集]

5月

[編集]

8月

[編集]

10月

[編集]

11月

[編集]

12月

[編集]

誕生

[編集]

1月

[編集]

2月

[編集]

3月

[編集]

4月

[編集]

5月

[編集]

6月

[編集]

7月

[編集]

8月

[編集]

9月

[編集]

10月

[編集]

11月

[編集]

12月

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ 巨人軍年表”. 読売巨人軍公式サイト. 2015年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c 岸野雄三 ほか『近代体育スポーツ年表 1800→1997』大修館書店、1999年、163頁。ISBN 4469264083 
  3. ^ 週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社、2011年12月19日、45頁。 
  4. ^ a b タイガースヒストリー 1935-1939”. 阪神タイガース公式サイト. 2015年11月29日閲覧。