白羊宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

白羊宮(はくようきゅう)は、黄道十二宮の1番目である。

獣帯黄経0度から30度までの領域で、だいたい3月21日春分)から4月20日穀雨)の間まで太陽が留まる(厳密には、太陽通過時期はその年ごとに異なる)。

四大元素に関係していて、獅子宮人馬宮と一緒に火のサインに分類される。対極のサイン天秤宮である。

薄田泣菫には詩集『白羊宮』(1906年)がある。

白羊宮のデータ[編集]

関連項目[編集]