ルートインホテルズ Brilliant Aries

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルートインホテルズ Brilliant Aries
ホームタウン 長野県上田市
クラブカラー
創設年 2017年
所属リーグ V.LEAGUE DIVISION2
チーム所在地 長野県上田市
体育館所在地 上田市
代表者 浅野修
監督 原秀治
ホームページ 公式ウェブサイト
 表示 

ルートインホテルズ Brilliant Aries(ルートインホテルズ ブリリアント アリーズ)は、長野県上田市を活動拠点とする女子実業団バレーボールチームである。運営はルートインジャパン。2022-23シーズンはV.LEAGUE DIVISION2(V2リーグ)に所属。

概要[編集]

2017年4月創部[1]

チーム所在地はルートインジャパンの長野本部(上田市)で、体育館は同市内の上田城跡公園体育館である[1]

ルートインホテルズのオリジナルキャラクターで羊の男の子である「ルートン」がチームマスコットも兼任[2][3][4]

チーム名は、「Brilliant」が輝く、華やかを意味して、「Aries」が星占いの白羊宮おひつじ座)を意味する。ルートンをマスコットに据え、プレーを通じてたくさんの人に感動と夢、元気を届けられるような輝く存在になろうという願いと、華やかで女性らしいイメージが込められている[2][1]

歴史[編集]

2013年4月に実業団チームである女子陸上部を発足させたルートイングループは[5]、二つ目の実業団チームとなる女子バレーボール部を2017年4月1日に発足させた[6][7]。国内外500店舗を目指すルートインホテルズは、同時期にプレミア昇格を目指すとしている。

2017年10月、チーム愛称を「ブリリアントアリーズ(Brilliant Aries)」に決定[2]

2018年10月、Vリーグ機構入社と2019-20シーズンからのV.LEAGUE参戦が内定した[8]

2019-20シーズン、V2に編入[9]。なお本来新規参加クラブはS3(3部)ライセンスを取得するが、女子V.LEAGUEはS3ライセンスを取得しているクラブが少ないため、特例でV2からの参加となった。2019年10月、S1ライセンスを取得[10]。これで、V2で2位以内に入ればV1昇格をかけたV・チャレンジマッチ(入替戦)に出場できることとなった。

2020-21シーズン、V2で勝ち星を重ねて首位に立つが、2021年2月4日、新型コロナウイルス感染症の流行で出場辞退チームが相次ぐ影響で総当たり数が3から2に変更となり、そのあおりを受けてストレートで勝利した大野石油広島オイラーズ戦の第3戦が無効になるようなことがあった(ルートインの了承を得た上での対処)[11]。しかし、その方式変更による試合数削減によってリーグ2位以内が確定し、自身初となるV・チャレンジマッチ出場が確定した。リーグ戦は最終的に準優勝となった[12]V・チャレンジマッチでは、トヨタ車体クインシーズに連敗して、V1昇格はならなかった[13]

2021年9月、シーズン開幕を1ヶ月後に控えた時期に、チーム設立当初から監督を務めていた松本隆義が監督を退任し、同県のV1男子チーム・VC長野トライデンツにコーチとして移籍した(後に同チームの監督解任を受けて監督代行となる。)[14]。後任としてエグゼクティブディレクターの井上謙が兼任監督となった[15]

2021-22シーズン、V2のV・ファイナルステージで3戦全勝を果たし、V2・3シーズン目にして初優勝を果たした[16]。再びV・チャレンジマッチのV1・V2入替戦に出場となるが、KUROBEアクアフェアリーズにセット率で及ばずV1昇格とはならなかった[17]

井上謙は1シーズンで監督を退任。2022-23シーズンよりJTサンダーズ広島(V1男子)前監督である原秀治が新監督となった[18]

略歴[編集]

  • 2017年4月 - ルートインホテルズ女子バレーボール部として発足。
  • 2017年10月 - 愛称が「ブリリアントアリーズ」に決定。
  • 2018年10月 - 2019-20シーズンからV.LEAGUE参入が内定。
  • 2019年5月 - V2に編入。

成績[編集]

