NEC関西レイクスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NEC関西レイクスターズ
原語表記 NEC関西レイクスターズ
ホームタウン 滋賀県大津市
創設年 1979年
廃部年 1999年
チーム所在地 滋賀県大津市
体育館所在地 滋賀県大津市
 表示 

NEC関西レイクスターズ(NECかんさいレイクスターズ)は、滋賀県大津市を本拠地として活動していたNEC関西の女子バレーボールチームである。

概要[編集]

新日本電気の強化スポーツクラブとして、1976年の男子バレーボール部に続き、1979年に女子バレーボール部が創部された。早くも1982年に地域リーグで優勝し、実業団リーグ入りを果たすが1シーズンで降格。

1983年、関西日本電気に社名変更。1988年、地域リーグプレーオフで2度目の優勝を飾り、実業団リーグに再昇格した。1992年、NECグループのCIによりNEC関西と呼称した。1993年、実業団リーグにおいて初優勝し、悲願の日本リーグ入りを果たした。

愛称決定に際しては社内公募を行い、(1)NEC関西の本社工場が、日本一の湖(=英語でlake、レイク)琵琶湖に隣接していること。(2)市民から愛されるようなスターになりたい、との理由から「レイクスターズ」に決定した。なおNEC系列のスポーツクラブでは、基本的に「○○ロケッツ」(○にはチームカラーの英語名が入る)を使っているが、Jリーグモンテディオ山形ジャパンフットボールリーグ時代はNEC山形サッカー部の呼称)と同様に「○○ロケッツ」を使用しなかった。

1999年5月、長引く不況によるリストラのため、黒鷲旗大会をもって廃部。

なお、廃部後に創設された男子プロバスケットボールチーム「滋賀レイクスターズ」とは無関係。

成績[編集]

主な成績[編集]

日本リーグ/Vリーグ
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
実業団リーグ
地域リーグ(プレーオフ)
  • 優勝2回(1983年、1990年)
国民体育大会成年女子(6人制)

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
実業団リーグ 第15回 (1983/84) 7位 8チーム 14 2 12 0.143
第22回 (1990/91) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
第23回 (1991/92) 準優勝 8チーム 14 12 2 0.857
第24回 (1992/93) 優勝 8チーム 14 13 1 0.929
日本リーグ 第27回 (1993/94) 7位 8チーム 14 1 13 0.071
実業団リーグ 第26回 (1994/95) 3位 8チーム 14 10 4 0.714
第27回 (1995/96) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
第28回 (1996/97) 3位 8チーム 14 8 6 0.571
第29回 (1997/98) 3位 8チーム 14 11 3 0.786
V1リーグ 第1回 (1998/99) 6位 8チーム 14 5 9 0.357

廃部年度の選手・スタッフ[編集]

1999年1月版[1]

選手[編集]

背番号 名前 年齢 国籍 Position 備考
1 村川裕子 23 日本の旗 日本 センター 主将
2 金丸立夏 日本の旗 日本 レフト
3 萩原美代子 日本の旗 日本 レフト
4 高嵜早苗 日本の旗 日本
5 神田朋子 22 日本の旗 日本 レフト
6 桝谷貴子 23 日本の旗 日本 センター
7 若田真由美 日本の旗 日本 セッター
8 古閑愛子 20 日本の旗 日本 レフト
9 角内景子 19 日本の旗 日本
10 金子佳代 23 日本の旗 日本 ライト
11 大川まき 日本の旗 日本
12 橋本由紀子 28 日本の旗 日本 ライト
13 藪下明加 日本の旗 日本 内定選手
14 松本安代 日本の旗 日本 レフト 内定選手
15 岡本真季 日本の旗 日本 内定選手
16 上坂美香 22 日本の旗 日本 セッター

スタッフ[編集]

役職 名前 国籍 備考
部長 中村誠二 日本の旗 日本
副部長 川畑豊明 日本の旗 日本
監督 藤本清久 日本の旗 日本
コーチ 谷口幸雄 日本の旗 日本
マネージャー 辰本祐子 日本の旗 日本

在籍していた主な選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール1999年2月号 87ページ

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール1994年1月号臨時増刊 第27回日本リーグ&第25回実業団リーグ・完全ガイド 150ページ

関連項目[編集]