愛媛県立今治西高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛媛県立今治西高等学校
Imabari-nishi highschool.jpg
過去の名称 愛媛県立西条中学校今治分校
愛媛県立今治中学校
愛媛県立今治第一高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 愛媛県の旗 愛媛県
学区 愛媛県東予地方及び愛媛県松山市の一部(2004年12月31日時点における北条市の区域)(例外あり[注釈 1][1]
設立年月日 1901年3月[2]
開校年月日 1949年9月[2]
共学・別学 男女共学
分校 伯方分校
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(8学級)
学期 3学期制
高校コード 38113G[3]
所在地 794-0055
愛媛県今治市中日吉町3丁目5番47号[4]
[5]

愛媛県立今治西高等学校の位置(愛媛県内)
愛媛県立今治西高等学校
愛媛県立今治西高等学校 (愛媛県)
愛媛県立今治西高等学校の位置(日本内)
愛媛県立今治西高等学校
愛媛県立今治西高等学校 (日本)
愛媛県立今治西高等学校の位置(アジア内)
愛媛県立今治西高等学校
愛媛県立今治西高等学校 (アジア)
愛媛県立今治西高等学校の位置(世界内)
愛媛県立今治西高等学校
愛媛県立今治西高等学校 (世界)
北緯34度3分25.64秒 東経132度59分10.00秒 / 北緯34.0571222度 東経132.9861111度 / 34.0571222; 132.9861111
外部リンク

愛媛県立今治西高等学校 - 学校公式サイト - (日本語)

今治西高等学校定時制 - 学校公式サイト (日本語)

愛媛県立高校・中等教育学校における魅力化の取組の紹介(愛媛県教育委員会高校教育課) (日本語)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

愛媛県立今治西高等学校(えひめけんりついまばりにしこうとうがっこう、英語: Imabari West High School)は、愛媛県今治市に所在する県立高等学校

概観[編集]

1901年に愛媛県立西条中学校今治分校として設立[2]。校訓は規定されていないが、伝統的に「螢雪」が使用されている[要出典]。略称は「今西」「西高」[要出典]

沿革[編集]

年表[編集]

(年表における主要な出典は公式サイト[6][7]

基礎データ[編集]

通学区域[編集]

愛媛県立今治西高等学校の基本的な通学区域は、愛媛県東予地方四国中央市新居浜市西条市、今治市、越智郡上島町)及び愛媛県松山市の一部(2004年12月31日時点における北条市の区域)である[注釈 1][注釈 2][1]

周辺[編集]

住宅地に囲まれた所に立地しており、学校周辺にはマンションやアパート、一戸建て住宅が多数立地している[要出典]

アクセス[編集]

生徒会活動・部活動など[編集]

部活動[編集]

(部活動における主要な出典は公式サイト[10]

体育部[編集]

  • 応援
  • 弓道
  • 剣道
  • サッカー
  • 柔道
  • 水泳
  • ソフトテニス
  • 卓球
  • ダンス
  • テニス
  • 登山
  • バスケットボール
  • バレーボール
  • ハンドボール
  • ボート
  • 野球
  • 陸上競技
  • 社会体育
野球部
  • 野球部は、春12回、夏12回の甲子園出場経験があり、2007年夏に春夏通算30勝目(全国で30校目)を挙げた。ベスト4進出は春2回(1995年、1999年)、夏3回(1963年、1973年、1977年)ある。国民体育大会では2度優勝(1981年、2007年)した[要出典]
  • その一方で、2012年夏には、1回戦の対桐光学園戦で、桐光のエース・松井裕樹に22三振を奪われ、夏の1試合あたり歴代最多奪三振記録を作られた(試合は7対0で敗北)。1973年春には、準々決勝の対作新学院戦で、作新のエース・江川卓に20三振を奪われた(試合は3対0で敗北)[11]
  • 初出場は旧制今治中学時代の1918年夏であるが、この年に発生した米騒動の影響により、大会自体が中止となった[12]