主な成績[編集]

チャレンジリーグ、チャレンジリーグI(実業団リーグ/V1リーグ)、 V.LEAGUE DIVISION2
黒鷲旗全日本選手権
  • 優勝なし
  • 準優勝なし

年度別成績[編集]

V.LEAGUE[編集]

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン 備考
順位 試合 試合
DIVISION2 2019-20 4位 8チーム 4位 21 11 10 -
2020-21 準優勝 9チーム 2位 14 11 3 - 無効試合を含めると12勝[11]
2021-22 優勝 10チーム 2位 16 14 2 3 3 0 レギュラーラウンドは不戦勝3を含む。

選手・スタッフ(2022-23)[編集]

選手[編集]

背番号 名前 シャツネーム 生年月日(年齢) 身長 国籍 Pos 在籍年 前所属 備考
1 富澤結花 TOMIZAWA (1997-04-07) 1997年4月7日(25歳) 168 日本の旗 日本 OH 2020年- 早稲田大学
2 山村涼香 YAMAMURA (1999-04-04) 1999年4月4日(23歳) 175 日本の旗 日本 MB 2022年- 東海大学 新人[19]
3 小茂田夏海 KOMODA (1997-10-25) 1997年10月25日(24歳) 176 日本の旗 日本 MB 2020年- 日本大学
6 佐藤未羽 SATO (1999-11-30) 1999年11月30日(22歳) 166.6 日本の旗 日本 L 2022年- 松蔭大学 新人[19]
7 村山美佳 MURAYAMA (1997-09-02) 1997年9月2日(25歳) 175 日本の旗 日本 OH 2020年- 金城大学 キャプテン
8 横田実穂 YOKOTA (1997-05-15) 1997年5月15日(25歳) 168 日本の旗 日本 S 2020年- 筑波大学
9 岩本周加 IWAMOTO (1998-01-08) 1998年1月8日(24歳) 172 日本の旗 日本 MB 2020年- 嘉悦大学
10 貝塚穂 KAIZUKA (1999-06-07) 1999年6月7日(23歳) 156 日本の旗 日本 L 2022年- 日本体育大学 新人[19]
11 平原果歩 HIRAHARA (1996-06-17) 1996年6月17日(26歳) 170 日本の旗 日本 OH 2019年- 長野大学 副キャプテン
12 神田さくら KANDA (2000-04-27) 2000年4月27日(22歳) 182 日本の旗 日本 MB 2022年- JT 移籍加入[20]
14 中田唯香 NAKATA (1993-08-16) 1993年8月16日(29歳) 167 日本の旗 日本 OH 2022年- 群馬銀行 移籍加入[21]
15 藤岡智恵美 FUJIOKA (1988-02-18) 1988年2月18日(34歳) 171 日本の旗 日本 S 2022年- 仙台B
16 白石ふう香 SHIRAISHI (2000-09-01) 2000年9月1日(22歳) 168 日本の旗 日本 S 長野日大高校 内定選手[22]
17 高野夏輝 TAKANO (2000-06-25) 2000年6月25日(22歳) 164 日本の旗 日本 OH 金城大学 内定選手[22]
18 黒鳥みなみ KUROTORI (2000-11-21) 2000年11月21日(21歳) 169 日本の旗 日本 OH 新潟医療福祉大学 内定選手[22]
19 関沢小雪 SEKIZAWA (2001-01-08) 2001年1月8日(21歳) 171 日本の旗 日本 OP 白鷗大学 内定選手[22]
20 西村美海 NISHIMURA (2000-08-19) 2000年8月19日(22歳) 178 日本の旗 日本 MB 京都橘大学 内定選手[22]
出典:チーム公式サイト[23] Vリーグ公式サイト[1]
更新:2022年9月21日

スタッフ[編集]

