日本大学工学部・大学院工学研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本大学 > 日本大学工学部・大学院工学研究科

日本大学工学部(にほんだいがくこうがくぶ、College of Engineering, Nihon University)は、土木工学建築学機械工学電気電子工学生命応用化学情報工学の全6学科を教育・研究する大学学部である。また 、工学研究科(こうがくけんきゅうか)は工学の理論および応用を教育・研究する大学院研究科である。

工学部70号館

概要[編集]

年々、ロハス工学が期待されていることから、日本大学工学部ではロハスエンジニアの育成に取り組んでいる[1]2009年には「ロハスの家1号」また、2010年には「ロハスの家2号」が完成し、ロハスの工学を教育するための環境が設備されている。産学連携省エネルギー型雨水の再資源化システム、乳がんチェッカー、遺伝子解析装置、などの研究が行われている[2]

放送大学学園と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる[3]。工学部キャンパスは福島県郡山市に所在しており、日本大学東北高等学校が隣接している。

学科・コース[編集]

  • 土木工学科
    • 社会基盤デザインコース
    • 環境デザインコース
  • 建築学科
    • 建築エンジニアリングコース
    • 建築デザインコース
    • アーキテクトコース
  • 機械工学科
    • システムダイナミック系
    • エネルギーシステム系
    • システムインテグレーション系
  • 電気電子工学科
    • 情報通信コース
    • 電気電子コース
  • 生命応用化学科
    • 生命分子化学コース
    • 未来材料開発コース
    • 環境調和プロセス探求コース
  • 情報工学科
    • 情報システムコース
    • 情報デザインコース

大学院[編集]

  • 工学研究科
    • 土木工学専攻
    • 建築学専攻
    • 機械工学専攻
    • 電気電子工学専攻
    • 生命応用化学専攻
    • 情報工学専攻

研究[編集]

  • 工学研究所

沿革[編集]

専門部工科→第二工学部→工学部と名称変更している。

  • 1929年 - 日本大学理工学部に専門部工科(土木、建築、機械、電気の4科)を併置。
  • 1947年 - 神田駿河台から郡山市の現校地へ移転。
  • 1949年 - 日本大学第二工学部が発足し、第1回入学式を挙行。
  • 1966年 - 学部名を第二工学部から工学部に変更。
  • 1968年 - 新実験棟(現14・15・16号館)完成。
  • 1970年 - 大学院工学部研究科修士課程を設置。
  • 1972年 - 大学院工学部研究科博士課程を設置。
  • 1992年 - 情報工学科の設置が認可され、6学科となる。
  • 1997年 - 日本大学大学院工学研究科に情報工学専攻修士課程が設置され、6専攻となる。
  • 1998年 - 電気工学科を電気電子工学科と改称。
  • 1999年 - 日本大学大学院工学研究科に情報工学専攻博士後期課程が設置され、6専攻となる。
  • 2000年 - 工業化学科を物質化学工学科に改称。
  • 2002年 - 次世代工学技術研究センター竣工。工学研究科電気工学専攻を工学研究科電気電子工学専攻に改称。
  • 2003年 - 環境保全・共生共同研究センター竣工。
  • 2004年 - 工学研究科工業化学専攻を工学研究科物質化学工学専攻に改称。
  • 2006年 - 70号館を竣工。
  • 2010年 - 物質化学工学科を生命応用化学科と改称。

臨床工学技士課程[編集]

機械工学科と電気電子工学科の学生を対象に、厚労省認可の臨床工学技士の受験資格が得ることが可能な臨床工学技士課程を設置。厚生労働大臣指定臨床工学技士課程科目の修了予定者は、卒業シーズンの3月に国家試験を受験できる[4][5]。合格者には卒業と同時に臨床工学技士国家資格が得られる[注 1]

教職課程[編集]

大学4年間で取得可能な免許状[編集]

以下が卒業時に取得可能な教員免許状である[6]

  • 中学校教諭一種免許状
    • 数学・理科・技術(全学科取得可能、技術は情報工学科のみ困難[注 2]
  • 高等学校教諭一種免許状
    • 数学・理科(全学科取得可能)
    • 工業(情報工学科のみ困難[注 2]
    • 情報(電気電子工学科と情報工学科のみ取得可能)

大学院博士前期課程修了者[編集]

大学院博士前期課程修了者で、学部時に基礎免許状取得者が、大学院の教職課程で関係する授業科目の単位を修得した場合、免許状を取得できるのは以下の専攻である[6]

  • 中学校教諭専修免許状
    • 数学(情報工学専攻のみ)
    • 理科(物質科学工学専攻のみ)
    • 技術(機械工学専攻と電気電子工学専攻のみ)
  • 高等学校教諭専修免許状
    • 数学(情報工学専攻のみ)
    • 理科(物質化学工学専攻のみ)
    • 工業(情報工学専攻のみ不可)

施設[編集]

所在地[編集]

関係者[編集]

出身者
その他

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2年次から履修可能で、課程に必要な専門教育科目と、医療系・臨床工学系の29科目49単位。3・4年次の夏休みに病院で3週間におよぶ臨床実習科目が必須。
  2. ^ a b 卒業時での免許状取得は情報工学科のカリキュラムでは困難である。ただし、在学中に必要性のある教科を習得し卒業後に教職課程科目等履修生制度を利用し、足りない必須科目を修めれば免許状を取得可能。

出典[編集]

  1. ^ “ロハスの工学研究コミュニティ”. 工学部. http://www.ce.nihon-u.ac.jp/contents/lohas_com/ 2018年2月20日閲覧。 
  2. ^ “研究・地域連携”. 工学研究所. http://www.ce.nihon-u.ac.jp/research-center/research-center01/ 2018年2月20日閲覧。 
  3. ^ 放送大学 2018年度 単位互換案内 学生へ豊かなカリキュラムの提供を (PDF)
  4. ^ “臨床工学技士課程”. 工学部. http://www.ce.nihon-u.ac.jp/contents/2013clinical/ 2015年11月19日閲覧。 
  5. ^ “医学と工学の領域を融合した生体医療工学の拠点”. 統合生体医療工学研究室 酒谷研究室. http://sakatani-lab.org/clinical-engineer.html 2015年11月19日閲覧。 
  6. ^ a b “教職課程”. 工学部. http://www.ce.nihon-u.ac.jp/education/education404/ 2015年11月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]