この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

トヨタ車体クインシーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トヨタ車体クインシーズ
原語表記 トヨタ車体クインシーズ
ホームタウン 愛知県刈谷市
創設年 1951年
所属リーグ V.LEAGUE DIVISION1
チーム所在地 愛知県刈谷市
体育館所在地 愛知県刈谷市
代表者 北河英典
監督 印東玄弥
ホームページ 公式サイト
 表示 

トヨタ車体クインシーズ(とよたしゃたいクインシーズ、TOYOTA AUTO BODY Queenseis)は、愛知県刈谷市を本拠地とするトヨタ車体の女子バレーボールチームである。2020-21シーズンはV.LEAGUE DIVISION1(V1リーグ)に所属。

概要

1951年に刈谷車体(現・トヨタ車体)社内にて9人制バレーボール部が設立されたのが始まりであり、後に6人制に移行[1]。1999年にV1リーグ(当時2部リーグ)に昇格し、2006年にV・プレミアリーグ(当時1部リーグ)昇格を果たす[1]

チーム名の『クインシーズ』とは、Queen(英語で「女王」)とSeis(スペイン語で「6」)を合わせた造語であり、「夢と感動を与えることの象徴として女王をモチーフにし、コート上でプレーする6人の選手がそれぞれのポジションで頂点を目指す」ことをイメージしている[1]

練習場はホームタウンの刈谷市にある本社(富士松工場)内の体育館であり[1]、ホームゲームは同市のウィングアリーナ刈谷など愛知県内で開催される。また、同じトヨタグループである男子バレーボールチームのジェイテクトSTINGS(2013年V・プレミアリーグ昇格)も同市をホームタウンとしている。

歴史

1951年、9人制チームとして創部。その後6人制へ移行し、2000年にV1リーグ(現・チャレンジリーグ)昇格を果たす[1]

同年、谷口倖雄を監督に招聘し、本格的なチーム強化を開始した[2]。V1リーグでも少しずつ順位を上げる。第7回V1リーグ(2004/05シーズン)には準優勝を果たしVリーグ入替戦出場となるが、日立佐和リヴァーレ(現・日立リヴァーレ)に連敗してVリーグ昇格はならず。

2005年、元全日本女子監督の葛和伸元を総監督として迎えた(当初はNECレッドロケッツから出向の形だった)。そして、第8回V1リーグ(2005/06シーズン)では初優勝を果たし、入替戦でも茂原アルカスに連勝して、ついにVリーグ昇格を果たした。2006年に高橋翠(現・羽根)が全日本に選出され、チーム史上初めての全日本メンバーとなった。

初めてのシーズンとなった2006/07V・プレミアリーグ(Vリーグより呼称変更)では5勝(22敗)を挙げるものの最下位(10位)となり入替戦出場となる。しかし、入替戦では三洋電機大阪(後に三洋電機レッドソア)に2試合連続のストレート勝ちとし、プレミア残留を果たした。2007/08V・プレミアリーグは7位となり入替戦出場を回避。

2008年、谷口監督が副部長に就任し、葛和総監督が監督に就任した。同年の皇后杯全日本選手権大会では都築有美子のジャンプサーブやセッター船崎恵視らの活躍で初優勝を果たし、初の全国タイトルを獲得した[2]2008/09V・プレミアリーグでも自己最高の5位に入り躍進した。しかし、2009/10V・プレミアリーグでは怪我人が多く、2009年6月で現役引退した羽根が12月に現役復帰したが、なかなか勝ち星に恵まれない苦しいシーズンとなる[2]。最終的に7位(8チーム中)となってV・チャレンジマッチ(入替戦)出場。V・チャレンジマッチの相手は上尾メディックスとなり、第1戦は3-1で勝利。第2戦で2セット先取してセット率でプレミア残留を果たした(試合はその後逆転されてフルセット負け)。2010/11V・プレミアリーグは5位。2011/12シーズンは皇后杯で準優勝を果たすが、V・プレミアリーグでは終盤に失速して7位となりV・チャレンジマッチ出場となった(上尾にストレートで連勝して残留を果たす)。そのV・チャレンジマッチをもって葛和監督が退任した(黒鷲旗全日本大会は高橋悠コーチが監督代行)[3]

2012年7月に、ジェイテクトSTINGSの監督を務めていた泉川正幸が監督に就任し、入団2年目の竹田沙希が主将になった[4]。新たな体制で臨んだ2012/13V・プレミアリーググでは、中盤戦で調子を上げるも終盤に4連敗するなど失速し、初の4強入りとはならず5位となった。