役職 名前 備考
顧問 関由美江 役職変更
部長 浅野修 新任
監督 原秀治 新任
テクニカルコーチ 竹内寿郎
パフォーマンスコーチ 繁田雅樹
アシスタントコーチ兼ジュニアコーチ 藤岡智恵美
トレーナー 宇佐美花
通訳 増田弥嘉 新任[24]
マネージャー 田中美紅 新任[24]
アナリスト 佐藤毅侑
エクゼクティブパートナー 井上謙
エクゼクティブパートナー 野口京子
事務局チーフマネージャー 勝野多恵
事務局 関郁美
医師 森浩二 新任[25]
出典:チーム公式サイト[23] Vリーグ公式サイト[1]
更新:2022年9月22日

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ルートインホテルズブリリアントアリーズ”. V.LEAGUE. 2022年9月22日閲覧。
  2. ^ a b c ルートインホテルズ女子バレーボール部のチーム名称が決まりました。”. ルートインホテルズ. 2017年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月15日閲覧。
  3. ^ ブイリーの部屋。”. Vリーグ機構. 2021年2月8日閲覧。
  4. ^ オリジナルキャラクター ルートン”. ルートインホテルズ. 2017年12月16日閲覧。
  5. ^ チーム紹介”. Route Inn Hotels. 2017年7月13日閲覧。
  6. ^ チーム紹介”. ルートイングループ. 2017年8月9日閲覧。
  7. ^ ルートインホテルズ、女子バレーボール部を創設”. バレーボールマガジン. 2017年8月9日閲覧。
  8. ^ 「Safilva北海道」 並びに 「ルートインホテルズ Brilliant Aries」のV.LEAGUE参加の承認について”. Vリーグ機構 (2018年10月31日). 2018年11月4日閲覧。
  9. ^ “2019-20V.LEAGUEの編成決定のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2019年5月16日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21301 2021年2月8日閲覧。 
  10. ^ 2020-21シーズン V.LEAGUE ライセンス交付結果について”. Vリーグ機構 (2019年10月24日). 2020年1月4日閲覧。
  11. ^ a b “2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN 3回戦から2回戦総当たり方式への変更について” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年2月4日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21885 2021年2月4日閲覧。 
  12. ^ “2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN 群馬銀行が2年連続の優勝” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年3月6日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21934 2021年3月6日閲覧。 
  13. ^ “トヨタ車体、KUROBEがV1残留決定! ~2020-21 V.LEAGUE V・チャレンジマッチ 最終結果~” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年4月4日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21976 2021年4月6日閲覧。 
  14. ^ 新加入スタッフのご紹介”. VC長野トライデンツ (2021年10月1日). 2021年10月9日閲覧。
  15. ^ 公式サイトトップページ(最新情報を参照)”. ルートインホテルズブリリアントアリーズ (2021年9月17日). 2021年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月13日閲覧。
  16. ^ 2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN V.FINAL STGAE ルートインが拮抗した優勝争いを制す”. V.LEAGUE (2022年3月27日). 2022年3月27日閲覧。
  17. ^ 姫路、KUROBEともにV1残留が決定/V・チャレンジマッチ女子試合結果”. Vリーグ機構 (2022年4月10日). 2022年5月21日閲覧。
  18. ^ 最新情報”. ルートインホテルズブリリアントアリーズ (2022年5月20日). 2022年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月21日閲覧。
  19. ^ a b c スタッフ・選手プロフィール”. ルートインホテルズブリリアントアリーズ. 2022年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月10日閲覧。
  20. ^ 公式サイトトップ”. ルートインホテルズブリリアントアリーズ. 2022年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月12日閲覧。
  21. ^ 追加登録選手・スタッフ(女子)リスト”. V.LEAGUE (2022年9月16日). 2022年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月16日閲覧。
  22. ^ a b c d e 追加登録選手・スタッフ(女子)リスト”. V.LEAGUE (2022年9月20日). 2022年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月20日閲覧。
  23. ^ a b スタッフ・選手プロフィール”. ルートインホテルズブリリアントアリーズ. 2022年9月9日閲覧。
  24. ^ a b 追加登録選手・スタッフ(女子)リスト”. V.LEAGUE (2022年9月15日). 2022年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月15日閲覧。
  25. ^ 追加登録選手・スタッフ(女子)リスト”. V.LEAGUE (2022年9月22日). 2022年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]