青野慶久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青野 慶久(あおの よしひさ、戸籍名:西端 慶久(にしはた よしひさ)、1971年昭和46年)6月26日 - )は、愛媛県出身の実業家サイボウズ代表取締役社長である。

人物[編集]

1971年愛媛県今治市生まれ[1]愛媛県立今治西高等学校を経て大阪大学工学部卒業後、松下電工へ入社し、BA・セキュリティシステム事業部営業企画部に在籍。同社での勤務経験を経て、2人の同僚と共に1997年にサイボウズを愛媛県松山市に設立し、取締役副社長に就任[2]。マーケティング担当としてWebグループウエア市場を切り開くことに尽力した。その後、「サイボウズ デヂエ(旧DBメーカー)」「サイボウズ ガルーン」など、新商品のプロダクトマネージャーとしてビジネスを立ち上げ、事業企画室担当、海外事業担当を務めた。2005年より代表取締役社長[2]

戸籍名と夫婦別姓訴訟[編集]

2001年の結婚時に婚姻届で妻の姓を選択し、戸籍上の氏は『西端』となったが、旧姓を通称として用いている[3]

選択的夫婦別姓制度導入に賛同の立場を取り[4]、自身のブログにおいても、「社長になり、本名で書かなければならない公式書類が増えたので、誤解されないように、最近は本名が西端であることを併記しております。日本では夫婦別姓が認められておりませんので、婚姻届を出すときに、どちらかの姓に合わせなければなりません。名字を変えるのはたいへんです。世の女性の苦しみがわかります。早く夫婦別姓が認められるようになることを期待しています。」と述べている[5][6]

2018年1月9日には、日本人と外国人との結婚では同姓か別姓かを選べるのに、日本人同士の結婚だと選択できないのは「法の下の平等」を定めた憲法に反するとして、国へ提訴した [7][8][9][10]。法律婚した男性による夫婦別姓訴訟としては初めての訴訟となる[9]

略歴[編集]

  • 1971年 - 愛媛県今治市生まれ。
  • 1994年3月 - 大阪大学 工学部 情報システム工学科 卒業
  • 1994年4月 - 松下電工株式会社 入社
  • 1997年8月 - サイボウズ株式会社設立 取締役
  • 2005年4月 - 代表取締役社長 (現任)

エピソード・発言[編集]

  • トップ自らが育児休暇を取得した[11]
  • 働き方について、「均一化した、単一的な、一律的なもの」から、「多様な、柔軟性の高いもの」へのシフトをするべき、「価値観も多様な方向に切り替えていくことが、働き方改革の本質」とする[12]。「働き方改革を進めることで、異なるモチベーションを引き出すことができる」とも述べる[13]。「残業時間を減らすなどのワークライフバランスの推進は、女性だけでなく男性も含めて日本全体が、本気で取り組まなければならない問題」とも言う[14]
  • 「100人いれば100通りの人事制度があっていい」[15]
  • 会社について、「サイボウズは僕が死んだら解散してくれ」と述べる[16]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 社長挨拶
  2. ^ a b 【時代のリーダー】青野 慶久・サイボウズ社長:日経ビジネスオンライン”. 日経BP. 2017年11月17日閲覧。
  3. ^ 【夫婦対談】最初からイクメンだったわけじゃない、ホウドウキョク、2017年4月12日
  4. ^ 「未だに選択的夫婦別姓に反対する人へ」
  5. ^ サイボウズ青野の3日ボウズ日記「西端と青野、青野と西端」2005年6月8日
  6. ^ 「『名前なんて絶対多様化する』──妻氏婚を選んだ社長の未来予測」サイボウズ式、2014年10月30日
  7. ^ 東京地裁 夫婦別姓を求め提訴 サイボウズ社長ら、毎日新聞、2018年1月9日。
  8. ^ 夫婦別姓選べず「戸籍法は違憲」 サイボウズ社長が提訴、日本経済新聞、2018年1月9日。
  9. ^ a b 夫婦別姓 サイボウズ社長「選択できず不利益」国を提訴へ、毎日新聞、2017年11月9日。
  10. ^ 「多様な個性、認める社会に」=選択的別姓求め9日提訴-サイボウズ社長・東京地裁、時事通信、2018年1月6日。
  11. ^ 「育休社長」の働き方改革 本当はつらい「イクメン」、日経スタイル、2017年6月1日
  12. ^ 「落ち着け!経営者」 その働き方改革、間違ってます、日経スタイル、2017年6月22日
  13. ^ 働き方改革講演に600人 サイボウズ社長、経験交え事例紹介 松山、産経新聞、2017年6月23日
  14. ^ こんな「女性活躍」はうまくいかない、2016年8月26日
  15. ^ サイボウズ社長が役員にまで副業を奨励したワケ、日経スタイル、2017年1月12日
  16. ^ サイボウズ式:自由に働く社員を評価するために、給与テーブルを捨てました──為末大×青野慶久「本質的に人は何のために生きるのか」、HUFFPOST、2017年6月8日