日本大学医学部附属板橋病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 日本大学医学部附属板橋病院
Nihon University Itabashi Hospital.JPG
情報
正式名称 日本大学医学部附属板橋病院
英語名称 Nihon University Itabashi Hospital
標榜診療科 内科,外科,血液内科,腎臓・内分泌内科、糖尿病・代謝内科,循環器内科,呼吸器内科,消化器・肝臓内科,神経内科,心療内科,新生児内科,小児内科、精神科,皮膚科,消化器外科,心臓外科,血管外科,小児外科,呼吸器外科,乳腺・内分泌外科,形成外科,脳神経外科,整形外科,リハビリテーション科,産婦人科,泌尿器科,耳鼻いんこう科,眼科,放射線科,疼痛緩和外科,麻酔科,歯科口腔外科,病理診断科,救急科
許可病床数

1025床
一般病床:970床
精神病床:43床


結核病床:12床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 学校法人日本大学
管理者 森山 光彦(病院長)
開設年月日 1935年
所在地
173-8610
東京都板橋区大谷口上町30-1
位置 北緯35度44分59秒 東経139度41分30秒 / 北緯35.74972度 東経139.69167度 / 35.74972; 139.69167
二次医療圏 区西北部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

日本大学医学部附属板橋病院(にほんだいがくいがくぶふぞくいたばしびょういん)は、東京都板橋区大谷口上町にある医療機関日本大学医学部の附属病院である。同医学部に隣接しており、特定機能病院の承認を受ける。略称は日大板橋病院

沿革[編集]

  • 1935年に板橋病院を開設、1937年4月に当時の専門部医科が駿河台から板橋に移転。

診療科[編集]

内科系
外科系
その他の診療科

施設指定等[編集]

その他[編集]

交通アクセス[編集]

病院公式ページ交通の案内も参照。

医療事故[編集]

同病院において2015年から2016年にかけ、口腔底癌の手術を受けた70歳代の男性に対し、容体が悪化した際に、医師の指示が無いにも関わらず、看護師が鎮静剤の一つである「プレセデックス」を投与するなど、プレセデックスの投与ミスが3件相次いでいたことが明らかになった。このうち、先述の男性患者は、癌が悪化しその後死亡している[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]