土浦日本大学高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土浦日大高等学校
TsuchiuraNichidai.jpg
過去の名称 土浦高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人土浦日本大学学園
校訓 調和・至誠・自立
設立年月日 1963年(昭和38年)2月
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 08510D
所在地 300-0826
茨城県土浦市小松ヶ丘町4-46
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

土浦日本大学高等学校(つちうらにほんだいがくこうとうがっこう)は、茨城県土浦市にある日本大学準付属の私立高等学校

同じ敷地内に土浦日本大学中等教育学校がある。

沿革[編集]

  • 1963年2月 - 日本大学の系列付属高校として土浦高等学校が設立される。
  • 1964年7月 - 土浦日本大学高等学校と改称。
  • 1974年4月 - 岩瀬校舎が開校。
  • 1987年4月 - 男女共学制を導入。
  • 2002年4月 - スーパーハイクラス開設。岩瀬日本大学高等学校が独立。
  • 2003年4月 - 2コース制(特別進学、総合進学)導入。
  • 2005年4月 - グローバルスタディーコース開設。

概要[編集]

  • 特別進学コース
    • スーパーハイクラス - 最難関国公立大学への進学をめざす。
    • 特進クラス - 国公立大学や難関私立大学への進学をめざす。
    • 日本大学への付属推薦は行われない。
  • 総合進学コース
    • 進学クラス - 日本大学への付属推薦での進学者が多い。
    • スポーツクラス - 日本大学への付属推薦での進学者が多く、部活動が盛ん。
  • グローバルスタディーコース
    • グローバルスタディークラス - 国内の難関私立大学や海外の大学への進学をめざす。母語話者の教師もいる。生徒は帰国生徒で、日本に帰国せずに受験ができるよう、日本大学の付属高校数校が合同で、海外でも入学試験を実施している。

また、日本大学の付属校であることを生かし、教授を校内に呼んでの「出張講義」やさまざまな説明会も開かれている。課外授業も盛んに行われ、夜まで自主学習を行う生徒もいる。特別進学コースは放課後に到達度テストと呼ばれる小テストを行っている。日本大学への内部進学は毎年11月に実施される「日本大学付属高校統一テスト」の結果をもとに決められる。付属校であるため、大学への現役合格率は県内の高等学校中、第一位である。

なお、1年毎に各コースから別コースへの変更が可能であり、少数ながらもコース変更をする生徒が存在する。ただし、成績は前コースからそのまま引き継がれるので、日本大学への内部進学に関して不利に傾くこともある。

以前の制服は、男子は海軍航空隊の町である土浦にちなんで海軍士官の軍服に似せた濃紺・サイドベンツの詰襟服、女子は80年代に流行したようなデザインの制服であったが、同敷地内に開校した中学校に準じ、2005年度からどちらも新デザインのブレザー型制服へと変更された。

2006年11月に、特別進学コース3年生の生徒約90人を中心に、高等学校必履修科目未履修問題が発覚し、対象生徒向けの補習授業が行われた。

部活動・サークル活動[編集]

  • かつて男子バスケットボール部が全国有数の強豪だった。

体育系[編集]

文化系[編集]

年間スケジュール[編集]

  • 4月:入学式、日本大学標準学力テスト、1年蓼科宿泊学習
  • 5月:中間試験、父母と教師の会総会。
  • 6月:文化祭(桜華祭)、英語スピーチコンテスト
  • 7月:期末試験
  • 夏休み:1年アメリカ合衆国の旗 ハワイ英語研修、三者面談、蓼科サマースクール、サマー集中ゼミ
  • 9月:1・3年芸術観賞会、体育祭、英語暗唱大会
  • 10月:創立記念日(日本大学の創立記念日が同校創立記念日となる)、中間試験
  • 11月:3年日本大学付属高校統一テスト(事実上の受験)
  • 12月:期末試験、スポーツ大会、ウィンターゼミ
  • 1月:入学試験
  • 2月:2年イギリス修学旅行、
  • 3月:保護者会、学年末試験、卒業式

入学試験[編集]

一般試験では、同校本館のほか、筑波学院大学、水戸市立第二中学校、下妻市立下妻中学校、石岡市立国府中学校、守谷市立守谷中学校といった県内各所の公立中学校等にも会場が設置される。

また、日本大学の付属高校23校が合同で行う帰国生徒対象の入学試験がある。

校歌[編集]

応援歌[編集]

日本大学の応援歌「花の精鋭」を使用する。

  • 作詞東辰三
  • 作曲明本京静
  • 応援歌(正式名称 花の精鋭)は主に関東大会、インターハイ、甲子園予選の壮行会で教職員含め生徒全員で歌われる。
  • 右腕を上下に振る歌い方を全校生徒で行っていたが、現在ではチアリーディング部のみで同様の振りつけを行っている。

施設[編集]

