武富士バンブー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武富士バンブー
原語表記 武富士バンブー
ホームタウン 埼玉県北葛飾郡杉戸町
クラブカラー 緑・赤
創設年 2001年
廃部年 2009年
チーム所在地 東京都新宿区
体育館所在地 埼玉県北葛飾郡杉戸町
 表示 

武富士バンブー(たけふじバンブー)は、埼玉県北葛飾郡杉戸町を本拠地として活動していた、武富士の女子バレーボールチームである。

概要[編集]

2001年6月に廃部となった、イトーヨーカドー・プリオールを2001年8月に武富士が引き継いでチームを創設。ホームタウンは引き続いて杉戸町としており、同町にあるイトーヨーカドーの体育館を使用していた。同年よりVリーグ(現・Vプレミアリーグ)参戦。Vリーグ準優勝1回。2009年休部。

チーム名は社名の武(=)を英語読みにしたもので、若竹のごとく天空に向かって成長するように、チームも日本バレー界の先頭を引っ張る存在であることを目指している。マスコットも、武から生まれたかぐや姫をデザインとしている。

歴史[編集]

2001年8月、イトーヨーカドー・プリオール武富士が引き継いでチームを創設。

2001/02シーズンの第8回Vリーグでは7位に終わる。しかし、2002年に、冷静なトスワークに定評のあるセッター井村仁美、パワーとセンスが魅力の吉澤智恵という即戦力の新人と、ロシア代表エフゲーニャ・アルタモノワが入団し、2002/03シーズンの第9回Vリーグでは、アルタモノワが敢闘賞、得点王、ベスト6に輝く活躍をみせ、井村も新人賞に輝く活躍をみせ、準優勝を果たした[1]

2003/04シーズンの第10回Vリーグ、翌シーズンの第11回Vリーグでは低迷したが、2005/06シーズンの第12回Vリーグでは、アメリカ代表タイーバ・ハニーフの高さと、吉澤、足立留美らの速さを活かしたバレーで、3位に入った[1]。2006/07V・プレミアリーグ(Vリーグを改称)は、2002/03シーズン準優勝の立役者だった、元ロシア代表のエステス(旧姓アルタモノワ)がチームに復帰し、4位の成績を残した。2007/08V・プレミアリーグでは9位に低迷した。

2008/09V・プレミアリーグでは、外国人選手を補強せずに挑んだ。中盤戦で勝ち星に恵まれず下位に低迷する。2009年2月13日、武富士本業の業績悪化を理由に2008/09V・プレミアリーグ及び2009年5月開催の黒鷲旗全日本選抜大会をもって廃部することが発表された[2][3]。リーグ戦は終盤戦でやや調子を上げ13勝14敗で終えるが、セット率で8位となり、V・チャレンジマッチ(入替戦)出場となった。そして、4月のV・チャレンジマッチで敗れ、形式上チャレンジリーグに降格となった。

廃部の発表以降、全体移籍を目指し複数の企業と交渉をしていたが、受け入れ先が見つからず、5月25日に全体移籍断念が発表されて解散となった[4]

成績[編集]

主な成績[編集]

プレミアリーグ日本リーグ/Vリーグ
  • 準優勝1回(2002年度)
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝なし
  • 準優勝なし

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
Vリーグ 第8回 (2001/02) 7位 9チーム 16 4 12 .250
第9回 (2002/03) 準優勝 8チーム 21 12 9 .571
第10回 (2003/04) 8位 10チーム 18 6 12 .333
第11回 (2004/05) 7位 10チーム 27 13 14 .481
第12回 (2005/06) 3位 10チーム 27 16 11 .593
V・プレミアリーグ 2006/07シーズン 4位 10チーム 27 19 8 .704
2007/08シーズン 9位 10チーム 27 8 19 .296
2008/09シーズン 8位 10チーム 27 13 14 .481
Vリーグ通算 (8年) 190 91 99 .479

選手・スタッフ[編集]

2009年5月の活動休止時のメンバーは下記の通り。

選手[編集]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 吉澤智恵 CHIE 日本の旗 日本 WS
2 金子美里 MISATO 日本の旗 日本 MB
3 澤畠文子 SAWAHATA 日本の旗 日本 WS
4 原桂子 HARA 日本の旗 日本 S
5 足立留美 ADACHI 日本の旗 日本 WS
6 池浦文香 IKEURA 日本の旗 日本 MB
7 内藤香菜子 NAITO 日本の旗 日本 MB 主将
8 石川友紀 ISHIKAWA 日本の旗 日本 MB
10 今村直美 IMAMURA 日本の旗 日本 R / L
11 平井真栄 HIRAI 日本の旗 日本 S
12 服部安佑香 AYUKA 日本の旗 日本 WS
13 田向友美 TAMUKAI 日本の旗 日本 R
14 三澤由佳 MISAWA 日本の旗 日本 MB
18 砂田遥 SUNADA 日本の旗 日本 WS
22 石田瑞穂 MIZUHO 日本の旗 日本 WS
23 山中綾乃 YAMANAKA 日本の旗 日本 S

スタッフ[編集]

役職 名前 国籍
部長 永田幸雄 日本の旗 日本
監督 石原昭久 日本の旗 日本
コーチ 安保澄 日本の旗 日本
コーチ 尾崎侯 日本の旗 日本
トレーナー 甲谷洋祐 日本の旗 日本
アシスタントトレーナー 篠原孝子 日本の旗 日本
総務 西尾博樹 日本の旗 日本
マネージャー 針谷直江 日本の旗 日本
宣伝 藤田孝樹 日本の旗 日本

在籍していた主な選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月27日閲覧。
  2. ^ 女子バレー武富士が5月選抜大会で廃部”. 日刊スポーツ (2009年2月13日). 2013年10月27日閲覧。
  3. ^ バレーボール部「武富士バンブー」活動終了のお知らせ”. 武富士 (2009年2月13日). 2011年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月27日閲覧。
  4. ^ 「夢を追い、駆け抜けた16年(足立留美ドキュメント)」、『月刊バレーボール』、日本文化出版、2009年8月、 97頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]