文化部[編集]

  • 囲碁・将棋
  • インターアクト
  • 演劇
  • 海外研究
  • 化学
  • 華道
  • 郷土芸能
  • 吟詠剣詩舞
  • コーラス
  • 茶道
  • 写真
  • 手芸
  • 食物
  • 書道
  • 新聞
  • 吹奏楽
  • 生物
  • 美術
  • 物理
  • 文学
  • 放送
  • 文化芸能(かるた、俳句、軽音楽)

高校関係者と組織[編集]

高校関係者一覧[編集]

旧制中学[編集]

新制高校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b ただし、募集定員の 120 を超えない範囲内においては、通学区域によることはない。また、通学区域による志願者数が、通学区域によらないことが可能とされた定員数を引いた数に満たないときは、募集定員数からその志願者数を引いた数を限度に通学区域によらないことが可能である(定員の充足や高等学校の所在地の特性等の事情を考慮して特に必要があると愛媛県教育委員会教育長教育長が判断する場合については 310 )。愛媛県外からの入学志願者については、校長が愛媛県教育委員会教育長の承認を得ることで定員の5 % 以内で入学を許可することが可能となる。(2019年4月1日時点)
  2. ^ 愛媛県県立高等学校の通学区域に関する規則(昭和38年7月20日教育委員会規則第15号)による。

出典[編集]

  1. ^ a b 愛媛県法規集 ○愛媛県県立高等学校の通学区域に関する規則”. 愛媛県. 2019年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c 沿革・校歌 - 愛媛県立今治西高等学校 -学校公式サイト-”. 愛媛県立今治西高等学校. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月11日閲覧。
  3. ^ 平成31年度大学入学者選抜 大学入試センター試験 受験案内31 (PDF)”. 独立行政法人大学入試センター. p. 69. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月11日閲覧。
  4. ^ ホーム - 愛媛県立今治西高等学校 -学校公式サイト-”. 愛媛県立今治西高等学校. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月11日閲覧。
  5. ^ 地理院地図 GSI Maps”. 国土地理院. 2019年5月11日閲覧。
  6. ^ 沿革”. 愛媛県立今治西高等学校. 2019年3月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年2月5日閲覧。
  7. ^ 定時制の特色”. 今治西高等学校定時制. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月5日閲覧。
  8. ^ my weblog : 分校化について”. 愛媛県立今治西高等学校伯方分校. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  9. ^ a b アクセス - 愛媛県立今治西高等学校 -学校公式サイト-”. 愛媛県立今治西高等学校. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月11日閲覧。
  10. ^ 部活動 - 愛媛県立今治西高等学校 -学校公式サイト-”. 愛媛県立今治西高等学校. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月11日閲覧。
  11. ^ 『別冊宝島 激闘甲子園「不滅の大記録』宝島社、2013年、p29、35
  12. ^ 週刊朝日 2018年8月15日増刊号』朝日新聞出版、2018年、p96、105
  13. ^ PROFILE”. 大阪大学阿部顕三研究室. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月11日閲覧。
  14. ^ 教授:渡辺正夫プロフィール”. 東北大学大学院農学研究科. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月11日閲覧。
  15. ^ 岩倉洋一郎. “遺伝子改変マウスによる発症機構の解析”. 東京理科大学生命医科学研究所実験動物学研究部門岩倉研究室. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月11日閲覧。
  16. ^ 浮穴の自己紹介”. 広島大学大学院統合生命科学研究科浮穴研究室. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月11日閲覧。
  17. ^ 徳永しげき公式WEBサイト プロフィール”. 徳永繁樹. 2019年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月11日閲覧。
  18. ^ 白石 紘一 | Facebook
  19. ^ 関東愛媛県人会青年部いよかん党運営メンバーのご紹介 関東愛媛県人会
  20. ^ 大下香奈印刷用プロフィールページ 芸能プロダクション「オフィス亜都夢」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]