  • 本館
6階建て。職員室(2室・2階)、普通教室、特別教室。
昇降口を入ると、中央部がメディアプラザという吹き抜けになっており、それを取り囲むように1階〜5階までのフロアがあり、どの教室も廊下に出るとメディアプラザが見おろせる。また、メディアプラザの屋根は可動式になっており、普段はほとんど開かれた状態で、直射日光が差し込むほか、青空も望め、校舎内の自然換気もうながされる。また、両側には階段が設置され、1〜5階のどの階からも直接メディアプラザに降りられる。各階の廊下には窓およびドアが設置され、メディアプラザとそれぞれのフロアを、完全に仕切ることも可能である。また、メディアプラザにはステージがあり、大型ビジョンや照明設備も設置されてあるが、外部からの来校者があるイベントでない限りは滅多に使われる事がない。
高等学校の中枢施設は本館にあり、職員室の他、マルチスタジオ(1階)、コンピューター室(2階)、大会議室(6階)、事務室(1階)、保健室(1階)、相談室(スクールカウンセラー常駐・1階)なども本館である。
  • 2号館
4階建て。普通教室。
  • 3号館
2階建て。普通教室。
  • 4号館
3階建て。普通教室。老朽化のため現在は取り壊され、幸園(簡易的な遊歩道)となっている。
  • 総合学習情報センター
4階建て。図書室、特別教室、自習室、生徒ラウンジ、購買部。生徒ラウンジは、陽のひかりが差し込む、さながら大学のキャンパスのように広い空間で、便宜上いくつかのスペースに分かれている。スペースごとに、配置されているイスやテーブルは専門のデザイナーの手によるもので、スペースごとに種類が違う。また、窓からは広く土浦駅前の高層ビルが見おろせる他、筑波山筑波研究学園都市なども望むことが出来る。センター建設に当たっては、予定地であった、同校が当初から所有する敷地に、土浦市水道部の上水道設備が設置されていたため、建設に着手できず、敷地の所有を巡って裁判所で争われた。同校側が勝訴。
3階建て。第1アリーナ(2階)、第2アリーナ(1階)、集会室(1階・半地下)、トレーニングルーム(1階)、ランニングロード(3階)、剣道場(1階・半地下)、柔道場(同)、レスリング場(1階)。
  • 桜心館
同校から徒歩数分のところにある男子寮。
  • 出島総合グラウンド
かすみがうら市にあるグラウンド。ナイター設備もある。
  • 出島合宿寮
かすみがうら市にある硬式野球部員のための男子寮。
  • 蓼科林間学園
長野県立科町にある宿泊施設。系列校である岩瀬日本大学高等学校と共有されており、毎年1年生の校外学習などに使用されている。
  • 施設のキャパシティー
同校は高等学校だけで約2000人という生徒を受け入れるキャパシティーが必要である。敷地は住宅街にあるため、日本大学豊山高等学校程ではないが、それほど広くなく、その狭い敷地に中学生(中高一貫生)合わせるとおよそ2300人がひしめいている。校舎については教室や廊下は十分な広さが確保されているにもかかわらず、ひとつの教室で40人以上が授業を受けるため、意外と狭く、廊下や昇降口、2つの職員室周辺などでは登下校時間帯や昼休みなどにはたくさんの生徒がひしめき合うような光景も見受けられる。
  • 体育館の状況
総合体育館については、2つアリーナがあるにもかかわらず、たくさんのクラスの授業が重なると、全クラスがコートを使うことができず、授業時はクラスごとに、授業内容を振り分け(例えば、第1アリーナ3面、第2アリーナ1面のバスケットボール、バレーボールコートがうまってしまった場合、集会室で卓球、ランニングロードでバドミントン。それでも足りない場合はテニスコートでテニス、グラウンドでサッカーなど)違う教室を使うことによって対応している。

また、グラウンドはサッカーコート約3分の1面分の広さであるので、たとえばソフトボールなどの競技は面積が足りず不可能である。

  • 駐車場
敷地内には大きな駐車場が無く、既存の駐車スペースは、教師や講師の車で常時満車であり、同校で大きなイベント(保護者会・文化祭等)が行われる場合は、土浦駅前の市営東・西駐車場を利用する。

※総合体育館、桜心館、蓼科林間学園は中高一貫生と共用であり、総合体育館の隣には、「中学棟」がある。

※太字が学校敷地内の施設。なお、2号館、4号館はあるものの、3号館は、「中学棟」建設のために既に取り壊された。

※校舎内のいくつかの棟には、自動販売機公衆電話が設置されている。また、携帯電話の使用は校内では禁じられている。

通学方法[編集]

自転車や徒歩で通学する生徒も多く、朝夕、特に朝の通学時間帯は、大量の生徒が同校周辺の道路を一方向に通学する光景が見られる。千葉県からの通学者も多い。

系列校[編集]

中等教育学校[編集]

高等学校[編集]

付属幼稚園[編集]

同校付属の幼稚園がある。日本大学付属には数えられていない。

出身著名人[編集]

バスケットボール[編集]

野球[編集]

レスリング[編集]

柔道[編集]

その他スポーツ[編集]

芸能[編集]

ヴィジュアリスト[編集]

政界[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]