2013/14シーズンはV・プレミアリーグのレギュラーラウンドをチーム初となる4位で通過[5]、セミファイナルに進出し最終順位4位となった[6]。勢いを得たチームは同年5月の黒鷲旗大会で初優勝を果たした[7]

2016年6月、泉川正幸の後任監督として多治見麻子を迎え[8]、移籍の荒木絵里香細川絢加を加えた新体制でスタートを切った。多治見監督の初年度である2016/17V・プレミアリーグでは正セッターやレギュラーリベロに新選手を起用し前年度と同じ5位となった。

2017/18シーズンはトルコの元エースであるネリマン・ゲンシュレックを招聘し、V・プレミアリーグで最高位となる3位の好成績をあげた。

2018年、これまでのVリーグに変わり新生V.LEAGUEが誕生し、1部のDivision1に所属[9]。初年度となる2018-19シーズンは4位[10]。2019-20シーズン、レギュラーラウンドはスターカンファレンス所属となり、序盤は開幕7連勝で首位を走るが、以降はやや失速し、6チーム中3位でファイナル8進出[11]。ファイナル8であと一歩及ばず準決勝進出を逃し5位でシーズンを終えた[12]

成績

主な成績

VプレミアV.LEAGUE Division1
  • 優勝なし
黒鷲旗全日本選抜大会
天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会

年度別成績

Vリーグ / 実業団リーグ・V1リーグ

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
試合 勝率
V1リーグ 第2回 (1999/00) 7位 8チーム 14 5 9 0.357
第3回 (2000/01) 6位 8チーム 14 4 10 0.286
第4回 (2001/02) 5位 7チーム 12 4 8 0.333
第5回 (2002/03) 5位 8チーム 14 5 9 0.357
第6回 (2003/04) 3位 7チーム 12 8 4 0.667
第7回 (2004/05) 2位 8チーム 14 11 3 0.786
第8回 (2005/06) 優勝 8チーム 14 12 2 0.857

V・プレミアリーグ / V・チャレンジリーグ

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
プレミア 2006/07 10位 10チーム 10位 27 5 22 -
2007/08 7位 10チーム 7位 27 12 15 -
2008/09 5位 10チーム 5位 27 13 14 -
2009/10 7位 8チーム 7位 28 7 21 -
2010/11 5位 8チーム 5位 26 12 14 中止
2011/12 7位 8チーム 7位 21 5 16 -
2012/13 5位 8チーム 5位 28 12 16 -
2013/14 4位 8チーム 4位 28 15 13 4 2 2
2014/15 8位 8チーム 8位 21 6 15 -
2015/16 5位 8チーム 6位 21 8 13 5 3 2
2016/17 5位 8チーム 5位 21 10 11 5 2 3
2017/18 3位 8チーム 3位 21 11 10 7 2 5

V.LEAGUE

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
カンファレンス 順位 チーム数 試合 試合
DIVISION1 2018-19 4位 11チーム ウエスタン 3位 5チーム 20 13 7 7 4 3
2019-20 5位 12チーム スター 3位 6チーム 21 14 7 3 1 2
2020-21 12チーム (1リーグ制) 12チーム

選手・スタッフ(2020-21)

選手

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 鴫原ひなた SHIGIHARA 日本の旗 日本 OH
2 稲葉早生 INABA 日本の旗 日本 OH 新加入[13]
6 村永奈央 MURANAGA 日本の旗 日本 OH 副主将[14]
8 榊原美沙都 SAKAKIBARA 日本の旗 日本 L
9 辻彩乃 TSUJI 日本の旗 日本 MB
10 熊井風音 KUMAI 日本の旗 日本 L 新加入[13]
11 荒木絵里香 ARAKI 日本の旗 日本 MB
12 渡邊彩 WATANABE 日本の旗 日本 MB 主将[14]
14 松本亜弥華 MATSUMOTO 日本の旗 日本 MB 新入団[15]
15 杉郁香 SUGI 日本の旗 日本 MB
16 中屋夏澄 NAKAYA 日本の旗 日本 OH
17 藪田美穂子 YABUTA 日本の旗 日本 OH
18 山上有紀 YAMAGAMI 日本の旗 日本 S
19 安井由香子 YASUI 日本の旗 日本 L
20 山形理沙子 YAMAGATA 日本の旗 日本 S
出典:チーム公式サイト[16] Vリーグ公式サイト[17]
更新:2020年8月5日

スタッフ

2020-21シーズン[17]

役職 名前 国籍 備考
顧問 木村健 日本の旗 日本
部長 北河英典 日本の旗 日本
副部長 前田直人 日本の旗 日本
監督 印東玄弥 日本の旗 日本
コーチ 木村泰輔 日本の旗 日本
コーチ 今村駿 日本の旗 日本
コーチ 林謙人 日本の旗 日本
コーチ 竹田沙希 日本の旗 日本
ストレングス&
コンディショニングコーチ
金徳永 日本の旗 日本
テクニカルコーディネーター 岡村拓哉 日本の旗 日本
チーフトレーナー 川北亘 日本の旗 日本
メディカルトレーナー 篠島直貴 日本の旗 日本
ドクター 井戸田仁 日本の旗 日本 [14]
マネージャー 白花京子 日本の旗 日本
マネージャー 原田美緒 日本の旗 日本
事務局(リクルート担当) 三浦幸則 日本の旗 日本
事務局 池田美咲 日本の旗 日本
出典:チーム公式サイト[18] Vリーグ公式サイト[17]
更新:2020年7月16日

在籍していた主な選手

脚注

  1. ^ a b c d e チーム紹介”. トヨタ車体クインシーズ. 2020年7月16日閲覧。
  2. ^ a b c チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月23日閲覧。
  3. ^ “葛和監督の勇退について” (プレスリリース), トヨタ車体クインシーズ, (2012年4月20日), オリジナルの2013年3月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130326211651/http://www.toyota-body.co.jp/queenseis/yuutai2012.html 2013年10月23日閲覧。 
  4. ^ “「新体制」および「新加入選手」のお知らせ” (プレスリリース), トヨタ車体クインシーズ, (2012年7月1日), http://www.toyota-body.co.jp/queenseis/cafe120701.html 2013年10月23日閲覧。 
  5. ^ “2013/14V・プレミアリーグ女子レギュラーラウンド最終結果のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, https://www.vleague.jp/topics/news_detail/12296 2014年3月22日閲覧。 
  6. ^ “2013/14V・プレミアリーグ女子 ファイナル 試合結果のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2014年3月22日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/18749 2020年7月16日閲覧。 
  7. ^ 第6日目 5月6日(火・振) 試合速報 第63回黒鷲旗”. 大阪府バレーボール協会. 2014年5月6日閲覧。
  8. ^ “トピックス(2016年6月)” (プレスリリース), トヨタ車体クインシーズ, (2016年6月), https://queenseis-tab.com/2016/06/?post_type=post 2016年10月10日閲覧。 「新監督就任のお知らせ(2016年6月11日)」
  9. ^ “2018-19 V.LEAGUEの編成について” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2018年3月24日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/20606 2020年1月28日閲覧。 
  10. ^ “2018-19 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ グランドファイナル 試合結果のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2019年4月13日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21255 2020年1月28日閲覧。 
  11. ^ “※1月4日更新【V1女子】スターカンファレンス最終順位” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年1月4日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21561 2020年1月28日閲覧。 
  12. ^ “※1/19時点※ 2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 最終結果のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2020年1月19日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21587 2020年1月28日閲覧。 
  13. ^ a b “トピックス(2020年2月)” (プレスリリース), トヨタ車体クインシーズ, (2020年2月), https://queenseis-tab.com/2020/02/?post_type=post 2020年7月16日閲覧。 「2020年度 内定選手のお知らせ(2020年2月5日)」
  14. ^ a b c “トピックス(2020年7月)” (プレスリリース), トヨタ車体クインシーズ, (2020年7月), https://queenseis-tab.com/2020/07/?post_type=post 2020年7月16日閲覧。 「2020年度 トヨタ車体クインシーズの新体制について(2020年7月13日)」
  15. ^ 2020年7月トピックス”. トヨタ車体クインシーズ (2020年7月21日). 2020年7月29日閲覧。「新加入選手のお知らせ」
  16. ^ メンバー紹介”. トヨタ車体クインシーズ. 2020年8月5日閲覧。
  17. ^ a b c トヨタ車体クインシーズ”. Vリーグ機構. 2020年8月5日閲覧。
  18. ^ スタッフ紹介”. トヨタ車体クインシーズ. 2020年7月16日閲覧。

外部リンク